←トップへ戻る

瑕疵担保責任による補修工事について

建物の維持管理

建物の瑕疵

  • マンションタイプ :
    単棟型
  • マンションの戸数 :
    51〜200戸
  • 竣工年 :
    2001年〜

当方で、バルコニーの一部に瑕疵があることが築10年以内に発覚しました。
最悪の場合、バルコニーの一部が下の幹線道路に落下する怖れがあるというものでした。
売主デベロッパー及び問題箇所を新築時に施工した会社も交えて話し合い、問題発覚当時に施工会社の負担で応急措置をして貰いました。
抜本的に直すためには足場が必要となるため、それ単体の工事ですと不経済と考え、大規模修繕の際に管理組合負担で設置した足場を利用して、瑕疵の補修をする約束を交わし、それが果たされたところです。

足場以外の瑕疵補修工事の費用は施工会社が負担し、後ろ向きな工事にもかかわらず、真摯に丁寧に工事をして下さいました。

通常の修繕工事のように報告書を求めたのですが、提出していただけません。
その会社としては「汚点」となる内容なので記録を残したくないという気持ちなのか、単に人手が回らなくて提出が遅れているのかは不明ですが、催促しても応じません。

私の職業(マンション関係ではない)でも過去に販売した商品に不都合があれば、製造者責任法に基づいて無償で修理交換していますが、報告書を求められたことは無く、マンションの瑕疵担保責任による工事も同様なのでしょうか?

売主デベロッパーが経営不振で廃業した後も、最後まで逃げずに補修工事を完了させた施工会社には感謝しており、これ以上を求めては酷だという思いもあります。
この瑕疵が発覚した当時の理事長でしたため、このまま終結させて良いものか思案しております。
皆様のご意見をお聞かせください。

みんなの回答

報告書は提出してもらうべきです。
瑕疵であるなら、なおさらです。実施した行為は知っていても、その報告書がなければ完了の証になりません。
また、何かの不具合が発生した時のためにも必要な報告書だと感じます。

ミスターさん、ご回答ありがとうございます。
もしご存知でしたら教えて欲しいのですが、瑕疵担保責任による補修工事に不具合が見つかったとしたら、それも責任の範囲に含まれるのでしょうか?
実は、報告書を出したくない理由はそこなのでは…と邪推しています。
築10年内に発覚した瑕疵なので瑕疵担保責任による補修はしてくれましたが、大規模修繕を待っていたため補修工事の完了は築15年目になりました。だからもう、責任は終了したという事なのかと…。

責任の範囲に含まれると思います。
大規模修繕工事の際に補修することを約束し実行されたということは、築15年目経っているから報告書を提出しないという理由にはならないと判断しても良いかと思います。

ミスターさん、再質問にも回答して下さり、ありがとうございます。

報告させてください。お陰様で報告書が提出されました。
「万が一不都合がありましたら出来うる限りの対応をいたします。」という一文も添えられており、瑕疵担保責任による工事に対する姿勢も、ミスターさんの仰るとおりでした。ありがとうございました。

普通の回答は「当然提出していただくものでしょう。 」となります。

ただ、三毛猫様のところの施工会社は、この業界では考えられない程の誠意がある会社のように思えますことから、再度報告書の提出を文書で要請し、もし何か理由があって出せない場合は終結でも良いように思えますが、いかがでしょうか?

応急措置から大規模修繕まで4~5年あり、約束が忘れ去られていなかっただけでも感激というのが正直な印象でして。
報告書が提出されない件について今期の理事長は「きっと忙しいんだよ~。」という反応です。何か提出できない理由があるのか訊いてみるのが良いですね。asaka50さん、ありがとうございます。

報告をさせてください。再度要請しましたところ、お陰様で報告書が提出されました。
asaka50さんも仰るように、誠意のある会社でした。ありがとうございました。

それは当然のように提出していただくものでしょう。
催促時に、提出していただけない理由、もしくは提出が遅れている理由を聞いてみられたらいかがでしょうか。
そこまでしてくださった会社でしたら、何か理由がない限り提出していただけるものと思います。
以前 大規模修繕が完了した後に、コンサルが長計を出すことになっていたのですが、何回請求しても出てきませんでした。
会社が急激に忙しくなって、担当者が手が回らなくなったのが理由ということで、何回も請求した後、別の担当者が提出してきたことがありました。
実は前の担当者が辞めていたのです。
そんなこともありました。
三毛猫さんのところの会社は誠意があるように思えますから、何か理由があるのではないでしょうか。

