←トップへ戻る

民泊禁止等で管理規約を変更したいのですが特別決議では可決できません

その他

管理規約

  • マンションタイプ :
    単棟型
  • マンションの戸数 :
    51〜200戸
  • 竣工年 :
    〜1981年

10年以上改訂されていない管理規約を、最近問題になっている(民泊禁止)(暴力団員の排除)を標準管理規約に合せ下記の様に改訂しようとしています。

(専有部分の用途並びに民泊の禁止)
第12条・・・・・・・・・・・
2 区分所有者は、その専有部分を住宅宿泊事業法第3条第1項の届出を行って営む同法第2条第3項の住宅宿泊事業に使用してはならない。
3 区分所有者は、その専有部分を国家戦略特別区域法第13条第1項の特定認定を受けて行う国家戦略特別区域外国人滞在施設経営事業に使用してはならない。

(暴力団員の排除)
第19条の2 区分所有者は、その専有部分を第三者に貸与する場合には、前
条に定めるもののほか、次に掲げる内容を含む条項をその貸与に係る契約に
定めなければならない。
一 契約の相手方が暴力団員・・・・・・・・

ただ、管理規約は特月決議で住民の3/4以上の賛成が必要ですが、総会では委任状を出さない、議決権を行使しないで欠席する住民が圧倒的に多く特別決議で可決する見通しがありません。

マンションは築25年で老朽化が進みスラム化する危険性がありますので、マンションの資産価値の低下を防ぐために(民泊禁止)(暴力団員の排除)を明文化したいのですが、どのように対応すれば良いのでしょうか?

みんなの回答

民泊禁止の議案に限った事ではありませんが、特別決議を可決させたいなら委任状・議決権行使書を、あの手この手を使って搔き集めることをお勧めします。
当方では下記のようにしました。ご参考になさって下さい。

1.「あなたの無関心が マンションの資産価値を下げます。」というドキリとするキャッチコピーを使った書面を 掲示板・EVかご内など、目に付くところに掲示し、組合員の関心を引き、提出を促しました。

2.総会数日前になっても提出の無い部屋には、提出を促す書面を再度配布しました。

3.当日の朝になっても足りない分は、管理会社のフロントマンがエントランスのインターホンからピンポンして各部屋に直接交渉し、委任状・議決権行使書を集めに走り回って下さいました。

お陰様で3/4以上が集まり無事に可決できました。絶望する前に考えつく事はすべてやってみましょう。

三毛猫様、ありがとうございます。
アドバイスを参考に頑張ってみます。

皆様と同意見ですが、当方のマンションでも特別決議を可決させるには大変な努力が必要だと思います。
特別決議を可決させるには、あらゆる手段を使って委任状・議決権行使書を集めるしかありません。

Tamagawaさん、ありがとうございます。

回答がありません。