←トップへ戻る

マンション総合保険の更新を迎えますが、個人賠償責任特約を継続すべきでしょうか?

管理組合の運営

その他

  • マンションタイプ :
    単棟型
  • マンションの戸数 :
    201〜500戸
  • 竣工年 :
    2001年〜

当方のマンションの管理組合が加入している「マンション総合保険」が5年目の更新時期を迎えますが、特約の「個人賠償責任保険」保険料が大幅に値上げされることから、理事会として「個人賠償責任保険」を継続するかどうか議論しています。

多くの組合員の方はマンションとして加入している「個人賠償責任保険」の存在を知らず、当方のマンションでも発生している漏水事故の修理・補償には個人で加入している「個人賠償責任保険」を使っているケースが多くあります。
(管理会社経由で漏水報告はありますが、その住民に対してマンションの「個人賠償保険」のことはアナウンスしていません。)

一方で保険の存在を知っており個人では保険に加入していない賃借者の方は、漏水事故での保険請求だけではなく、賃借人の子供がマンション外で起こした自転車事故での補償・修理代まで要求してきて保険請求した例もあり、理事会で揉めたことがあります。

この様に大半の組合員の方は個人の火災保険で加入している一方、保険の存在を知り敢えて個人では保険に加入しない組合員・貸借人もいる不公平な状況を解消するため、今回の更新では高額な費用となる「個人賠償責任保険」を止めようとの意見が出ています。

皆様のマンションでは、「個人賠償責任保険」についてどのように考えておられますか教えて頂けますと助かります。

みんなの回答

うちのマンションでは先日の更新時に丁度その議論になりましたが個人で入るより単価が一桁違うほど安かったので(一戸あたり月20円弱)マンションで入ることにして、個人で入るより得であることをアナウンスしました。個人賠償責任保険自体は本体や地震保険に比べると単価としては微々たるものだった記憶がありますがasaka50さんのところはどれくらいの金額だったのでしょうか?

【皆様のマンションでは、「個人賠償責任保険」についてどのように考えておられますか教えて頂けますと助かります。】→組合発足時から加入していて、特に保険内容について詳しく理事会で協議した事は無いようです。

個人的には、漏水リスクが徐々に増加するので、争い事を未然防止する観点から、加入すべきと考えます。調整が可能であれば、①保険金額(補償限度額)を下げる、②免責金額(自己負担額)を引き上げる事により、保険料が下がります。保険代理店へ見積もり依頼の際、色々なパターンをお願いしてみては如何でしょうか。

この後の福井さんの質問の回答でasaka50さんの質問の回答に通じる投稿をしました。
私は更新されるべきと思います。
免責金額(事故が発生した場合の個人が負担する金額)を高めに変更すると、保険料は大幅に削減できます。
個人の過失で大きな事故が発生し、その損害賠を償円滑にするめの保険です。大事にあたり少々の個人負担は皆さん容認できると思います。個人賠償責任保険は多額の個人負担を免れる手立てとして必要かと思います。

マンションとして加入している「個人賠償責任保険」の存在を知らず、個人でも火災保険に付帯している「個人賠償責任保険」にも加入しています。

仮定の話ですが、もし水漏れ事故が発生した場合に、マンションとして加入している「個人賠償責任保険」で保険請求し、さらに個人で加入している「個人賠償責任保険」でも保険請求する事が出来るのでしょうか?

福井さん、ありがとうございます。
質問については、ご自身が質問コーナーで願いいたします。

私のところは、保険の契約については総会決議とするということを規約に規定しています。
契約更新時などの時に、保険代理店に来ていただいて、内容の説明を受けていますから皆さん個人賠償のことは知っています。

確かに個人賠償を外せば保険料は安くなります。
代理店の方も、最近個人賠償を外すところが出てきたと言っていました。

ただ、問題は、個人が全員専有部分について火災保険に入ってくれるかどうかではないでしょうか。
周知期間を設けても、入らない方は入りません。
専有部分のことについてですから、強制することもできません。
規約に、個人で火災保険に入らなければならない規定しているところもありますが、専有部分のことですから、法的な効力はないのではないでしょうか。
保険料は微々たるものだと言っても、入る入らないは個人の自由です。
これから高齢化になり、生活も苦しくなることが予想されますが、そのような方が個人で保険に入っていないで事故を起こしたとき、現実問題として、被害の補償ができないとしたら、大変なことになると思います。

それだけが心配なのですが。

cocoaさん、ありがとうございます。
個人賠償責任保険をどうするかは難しい問題ですが、自己責任と考えれば止めるのも選択肢だとは思います。
ただcocoaさんが指摘された問題がでると、管理組合の負担が増えますので、止めるのには躊躇します。

