←トップへ戻る

月1回、理事会を開催しておりますが、最近理事の出席率が悪く困っています。

その他

管理組合の運営

  • マンションタイプ :
    単棟型
  • マンションの戸数 :
    201〜500戸
  • 竣工年 :
    2001年〜

マンションの理事14名・監事1名の大規模マンションです。
毎月1回の理事会を開催しておりますが、最近理事の出席率が悪く、前回の理事会は理事1名が仕事の為ドタキャンしたことで理事会が成立せず「打ち合わせ」となってしまいました。

最近、特に困っているのは、理事就任は了解されてはいるのですが、理事会には毎回無断欠席で連絡も取れない理事の方が複数いることで、理事会が成立し難く困っています。

当マンションでは以前より理事会への参加を拒否する方がいることから、罰金制度の導入も検討してきましたが、上記のように無断欠席を続ける住民の方には効果が無いと思われます。

このサイトの皆様に教えて頂きたいのは、
(1)理事を拒否する場合に、罰金制度を導入する事は法的に問題はないでしょうか?
(2)理事はやらない、罰金は払わないという住民の方に対しては法律的に提訴は可能なのでしょうか?
(3)理事には就任するが、一切出席をしない場合には、上記の罰金制は有効とは思えませんが、無断欠席理事へのペナルティとして何か良い方法はありますでしょうか?

因みに、以前に罰金制度の導入を検討しましたが、少々の罰金では多くの方が喜んで罰金を払い理事を辞退すると考えられたことから断念しました。

みんなの回答

罰金制度の導入は人間関係を悪くするだけです。
むしろ役員報酬制を導入した方が理事の出席率を高めることが出来ます。

罰金制の導入は流石に無理だと思いますが、管理規約の定め方によっては,たとえば「毎月5000円を支払うことで理事会への出席義務を免除」というようなかたちで5000円を徴収することができる可能性があります。

しかし,本件については,そのような管理規約のさだめがない以上,無効です。

やはり罰金性の導入は難しいようですね。

あ~~ もう どこでも困っていることだと思います。
でも、だからと言って罰金はねぇ…

(1)役員報酬を認めることは問題ないのですから、罰金だって規約や使用細則だ定めて皆さんで了承すれば問題ないのではないですか。
(2)役員就任は委任関係ですから、一方が嫌だと言えば委任できないでしょう。それなのに提訴はおかしいと思います。義務違反?義務違反だとしてもこの程度のことで提訴できるの?
(3)出欠票を議事録につけて全戸配布しています。それでも効き目はありません。

罰金だとかペナルティだとか考える前に、直接話をして、理解を求める努力をしてみたらいかがですか。

反対に忙しい中出てくださる役員に対して報酬を支払う方が建設的だと思いますが。

海さんが言われる通り難しい問題ですね。

【無断欠席理事へのペナルティとして何か良い方法はありますでしょうか】→ペナルティとなるかは分かりませんが、理事会の結果通知に欠席された理事の氏名を記載しています。(前期理事会までは出席理事の氏名のみを記載していましたが、今期は出席理事と欠席理事を記載しています)
改善されないようなら、掲示板に次回理事会まで少し大きな文字で欠席理事を張り出したらどうでしょうか。(無断欠席を続ける無責任な理事にとっては、あまり抑止力にはならないかもしれませんが)

新米理事さん、ありがとうございます。
なかなか良い方法はありませんね。

1.「罰金」は刑法9条所定の死刑などの主刑の1つであるから、「罰金制度」を言葉どおり受け取ると、論外といわざるを得ない。私的団体・法人が違法行為等をした役員に対し、懲戒処分を課すことができるかは、かねてから論じられてきた。WEB上で「役員の懲戒処分」で検索すると参考になる事例が多数ある。しかし、区分所有法には区分所有者に役員就任義務を課した規定は存在しないから、役員就任拒否を理由に当該区分所有者に強制的に懲戒処分を課すことはできない。
 理事のなり手が少ない私のリゾートマンションでは、次のような対策をとっている。実質的には罰金であるが、罰金であることをむき出しにしないやり方である。管理規約を改正して、住戸番号順に役員となることを原則とし、順番が回ってきた区分所有者が理事になることを辞退・拒否した場合には、一定の金額(私の場合3万円)を支払うこととし、他方、役員報酬を少し高めに設定するなどの規定を設けている。このような管理規約を特別決議で定める方策も検討してよいと思います。
2.「理事はやらない、罰金は払わないという」区分所有者に対して,管理組合が提起する訴訟として、損害賠償請求権を含め、裁判所が認容する可能性のある請求権を観念することはできないから、法律上は無理というのほかはない。
3.理事会の全員が、無断欠席理事は1回当たり5万円(例)を支払うこと、当該5万円は出席理事の食費にでも充当するなどとの合意をすれば、当該合意は、公序良俗に反するものではないから、当該メンバーの理事会限りでは有効であり、欠席した理事から5万円を支払わせることができるから,無断欠席抑制効果はあると思います。しかし、このような合意の成立は難しいであろう。
 それよりは、理事の代理出席推奨方策が賢明ではないでしょうか。最高裁は、管理規約で「理事に事故あり理事会に出席できないときは、その配偶者又はその一親等の親族に限り,これを代理出席させることができる」との規定を有効とし、当該代理人は議決権行使の代理も許す趣旨だとした(最高裁平成2年11月26日民集44巻8号1137頁、稲本・鎌野著・コンメンタールマンション区分所有法第3版[2015年]291頁)。
 総会で管理規約に上記のような規定を設ける決議をし、理事が理事会に出席できない場合にはその配偶者又はその一親等の親族に委任状と共にその受任者に出席することを理事会でも約束して実行してもらうという方策を検討されてはいかがでしょうか。

jsmendyさん、ありがとうございます。
特効薬的な良い方法はありませんね。

役員の選出はどういう方法ですか?

