←トップへ戻る

修繕委員会について

管理組合の運営

  • マンションタイプ :
    単棟型
  • マンションの戸数 :
    201〜500戸
  • 竣工年 :
    〜1981年

 当方都内市街地での築48年275戸単棟のマンションです。長期修繕計画も出来ており、過去大規模修繕も3回実施しており、また修繕積立金も十分に積み立てられており、比較的整備はされている方だと思います。
 そして数年後の大規模修繕を控えて新たに「修繕委員会」が設立されました。
 私は昨年理事をして内部の事が見えるようになって実に杜撰な工事を行ってきた経緯を知り、現役時にはいわゆるプラント業に関わっていましたのでこうした工事やプロジェクト管理を得意としていましたので私の強みでこの修繕員会に参加して貢献をするべく立候補を予定しておりました。
 所がいつまで待っても委員の募集が無く、内輪で内密にて結成がなされていました。
 その委員を見ますと、一部に建築士が入っているが他の委員は全くの素人ばかりでした。その後議事録を閲覧して見ても管理規約や修繕委員会規約などのルール無視の行いがなされておりとても遺憾な状態です。
 その例として
1、修繕委員の選定の経緯は、選定基準も無く密室隠密闇にての決定で、なおかつその選んだ委員は公表されていませんし、各委員の適正資質も公表無しのまま実施がなされています。
2、そして修繕委員会の答申を受ける側の「理事長」がメンバにいる事です。
3、議事録を見ると、総会にて否決案件を可決と偽って検討をしている。
4、それら間違いを指摘すると共に、諸々の提案を文書にて実施してきましたが、数か月経過しても返事なく、その後の議事録を見せないです。
5、ともかく過去の工事の価格が一般の常識からかけ離れた高額の事実。その工事はほぼ管理会社に行っている。
このような事実を鑑みますと、どうも修繕委員会は利権化の懸念を感じてきました。
 一部の組合員に聞きますと、こうした委員は管理会社や工事会から飲食の接待を受けるばかりか、裏金リベートを受け取っている事も聞きました。
 管理組合の土壌を鑑みますと正にど素人ばかりで「油断」「隙」だらけだから、いとも簡単に管理会社や業者癒着を懸念します。
 そして理事会を含めての密室状態での隠蔽体質からはその証拠をつかみにくい現実が有ります。
 理事会も含めて利権の様相が見えています。さて皆さん方の実態は如何でしょうか?
それへの対処へのご意見並びに、またこうした疑念に対してのご見解を望みます。宜しく。

みんなの回答

私は3つの違うマンションで一部屋ずつ、合計3部屋所有していますが、三毛猫さんのコメントのように、良心的に運営されているマンションもあります。このサイトを読ませていただいて、リベートなどの問題が多いのは、比較的戸数の多い、規模の大きいマンションで、現在私が東京に所有している、ゼネコンが施工した100戸以上あるマンションも、ポッターアンクルさんのマンションと同様の疑念があります。

当マンションの修繕委員長や理事長は、マンション施工会社の現役社員です。前回の大規模修繕は、管理会社系と施工会社系の2社の見積もりで、施工会社系に決まりました。修繕委員長によると、入札条件に適合したのが、この2社だけだと。もちろん横並びです。利益相反になるから、好ましくないと総会で意見すると、「不快なことを言われた」と、総会後外廊下で延々30分くらい、修繕委員長にお大きな声で難癖をつけられました。これは、多くの住人が聞いています。もし現実に公正な競合が行われたのなら、こんなに感情的になる必要は全くないのですから、談合が行われたとほぼ確信しています。

特殊な構造のマンションでもないのに、その高額さに驚いたばかりか、たいした年月が経過していないのに、現在はタイルは剥がれるは、外廊下の天井の石膏ボードは落ちそうそんな状態です。この施工会社は他の公共事業に関する談合で、巨額の罰金支払い命令が出ています。管理会社は、マンション管理業協会の責任ある立場でもあるので、マンション管理業の世界にも、巨悪が蔓延していると思ってよいのではないでしょうか。

台風さん回答有難う御座います。
ようやく我が意図の現実をお示しくださいました。もっと皆さんからの実態を期待しましたが無いが残念です。
後は三毛猫さんの回答の通りです。

ポッターアンクルさんのマンションの修繕委員会には運営細則はありますか?修繕委員会と理事会の役割分担、委員の任期、修繕委員会の予算など細かく決められてはと思います。
私の住むマンションは、私が理事長の時に細則を委員公募前に決めましたが、内容としては任期は大規模修繕工事完了まで、あくまでも理事会の諮問機関の為AかBかを決めるのは理事会や総会であり、委員会はAとBを検討と評価をし答申するだけなどを定めました。確かにあまりルールでガチガチにしても修繕委員会での自由な議論検討が阻害されるという意見もありましたが、かといって自由奔放にどうぞは如何かなと思いましたので。

taroさんご回答有難う御座います。
ご指摘の通り修繕委員会には運営細則は細かく決められてあります。
なのに何故ってお思いかもしれませんが・・・問題は悪を行う人や仲間は隠蔽してルール決まりを守らないは世間では5万と有る事態からして不思議な事では無いです。
後は三毛猫さんへの回答の通りです。

