←トップへ戻る

外国人騒音問題

大規模修繕工事

  • マンションタイプ :
    単棟型
  • マンションの戸数 :
    〜50戸
  • 竣工年 :
    〜1981年

数日前に引っ越して来た中国人の騒音に困っています。私が住んでいるアパートはかなり古い木造住宅です。当然のことではありますが、通常の建物よりも生活音が聞こえやすい環境にあります。
引っ越して来た当初よりその中国人は尋常ではない物音、話し声を出すので警察に電話して注意してもらいました。警察が来た後数十分は静かなのですが、またすぐに騒ぎ出します。当然大屋にも電話して
注意してもらうように言いましたが、本人に注意したのか定かではありません。というのもこのアパートの
大屋も中国人で、基本的に我関せずのスタンスであり、過去にも別の外国人の騒音にも便宜的に注意しました。といった対応だったからです。そして本日あまりにもうるさいので夕方過ぎに警察に来てもらい注意して
もらった時に、たまたま騒音相手の中国人と対面したので、うるいさいから静かにしろと怒気を強めていうと
「フツウニシテイルダケ」といい軽い口論となりました。私は自宅で仕事をしているのですが、その中国人はずっと
家にいます。こんな古いアパートに住む住人は通常貧乏学生か低所得者です。外国人であれば留学生か
就労者以外通常考えられません。その点も非常に不可思議です。警察官も民事不介入の立場なのか知りませんが我関せずで、何も言わずに帰ってしまいました。どうにかして騒音をやめさせたいのですがいい方法はないでしょうか。

みんなの回答

1棟アパートの大家さんが中国人のため、騒音問題を深刻に考えないところが問題解決を阻んでいるようです。
今回の問題住戸以外のお部屋に居住する全員の署名を貰って団結して騒音の解決を求めてはいかがでしょうか?
大家さんはこの物件で利益を上げるために買ったはずです。他の部屋がすべて迷惑していると知ったら今より問題を深刻に考えるようになり、1室を犠牲にして(問題住居を退去させるなど)他の部屋の利益を守るのではないでしょうか?

実は中国人の友人にこの問題を話してみました。下記のような回答でした。
「中国人は短期で習慣を変えるのは難しいです。でも、もう一度注意や警告をする必要があると私は思います。(大家さんが言うべきことは)”よくクレームがありますので、私はオーナーとして凄く困っています。周りの人達と平和で仲良くして欲しいです。万が一またクレームされたら、大変申し訳ないですが、他のアパートを探して下さい。”」

中国人の友人はアパートの大家さんは日本人だと誤解して回答したようですが、ご参考まで。

アパートの相談なのですね!

騒音やゴミ屋敷問題は日本人でも迷惑者がおり、長期間解決しないし、大きな迷惑事案はTVニュースでも見かけます。 少々の迷惑事案で文化違いだともっと解決しないので、取りあえず下記を検討みてはいかがですか?

1.引っ越す(被害者が引っ越すのは納得できないでしょうけど、直ぐ解決します)

2.耳栓やヘッドフォンを使う。

3.騒音に関しては自治体に「迷惑防止条例」「騒音防止条例」など「環境基準」に関して条例があるものです。 

3-1.役所に相談してみましょう。 関連条例の知識や対策を一緒に考えてくれるかも知れません。
3-2.騒音記録計で記録を取って数字での証明を推奨されるかもしれません。 騒音記録計は貸し出しや、購入も可能(数千円)。 
3-3.たとえ騒音条例違反でも壁が薄いとか、レオパレスのように天井で部屋どうしがつながってる違反建築や、安普請だと普通に暮らしていても五月蠅い場合がありますので少し難しいですね。
 
日本にはいまだに長屋が残っておりリフォーム番組で見た事がありますが、壁板1枚なのでそこは隣家の音が筒抜けでした。 昔の日本では音は聞こえてないものとして暮らすルールがあったのでしょうかね?

