←トップへ戻る

隣の騒音について。

住まいのトラブル

  • マンションタイプ :
    単棟型
  • マンションの戸数 :
    〜50戸
  • 竣工年 :
    2001年〜

最近お隣のオーナーが仕事の都合で、別の方に2年間貸されました。その新しく借りた方が夫婦と3歳くらい女の子と乳幼児の4人家族ですが、毎日室内を走り回る音、室内で何かをしている振動が朝から22時まで断続的にあるので、管理会社に相談しましたが、子供だから仕方がないという返答を繰り返すだけです。
私たちはオーナーですから一生住み続けますが、お隣は2年間だけという軽い気持ちで、騒音に気を付けて欲しいと言っても効果なしです。
2歳になる仔犬も、音に敏感になり睡眠不足と神経質になってしまいました。
騒音を理解させ、軽減させる方法で何か良い方法はないものでしょうか。

みんなの回答

お住まいの地方自治体の役所などで「騒音計」の貸し出しをしていると思います。お住まいの地区の騒音許容レベルも役所で教えてくれます。一定期間、それで騒音を計測して記録を取り、それが「受忍限度を超える」レベルでしたら提訴をする可能性を隣家に伝え、防音措置を取ってもらうのも一案です。

私が隣家の騒音で悩まされた時に色々調べましたが、床の振動には「吸音カーペット」、壁からの騒音には「後付け防音壁」、窓からの騒音には「遮音カーテン」などがあるようです。防音壁は賃借人が勝手に設置できませんのでオーナーさんの協力が必要です。
当時、隣家に「区役所の環境整備課・弁護士にも相談している。」と手紙を書きましたら、騒音が軽減しました。何かしらの措置を取ってくれたものと思っています。

上階の音が気になるというのはよくありますが、お隣の音が生活に影響するとまではあまり例がないことだと思います。
隣との隔壁の防音に不具合があるのではないですか。
建物そのものに瑕疵があるかもしれません。
その場合でもcharlieさんが瑕疵を証明しなければならないと思います。
管理組合に相談して、隔壁の防音性能を図っていただくのも一つの方法です。
私のところも管理組合の費用で上下、左右の遮音性能を図っていただいたことがあり、建物自体の遮音性能が悪いという結果が出ました。
その結果をもとに販売会社を訴えて勝訴しました。

しかし通常の対処としては、皆さんが言われているように当事者同士の問題で、管理組合は口を出せません。
ただ、賃貸の方があまりに非常識に音を発している場合などは、オーナーさんと管理組合で話し合って対処を考えることもします。
オーナーさんの指示に従わない賃借人には、区分所有法第60条に従って、組合が占有者(賃借人)に対して部屋の引き渡しを求める訴訟を起こすこともできます。
しかしご相談のような生活音では無理でしょう。
お隣の方に部屋に来ていただいて、どのように音が聞こえるか実際に聞いてみてもらってはいかがですか。
気を付けることで軽減できる音なら気を付けていただけるのではないかと思います。

charlicさん、当方も経験がありますが、マンションでの騒音問題では被害者の苦痛は大変です。

ただ騒音問題は個人対個人の問題ということで、理事会は個人一切タッチしてくれませんが、管理会社に言えば、管理会社から騒音源の住民の方にソフトに話して頂けると思います。

それでも解決しない場合は、騒音源の住民を提訴するか、後2年間を我慢するしか無いと思います。
何にしても厄介な問題であり心からご同情申し上げます。

お住まいの地方自治体の役所などで「騒音計」の貸し出しをしていると思います。お住まいの地区の騒音許容レベルも役所で教えてくれます。一定期間、それで騒音を計測して記録を取り、それが「受忍限度を超える」レベルでしたら提訴をする可能性を隣家に伝え、防音措置を取ってもらうのも一案です。

私が隣家の騒音で悩まされた時に色々調べましたが、床の振動には「吸音カーペット」、壁からの騒音には「後付け防音壁」、窓からの騒音には「遮音カーテン」などがあるようです。防音壁は賃借人が勝手に設置できませんのでオーナーさんの協力が必要です。
当時、隣家に「区役所の環境整備課・弁護士にも相談している。」と手紙を書きましたら、騒音が軽減しました。何かしらの措置を取ってくれたものと思っています。

<隣の住人との騒音問題は、貴方個人で解決すべき問題で、管理組合とは全く関係の無い問題です。 > この回答には納得できませんが、理事会ではなくて管理会社に訴えたけど何もしなかったのでしょうか? 

安全で快適な住環境を維持する義務は管理組合にありますから、内容によっては個人のことでも管理会社は対応すべきと考えています。 

・管理会社は騒音苦情が出ていることくらいは伝えるものですよ。 
・・それすらしないなら理事長に訴えましょう。
・・それでもだれも動かないなら、隣人に手紙を投函しましょう。 

・上の階以外からの騒音被害は先ず聞かないので、あなたが敏感すぎませんか?
・・サッシは締め切っていますか? 
・・換気ダクトにも何か詰めて完全に閉め切りましたか?
・・騒音計で受忍限度内の結果がでるかも知れませんが、実測して証拠を示して対処を求めれば動きが期待でるのではありませんか・・・?

管理規約に「共同の利益」という用語があると思います。「共同の利益に反する行為」として、騒音や振動を発してはならないことがこの用語の中に含まれています。さらに、管理組合規約の中に騒音の禁止規定があると思います。よって、管理規約違反となります。違反に対しては管理規約で、勧告その他必要な措置を行うことができるととの規定があると思いますので、マンションの管理者(管理組合も理事長)から注意してもらうのも一つの方法です。当事者同士ですと、感情的になりやすく、トラブルに発展しやすいので、第三者にお願いしてみると良いと思います。

回答がありません。