←トップへ戻る

既存不適格の建物に施設を増設する場合について

住まいのトラブル

建物の維持管理

  • マンションタイプ :
    単棟型
  • マンションの戸数 :
    51〜200戸
  • 竣工年 :
    2001年〜

横面道路の拡幅計画があり、敷地の一部が収用され、建蔽率・容積率共に「既存不適格」となったマンションに関する質問です。

ゴミ置き場の容量が不足しており、現在は屋根の無い平置き駐輪場となっている箇所にゴミ置き場(屋根付き)を増設したいのですが、既に既存不適格の建物について、施設を追加する場合に 建蔽率・容積率はどのように考えたら良いでしょうか?

建築に詳しい方、同様の経験がある方、ご教示よろしく御願いします。
また、増設以外にゴミ置き場の用量不足を解決するアイデアがありましたら、お教えください。


みんなの回答

強制収用され建蔽率・容積率共に「既存不適格」となった場合は、その分の補償はあったのですか?

竜巻さん、ご返信ありがとうございます。
ビル一棟(1階は店舗・2階より上は住居・事務所)ワンオーナーの時代に収用があったと聞いています。その後、分譲再販されたので、補償を受けたのは前オーナーだと思います。

敷地の一部が収用されるのは止められないのですかね?

クッシーさん、ご返信ありがとうございます。
収用は7~8年前で、道路の拡幅工事は既に完成しています。

基本的には確認申請が必要な増改築は既存不適格の是正が求められると思います。それよりも購入者はこの状態をわかった上で購入しているのかとか質問以外の事が気になります。建ぺい率がすでに違反状態であるのは厳しい感じがします。

既存不適格な状態は売買契約時の重要事項説明の中で伝えられています。
建て替える際には規模を縮小するなどして適格に直す必要があるという内容でした。
区分所有者たちはその条件もわかった上で購入しているわけですが、建て替え以前の、数平米の施設の増設すらダメなのか?少しならば大丈夫なのではないか?と、希望が捨てきれない状況です。

目的は建物の増築ではなく、ゴミ置き場のキャパを増やす事なので、大きめのゴミストッカー(動産)を置く案、山積みのゴミカートンをフェンスで目隠しする案、キャスター付きの物置にして構築物ではなく車両とする案なども過去には出されました。

クッシーさん、ご回答・ご心配ありがとうございました。

当方のマンションも建蔽率・容積率共に余裕が無い状況の中、マンション内の空地に屋根付駐輪場を設置しました。

その際に、駐車場や駐輪場の様に密閉構造となっていない建築物は、延面積の5分の1までは容積率から除外でき、さらに建蔽率の対象にはならないとの話で無事に増設出来ました。

当方は建築の専門家ではありませんが、屋根だけを付けただけのゴミ置き場であれば、屋根付き駐輪場と同じ扱いになる可能性もありますことから、管轄の市役所の建築課に相談されたら如何でしょうか。

屋根があっても壁が無い構造にする事で、扱いが緩和されるなら…管轄で調べてみたいと思います。
asaka50さん、情報ありがとうございました。

屋根があっても壁が無い構造にする場合でも、当方の駐輪場は雨避けの側板はOKでしたので、ゴミ置き場でも雨避けの側板は検討された方が良いと思います。

当方でも将来的には同様の建築物が必要になる可能性がありますことから、是非、三毛猫様の今回の結果を教えて頂けますよう宜しくお願い申し上げます。

当方のマンションも建蔽率・容積率共に余裕が無い状況の中、マンション内の空地に屋根付駐輪場を設置しました。

その際に、駐車場や駐輪場の様に密閉構造となっていない建築物は、延面積の5分の1までは容積率から除外でき、さらに建蔽率の対象にはならないとの話で無事に増設出来ました。

当方は建築の専門家ではありませんが、屋根だけを付けただけのゴミ置き場であれば、屋根付き駐輪場と同じ扱いになる可能性もありますことから、管轄の市役所の建築課に相談されたら如何でしょうか。

屋根があっても壁が無い構造にする事で、扱いが緩和されるなら…管轄で調べてみたいと思います。
asaka50さん、情報ありがとうございました。

屋根があっても壁が無い構造にする場合でも、当方の駐輪場は雨避けの側板はOKでしたので、ゴミ置き場でも雨避けの側板は検討された方が良いと思います。

当方でも将来的には同様の建築物が必要になる可能性がありますことから、是非、三毛猫様の今回の結果を教えて頂けますよう宜しくお願い申し上げます。

強制収用され建蔽率・容積率共に「既存不適格」となった場合は、その分の補償はあったのですか?

竜巻さん、ご返信ありがとうございます。
ビル一棟(1階は店舗・2階より上は住居・事務所)ワンオーナーの時代に収用があったと聞いています。その後、分譲再販されたので、補償を受けたのは前オーナーだと思います。

敷地の一部が収用されるのは止められないのですかね?

クッシーさん、ご返信ありがとうございます。
収用は7~8年前で、道路の拡幅工事は既に完成しています。

基本的には確認申請が必要な増改築は既存不適格の是正が求められると思います。それよりも購入者はこの状態をわかった上で購入しているのかとか質問以外の事が気になります。建ぺい率がすでに違反状態であるのは厳しい感じがします。

既存不適格な状態は売買契約時の重要事項説明の中で伝えられています。
建て替える際には規模を縮小するなどして適格に直す必要があるという内容でした。
区分所有者たちはその条件もわかった上で購入しているわけですが、建て替え以前の、数平米の施設の増設すらダメなのか?少しならば大丈夫なのではないか?と、希望が捨てきれない状況です。

目的は建物の増築ではなく、ゴミ置き場のキャパを増やす事なので、大きめのゴミストッカー(動産)を置く案、山積みのゴミカートンをフェンスで目隠しする案、キャスター付きの物置にして構築物ではなく車両とする案なども過去には出されました。

クッシーさん、ご回答・ご心配ありがとうございました。

回答がありません。