*この件は法律による対処以外に効果が無さそうに思います。
  
ご参考「東京都の環境基準」
知事が指定する騒音に係る環境基準を適用する地域及びその地域の類型による区分
http://www.kankyo.metro.tokyo.jp/noise/noise_vibration/environmentstandards/noise.html 

家主も中国の方とのことですので、napoleon hillさんが住まわれている地域は中国の方の多い地域とお見受けしますが、当方は以前、交通の便がよく駅近にもかかわらず家賃が安いとのことで、外国人の多い地域に住んでいました。

日本人の場合は「和を以て貴しとなす」とのことで丁寧に話しをすれば、大抵は納得して頂けるケースが多いと思いますが、中国の方は自己主張が激しく日本人のような「郷に入れば郷に従え」との考えはありません。

ですので「近隣に迷惑をかけたらいけないんだ」と納得してもらうよう「しつこく説得を行う」のは逆効果で、さらにトラブルが拡大してしまう可能性が高いと思います。

当方はそのような地域に2年位住んでいましたが、どんどん中国の方が増えてきて、住みごごちが悪くなっていったことから、中国の方が少ない地域に引っ越しました。

ご返信ありがとうございます。ご回答いただいたように日本の文化のを理解させるのは
難しいと考えます。またこのままいくとトラブルの悪化になるのは目に見えているとも感じます。
できれば引っ越したいのですが、今は難しい状況です。もう少ししたら引っ越したいと思います。

分譲マンションだって騒音問題は非常に難解な問題です。
外国人が相手というばかりではなく日本人同士でもそうです。
しかも木造だと、相手もそんなに騒いでいるつもりではなくても響いてしまうのではないですか。
我慢するか、どちらかが出ていくしかないかもしれませんね。
自分のマンションだったら裁判もできますが、賃貸でしたらそこまでする必要があるかどうか。
外国の方が入居される前は日本の方だったのですか?
その時はどうだったのですか?

ご回答ありがとうございます。元々私が入居した時は日本人しか住んでいませんでした。
引っ越しをする時の条件の一つとして外国人入居者がいない、またこの先も入居させない
というのを不動産会社に通達して部屋探しをしていました。しかし私が入居後にオーナーが
アパート一棟を中国人に売却した所から外国人入居者が増えトラブルが増え始めた次第です。
今回の住人は同族なので自分はかり優遇されていると、勘違いしているのかはわかりませんが
自分が間違った行動している認識はないようです。このままいくとかなりのトラブルに
なるようですのでそれなりの対策をする必要があると現在考えている次第です。

(文化的な背景の相違もあるので…)話し合って穏便に解決するのはなかなか困難な気がします。とはいえ、通常、賃貸契約には騒音に関する条項が盛り込まれているので、大家以外にも管理会社へ協力を仰いで、それを根拠に指導してもらい、近隣に迷惑をかけたらいけないんだ、と納得してもらう。まだ入居したばかりなら、今のうちに「しつこく行う」のが良いと思います。

ご回答ありがとうございます。穏便に解決するのはご回答して頂いた通り難しいと考えています。
中国人オーナーの方には騒音に関する対応、対処に関しての条項のことにかんしては説明し
条項も盛り込んであります。しかし騒音に対する立証は非常に難しい状況です。現行犯でなければ
対応しません。それも相手はわかっているようです。もちろんこれからもしつこく言うようにしていきたいと
考えています。

(文化的な背景の相違もあるので…)話し合って穏便に解決するのはなかなか困難な気がします。とはいえ、通常、賃貸契約には騒音に関する条項が盛り込まれているので、大家以外にも管理会社へ協力を仰いで、それを根拠に指導してもらい、近隣に迷惑をかけたらいけないんだ、と納得してもらう。まだ入居したばかりなら、今のうちに「しつこく行う」のが良いと思います。

ご回答ありがとうございます。穏便に解決するのはご回答して頂いた通り難しいと考えています。
中国人オーナーの方には騒音に関する対応、対処に関しての条項のことにかんしては説明し
条項も盛り込んであります。しかし騒音に対する立証は非常に難しい状況です。現行犯でなければ
対応しません。それも相手はわかっているようです。もちろんこれからもしつこく言うようにしていきたいと
考えています。

分譲マンションだって騒音問題は非常に難解な問題です。
外国人が相手というばかりではなく日本人同士でもそうです。
しかも木造だと、相手もそんなに騒いでいるつもりではなくても響いてしまうのではないですか。
我慢するか、どちらかが出ていくしかないかもしれませんね。
自分のマンションだったら裁判もできますが、賃貸でしたらそこまでする必要があるかどうか。
外国の方が入居される前は日本の方だったのですか?
その時はどうだったのですか?