クッシーさん、ありがとうございます。
なかなか良い方法はありませんね。

この様な質問は弁護士サイトで質問すべき内容です。
ただ罰金制度の導入についてはその内容に合理性があるのか疑問があり、かつ公序良俗に反するのではないかと思われる事から駄目だと思います。

竜巻さん、ありがとうございます。
なかなか良い方法はありませんね。

1.「罰金」は刑法9条所定の死刑などの主刑の1つであるから、「罰金制度」を言葉どおり受け取ると、論外といわざるを得ない。私的団体・法人が違法行為等をした役員に対し、懲戒処分を課すことができるかは、かねてから論じられてきた。WEB上で「役員の懲戒処分」で検索すると参考になる事例が多数ある。しかし、区分所有法には区分所有者に役員就任義務を課した規定は存在しないから、役員就任拒否を理由に当該区分所有者に強制的に懲戒処分を課すことはできない。
 理事のなり手が少ない私のリゾートマンションでは、次のような対策をとっている。実質的には罰金であるが、罰金であることをむき出しにしないやり方である。管理規約を改正して、住戸番号順に役員となることを原則とし、順番が回ってきた区分所有者が理事になることを辞退・拒否した場合には、一定の金額(私の場合3万円)を支払うこととし、他方、役員報酬を少し高めに設定するなどの規定を設けている。このような管理規約を特別決議で定める方策も検討してよいと思います。
2.「理事はやらない、罰金は払わないという」区分所有者に対して,管理組合が提起する訴訟として、損害賠償請求権を含め、裁判所が認容する可能性のある請求権を観念することはできないから、法律上は無理というのほかはない。
3.理事会の全員が、無断欠席理事は1回当たり5万円(例)を支払うこと、当該5万円は出席理事の食費にでも充当するなどとの合意をすれば、当該合意は、公序良俗に反するものではないから、当該メンバーの理事会限りでは有効であり、欠席した理事から5万円を支払わせることができるから,無断欠席抑制効果はあると思います。しかし、このような合意の成立は難しいであろう。
 それよりは、理事の代理出席推奨方策が賢明ではないでしょうか。最高裁は、管理規約で「理事に事故あり理事会に出席できないときは、その配偶者又はその一親等の親族に限り,これを代理出席させることができる」との規定を有効とし、当該代理人は議決権行使の代理も許す趣旨だとした(最高裁平成2年11月26日民集44巻8号1137頁、稲本・鎌野著・コンメンタールマンション区分所有法第3版[2015年]291頁)。
 総会で管理規約に上記のような規定を設ける決議をし、理事が理事会に出席できない場合にはその配偶者又はその一親等の親族に委任状と共にその受任者に出席することを理事会でも約束して実行してもらうという方策を検討されてはいかがでしょうか。

jsmendyさん、ありがとうございます。
特効薬的な良い方法はありませんね。

あ~~ もう どこでも困っていることだと思います。
でも、だからと言って罰金はねぇ…

(1)役員報酬を認めることは問題ないのですから、罰金だって規約や使用細則だ定めて皆さんで了承すれば問題ないのではないですか。
(2)役員就任は委任関係ですから、一方が嫌だと言えば委任できないでしょう。それなのに提訴はおかしいと思います。義務違反?義務違反だとしてもこの程度のことで提訴できるの?
(3)出欠票を議事録につけて全戸配布しています。それでも効き目はありません。

罰金だとかペナルティだとか考える前に、直接話をして、理解を求める努力をしてみたらいかがですか。

反対に忙しい中出てくださる役員に対して報酬を支払う方が建設的だと思いますが。

海さんが言われる通り難しい問題ですね。

【無断欠席理事へのペナルティとして何か良い方法はありますでしょうか】→ペナルティとなるかは分かりませんが、理事会の結果通知に欠席された理事の氏名を記載しています。(前期理事会までは出席理事の氏名のみを記載していましたが、今期は出席理事と欠席理事を記載しています)
改善されないようなら、掲示板に次回理事会まで少し大きな文字で欠席理事を張り出したらどうでしょうか。(無断欠席を続ける無責任な理事にとっては、あまり抑止力にはならないかもしれませんが)

新米理事さん、ありがとうございます。
なかなか良い方法はありませんね。

この様な質問は弁護士サイトで質問すべき内容です。
ただ罰金制度の導入についてはその内容に合理性があるのか疑問があり、かつ公序良俗に反するのではないかと思われる事から駄目だと思います。

竜巻さん、ありがとうございます。
なかなか良い方法はありませんね。

罰金制の導入は流石に無理だと思いますが、管理規約の定め方によっては,たとえば「毎月5000円を支払うことで理事会への出席義務を免除」というようなかたちで5000円を徴収することができる可能性があります。

しかし,本件については,そのような管理規約のさだめがない以上,無効です。

やはり罰金性の導入は難しいようですね。

罰金制度の導入は人間関係を悪くするだけです。
むしろ役員報酬制を導入した方が理事の出席率を高めることが出来ます。

役員の選出はどういう方法ですか?

クッシーさん、ありがとうございます。
なかなか良い方法はありませんね。

回答がありません。