←トップへ戻る

管理規約と細則と付則の関係について

管理組合の運営

  • マンションタイプ :
    単棟型
  • マンションの戸数 :
    〜50戸
  • 竣工年 :
    〜1981年

また初歩的な質問かもしれませんが、みなさんのお知恵を拝借いたします。
今まで管理規約の一番最後に、その中の第〇条についての細則として、その都度過半数議決した内容を印刷した紙を追加していき、その後ろに、理事長と総会議長の確認書(署名押印)を付け加えていますが、この方法は間違っていませんでしょうか。
その細則の部分と確認書の部分は区分所有者の皆さんに議事録とともにお送りしています。
それとも、管理規約の後ろに大きな「細則」という項目があって、その下に、いろんな条文の細則が並ぶ形にしたほうが良いのでしょうか?
さらに「付則」と「細則」の違いが今一つわかっておりませんので、ご教授いただければと思います。よろしくお願いいたします。

みんなの回答

標準管理規約72条3項を参考にされたら良いと思いますが、現状の方式でも十分です。
細則は、規約の詳細を規定するもので、付則は、施行期日等の追記事項を記するものです。

Okさん、ご回答ありがとうございます。標準管理規約は知ってはいても、なかなかじっくり見てみる機会がありませんでした。今後、参考にしたいと思います。ありがとうございました。
今、規約を持ってきて確認してみましたら、第七章 雑則の第43条に、「理事長は、この規約に定めない事項については、総会の議決を得て組合の業務の執行に必要な”細則”を定め、または変更することができる。」とありました。また、その雑則のあとに「附則」とあり、規約が適用された日付、その後一部改正された日付がずらずらと並んでいました。自分のマンションの管理規約をよく読んでいなかったということです。申し訳ありませんでした。そして、分かりやすく教えていただき、ありがとうございました。

1.「 管理規約の一番最後に、その中の第〇条についての細則として、その都度過半数議決した内容を印刷した紙を追加してい(く)」やり方と、「管理規約の後ろに大きな「細則」という項目があって、その下に、いろんな条文の細則が並ぶ形にした」やり方とは具体的にどのような違いがあるのですか。
 その違いを、(ア)専有部分の使用方法に関するペットの飼育に関する使用細則、(イ)共用部分の使用方法に関する使用細則を例にとって説明すると、どのような違いとなるのでしょうか。
 国土交通省のマンション標準管理規約(単棟型)(29.8.29改訂版)18条(使用細則)のコメント18条①は「なお、使用細則を定める方法としては、これらの事項を一つの使用細則として定める方法と事項ごとに個別の細則として定める方法とがある。」としているが、このコメントがいう違いと同じなのでしょうか。このコメントのいう違いならば、どちらでも細則の定め方としては有効なのでしょう。
2.使用細則は管理規約と一体となって区分所有者が守るべき事項を規定するものです。 附則は、管理規約及び使用細則(これらは「本則」)の施行日、効力発生日を示す規定です。理事長と総会議長の確認書(署名押印)は附則の次に記載する。

jsmendyさん、ご回答ありがとうございます。
そうです。その国土交通省の標準管理規約(単棟型)の2つの方法のことです。表現がわかりづらくて申し訳ありませんでした。どちらでもよいということなのですね。
そして今、新たな疑問「附則の中の改正の日付や効力発生日は、2.3.4.5...と、規約についても細則についても同じように並べていっていいのでしょうか?」とお尋ねしようと思っていたところ、すでにお答えを書いてくださっていました。ありがとうございました。

普通は「管理規約」と「使用細則、その他の細則」を分けています。
規約の第〇条についての細則というものを追加するのでしたら、内容にもよりますが、使用細則のほうに入れた方がいいのではないでしょうか。
本当に細則を追加とするなら、使用細則の関連条項を設けて、そこに追加すべきですし、もし、規約の内容を変えるというのでしたら、規約変更や追加とすべきです。
規約は規約で整理しておいた方がわかりやすいと思いますし、規約の改正は特別決議となり、区分所有者総数および議決権総数の各4分の3以上の賛成が必要になります。
細則のほうは普通決議になります。

改正後の内容と、承認されたときの議事録を追加しているのは正しいやり方ですが、まとめる場所が違うように思います。

「付則」は、いつから効力を発するかや特記事項などが書かれています。
「細則」はルール、規則のことになります。
簡単に言えば、規約は運営上のルール、細則は生活上のルール、付則は効力の明示となります。