ポッターアンクルさんの仰る事が、疑念も含めて全て事実だとしたら、委員さん達の背任行為だと思います。マンションの一般組合員の皆さんは気の毒だと思います。

当方では、私を含め3名の修繕委員で委員会をしていますが、リベートなどありません。報酬も無し、委員会の予算も無しなので、資料のコピー代・情報収集のための電車賃・セミナー参加費など委員が自腹を切ってやってきました。
委員が疑いをかけられて大規模修繕が進められずに、建物が傷み放題となれば、そちらの方が損失ですから。

ポッターアンクルさんのお話だけ読んで、世の中の修繕委員会が全て悪徳組織と思われないように、回答した次第です。
情報収集のために、先に大規模修繕を成功させた先輩管理組合にもインタビューしに行きましたが、どちらの修繕委員会でも、コンサルの選定、施工業者の選定とも、公明正大に、厳しくなさっていたようです。

一方で、管理会社のリプレイスの際に、とある管理会社から選考時に手心を加えて欲しいと袖の下の提案をされたこともあり(お断りしたので話せるわけですが)、この世界にリベートやキックバックが存在する事は認めます。
対処方法は「役員・委員が高い道徳観でお断りする。」ことかと思います。
管理組合は「ど素人」だから「癒着」が懸念されると書かれていますが、専門知識がなくてもNOと言えますので、「ど素人」が問題の原因ではないと思います。

三毛猫さんご回答有難う御座います。
私の記述したことは全て事実です。よりもっと酷い事はまだまだ有ります。
背任行為等は日常に有ります。私が積極的に情報開示への「閲覧」をしているから隠蔽体質の中で僅かながら判明しているが実態です。
貴三毛猫さんの管理組合では清廉潔白のようで、「悪徳組織と思われないよう」のご意見は、当事者でありお気持ちはお察しします、失礼を承知で「稀な事」です。
私は性善説ですが、人間は弱いでして「ど素人ばかりで「油断」「隙」だらけ」「ばれない」からという環境(構造)」では、ちょっと頭の良い欲の深いずる賢いやお金に困っている者にとっては格好の環境に有ります。国の総理大臣ですら「森友やかけい学園の疑惑」で疑われる事態からして・・・
全体的に観ますと私の知る所ではほぼ闇隠蔽体質での不正が横行している現実、本来清廉潔白ならば隠蔽や誤魔化しは無いはず。管理組合に関する「横領やリベート」に関する不正の犯罪がネットで検索しますとゴロゴロ出てきます。
さて私の意図は、管理組合の大事な資金が易々と失われる現実実態での歯止めへの提起です。
私はこうした環境(「油断」「隙」だらけ」「ばれない」からという環境(構造))が是正されなければ問題の解決は無い思いからいつか理事長になって大改革を志しております。
理事長になるには現況では難しいが、まずはコミュニティーに入って私の思いを理解をされるための行為を継続しています。今は一組合員として出来る事(管理組合役員や管理会社など業者へ牽制と共に緊張感を感じさせる)をしています。結果は僅かですが緊張感を持ってくれており議事録の内容が変化してきています。
こうした地道な努力しか道が無いですが頑張ります。

私は3つの違うマンションで一部屋ずつ、合計3部屋所有していますが、三毛猫さんのコメントのように、良心的に運営されているマンションもあります。このサイトを読ませていただいて、リベートなどの問題が多いのは、比較的戸数の多い、規模の大きいマンションで、現在私が東京に所有している、ゼネコンが施工した100戸以上あるマンションも、ポッターアンクルさんのマンションと同様の疑念があります。

当マンションの修繕委員長や理事長は、マンション施工会社の現役社員です。前回の大規模修繕は、管理会社系と施工会社系の2社の見積もりで、施工会社系に決まりました。修繕委員長によると、入札条件に適合したのが、この2社だけだと。もちろん横並びです。利益相反になるから、好ましくないと総会で意見すると、「不快なことを言われた」と、総会後外廊下で延々30分くらい、修繕委員長にお大きな声で難癖をつけられました。これは、多くの住人が聞いています。もし現実に公正な競合が行われたのなら、こんなに感情的になる必要は全くないのですから、談合が行われたとほぼ確信しています。

