←トップへ戻る

アドバイザリーボード(諮問委員会)の設置

管理組合の運営

  • マンションタイプ :
    単棟型
  • マンションの戸数 :
    〜50戸
  • 竣工年 :
    2001年〜

どのマンションでもあるように、理事会メンバーが1年毎の輪番制の為、やっと慣れた頃に交替し また新規メンバーへと、理事会の素人集団化が毎年繰り返されています。
理事会メンバーの2年毎の輪番制なども検討しましたが、現在 理事会経験者が新規理事会メンバーに対し助言・アドバイスを行う 諮問委員会(アドバイザリーボード)の設置検討を進めようとしています。
諮問委員会の目的は、大規模修繕委員会のような目的や期限を区切ったものでなく、都度出てくる課題解決への助言機能にしたいと思っています。この場合(同じ人がずっと理事長を続けるのと同様)常に同じ人が諮問委員になることによる弊害の可能性もあり、その辺への解決策があれば是非参考にさせて頂ければと思っています。何卒宜しくお願い致します。

なお、諮問委員会会則の骨子は下記を考えています。
・目的:快適な住環境と資産価値の維持向上に資する
・委員会の役割:理事会への助言や提案(執行権限は全て理事会)
・委員会の構成:5名までとし、自薦、他薦により、総会承認事項とする
・委員の資格:区分所有者で理事会経験者
・委員の任期及び解任:毎年の総会承認事項とする。なお、組合員あるいは理事会より解任の要請があり、総会で承認されれば解任となる。

注)現在の理事会は下記の通りです。
理事長1名、副理事長1名、理事1名、監事1名 (計4名)

みんなの回答

大手管理会社だからと言ってコンプライアンスに優れた会社ということではないです。
こんな隠ぺいをする会社は他にも何か隠悪事を隠蔽しているかもしれません。
こんな馬鹿なことを言う管理会社は見たことない。
それでも皆さんは一流ブランドがいいということでしょうか。
あなたのまんの皆さんは意識が高いのではなくプライドが高いだけなのではないですか。
それか、ただモンスタークレーマーなだけではありませんか?

やはりコンプライアンス違反と思われる様な、不適切なことに力を貸すようなことはしたくはありません。

そんなことしなくてもやる気がある人にずっと役員をやってもらったらいいのではないですか?

bblongさんと全く同じ問題を抱えてるので、私は設置に賛成です。

当方は管理会社のサポートが悪くてまともな組合運営が出来なかった経験があるからです。
理事会が不適切な判断に傾いても管理会社としてはどうでも良くて、理事会でお決めになったことですからと返します。 重要な助言もせずに後で紛糾する事が繰り返されました。

1年で役員が入れ替われば一からやり直しになったり、前期で決議した事すら継続されなくても、それはその時の理事会がフォローしなかった結果で管理会社は全く気にしないのも分りました。

手間が掛からなければ良くて何もせずに黙っていることで、理事会の依頼事項が自然消滅する事を狙ってるとしか思えないのですよ。

日常の修繕工事は管理会社経由で発注してるのだから、それ以外の案件も彼らがねを上げる位の依頼事項を期限付きで申し付ける位で元が取れると思います。

上手くいかないなら止めれば良いのですし、もし管理会社の紐付き組合員がいるなら排除して他の投稿者の心配事を考慮しながらやってみて下さい。

ご経験からの貴重な助言を有難うございます。
当マンションでも理事会メンバーが1年毎に入れ替わり十分な引継もないまま新しいメンバーでスタートし、また一からやり直しと言うのが良くあります(笑)。
2年輪番制も話題になるのですが、1年間でも嫌なものを2年間ともなると 現業を持った多くの組合員は大きな負担感となり、多くの賛成を得られないのが現状です。(また やる気のない人が2年間やってもダメなものはダメと言うのもあります)
「引継も無く 管理会社にお任せ」が問題なので、ちゃんと引継し課題共有できるよう、1年輪番制ではあっても3カ月間(あるいは最低2回以上)は次の理事会へ旧理事会メンバーも出席すると言うやり方も良いかと思っています。少なくとも毎年輪番制の現状よりはベターなのかなと思っています。
是非皆様からもご意見頂ければ幸いです。

任期を半年ズラして半数交代にする場合は、移行時の半数は半年の任期に出来ますが、これだと実現出来ませんかね?

