←トップへ戻る

現理事長の独断専行が目に余りますが、どうすればよいのでしょうか?

大規模修繕工事

大規模修繕工事

  • マンションタイプ :
    単棟型
  • マンションの戸数 :
    201〜500戸
  • 竣工年 :
    2001年〜


皆様にはお手数をお掛け致しますが、現管理組合での理事長の独断専行が目にあまりますので相談させて下さい。
以前の理事会は理事メンバー全員による民主的な運営で、通常総会の前には必ず住民アンケートを実施し、その中で住民の希望の多いものを議案化してきました。

ところが現理事長に変わった3年前からは、アンケートを取り止めてしまい、理事長本人が思いついた費用のかかる事案(例:照明LED化、自動ドア化、受付時間大幅延長、管理費値上げ、駐輪場大幅値上げetc)を理事会で提案し、それをそのまま総会議案として提案するようになりました。
総会では住民からアンケート無しでの総会への議案提出は住民の意向を反映していないので、議案提出前にアンケートを取り住民の意向を反映するよう要求していますが、理事長は住民の代表である理事会の多数意見を議案化しているので問題なしとの立場です。
このため、通常総会では大荒れとなり、出席者は議案への反対が多数となりますが、議決権と委任状を合わせますと、議案への賛成が多数となり、理事長の意向で提案されるコストアップや値上げの議案が全て可決されている状況です。

この様な理事長の独断専行による放漫財政をやめさせるのにはどうすればよいのでしょうか?
またアンケートなしで新しいことを進めている理事会というのは一般的なのでしょうか?

みんなの回答

私のマンションではアンケート調査にもとづいて総会で議案提出したら出席者の反対で継続審議になったことがあります(笑)

クッシーさん、回答ありがとうございます。
以前は実施されていたアンケートが実施されなくなったのは、アンケート結果で反対の案件は総会に提出せず、賛否が拮抗している案件は総会で検討不足とのことで継続審議になるからだと思います。
現在では、理事長が個人的に関心があるだけがアンケート無しで提案され、管理費も値上げされることに不満を持つ住民も増えていますが行動を起こす住民はいない状況です。
ただ管理組合活動への私達の無関心が原因ですのでしょうがないですね?

白雪さん、困ったことですね。
理事長は男性でしょうか。
女性の口コミパワーで、住民の意識を高めていくしかないように思われます。
住民の意識を高める難しさを、私も痛感しています。

tonekoriさん、回答ありがとうございます。
理事長は現役を引退された男性の方です。
以前は実施されていたアンケートが実施されず、理事長が個人的に関心があるだけが実行され、管理費も値上げされることに不満を持つ住民も多いです。
ただ管理組合活動への私達の無関心が原因ですのでしょうがないですね?

現理事長の独断を、他の理事さんや監事さんはなぜ容認しているのでしょうか?
理事会で他の理事さん達が結束して反対すれば総会議案は上程できないので、不思議な印象を受けました。
私が理事長就任中には、暴走しそうになると監事さんからブレーキをかけられ、叱られたこともありました。理事長の独断はそう簡単に出来ることではありません。

白雲さんのご意見に賛同する人が多いなら、仲間うちで次期役員の立候補者をたくさん出して、理事会の多数を占めれば(又は現理事長を締め出せば)現理事長の独断をやめさせることができます。
総会が大荒れになるような状態でありながら現理事長が3年も続投できているのも不可解です。

三毛猫さん、早速の回答ありがとうございます。
理事会の理事・監事は輪番制ですが、本人が希望すれば何年でも理事や理事長を続けることが出来ます。
しかも、理事会で理事長を募っても誰一人応募せず毎年クジ引きで決めていましたところ、3年前に現理事長が応募しそれ以降理事長を続けています。
要するに理事長以外の理事はしょうがなく理事会、総会に出席するだけで理事会活動には興味がないので、理事長の提案に反対する知識のある人は誰もいない状況です。
ですので、理事の皆様も現理事長が私利私欲でなければ容認し、自身は1年の任期を乗り切って辞めようとの雰囲気です。

現理事長が私利私欲でやっているわけではないので、他の役員さん達は容認しているのですね。それでは独断と言い難いです。理由があって認めているのですから、理事会の総意となります。

白雲さんのご質問文の中に挙げられた、自動ドア化、受け付け時間延長は、コストアップになるとは思いますが、セキュリティの向上によりマンションの資産価値を上げる側面もありますね。照明のLED化は初期費用が大きいものの、消費電力を少なくし、管球の交換頻度を下げるので長い目で見たらコストダウンになります。支払ったコストに見合うか、コスト以上の安全や快適を手に入れているなら、放漫財政と言い切れるでしょうか。
規約に則った多数決で承認されているという事は、賛成者が多い事を意味します。それが無関心によるものだとしても手続き的に問題はありません。
また、総会前にアンケートを取ることは法令で義務付けられていませんが、白雲さんのマンションの規約ではどうなっていますか?

白雲さんがもっと民主的な組合運営を望んでいるなら、ご自身が役員に立候補してけん引役となり実現させるのが近道だと思います。

三毛猫さん、回答ありがとうございます。
昔からのアンケートが実施されず、理事長の個人的に関心があるだけがどんどん実行され管理費も値上げされることに不満を持つ住民も多いのですが、私達の無関心が原因ですのでしょうがないですね。

管理費や駐輪場利用料の値上げは、基本的に歓迎されないでしょう。同じビジョンを持つ組合員を白雲さんがまとめて民主的な運営へ戻すことは考えられませんか?
不満に思っていても、行動に移さないと何も変わらないと思います。

三毛猫さん、重ね重ねの回答ありがとうございます。
皆さまから多くのアドバイスをいただきましたことから、理事会でアンケートの再開を提案したいと思います。

白雲さんのマンションの理事長は提案力、実行力があり、マンション価値の向上に取り組んでいる方向性は非難できないと思います。
まるでトランプ大統領が強引に自分の政策を推し進め、これに与党の共和党は渋々従い、議会では民主党から袋叩きにあっているのと同じ構造の様に思います。
このままでは正常な管理組合の運営は難しいと思われますので、やはり理事会が自浄作用を働かせてて、理事長に世論調査とも言えるアンケートの再開と、アンケート結果の尊重を勧告した方が良いと思います。
因みに私のマンションでは議案化しようとするものは予めアンケートを実施し、その結果議案化されたものは議案書の中にアンケートの賛否の比率が記述されていますので、総会で揉めることは殆どありませんません。

楓さん、回答ありがとうございます。
難しいかもしれませんが、アンケートを再開するよう理事長にお願いしようと思います。

白雪さん、困ったことですね。
理事長は男性でしょうか。
女性の口コミパワーで、住民の意識を高めていくしかないように思われます。
住民の意識を高める難しさを、私も痛感しています。

tonekoriさん、回答ありがとうございます。
理事長は現役を引退された男性の方です。
以前は実施されていたアンケートが実施されず、理事長が個人的に関心があるだけが実行され、管理費も値上げされることに不満を持つ住民も多いです。
ただ管理組合活動への私達の無関心が原因ですのでしょうがないですね?

私のマンションでは、たまにアンケートを取ることはありますが、それで議案の提出の是非を決めることはありません。
白雲さんのマンションのように全てアンケート結果で決めていたら変な方向に行くのではありませんか?
私の知っている範囲で、ここまでアンケート結果を重視するマンションは聞いたことがありません。

回答がありません。