←トップへ戻る

管理会社の工事受注

管理業の委託

  • マンションタイプ :
    単棟型
  • マンションの戸数 :
    51〜200戸
  • 竣工年 :
    2001年〜

素朴な疑問です。
管理会社のフロントの方は、工事受注のノルマか何かあるのでしょうか。
もちろん会社によって違うのかもしれませんが。

よく、工事、工事と言われます。
酷い時には「何かあったら理事会の責任になりますよ。」と強い口調で言われます。
素人なので本当に必要な工事かどうかわかりません。
あまりに工事のことを言われるので、ノルマをかけられているのかなぁと思いました。
どうなのでしょうか。

みんなの回答

管理会社は営利企業です。
管理委託費だけで満足していては、管理会社のフロント(営業マン)としては失格です。
工事を含め管理会社の収益に繋がるものは、どんどん提案してくるでしょう。
管理組合の味方のように振舞ったり、時には書かれているように不安を煽ってみたり、手口は色々とあると思いますが。

ノルマはあると思います。

ありがとうございます。

いつも「みんなの管理組合.com」をご利用いただき、ありがとうございます。
「みんなの管理組合.com」では、組合員登録をしていただくことでアドバイザーの回答をご覧いただくことができます。
組合員登録は、どなたでも無料でできます。
ヘッダーにある「新規組合登録」ボタンからご登録ください。
引き続き、「みんなの管理組合.com」をお楽しみください。

アドバイザーの回答を見るためには、組合員登録をしてください。

組合員登録は こちら から無料で行えます。

営利企業に勤めているのですから当然かもしれません。
しかしフロントとは大変なお仕事ですね。
気の毒になるくらいです。
組合側も同情ばかりできませんから、適切な価格で適切に必要な工事を見極めなければいけませんね。
やはり組合には専門家のサポートが必要なのかしら…

ご返信ありがとうございます。
私もフロントの方々と一緒に仕事をしておりますので、フロントの大変さは日々感じております。
会社(ノルマ)のために働いているフロントもいれば、管理組合のために真面目に働いているフロントの方もいらっしゃいます。
他の業種の企業も似たり寄ったりだと思います。
このサイトは非常に有益と感じています。これからもぜひぜひご活用ください。
専門家やセカンドオピニオン役を探される際にも、このサイトはきっと有効です。
理事のお仕事も大変だと思いますが、マンション価値と住環境のUPにつながる組合活動となられることを願っております。

「管理会社が建物チェックをして同時に工事を受注する」という事自体、矛盾した商業倫理であり、これを利益相反行為と呼ぶことはすでにご存知だと思います。あまり知識のない区分所有者を相手に、工事を捏造することは簡単ですから、黒猫さんが不審感を持つのは当然です。

管理会社の定款規定事業内容は、多岐に渡り、かつ曖昧なので、管理会社というのは、利益相反行為のデパートです。ですから、組合は管理会社の不必要なセールスに対し、常に自衛しなくてはならず、信頼関係とは程遠いものです。しかし、無知あるいは、悪質な理事長や理事が、このようなセールスに乗っかっていることは、このサイトの投稿からもあきらかです。こんな野放しの「ブラック業界」もどきが、未だに存在することに、改めて驚いています。「痴呆老人に、高額金融商品を売りつける」と同様なことを平気でしているのですから。

このような根本的な法律の不備があることを前提に、今できる自衛策のひとつとしては、建物にしろ理事会運営にしろ、外部の専門家から、
セカンドオピニオンを得ることがあると思います。

私たちももっと勉強して防衛できるようにしなければいけませんね。
ありがとうございました。

フロントには、大規模修繕工事を含め工事受注のノルマがあるのではと思います。

というのも、工事費削減のため、「NHKクロ現代の「追跡!マンション修繕工事の闇 狙われるあなたの積立金」で絶対にバックマージンを取らないというコンサル会社を大規模修繕工事等の工事費のチェックで使おうとしたところ、管理会社の猛反発を受け断念しました。

多分管理会社はコンサル会社が入り、工事費等についてチェックされるのが嫌なのだと思います。

やはりそうですよね。
ありがとうございました。

管理会社のフロントの方は、工事受注のノルマか何かあるのでしょうか。→あるみたいですよ。前の管理会社の担当がポロっと言ってました。
もちろん会社によって違うのかもしれませんが。→どの会社も売り上げ目標はあるでしょうから違うということはないと思いますが。