そうですね。何か事情があって拒否しているわけではないのかも知れません。理由を尋ね、気長に催促を続けます。
メロディーさんのアドバイスのおかげで、催促する罪悪感?が消えました。ありがとうございます。

提出が遅れている理由を訊ねながら再び催促したところ、報告書の提出がございました。
誠意がある会社と信じて先方の事情を訊ねたのが良かったようです。
メロディーさん、実効性のあるアドバイスをありがとうございました。

普通の回答は「当然提出していただくものでしょう。 」となります。

ただ、三毛猫様のところの施工会社は、この業界では考えられない程の誠意がある会社のように思えますことから、再度報告書の提出を文書で要請し、もし何か理由があって出せない場合は終結でも良いように思えますが、いかがでしょうか?

応急措置から大規模修繕まで4~5年あり、約束が忘れ去られていなかっただけでも感激というのが正直な印象でして。
報告書が提出されない件について今期の理事長は「きっと忙しいんだよ~。」という反応です。何か提出できない理由があるのか訊いてみるのが良いですね。asaka50さん、ありがとうございます。

報告をさせてください。再度要請しましたところ、お陰様で報告書が提出されました。
asaka50さんも仰るように、誠意のある会社でした。ありがとうございました。

それは当然のように提出していただくものでしょう。
催促時に、提出していただけない理由、もしくは提出が遅れている理由を聞いてみられたらいかがでしょうか。
そこまでしてくださった会社でしたら、何か理由がない限り提出していただけるものと思います。
以前 大規模修繕が完了した後に、コンサルが長計を出すことになっていたのですが、何回請求しても出てきませんでした。
会社が急激に忙しくなって、担当者が手が回らなくなったのが理由ということで、何回も請求した後、別の担当者が提出してきたことがありました。
実は前の担当者が辞めていたのです。
そんなこともありました。
三毛猫さんのところの会社は誠意があるように思えますから、何か理由があるのではないでしょうか。

そうですね。何か事情があって拒否しているわけではないのかも知れません。理由を尋ね、気長に催促を続けます。
メロディーさんのアドバイスのおかげで、催促する罪悪感?が消えました。ありがとうございます。

提出が遅れている理由を訊ねながら再び催促したところ、報告書の提出がございました。
誠意がある会社と信じて先方の事情を訊ねたのが良かったようです。
メロディーさん、実効性のあるアドバイスをありがとうございました。

報告書は提出してもらうべきです。
瑕疵であるなら、なおさらです。実施した行為は知っていても、その報告書がなければ完了の証になりません。
また、何かの不具合が発生した時のためにも必要な報告書だと感じます。

ミスターさん、ご回答ありがとうございます。
もしご存知でしたら教えて欲しいのですが、瑕疵担保責任による補修工事に不具合が見つかったとしたら、それも責任の範囲に含まれるのでしょうか?
実は、報告書を出したくない理由はそこなのでは…と邪推しています。
築10年内に発覚した瑕疵なので瑕疵担保責任による補修はしてくれましたが、大規模修繕を待っていたため補修工事の完了は築15年目になりました。だからもう、責任は終了したという事なのかと…。

責任の範囲に含まれると思います。
大規模修繕工事の際に補修することを約束し実行されたということは、築15年目経っているから報告書を提出しないという理由にはならないと判断しても良いかと思います。

ミスターさん、再質問にも回答して下さり、ありがとうございます。

報告させてください。お陰様で報告書が提出されました。
「万が一不都合がありましたら出来うる限りの対応をいたします。」という一文も添えられており、瑕疵担保責任による工事に対する姿勢も、ミスターさんの仰るとおりでした。ありがとうございました。

回答がありません。