ご回答ありがとうございます。元々私が入居した時は日本人しか住んでいませんでした。
引っ越しをする時の条件の一つとして外国人入居者がいない、またこの先も入居させない
というのを不動産会社に通達して部屋探しをしていました。しかし私が入居後にオーナーが
アパート一棟を中国人に売却した所から外国人入居者が増えトラブルが増え始めた次第です。
今回の住人は同族なので自分はかり優遇されていると、勘違いしているのかはわかりませんが
自分が間違った行動している認識はないようです。このままいくとかなりのトラブルに
なるようですのでそれなりの対策をする必要があると現在考えている次第です。

家主も中国の方とのことですので、napoleon hillさんが住まわれている地域は中国の方の多い地域とお見受けしますが、当方は以前、交通の便がよく駅近にもかかわらず家賃が安いとのことで、外国人の多い地域に住んでいました。

日本人の場合は「和を以て貴しとなす」とのことで丁寧に話しをすれば、大抵は納得して頂けるケースが多いと思いますが、中国の方は自己主張が激しく日本人のような「郷に入れば郷に従え」との考えはありません。

ですので「近隣に迷惑をかけたらいけないんだ」と納得してもらうよう「しつこく説得を行う」のは逆効果で、さらにトラブルが拡大してしまう可能性が高いと思います。

当方はそのような地域に2年位住んでいましたが、どんどん中国の方が増えてきて、住みごごちが悪くなっていったことから、中国の方が少ない地域に引っ越しました。

ご返信ありがとうございます。ご回答いただいたように日本の文化のを理解させるのは
難しいと考えます。またこのままいくとトラブルの悪化になるのは目に見えているとも感じます。
できれば引っ越したいのですが、今は難しい状況です。もう少ししたら引っ越したいと思います。

アパートの相談なのですね!

騒音やゴミ屋敷問題は日本人でも迷惑者がおり、長期間解決しないし、大きな迷惑事案はTVニュースでも見かけます。 少々の迷惑事案で文化違いだともっと解決しないので、取りあえず下記を検討みてはいかがですか?

1.引っ越す(被害者が引っ越すのは納得できないでしょうけど、直ぐ解決します)

2.耳栓やヘッドフォンを使う。

3.騒音に関しては自治体に「迷惑防止条例」「騒音防止条例」など「環境基準」に関して条例があるものです。 

3-1.役所に相談してみましょう。 関連条例の知識や対策を一緒に考えてくれるかも知れません。
3-2.騒音記録計で記録を取って数字での証明を推奨されるかもしれません。 騒音記録計は貸し出しや、購入も可能(数千円)。 
3-3.たとえ騒音条例違反でも壁が薄いとか、レオパレスのように天井で部屋どうしがつながってる違反建築や、安普請だと普通に暮らしていても五月蠅い場合がありますので少し難しいですね。
 
日本にはいまだに長屋が残っておりリフォーム番組で見た事がありますが、壁板1枚なのでそこは隣家の音が筒抜けでした。 昔の日本では音は聞こえてないものとして暮らすルールがあったのでしょうかね?

*この件は法律による対処以外に効果が無さそうに思います。
  
ご参考「東京都の環境基準」
知事が指定する騒音に係る環境基準を適用する地域及びその地域の類型による区分
http://www.kankyo.metro.tokyo.jp/noise/noise_vibration/environmentstandards/noise.html 

1棟アパートの大家さんが中国人のため、騒音問題を深刻に考えないところが問題解決を阻んでいるようです。
今回の問題住戸以外のお部屋に居住する全員の署名を貰って団結して騒音の解決を求めてはいかがでしょうか?
大家さんはこの物件で利益を上げるために買ったはずです。他の部屋がすべて迷惑していると知ったら今より問題を深刻に考えるようになり、1室を犠牲にして(問題住居を退去させるなど)他の部屋の利益を守るのではないでしょうか?

実は中国人の友人にこの問題を話してみました。下記のような回答でした。
「中国人は短期で習慣を変えるのは難しいです。でも、もう一度注意や警告をする必要があると私は思います。(大家さんが言うべきことは)”よくクレームがありますので、私はオーナーとして凄く困っています。周りの人達と平和で仲良くして欲しいです。万が一またクレームされたら、大変申し訳ないですが、他のアパートを探して下さい。”」

中国人の友人はアパートの大家さんは日本人だと誤解して回答したようですが、ご参考まで。

回答がありません。