私もマンションとして加入している「個人賠償責任保険」の存在を知りませんでした。

個人でも火災保険の特約として「個人賠償責任保険」に入っておりますので、結果的に2重に保険料を払っていた訳です。

特に保険料を一切払っていない賃借人の方がマンション外の自転車事故でマンション「個人賠償責任保険」で保険請求しているとの事には納得出来ません。

管理会社の方から、住民全員にマンションの「個人賠償責任保険」で水漏れ事故だけでは無くマンション外の事故でも保険請求出来る事を知らせて欲しいと思います。

楓さん、ありがとうございます。
確かに皆様に周知した方が良いですね。

マンション単位での意志決定はこれから続々と出てくると思いますが、そちらの判断を遅らせて様子見して多数に付くのも一つのやり方だと思います。

「私も組合の特約は止めて、個人加入を勧めます。」
 
猶予期間を設けて解約時期をお知らせしておいてから、止めてはいかがでしょうか。

マンションによってその時の理事会がどっちの判断をするかに依存すると思います。
もの言う理事の意見に引っ張られる可能性があります。

保険加入は人それぞれですが、自分の責任を重く見てるか他人まかせ(管理組合まかせ)か、個人賠償責任保険の必要性を考えていなかった人もいました。(リスクに全く気が付いてなかった)
各自の価値観に加え保険の効能ととても少額な費用に対する知識不足によるので、良い悪いとはチョット違ってきます。 
しかし費用は大きく違います。

当方は今回の値上げで多くの組合は個人賠償を止めると見ています。

ただし理事会の考え方や財政状況にも因るのですが、個人加入だと住宅総合保険(火災保険)の特約でわずか千円台の出費ですよ。 

勿論単独加入も可能です。

個人賠償責任特約の保険料はいくらですか。/損保ジャパン日本興亜
https://is.gd/36kVtj

ヨコオさん、ありがとうございます。
マンションの個人賠償責任保険は大幅にアップするので止めることを検討した方が良いですね。

1.私の保険についての感想ですが、保険会社の商法は、契約時と保険事故発生・保険金支払時とでは対応が全く違う、との感を抱いています。ですから、保険商品については、いろいろな点で、懐疑の目をもって検討することが必要だと思います。
2.「個人賠償責任保険」は、保険会社が利益を上げるために「マンション総合保険の特約として付帯」するとしている商品であり、管理組合が付保する要はなく、各区分所有者が賠償責任保険契約を締結することに任せれば足りることだと思う。二重に保険料を払っている区分所有者もおられるようで気の毒です。区分所有者個々人の私的自治に任せればよいと思います。最高裁平成31年3月5日判決(この判決については、ジュリスト1532号・2019年5月特集「マンション管理と法」の伊藤栄寿「マンション管理をめぐる判例の現状」参照)を根拠に
「個人賠償責任保険」は、個々の区分所有者に団体的拘束を課すもので、私的自治を侵害するから無効だと主張されることにもなりかねないであろう。
2.懐疑の目で検討した方がよい点をあげておきます
 ①管理組合役員は、保険商品について吟味する眼を養ったか。
 ②管理組合が締結又は締結予定の保険について、管理会社が保険代理店となっていて、保険会社に有利な保険商品、保険契約内容となっていないか。他の保険会社や保険代理店に見積もりをさせたか。
 ③火災保険の保険金額は「再調達価格×付保率」であるが、asaka50さんのマンションは大規模マンションであるから、火災が発生しても1戸か2戸で大規模火災になることは殆どないと思われる。付保率が40%であれば、10階建てマンションの4階部分が全焼したことを想定した付保率です。付保率を検討しているか。
③火災保険に付帯の地震保険の保険金は,マンションの主要構造部(柱又は梁)に損害が生じない限り支払われないとなっていないか。asaka50さんのマンションは大規模マンションで比較的築淺であるから、主要構造部(柱又は梁)に損害が生じる可能性・地震保険の要否も検討の要ありではないか。地震保険を止めて、削減した保険料を積立て将来の修繕費に回すことを実行しているマンションもあるという。 以上

jsmendyさん、ありがとうございます。
保険についての詳しい話は大変参考になります。

1つ質問ですが、付与率40%とは全体の40%迄が補償されると理解しておりましたが、4階部分が全焼したことを想定しているのでしょうか?
もし3階が全焼した場合は補償されないのでしょうか?