酷い時には「何かあったら理事会の責任になりますよ。」と強い口調で言われます。→管理会社が言っている意味合いは違うのでしょうがこの言葉自体はその通りだと私は思います。
素人なので本当に必要な工事かどうかわかりません。 →管理会社を頼らないのであれば素人でも考えてやっていくしかないと思います。私はインフラ関係は管理会社に任せるしかないと思っています。

以前管理会社の人間が理事会で工事見積もりの交渉後、「会社の承認がいる」と言ったので「屁理屈になるけど管理組合のお金のことでなんで会社の承認という言い方になるのか?管理組合の承認がいるのではないのか?」と言って管理会社の人間を困らせたことはあります(笑)

クッシーさんはいつも鋭い。
クッシーさんのようなクレイバーな頭脳と感覚があればいいなあと羨ましく思います。
ありがとうございます。

A社
ノルマは無いが自社工事費率を数値管理している。担当者別に担当物件の管理組合が他社(管理会社以外)に発注する工事金額と自社(管理会社の系列子会社)が受注する工事金額を計数管理して、自社の受注比率を算定。この比率が悪いと個人の評価が下がり、賞与が減額される。自社工事利益の一定割合が賞与に加算され、他社工事は賞与を減算される。

B社
年間売上予算を部署ごとに決められており、その予算達成率で部署及び個人の評価が下る。予算が達成できない恐れがあれば、まだ修繕時期に来ていない物件でも前倒しで大規模修繕を提案するようハッパがかかる。
予算必達の話は上場企業とその子会社の場合意識せざるを得ないようです。

フロントマンは誠実でいい方なのです。
でも、会社組織の中にいると評価をいただかなければいけないのでしょうね。
つくづく大変なお仕事だと思いました。
変な話ですが、気の毒に思います。

築35年49戸管理員3年目。
最低賃金が3%上がり、消費税10%も目の前、業績は下降傾向。となれば、管理会社は外注工事売り上げを伸ばすしかありません。
担当営業は、上からかなりの圧力がかかっていると思います。
先日、こんなことがありました。ガス警報器の交換時期が近いので居住者の一人である機器を販売・点検する社長の会社が見積もりを管理組合に出しました。40万近くです。それを知った営業担当が実績欲しさに6千円安く管理会社経由で他社の見積もりを出しました。
当時の理事長は「お、安くていいんでない?」と中身をロクに読まずに契約しま
契約書には「施工は平日の一日限りとします。管理員室に残りをおさめた段階で契約は完了します。」と書かれていました。受け継いだ理事長が営業担当に電話しても、「契約書を確認してください」との一言です。後始末は管理員、理事長とも大変でした。
これ以来、私管理員も理事長だった方も営業担当を一切信用しなくなりました。スキあらば、と営業担当は常に狙っています。
どうか皆様方も、判をつく前に契約書をしっかりと確認して頂くようお願いします。

本当に必要な工事かどうかは、点検している業者のスタッフの方に直接聞いてみるのが一番だと思います。
できれば自分も現認してみてください。

隣の猫さんは管理員さんとしていろいろ見ていらしたことと思います。
管理会社の内幕もご存じなのでしょう。
どんな会社でも営業成績を上げなければいけないのは仕方ないですね。

ところで、以前から思っていたのですが、「隣の猫」と言いながらなぜ「牛さんの頭」なのですか…

むむっ。。するどい。
何年か前、ねこの写真使っていて、べつの名前(忘れましたが)にしていました。
突然、自分は性格的にウシに似ていることに気付き、昔家で飼っていたホルスタインを写真に入れ込んだのです。
隣の猫というのはなーんにも考えずにその後つけたものです。

そうだったのですか。
スッキリしました(笑)
しかしホルスタイン飼っていたんですねぇ。
すごっ!