当方の現状を参考までに:

やる気がある組合員もいますが、そのやる気は総会に出てきて言いたい放題を言うだけの、総じて無責任なモンスタークレーマーになっているのが現状です。 
大荒れの総会の元凶になってる人達だから次期役員をお願いしても全員が断りますね。 
次は自分が責め立てられる番になるのを避けてるとしか思えません。
全員がすでに定年退職しており高齢化に従いモンスター化しました。 

当方の理事会は2ヶ月に1回、2時間程度の会合ですから現役でも大した時間の負担にはなりません。 まあ、心の負担にはなると思いますし、理事長はもう少し忙しいし責任も重いのですが、自分の家を維持し資産を守るのですから当然ですよ。

これが嫌なら管理会社任せで払ってるお金に見合わないリターンを受け続ける事になります。
毎月払ってるお金って見直さない物だから、値上げの時にしか気にしないものではありますが!

当マンションの過去の経験を追記します。

当マンションでも昔の理事長経験者等がその知見をアドバイスすることを目的に、理事会の上に委員会(要は影の理事会)を設置するとの話があり、指示を受けた管理会社により会則案まで準備されていました。

ただ、別の理事長経験者(反対派)から「影の理事会」となり、理事会は指示を受け実施するだけの機関に成り下がり、逆に負荷だけが増えるのでは、との指摘を受け、最後の最後で理事会として拒否し、総会での提案を取り止め、事なきを得ました。
(ただ管理会社からは、住民からの希望なので総会には議案だけは提出するよう要請されましたが、反対派の理事長経験者から「提案したら委任状が多いので成立する」とのアドバイスで議案化しませんでした。)

bblongさんのマンションにおかれまても、諮問委員会を設置することで理事会をコントロールし、管理委託業務や大規模修繕を管理会社のペースでやらせ、管理会社として利益の拡大を図ろうとしている可能性もあるので十分な注意が必要です。

貴重なご経験のお話を有難うございます。
確かに理事会経験者による諮問委員会ができ(アドバイスとは言うものの)指示が来れば、理事会メンバーはやり難いだけでなく、やる気も無くなりますよね。
屋上屋を架し、害有って益少ない諮問委員会は、是非止めるようにしたいと思います。皆様からのご回答、本当に参考になりました。感謝申し上げます。今後とも宜しくお願い致します

他の方のコメント同様、このような諮問機関を設置する真意は何なのか、かえって不審感をいだきます。標準管理規約55条によって許可されている専門委員会は、「特定の課題を調査又は検討させる」ためで、修繕委員会、規約改正委員会、リフォーム問題委員会等、分野が特定されていなければなりません。理事の選出方法を工夫すれば解決する問題であり、経験者による「影の理事会」の設置は、ある一定グループによる私物化を連想させます。

これは、管理会社からの提案なのですか。当マンションにも「渉外委員会」という、不審な委員会があります。このような名前の諮問委員会を設置しているマンションは、見たことがありません。検討分野が複数に渡っており、管理会社のアドヴァイスのもと、組合運営上のコアな部分を、ある一人の老人が握っており、理事会に上程しています。この件については、いつか投稿させていただこうと思っています。



大変有益なアドバイスを有難うございます。
専門委員会の設置については、マンション標準管理規約 第55条があるのですね。大変参考になりました。
管理会社からの提案ではなく、組合員の皆さんに少しでもお役に立てればと言う思いがアドバイザリーボード(諮問委員会)設置の発端です。しかし、時間の経過と委員になる人によっては当初の趣旨や目的と異なり「影の理事会」となる負の側面の可能性があるとのご指摘を頂き、真摯に受け止め諮問委員会の検討は止めるようにしたいと思います。
貴重なアドバイスを有難うございました。