1.「再調達価格×付保率」=保険金額。再調達価格は、全焼してしまった場合立て直すのにいくらかかるかの概算額です。再調達価格も付与率も保険金額決定のための数値です。こうして定められた火災保険契約のもとにおいて、発生する可能性のある1戸又は2戸などマンションの一部の焼失という保険事故の場合に、いくら保険金が支払われることになるかは、保険契約締結に当たって保険会社に確認しておくことです。
2.なお、インターネットで「マンション管理士吉田総合事務所」のホームペイジを検索すると、マンション保険について参考になる記載があります。是非ご覧ください。

マンション保険の特約で個人賠償責任保険に加入しているのは常識です。
私もそれを前提にローン完済時に火災保険は止めています。
ですので保険特約の契約更新取り止めは、個々の組合員に大きな影響を与える事から、総会では特別決議として十分に議論し慎重に対応すべき問題です。

竜巻さん、ありがとうございます。
マンションの個人賠償責任保険を止めるのも選択肢ですね。

1.私の保険についての感想ですが、保険会社の商法は、契約時と保険事故発生・保険金支払時とでは対応が全く違う、との感を抱いています。ですから、保険商品については、いろいろな点で、懐疑の目をもって検討することが必要だと思います。
2.「個人賠償責任保険」は、保険会社が利益を上げるために「マンション総合保険の特約として付帯」するとしている商品であり、管理組合が付保する要はなく、各区分所有者が賠償責任保険契約を締結することに任せれば足りることだと思う。二重に保険料を払っている区分所有者もおられるようで気の毒です。区分所有者個々人の私的自治に任せればよいと思います。最高裁平成31年3月5日判決(この判決については、ジュリスト1532号・2019年5月特集「マンション管理と法」の伊藤栄寿「マンション管理をめぐる判例の現状」参照)を根拠に
「個人賠償責任保険」は、個々の区分所有者に団体的拘束を課すもので、私的自治を侵害するから無効だと主張されることにもなりかねないであろう。
2.懐疑の目で検討した方がよい点をあげておきます
 ①管理組合役員は、保険商品について吟味する眼を養ったか。
 ②管理組合が締結又は締結予定の保険について、管理会社が保険代理店となっていて、保険会社に有利な保険商品、保険契約内容となっていないか。他の保険会社や保険代理店に見積もりをさせたか。
 ③火災保険の保険金額は「再調達価格×付保率」であるが、asaka50さんのマンションは大規模マンションであるから、火災が発生しても1戸か2戸で大規模火災になることは殆どないと思われる。付保率が40%であれば、10階建てマンションの4階部分が全焼したことを想定した付保率です。付保率を検討しているか。
③火災保険に付帯の地震保険の保険金は,マンションの主要構造部(柱又は梁)に損害が生じない限り支払われないとなっていないか。asaka50さんのマンションは大規模マンションで比較的築淺であるから、主要構造部(柱又は梁)に損害が生じる可能性・地震保険の要否も検討の要ありではないか。地震保険を止めて、削減した保険料を積立て将来の修繕費に回すことを実行しているマンションもあるという。 以上

jsmendyさん、ありがとうございます。
保険についての詳しい話は大変参考になります。

1つ質問ですが、付与率40%とは全体の40%迄が補償されると理解しておりましたが、4階部分が全焼したことを想定しているのでしょうか?
もし3階が全焼した場合は補償されないのでしょうか?

1.「再調達価格×付保率」=保険金額。再調達価格は、全焼してしまった場合立て直すのにいくらかかるかの概算額です。再調達価格も付与率も保険金額決定のための数値です。こうして定められた火災保険契約のもとにおいて、発生する可能性のある1戸又は2戸などマンションの一部の焼失という保険事故の場合に、いくら保険金が支払われることになるかは、保険契約締結に当たって保険会社に確認しておくことです。
2.なお、インターネットで「マンション管理士吉田総合事務所」のホームペイジを検索すると、マンション保険について参考になる記載があります。是非ご覧ください。

マンション単位での意志決定はこれから続々と出てくると思いますが、そちらの判断を遅らせて様子見して多数に付くのも一つのやり方だと思います。

「私も組合の特約は止めて、個人加入を勧めます。」
 
猶予期間を設けて解約時期をお知らせしておいてから、止めてはいかがでしょうか。

マンションによってその時の理事会がどっちの判断をするかに依存すると思います。
もの言う理事の意見に引っ張られる可能性があります。

保険加入は人それぞれですが、自分の責任を重く見てるか他人まかせ(管理組合まかせ)か、個人賠償責任保険の必要性を考えていなかった人もいました。(リスクに全く気が付いてなかった)
各自の価値観に加え保険の効能ととても少額な費用に対する知識不足によるので、良い悪いとはチョット違ってきます。 
しかし費用は大きく違います。

