←トップへ戻る

議決権行使の区分所有者の数

大規模修繕工事

  • マンションタイプ :
    単棟型
  • マンションの戸数 :
    〜50戸
  • 竣工年 :
    〜1981年

管理規約に細かくうたっていないのですが。
マンション1号室をABの共有者がいて、その人が2号室もABで購入した場合
WENDYNETでは
1号室を代表をA 2号室をAとしたときは1名
1号室を代表をA 2号室をBとしたときは2名となると書かれていますが

マンション管理センターに確認したところ
各部屋の構成要素で考え1号室も2号室も同じなので1名
議決権行使者はAかBか決めると云われました。

有斐閣の本では単純に
1号がAB  2号がABの場合は1名とあります。
1号がAB  2号がABCの場合は2名と書いてありますから恐らくセンターの考えと同じなのですが どちらが区分所有法上正しいのですか。 

みんなの回答

1号室の代表をAとし、2号室の代表をBとすることが間違っているのではないでしょうか。
区分所有者はABという人格で、AとBではないですから、
ABの代表を一人決めるということは、1号室も2号室もABの代表とした同じ人物でなければいけないと思います。
区分所有者数は1ということになります。

またABという人格と、ABCという人格は別のものになりますから、ABが重複していても区分所有者数は2になります。
この場合には代表者はABの代表とは違う人物でも構わないわけです。

早速のご回答ありがとうございました。今度特別決議があり、どうしても人数確認が必要となり質問となりました。
私は記載事項の件では、区分所有者数は1人で2議席を行使すると当然考えていたので組合員がW-NETの記事を持ってきたので大変驚いた次第です。

no3bさんのお考えが正しいと思います。
今まで見てきた解説はそのようにされていますし、私もそれが正解だと思います。

AとBとの持ち分割合がどうだとかは、管理組合にとっては関係のないことで、管理組合はその専有部分の所有者がABであるということにかわりはないのではないかと思います。

区分所有法とは、マンションという共同住宅の一戸ごとに所有権を認めるためのものです。
その一戸を何人で共有しているかなどのそれぞれの事情は関係ないことです。

議決権行使の代表をどちらにするかは、ABの都合によるものであり、区分所有者数は1ということになります。
ただしA,Bが1号室及び2号室を所有しているという場合は、同じ区分所有者として扱われますが、そこに2号室はCが入っているとなると、ABの所有とは違う扱いになることになります。
それで区分所有者数が2となることになります。

標準管理規約に従うと、総会は議決権の半数以上の出席で成立し、その出席の議決権の過半数で決することになります。
共有者の間で、利益が相反することになり賛否が分かれるというようなことはあまり想像できませんが、変なことにAとBが賛否に分かれても、それぞれの議決権としてカウントされることになりますね。

それもバランスが取れていていいのかもしれません。
しかし区分所有法では、決議は区分所有者及び議決権の各過半数で決するとなっています。
区分所有法に従えば、AとBがそれぞれの代表として出てきてしまうと、区分所有者数としてはそれぞれ0.5となってしまうのでありえないことだと思います。
標準管理規約でもこのような場合の組合員数の数え方を明文化しておいていただきたいですね。

早速のご回答ありがとうございました。今度特別決議があり、どうしても人数確認が必要となり質問となりました。
私は記載事項の件では、区分所有者数は1人で2議席を行使すると当然考えていたので組合員がW-NETの記事を持ってきたので大変驚いた次第です。

 共有者A,Bの持ち分割合が1号室も2号室も同じであれば同一の区分所有者として一名となります。
 そのため、この一名と扱われた区分所有者が、Aを1号室の出席者、Bを2号室の出席者として総会に出席し、一方は議案に賛成、もう一方は反対として、異なる議決権の行使をすることは許されないと解すべきと思います。同様にAだけが総会に出席し、1号室としては賛成、2号室としては反対といった意思表示も無効と解すべきと思います。1名の区分所有者である限りにおいて、人格は一つであり、その判断も同じでなくてはならないと思うのです。同様に、多くの組合員から委任状により議決権行使を託された総会の議長が、その一部を賛成に行使し、一方で残りを反対に行使することなども許されないと思います。


 一方、共有持ち分割合いが異なる場合は結論が異なると思います。
 例えば1号室はAが9割、Bが1割を所有、2号室はAが1割、Bが9割を保有する場合は組合員は2名とすべきです。建て替え決議が上程された総会において、Aは建て替えに賛成、Bは反対の考えを持ち、両者の意見をこの共有する2住戸の議決権行使で統一することが出来ないことはあると思います。共有者のメンバーは同じでも共有者の持ち分が変われば議案に対する賛否の結論が異なるケースが生じてもおかしくありません。当然この場合はAが住戸1の出席組合員として建て替えに賛成し、Bが住戸2の出席組合員として建て替えに反対するでしょう。このことを有効と認めるべきです。よって共有持ち分割合が異なる専有部分は、共有者の顔ぶれが同じであっても異なる人格を認め、組合員は2名と解すべきです。
 これを総会の議長が認めず、本件で組合員は1名と取り扱い、その1名がひと部屋ごとに賛否が異なる議決権を行使した場合、当該2部屋分の議決権行使は無効と扱わざるを得なくなりそうです。
 複数住戸を持つ共有者間で住戸によって割合が異なることから、共有住戸のすべてにおいて同じ意思表示ができない結果、総会においてそれぞれの住戸で異なる意思表示がなされれば、否が応でも判断を下すのは議長です。選択すべきは①か②です。( )内は想定される事態です。