特殊な構造のマンションでもないのに、その高額さに驚いたばかりか、たいした年月が経過していないのに、現在はタイルは剥がれるは、外廊下の天井の石膏ボードは落ちそうそんな状態です。この施工会社は他の公共事業に関する談合で、巨額の罰金支払い命令が出ています。管理会社は、マンション管理業協会の責任ある立場でもあるので、マンション管理業の世界にも、巨悪が蔓延していると思ってよいのではないでしょうか。

台風さん回答有難う御座います。
ようやく我が意図の現実をお示しくださいました。もっと皆さんからの実態を期待しましたが無いが残念です。
後は三毛猫さんの回答の通りです。

ポッターアンクルさんの仰る事が、疑念も含めて全て事実だとしたら、委員さん達の背任行為だと思います。マンションの一般組合員の皆さんは気の毒だと思います。

当方では、私を含め3名の修繕委員で委員会をしていますが、リベートなどありません。報酬も無し、委員会の予算も無しなので、資料のコピー代・情報収集のための電車賃・セミナー参加費など委員が自腹を切ってやってきました。
委員が疑いをかけられて大規模修繕が進められずに、建物が傷み放題となれば、そちらの方が損失ですから。

ポッターアンクルさんのお話だけ読んで、世の中の修繕委員会が全て悪徳組織と思われないように、回答した次第です。
情報収集のために、先に大規模修繕を成功させた先輩管理組合にもインタビューしに行きましたが、どちらの修繕委員会でも、コンサルの選定、施工業者の選定とも、公明正大に、厳しくなさっていたようです。

一方で、管理会社のリプレイスの際に、とある管理会社から選考時に手心を加えて欲しいと袖の下の提案をされたこともあり(お断りしたので話せるわけですが)、この世界にリベートやキックバックが存在する事は認めます。
対処方法は「役員・委員が高い道徳観でお断りする。」ことかと思います。
管理組合は「ど素人」だから「癒着」が懸念されると書かれていますが、専門知識がなくてもNOと言えますので、「ど素人」が問題の原因ではないと思います。

三毛猫さんご回答有難う御座います。
私の記述したことは全て事実です。よりもっと酷い事はまだまだ有ります。
背任行為等は日常に有ります。私が積極的に情報開示への「閲覧」をしているから隠蔽体質の中で僅かながら判明しているが実態です。
貴三毛猫さんの管理組合では清廉潔白のようで、「悪徳組織と思われないよう」のご意見は、当事者でありお気持ちはお察しします、失礼を承知で「稀な事」です。
私は性善説ですが、人間は弱いでして「ど素人ばかりで「油断」「隙」だらけ」「ばれない」からという環境(構造)」では、ちょっと頭の良い欲の深いずる賢いやお金に困っている者にとっては格好の環境に有ります。国の総理大臣ですら「森友やかけい学園の疑惑」で疑われる事態からして・・・
全体的に観ますと私の知る所ではほぼ闇隠蔽体質での不正が横行している現実、本来清廉潔白ならば隠蔽や誤魔化しは無いはず。管理組合に関する「横領やリベート」に関する不正の犯罪がネットで検索しますとゴロゴロ出てきます。
さて私の意図は、管理組合の大事な資金が易々と失われる現実実態での歯止めへの提起です。
私はこうした環境(「油断」「隙」だらけ」「ばれない」からという環境(構造))が是正されなければ問題の解決は無い思いからいつか理事長になって大改革を志しております。
理事長になるには現況では難しいが、まずはコミュニティーに入って私の思いを理解をされるための行為を継続しています。今は一組合員として出来る事(管理組合役員や管理会社など業者へ牽制と共に緊張感を感じさせる)をしています。結果は僅かですが緊張感を持ってくれており議事録の内容が変化してきています。
こうした地道な努力しか道が無いですが頑張ります。

ポッターアンクルさんのマンションの修繕委員会には運営細則はありますか?修繕委員会と理事会の役割分担、委員の任期、修繕委員会の予算など細かく決められてはと思います。
私の住むマンションは、私が理事長の時に細則を委員公募前に決めましたが、内容としては任期は大規模修繕工事完了まで、あくまでも理事会の諮問機関の為AかBかを決めるのは理事会や総会であり、委員会はAとBを検討と評価をし答申するだけなどを定めました。確かにあまりルールでガチガチにしても修繕委員会での自由な議論検討が阻害されるという意見もありましたが、かといって自由奔放にどうぞは如何かなと思いましたので。

taroさんご回答有難う御座います。
ご指摘の通り修繕委員会には運営細則は細かく決められてあります。
なのに何故ってお思いかもしれませんが・・・問題は悪を行う人や仲間は隠蔽してルール決まりを守らないは世間では5万と有る事態からして不思議な事では無いです。
後は三毛猫さんへの回答の通りです。

回答がありません。