←トップへ戻る

どうなるでしょうか?外壁打ち継ぎのシーリング劣化を放置したら

大規模修繕工事

  • マンションタイプ :
    単棟型
  • マンションの戸数 :
    〜50戸
  • 竣工年 :
    〜1981年

できましたら,研究報告や論文などの文献を紹介いただけますと,幸いです。

みんなの回答

えっ! 何年で壊れるか知りたいということですか。
なぜ???
シーリングではないですけれど、エフロに気づいて3~4年で爆裂しました。
また、もっと大きなエフロがありますが、5年以上たっても爆裂まで至っていません。

質問 答えがないように思いますが。

<何年放置するとどの程度のダメージとなるか,がわかっておりません。 >

外壁は場所ごとに劣化の程度が大きく違います。 
よって建物全体がどう劣化するかは誰にも分りません。
ここで聞いても分りませんよ。

他にこの質問への回答としては、長期修繕計画と建物調査で修繕範囲を決めるので、修繕計画の年が大きなダメージが出る前くらいのはずです。 
でもダメージはそれより早い場合もあれば遅い場合もあり得ます。

という事はあなたのマンションの長期修繕計画を確認すれば、おおよそは分ります。

1.実際に劣化してるのですか?
2.またなぜ放置したいのですか?
3.論文見てもあなたには修繕の可否は判断できないと思います。(素人だからここで聞いてると推測してそう思いました)

ご意見ありがとうございました。

必要があるからシーリングしているんでしょう。
劣化すると水が入り込むことになって、タイルが浮いたり、下手すれば鉄筋の発錆を誘発して、しいては爆裂につながるかもしれません。
研究報告や論文でなくてすみません。

ありがとうございます。それで,申し訳ありません,説明不足でした。

これまで,マンション管理運営に関する情報や説明において,そのほとんどが「定性的」なものだったと考えております。そして,「定性的」であるが故に,その内容に「誤り」を感じることはありませんでした。

そんななか今回,「定量的」にはどうか?と考えた次第です。100年放置した場合には爆裂等が生じ実質的な崩壊状態となることについては「納得」できますが,何年放置するとどの程度のダメージとなるか,がわかっておりません。

まずはそのあたりを知りたいということで,質問させていただきました。

爆裂まで待つのでしたら、待ってみてはいかがでしょうか。
修繕というのは、不具合が起きてからそこを直すということのほかに、予防保全の観点から行うものもあります。
何年放置したら爆裂するかなど文献はないでしょう。
シーリングがカチカチになっているなら、もう役には立たないわけです。
カチカチの前にひびが入っていたり、弾力がなくなってきたら修繕時期でしょう。
シーリングの役目は、水分が入り込まないようにするものです。
役に立たなくなったものを放置するということは、壁に水が回ったらどのくらいもつのかということでしょう。
それぞれの施工の違いも影響するのではないですか。

えっ! 何年で壊れるか知りたいということですか。
なぜ???
シーリングではないですけれど、エフロに気づいて3~4年で爆裂しました。
また、もっと大きなエフロがありますが、5年以上たっても爆裂まで至っていません。

質問 答えがないように思いますが。

必要があるからシーリングしているんでしょう。
劣化すると水が入り込むことになって、タイルが浮いたり、下手すれば鉄筋の発錆を誘発して、しいては爆裂につながるかもしれません。
研究報告や論文でなくてすみません。

ありがとうございます。それで,申し訳ありません,説明不足でした。

これまで,マンション管理運営に関する情報や説明において,そのほとんどが「定性的」なものだったと考えております。そして,「定性的」であるが故に,その内容に「誤り」を感じることはありませんでした。

そんななか今回,「定量的」にはどうか?と考えた次第です。100年放置した場合には爆裂等が生じ実質的な崩壊状態となることについては「納得」できますが,何年放置するとどの程度のダメージとなるか,がわかっておりません。

まずはそのあたりを知りたいということで,質問させていただきました。

爆裂まで待つのでしたら、待ってみてはいかがでしょうか。
修繕というのは、不具合が起きてからそこを直すということのほかに、予防保全の観点から行うものもあります。
何年放置したら爆裂するかなど文献はないでしょう。
シーリングがカチカチになっているなら、もう役には立たないわけです。
カチカチの前にひびが入っていたり、弾力がなくなってきたら修繕時期でしょう。
シーリングの役目は、水分が入り込まないようにするものです。
役に立たなくなったものを放置するということは、壁に水が回ったらどのくらいもつのかということでしょう。
それぞれの施工の違いも影響するのではないですか。

<何年放置するとどの程度のダメージとなるか,がわかっておりません。 >

外壁は場所ごとに劣化の程度が大きく違います。 
よって建物全体がどう劣化するかは誰にも分りません。
ここで聞いても分りませんよ。

他にこの質問への回答としては、長期修繕計画と建物調査で修繕範囲を決めるので、修繕計画の年が大きなダメージが出る前くらいのはずです。 
でもダメージはそれより早い場合もあれば遅い場合もあり得ます。

という事はあなたのマンションの長期修繕計画を確認すれば、おおよそは分ります。

1.実際に劣化してるのですか?
2.またなぜ放置したいのですか?
3.論文見てもあなたには修繕の可否は判断できないと思います。(素人だからここで聞いてると推測してそう思いました)

ご意見ありがとうございました。

回答がありません。