①組合員を2名とする。(AとBが異なる議決権を行使したことがまさにキャスティングボートとなり、建て替え決議が否決又は可決される)
②組合員を1名とする。(AとBが異なる議決権を行使したことをもって、2部屋分の議決権行使を無効と扱わざるを得ない。結果5分の4を満たさず否決される)

①②を比較し、いずれが組合員の納得のゆく民主的な議長裁定と評されるかは明らかと思います。

 本回答の最初の一行は識者においても異論はないと思いますが、私の知る限りその後の回答部分は判例や法律書にも参考となるものは無いようです。裁判により司法の判断を待たないと軽々に論じられない領域なのかもしれません。よって2行目以降の回答はあくまで論理的に事態を推論した上での私見とご理解ください。

5月15日に少々補足を書き込みました。
5月18日にさらに補足を書き込みました。

早速のご回答ありがとうございました。今度特別決議があり、どうしても人数確認が必要となり質問となりました。
私は記載事項の件では、区分所有者数は1人で2議席を行使すると当然考えていたので組合員がW-NETの記事を持ってきたので大変驚いた次第です。
持分割りに関しては、他の方と違った意見ですね。

Wendy-netの内容は下記の記事でしょうか?
https://www.wendy-net.com/faq/qa_kanri/03/03_13.html
2つの住戸を所有する共有者が住戸ごとに別々の代理人を立てることが出来ないとの解説であり、 組合員数をどう扱うかに関しては触れていないようです。
1号室を代表をA 2号室をAとしたときは1名
1号室を代表をA 2号室をBとしたときは2名
とは読み取れませんが?別ののQandAでしょうか。

https://www.wendy-net.com/fag/qa_kanri/03/03/_02.html
に紛れる事なく書いてあります。
この意見では議決権を行使するという意思が重要であり、持分も関係ないようです。



ご指摘のサイトは、マンションの一室を複数の者が共有している場合であり、ご質問の事例とは異なると思います。

私のマンションは、マンション管理センターの回答と同じです。
各部屋の構成要素で考え1号室も2号室も同じなので計1票とし、
議決権行使者はAかBか決める様にして各1票にしています。

早速のご回答ありがとうございました。今度特別決議があり、どうしても人数確認が必要となり質問となりました。
私は記載事項の件では、区分所有者数は1人で2議席を行使すると当然考えていたので組合員がW-NETの記事を持ってきたので大変驚いた次第です。

AとBとの持ち分割合がどうだとかは、管理組合にとっては関係のないことで、管理組合はその専有部分の所有者がABであるということにかわりはないのではないかと思います。

区分所有法とは、マンションという共同住宅の一戸ごとに所有権を認めるためのものです。
その一戸を何人で共有しているかなどのそれぞれの事情は関係ないことです。

議決権行使の代表をどちらにするかは、ABの都合によるものであり、区分所有者数は1ということになります。
ただしA,Bが1号室及び2号室を所有しているという場合は、同じ区分所有者として扱われますが、そこに2号室はCが入っているとなると、ABの所有とは違う扱いになることになります。
それで区分所有者数が2となることになります。

標準管理規約に従うと、総会は議決権の半数以上の出席で成立し、その出席の議決権の過半数で決することになります。
共有者の間で、利益が相反することになり賛否が分かれるというようなことはあまり想像できませんが、変なことにAとBが賛否に分かれても、それぞれの議決権としてカウントされることになりますね。

それもバランスが取れていていいのかもしれません。
しかし区分所有法では、決議は区分所有者及び議決権の各過半数で決するとなっています。
区分所有法に従えば、AとBがそれぞれの代表として出てきてしまうと、区分所有者数としてはそれぞれ0.5となってしまうのでありえないことだと思います。
標準管理規約でもこのような場合の組合員数の数え方を明文化しておいていただきたいですね。

早速のご回答ありがとうございました。今度特別決議があり、どうしても人数確認が必要となり質問となりました。
私は記載事項の件では、区分所有者数は1人で2議席を行使すると当然考えていたので組合員がW-NETの記事を持ってきたので大変驚いた次第です。

 共有者A,Bの持ち分割合が1号室も2号室も同じであれば同一の区分所有者として一名となります。
 そのため、この一名と扱われた区分所有者が、Aを1号室の出席者、Bを2号室の出席者として総会に出席し、一方は議案に賛成、もう一方は反対として、異なる議決権の行使をすることは許されないと解すべきと思います。同様にAだけが総会に出席し、1号室としては賛成、2号室としては反対といった意思表示も無効と解すべきと思います。1名の区分所有者である限りにおいて、人格は一つであり、その判断も同じでなくてはならないと思うのです。同様に、多くの組合員から委任状により議決権行使を託された総会の議長が、その一部を賛成に行使し、一方で残りを反対に行使することなども許されないと思います。