当方は今回の値上げで多くの組合は個人賠償を止めると見ています。

ただし理事会の考え方や財政状況にも因るのですが、個人加入だと住宅総合保険(火災保険)の特約でわずか千円台の出費ですよ。 

勿論単独加入も可能です。

個人賠償責任特約の保険料はいくらですか。/損保ジャパン日本興亜
https://is.gd/36kVtj

ヨコオさん、ありがとうございます。
マンションの個人賠償責任保険は大幅にアップするので止めることを検討した方が良いですね。

私のところは、保険の契約については総会決議とするということを規約に規定しています。
契約更新時などの時に、保険代理店に来ていただいて、内容の説明を受けていますから皆さん個人賠償のことは知っています。

確かに個人賠償を外せば保険料は安くなります。
代理店の方も、最近個人賠償を外すところが出てきたと言っていました。

ただ、問題は、個人が全員専有部分について火災保険に入ってくれるかどうかではないでしょうか。
周知期間を設けても、入らない方は入りません。
専有部分のことについてですから、強制することもできません。
規約に、個人で火災保険に入らなければならない規定しているところもありますが、専有部分のことですから、法的な効力はないのではないでしょうか。
保険料は微々たるものだと言っても、入る入らないは個人の自由です。
これから高齢化になり、生活も苦しくなることが予想されますが、そのような方が個人で保険に入っていないで事故を起こしたとき、現実問題として、被害の補償ができないとしたら、大変なことになると思います。

それだけが心配なのですが。

cocoaさん、ありがとうございます。
個人賠償責任保険をどうするかは難しい問題ですが、自己責任と考えれば止めるのも選択肢だとは思います。
ただcocoaさんが指摘された問題がでると、管理組合の負担が増えますので、止めるのには躊躇します。

マンション保険の特約で個人賠償責任保険に加入しているのは常識です。
私もそれを前提にローン完済時に火災保険は止めています。
ですので保険特約の契約更新取り止めは、個々の組合員に大きな影響を与える事から、総会では特別決議として十分に議論し慎重に対応すべき問題です。

竜巻さん、ありがとうございます。
マンションの個人賠償責任保険を止めるのも選択肢ですね。

マンションとして加入している「個人賠償責任保険」の存在を知らず、個人でも火災保険に付帯している「個人賠償責任保険」にも加入しています。

仮定の話ですが、もし水漏れ事故が発生した場合に、マンションとして加入している「個人賠償責任保険」で保険請求し、さらに個人で加入している「個人賠償責任保険」でも保険請求する事が出来るのでしょうか?

福井さん、ありがとうございます。
質問については、ご自身が質問コーナーで願いいたします。

私もマンションとして加入している「個人賠償責任保険」の存在を知りませんでした。

個人でも火災保険の特約として「個人賠償責任保険」に入っておりますので、結果的に2重に保険料を払っていた訳です。

特に保険料を一切払っていない賃借人の方がマンション外の自転車事故でマンション「個人賠償責任保険」で保険請求しているとの事には納得出来ません。

管理会社の方から、住民全員にマンションの「個人賠償責任保険」で水漏れ事故だけでは無くマンション外の事故でも保険請求出来る事を知らせて欲しいと思います。

楓さん、ありがとうございます。
確かに皆様に周知した方が良いですね。

この後の福井さんの質問の回答でasaka50さんの質問の回答に通じる投稿をしました。
私は更新されるべきと思います。
免責金額(事故が発生した場合の個人が負担する金額)を高めに変更すると、保険料は大幅に削減できます。
個人の過失で大きな事故が発生し、その損害賠を償円滑にするめの保険です。大事にあたり少々の個人負担は皆さん容認できると思います。個人賠償責任保険は多額の個人負担を免れる手立てとして必要かと思います。

【皆様のマンションでは、「個人賠償責任保険」についてどのように考えておられますか教えて頂けますと助かります。】→組合発足時から加入していて、特に保険内容について詳しく理事会で協議した事は無いようです。

個人的には、漏水リスクが徐々に増加するので、争い事を未然防止する観点から、加入すべきと考えます。調整が可能であれば、①保険金額(補償限度額)を下げる、②免責金額(自己負担額)を引き上げる事により、保険料が下がります。保険代理店へ見積もり依頼の際、色々なパターンをお願いしてみては如何でしょうか。

うちのマンションでは先日の更新時に丁度その議論になりましたが個人で入るより単価が一桁違うほど安かったので(一戸あたり月20円弱)マンションで入ることにして、個人で入るより得であることをアナウンスしました。個人賠償責任保険自体は本体や地震保険に比べると単価としては微々たるものだった記憶がありますがasaka50さんのところはどれくらいの金額だったのでしょうか?

回答がありません。