数十戸程度の小規模マンションと思われますが、何故、屋上屋を重ねる様な諮問委員会を作るのか不思議です。
もしかして過去の理事会メンバーが恒久的に理事会を支配したいとの不純な動機で5名もの人員で諮問委員会を設置しようとしているのではありませんか?
理事会メンバー4名の2年毎の輪番制として、その中の半数を毎年改選にすれば良いだけの話です。

早速の有益なアドバイスを誠に有難うございます。
確かに屋上屋を架し、害有って益少ない感じですね。
理事会メンバーの2年輪番制/半数改選は組合員の皆さんの負担も大きくなり なかなか賛同が得られにくい案件ですが、その方向も再度検討してみたいと思います。大変参考になりました。有難うございます。

利便性よりトラブルの可能性のほうが多いように感じます。
理事会役員が4名しかいないのに、委員が5名もいるのでしたら変な言い方ですが、乗っ取られてしまいそうです。
それでしたら役員の数を増やして2年任期半数改選にしたほうがいいのではないですか。
素人集団と言っても、もう輪番は一巡しているのではないでしょうか。
皆さんが経験しているのでしたら、改めてサポートする経験者を常置しなくてもいいと思います。
2年任期にすることで、運営の継続性も保たれるのではないでしょうか。
それでも心配でしたら専門家に顧問になっていただくことがいいと思います。

有益な助言を早速頂き有難うございます。
諮問委員会は一見良さそうに思えますが、確かにトラブルの可能性もありそうですね。
目的は理事会の経験・知見の継続性なので、前理事会メンバーが1年で交代するのではなく、例えば3ヵ月間新理事会メンバーとの引継期間(ダブり期間)を設け、スムース゛に課題や知見の共有と継続を図るようなやり方も検討してみたいと思います。 有難うございました。

当方のマンションの経験から2年毎の輪番制が良いと思います?

諮問委員には口煩く目立ちたがり屋の人間が立候補してくるので
実質的にその人間による永久独裁体制の可能性もありますので
やめた方が良いです。
もし金があればマンション管理士を雇い継続性を担保するか、
もしくは諮問委員は前期の理事の中から1名1年限りの条件で
選任するので有れば上記の弊害の心配はありません。
ただ諮問委員で1年継続することに立候補する人間は少ないので、
その場合にはくじ引きで決めれば文句が出ません。

早速のアドバイスを誠に有難うございます。大変参考になります。
確かに立候補するのは口煩く目立ちたがり屋の方が多いでしょうから、良い時は問題なくても、辞めさせたい時にトラブルになりがちですね。
前期の理事の中から1名1年限りの条件でアドバイザーになって貰うと言うのも良い案ですね。やはり特定の人が牛耳る可能性のあるやり方ではなく、期限を明確に区切って行うことが重要なのですね。大変参考になりました。有難うございます。

利便性よりトラブルの可能性のほうが多いように感じます。
理事会役員が4名しかいないのに、委員が5名もいるのでしたら変な言い方ですが、乗っ取られてしまいそうです。
それでしたら役員の数を増やして2年任期半数改選にしたほうがいいのではないですか。
素人集団と言っても、もう輪番は一巡しているのではないでしょうか。
皆さんが経験しているのでしたら、改めてサポートする経験者を常置しなくてもいいと思います。
2年任期にすることで、運営の継続性も保たれるのではないでしょうか。
それでも心配でしたら専門家に顧問になっていただくことがいいと思います。

有益な助言を早速頂き有難うございます。
諮問委員会は一見良さそうに思えますが、確かにトラブルの可能性もありそうですね。
目的は理事会の経験・知見の継続性なので、前理事会メンバーが1年で交代するのではなく、例えば3ヵ月間新理事会メンバーとの引継期間(ダブり期間)を設け、スムース゛に課題や知見の共有と継続を図るようなやり方も検討してみたいと思います。 有難うございました。

当方のマンションの経験から2年毎の輪番制が良いと思います?