 一方、共有持ち分割合いが異なる場合は結論が異なると思います。
 例えば1号室はAが9割、Bが1割を所有、2号室はAが1割、Bが9割を保有する場合は組合員は2名とすべきです。建て替え決議が上程された総会において、Aは建て替えに賛成、Bは反対の考えを持ち、両者の意見をこの共有する2住戸の議決権行使で統一することが出来ないことはあると思います。共有者のメンバーは同じでも共有者の持ち分が変われば議案に対する賛否の結論が異なるケースが生じてもおかしくありません。当然この場合はAが住戸1の出席組合員として建て替えに賛成し、Bが住戸2の出席組合員として建て替えに反対するでしょう。このことを有効と認めるべきです。よって共有持ち分割合が異なる専有部分は、共有者の顔ぶれが同じであっても異なる人格を認め、組合員は2名と解すべきです。
 これを総会の議長が認めず、本件で組合員は1名と取り扱い、その1名がひと部屋ごとに賛否が異なる議決権を行使した場合、当該2部屋分の議決権行使は無効と扱わざるを得なくなりそうです。
 複数住戸を持つ共有者間で住戸によって割合が異なることから、共有住戸のすべてにおいて同じ意思表示ができない結果、総会においてそれぞれの住戸で異なる意思表示がなされれば、否が応でも判断を下すのは議長です。選択すべきは①か②です。( )内は想定される事態です。

①組合員を2名とする。(AとBが異なる議決権を行使したことがまさにキャスティングボートとなり、建て替え決議が否決又は可決される)
②組合員を1名とする。(AとBが異なる議決権を行使したことをもって、2部屋分の議決権行使を無効と扱わざるを得ない。結果5分の4を満たさず否決される)

①②を比較し、いずれが組合員の納得のゆく民主的な議長裁定と評されるかは明らかと思います。

 本回答の最初の一行は識者においても異論はないと思いますが、私の知る限りその後の回答部分は判例や法律書にも参考となるものは無いようです。裁判により司法の判断を待たないと軽々に論じられない領域なのかもしれません。よって2行目以降の回答はあくまで論理的に事態を推論した上での私見とご理解ください。

5月15日に少々補足を書き込みました。
5月18日にさらに補足を書き込みました。

早速のご回答ありがとうございました。今度特別決議があり、どうしても人数確認が必要となり質問となりました。
私は記載事項の件では、区分所有者数は1人で2議席を行使すると当然考えていたので組合員がW-NETの記事を持ってきたので大変驚いた次第です。
持分割りに関しては、他の方と違った意見ですね。

Wendy-netの内容は下記の記事でしょうか?
https://www.wendy-net.com/faq/qa_kanri/03/03_13.html
2つの住戸を所有する共有者が住戸ごとに別々の代理人を立てることが出来ないとの解説であり、 組合員数をどう扱うかに関しては触れていないようです。
1号室を代表をA 2号室をAとしたときは1名
1号室を代表をA 2号室をBとしたときは2名
とは読み取れませんが?別ののQandAでしょうか。

https://www.wendy-net.com/fag/qa_kanri/03/03/_02.html
に紛れる事なく書いてあります。
この意見では議決権を行使するという意思が重要であり、持分も関係ないようです。



ご指摘のサイトは、マンションの一室を複数の者が共有している場合であり、ご質問の事例とは異なると思います。

私のマンションは、マンション管理センターの回答と同じです。
各部屋の構成要素で考え1号室も2号室も同じなので計1票とし、
議決権行使者はAかBか決める様にして各1票にしています。

早速のご回答ありがとうございました。今度特別決議があり、どうしても人数確認が必要となり質問となりました。
私は記載事項の件では、区分所有者数は1人で2議席を行使すると当然考えていたので組合員がW-NETの記事を持ってきたので大変驚いた次第です。

1号室の代表をAとし、2号室の代表をBとすることが間違っているのではないでしょうか。
区分所有者はABという人格で、AとBではないですから、
ABの代表を一人決めるということは、1号室も2号室もABの代表とした同じ人物でなければいけないと思います。
区分所有者数は1ということになります。

またABという人格と、ABCという人格は別のものになりますから、ABが重複していても区分所有者数は2になります。
この場合には代表者はABの代表とは違う人物でも構わないわけです。

早速のご回答ありがとうございました。今度特別決議があり、どうしても人数確認が必要となり質問となりました。
私は記載事項の件では、区分所有者数は1人で2議席を行使すると当然考えていたので組合員がW-NETの記事を持ってきたので大変驚いた次第です。

no3bさんのお考えが正しいと思います。
今まで見てきた解説はそのようにされていますし、私もそれが正解だと思います。

回答がありません。