実家が酪農家だったのです。

フロントには、大規模修繕工事を含め工事受注のノルマがあるのではと思います。

というのも、工事費削減のため、「NHKクロ現代の「追跡!マンション修繕工事の闇 狙われるあなたの積立金」で絶対にバックマージンを取らないというコンサル会社を大規模修繕工事等の工事費のチェックで使おうとしたところ、管理会社の猛反発を受け断念しました。

多分管理会社はコンサル会社が入り、工事費等についてチェックされるのが嫌なのだと思います。

やはりそうですよね。
ありがとうございました。

いつも「みんなの管理組合.com」をご利用いただき、ありがとうございます。
「みんなの管理組合.com」では、組合員登録をしていただくことでアドバイザーの回答をご覧いただくことができます。
組合員登録は、どなたでも無料でできます。
ヘッダーにある「新規組合登録」ボタンからご登録ください。
引き続き、「みんなの管理組合.com」をお楽しみください。

アドバイザーの回答を見るためには、組合員登録をしてください。

組合員登録は こちら から無料で行えます。

営利企業に勤めているのですから当然かもしれません。
しかしフロントとは大変なお仕事ですね。
気の毒になるくらいです。
組合側も同情ばかりできませんから、適切な価格で適切に必要な工事を見極めなければいけませんね。
やはり組合には専門家のサポートが必要なのかしら…

ご返信ありがとうございます。
私もフロントの方々と一緒に仕事をしておりますので、フロントの大変さは日々感じております。
会社(ノルマ)のために働いているフロントもいれば、管理組合のために真面目に働いているフロントの方もいらっしゃいます。
他の業種の企業も似たり寄ったりだと思います。
このサイトは非常に有益と感じています。これからもぜひぜひご活用ください。
専門家やセカンドオピニオン役を探される際にも、このサイトはきっと有効です。
理事のお仕事も大変だと思いますが、マンション価値と住環境のUPにつながる組合活動となられることを願っております。

A社
ノルマは無いが自社工事費率を数値管理している。担当者別に担当物件の管理組合が他社(管理会社以外)に発注する工事金額と自社(管理会社の系列子会社)が受注する工事金額を計数管理して、自社の受注比率を算定。この比率が悪いと個人の評価が下がり、賞与が減額される。自社工事利益の一定割合が賞与に加算され、他社工事は賞与を減算される。

B社
年間売上予算を部署ごとに決められており、その予算達成率で部署及び個人の評価が下る。予算が達成できない恐れがあれば、まだ修繕時期に来ていない物件でも前倒しで大規模修繕を提案するようハッパがかかる。
予算必達の話は上場企業とその子会社の場合意識せざるを得ないようです。

フロントマンは誠実でいい方なのです。
でも、会社組織の中にいると評価をいただかなければいけないのでしょうね。
つくづく大変なお仕事だと思いました。
変な話ですが、気の毒に思います。

管理会社のフロントの方は、工事受注のノルマか何かあるのでしょうか。→あるみたいですよ。前の管理会社の担当がポロっと言ってました。
もちろん会社によって違うのかもしれませんが。→どの会社も売り上げ目標はあるでしょうから違うということはないと思いますが。

酷い時には「何かあったら理事会の責任になりますよ。」と強い口調で言われます。→管理会社が言っている意味合いは違うのでしょうがこの言葉自体はその通りだと私は思います。
素人なので本当に必要な工事かどうかわかりません。 →管理会社を頼らないのであれば素人でも考えてやっていくしかないと思います。私はインフラ関係は管理会社に任せるしかないと思っています。

以前管理会社の人間が理事会で工事見積もりの交渉後、「会社の承認がいる」と言ったので「屁理屈になるけど管理組合のお金のことでなんで会社の承認という言い方になるのか?管理組合の承認がいるのではないのか?」と言って管理会社の人間を困らせたことはあります(笑)

クッシーさんはいつも鋭い。
クッシーさんのようなクレイバーな頭脳と感覚があればいいなあと羨ましく思います。
ありがとうございます。

「管理会社が建物チェックをして同時に工事を受注する」という事自体、矛盾した商業倫理であり、これを利益相反行為と呼ぶことはすでにご存知だと思います。あまり知識のない区分所有者を相手に、工事を捏造することは簡単ですから、黒猫さんが不審感を持つのは当然です。

管理会社の定款規定事業内容は、多岐に渡り、かつ曖昧なので、管理会社というのは、利益相反行為のデパートです。ですから、組合は管理会社の不必要なセールスに対し、常に自衛しなくてはならず、信頼関係とは程遠いものです。しかし、無知あるいは、悪質な理事長や理事が、このようなセールスに乗っかっていることは、このサイトの投稿からもあきらかです。こんな野放しの「ブラック業界」もどきが、未だに存在することに、改めて驚いています。「痴呆老人に、高額金融商品を売りつける」と同様なことを平気でしているのですから。