諮問委員には口煩く目立ちたがり屋の人間が立候補してくるので
実質的にその人間による永久独裁体制の可能性もありますので
やめた方が良いです。
もし金があればマンション管理士を雇い継続性を担保するか、
もしくは諮問委員は前期の理事の中から1名1年限りの条件で
選任するので有れば上記の弊害の心配はありません。
ただ諮問委員で1年継続することに立候補する人間は少ないので、
その場合にはくじ引きで決めれば文句が出ません。

早速のアドバイスを誠に有難うございます。大変参考になります。
確かに立候補するのは口煩く目立ちたがり屋の方が多いでしょうから、良い時は問題なくても、辞めさせたい時にトラブルになりがちですね。
前期の理事の中から1名1年限りの条件でアドバイザーになって貰うと言うのも良い案ですね。やはり特定の人が牛耳る可能性のあるやり方ではなく、期限を明確に区切って行うことが重要なのですね。大変参考になりました。有難うございます。

当マンションの過去の経験を追記します。

当マンションでも昔の理事長経験者等がその知見をアドバイスすることを目的に、理事会の上に委員会(要は影の理事会)を設置するとの話があり、指示を受けた管理会社により会則案まで準備されていました。

ただ、別の理事長経験者(反対派)から「影の理事会」となり、理事会は指示を受け実施するだけの機関に成り下がり、逆に負荷だけが増えるのでは、との指摘を受け、最後の最後で理事会として拒否し、総会での提案を取り止め、事なきを得ました。
(ただ管理会社からは、住民からの希望なので総会には議案だけは提出するよう要請されましたが、反対派の理事長経験者から「提案したら委任状が多いので成立する」とのアドバイスで議案化しませんでした。)

bblongさんのマンションにおかれまても、諮問委員会を設置することで理事会をコントロールし、管理委託業務や大規模修繕を管理会社のペースでやらせ、管理会社として利益の拡大を図ろうとしている可能性もあるので十分な注意が必要です。

貴重なご経験のお話を有難うございます。
確かに理事会経験者による諮問委員会ができ(アドバイスとは言うものの)指示が来れば、理事会メンバーはやり難いだけでなく、やる気も無くなりますよね。
屋上屋を架し、害有って益少ない諮問委員会は、是非止めるようにしたいと思います。皆様からのご回答、本当に参考になりました。感謝申し上げます。今後とも宜しくお願い致します

数十戸程度の小規模マンションと思われますが、何故、屋上屋を重ねる様な諮問委員会を作るのか不思議です。
もしかして過去の理事会メンバーが恒久的に理事会を支配したいとの不純な動機で5名もの人員で諮問委員会を設置しようとしているのではありませんか?
理事会メンバー4名の2年毎の輪番制として、その中の半数を毎年改選にすれば良いだけの話です。

早速の有益なアドバイスを誠に有難うございます。
確かに屋上屋を架し、害有って益少ない感じですね。
理事会メンバーの2年輪番制/半数改選は組合員の皆さんの負担も大きくなり なかなか賛同が得られにくい案件ですが、その方向も再度検討してみたいと思います。大変参考になりました。有難うございます。

他の方のコメント同様、このような諮問機関を設置する真意は何なのか、かえって不審感をいだきます。標準管理規約55条によって許可されている専門委員会は、「特定の課題を調査又は検討させる」ためで、修繕委員会、規約改正委員会、リフォーム問題委員会等、分野が特定されていなければなりません。理事の選出方法を工夫すれば解決する問題であり、経験者による「影の理事会」の設置は、ある一定グループによる私物化を連想させます。

これは、管理会社からの提案なのですか。当マンションにも「渉外委員会」という、不審な委員会があります。このような名前の諮問委員会を設置しているマンションは、見たことがありません。検討分野が複数に渡っており、管理会社のアドヴァイスのもと、組合運営上のコアな部分を、ある一人の老人が握っており、理事会に上程しています。この件については、いつか投稿させていただこうと思っています。