このような根本的な法律の不備があることを前提に、今できる自衛策のひとつとしては、建物にしろ理事会運営にしろ、外部の専門家から、
セカンドオピニオンを得ることがあると思います。

私たちももっと勉強して防衛できるようにしなければいけませんね。
ありがとうございました。

ノルマはあると思います。

ありがとうございます。

築35年49戸管理員3年目。
最低賃金が3%上がり、消費税10%も目の前、業績は下降傾向。となれば、管理会社は外注工事売り上げを伸ばすしかありません。
担当営業は、上からかなりの圧力がかかっていると思います。
先日、こんなことがありました。ガス警報器の交換時期が近いので居住者の一人である機器を販売・点検する社長の会社が見積もりを管理組合に出しました。40万近くです。それを知った営業担当が実績欲しさに6千円安く管理会社経由で他社の見積もりを出しました。
当時の理事長は「お、安くていいんでない?」と中身をロクに読まずに契約しま
契約書には「施工は平日の一日限りとします。管理員室に残りをおさめた段階で契約は完了します。」と書かれていました。受け継いだ理事長が営業担当に電話しても、「契約書を確認してください」との一言です。後始末は管理員、理事長とも大変でした。
これ以来、私管理員も理事長だった方も営業担当を一切信用しなくなりました。スキあらば、と営業担当は常に狙っています。
どうか皆様方も、判をつく前に契約書をしっかりと確認して頂くようお願いします。

本当に必要な工事かどうかは、点検している業者のスタッフの方に直接聞いてみるのが一番だと思います。
できれば自分も現認してみてください。

隣の猫さんは管理員さんとしていろいろ見ていらしたことと思います。
管理会社の内幕もご存じなのでしょう。
どんな会社でも営業成績を上げなければいけないのは仕方ないですね。

ところで、以前から思っていたのですが、「隣の猫」と言いながらなぜ「牛さんの頭」なのですか…

むむっ。。するどい。
何年か前、ねこの写真使っていて、べつの名前(忘れましたが)にしていました。
突然、自分は性格的にウシに似ていることに気付き、昔家で飼っていたホルスタインを写真に入れ込んだのです。
隣の猫というのはなーんにも考えずにその後つけたものです。

そうだったのですか。
スッキリしました(笑)
しかしホルスタイン飼っていたんですねぇ。
すごっ!

実家が酪農家だったのです。

管理会社は営利企業です。
管理委託費だけで満足していては、管理会社のフロント(営業マン)としては失格です。
工事を含め管理会社の収益に繋がるものは、どんどん提案してくるでしょう。
管理組合の味方のように振舞ったり、時には書かれているように不安を煽ってみたり、手口は色々とあると思いますが。

いつも「みんなの管理組合.com」をご利用いただき、ありがとうございます。
「みんなの管理組合.com」では、組合員登録をしていただくことでアドバイザーの回答をご覧いただくことができます。
組合員登録は、どなたでも無料でできます。
ヘッダーにある「新規組合登録」ボタンからご登録ください。
引き続き、「みんなの管理組合.com」をお楽しみください。

アドバイザーの回答を見るためには、組合員登録をしてください。

組合員登録は こちら から無料で行えます。

営利企業に勤めているのですから当然かもしれません。
しかしフロントとは大変なお仕事ですね。
気の毒になるくらいです。
組合側も同情ばかりできませんから、適切な価格で適切に必要な工事を見極めなければいけませんね。
やはり組合には専門家のサポートが必要なのかしら…

ご返信ありがとうございます。
私もフロントの方々と一緒に仕事をしておりますので、フロントの大変さは日々感じております。
会社(ノルマ)のために働いているフロントもいれば、管理組合のために真面目に働いているフロントの方もいらっしゃいます。
他の業種の企業も似たり寄ったりだと思います。
このサイトは非常に有益と感じています。これからもぜひぜひご活用ください。
専門家やセカンドオピニオン役を探される際にも、このサイトはきっと有効です。
理事のお仕事も大変だと思いますが、マンション価値と住環境のUPにつながる組合活動となられることを願っております。