大変有益なアドバイスを有難うございます。
専門委員会の設置については、マンション標準管理規約 第55条があるのですね。大変参考になりました。
管理会社からの提案ではなく、組合員の皆さんに少しでもお役に立てればと言う思いがアドバイザリーボード(諮問委員会)設置の発端です。しかし、時間の経過と委員になる人によっては当初の趣旨や目的と異なり「影の理事会」となる負の側面の可能性があるとのご指摘を頂き、真摯に受け止め諮問委員会の検討は止めるようにしたいと思います。
貴重なアドバイスを有難うございました。

大手管理会社だからと言ってコンプライアンスに優れた会社ということではないです。
こんな隠ぺいをする会社は他にも何か隠悪事を隠蔽しているかもしれません。
こんな馬鹿なことを言う管理会社は見たことない。
それでも皆さんは一流ブランドがいいということでしょうか。
あなたのまんの皆さんは意識が高いのではなくプライドが高いだけなのではないですか。
それか、ただモンスタークレーマーなだけではありませんか?

やはりコンプライアンス違反と思われる様な、不適切なことに力を貸すようなことはしたくはありません。

bblongさんと全く同じ問題を抱えてるので、私は設置に賛成です。

当方は管理会社のサポートが悪くてまともな組合運営が出来なかった経験があるからです。
理事会が不適切な判断に傾いても管理会社としてはどうでも良くて、理事会でお決めになったことですからと返します。 重要な助言もせずに後で紛糾する事が繰り返されました。

1年で役員が入れ替われば一からやり直しになったり、前期で決議した事すら継続されなくても、それはその時の理事会がフォローしなかった結果で管理会社は全く気にしないのも分りました。

手間が掛からなければ良くて何もせずに黙っていることで、理事会の依頼事項が自然消滅する事を狙ってるとしか思えないのですよ。

日常の修繕工事は管理会社経由で発注してるのだから、それ以外の案件も彼らがねを上げる位の依頼事項を期限付きで申し付ける位で元が取れると思います。

上手くいかないなら止めれば良いのですし、もし管理会社の紐付き組合員がいるなら排除して他の投稿者の心配事を考慮しながらやってみて下さい。

ご経験からの貴重な助言を有難うございます。
当マンションでも理事会メンバーが1年毎に入れ替わり十分な引継もないまま新しいメンバーでスタートし、また一からやり直しと言うのが良くあります(笑)。
2年輪番制も話題になるのですが、1年間でも嫌なものを2年間ともなると 現業を持った多くの組合員は大きな負担感となり、多くの賛成を得られないのが現状です。(また やる気のない人が2年間やってもダメなものはダメと言うのもあります)
「引継も無く 管理会社にお任せ」が問題なので、ちゃんと引継し課題共有できるよう、1年輪番制ではあっても3カ月間(あるいは最低2回以上)は次の理事会へ旧理事会メンバーも出席すると言うやり方も良いかと思っています。少なくとも毎年輪番制の現状よりはベターなのかなと思っています。
是非皆様からもご意見頂ければ幸いです。

任期を半年ズラして半数交代にする場合は、移行時の半数は半年の任期に出来ますが、これだと実現出来ませんかね?

当方の現状を参考までに:

やる気がある組合員もいますが、そのやる気は総会に出てきて言いたい放題を言うだけの、総じて無責任なモンスタークレーマーになっているのが現状です。 
大荒れの総会の元凶になってる人達だから次期役員をお願いしても全員が断りますね。 
次は自分が責め立てられる番になるのを避けてるとしか思えません。
全員がすでに定年退職しており高齢化に従いモンスター化しました。 

当方の理事会は2ヶ月に1回、2時間程度の会合ですから現役でも大した時間の負担にはなりません。 まあ、心の負担にはなると思いますし、理事長はもう少し忙しいし責任も重いのですが、自分の家を維持し資産を守るのですから当然ですよ。

これが嫌なら管理会社任せで払ってるお金に見合わないリターンを受け続ける事になります。
毎月払ってるお金って見直さない物だから、値上げの時にしか気にしないものではありますが!

そんなことしなくてもやる気がある人にずっと役員をやってもらったらいいのではないですか?

回答がありません。