海さん、ご回答ありがとうございます。うちのマンションはその辺、いろいろと間違いをおかしているように思います。付則のところにずらずらと並んでいるものは、どれも「この規約は〇年〇月〇日に一部改正される。」というもので細則は一つもありません。そして、内容を見てみると、細則に思われるものも多い気がします。
このような過去のものについては、改めて総会で「規約の追加・変更」ではなく、「使用細則」であったという訂正の議案は必要ないでしょうか?
それ以前に、規約の改正をちゃんと4分の3の特別決議としてやっていたのか、もう一度議事録を調べてみようと思います。いろいろボロが出まくってしまいますが、一つずつ根気よくやっていきます。ありがとうございました。

普通は「管理規約」と「使用細則、その他の細則」を分けています。
規約の第〇条についての細則というものを追加するのでしたら、内容にもよりますが、使用細則のほうに入れた方がいいのではないでしょうか。
本当に細則を追加とするなら、使用細則の関連条項を設けて、そこに追加すべきですし、もし、規約の内容を変えるというのでしたら、規約変更や追加とすべきです。
規約は規約で整理しておいた方がわかりやすいと思いますし、規約の改正は特別決議となり、区分所有者総数および議決権総数の各4分の3以上の賛成が必要になります。
細則のほうは普通決議になります。

改正後の内容と、承認されたときの議事録を追加しているのは正しいやり方ですが、まとめる場所が違うように思います。

「付則」は、いつから効力を発するかや特記事項などが書かれています。
「細則」はルール、規則のことになります。
簡単に言えば、規約は運営上のルール、細則は生活上のルール、付則は効力の明示となります。

海さん、ご回答ありがとうございます。うちのマンションはその辺、いろいろと間違いをおかしているように思います。付則のところにずらずらと並んでいるものは、どれも「この規約は〇年〇月〇日に一部改正される。」というもので細則は一つもありません。そして、内容を見てみると、細則に思われるものも多い気がします。
このような過去のものについては、改めて総会で「規約の追加・変更」ではなく、「使用細則」であったという訂正の議案は必要ないでしょうか?
それ以前に、規約の改正をちゃんと4分の3の特別決議としてやっていたのか、もう一度議事録を調べてみようと思います。いろいろボロが出まくってしまいますが、一つずつ根気よくやっていきます。ありがとうございました。

1.「 管理規約の一番最後に、その中の第〇条についての細則として、その都度過半数議決した内容を印刷した紙を追加してい(く)」やり方と、「管理規約の後ろに大きな「細則」という項目があって、その下に、いろんな条文の細則が並ぶ形にした」やり方とは具体的にどのような違いがあるのですか。
 その違いを、(ア)専有部分の使用方法に関するペットの飼育に関する使用細則、(イ)共用部分の使用方法に関する使用細則を例にとって説明すると、どのような違いとなるのでしょうか。
 国土交通省のマンション標準管理規約(単棟型)(29.8.29改訂版)18条(使用細則)のコメント18条①は「なお、使用細則を定める方法としては、これらの事項を一つの使用細則として定める方法と事項ごとに個別の細則として定める方法とがある。」としているが、このコメントがいう違いと同じなのでしょうか。このコメントのいう違いならば、どちらでも細則の定め方としては有効なのでしょう。
2.使用細則は管理規約と一体となって区分所有者が守るべき事項を規定するものです。 附則は、管理規約及び使用細則(これらは「本則」)の施行日、効力発生日を示す規定です。理事長と総会議長の確認書(署名押印)は附則の次に記載する。

jsmendyさん、ご回答ありがとうございます。
そうです。その国土交通省の標準管理規約(単棟型)の2つの方法のことです。表現がわかりづらくて申し訳ありませんでした。どちらでもよいということなのですね。
そして今、新たな疑問「附則の中の改正の日付や効力発生日は、2.3.4.5...と、規約についても細則についても同じように並べていっていいのでしょうか?」とお尋ねしようと思っていたところ、すでにお答えを書いてくださっていました。ありがとうございました。

標準管理規約72条3項を参考にされたら良いと思いますが、現状の方式でも十分です。
細則は、規約の詳細を規定するもので、付則は、施行期日等の追記事項を記するものです。

Okさん、ご回答ありがとうございます。標準管理規約は知ってはいても、なかなかじっくり見てみる機会がありませんでした。今後、参考にしたいと思います。ありがとうございました。
今、規約を持ってきて確認してみましたら、第七章 雑則の第43条に、「理事長は、この規約に定めない事項については、総会の議決を得て組合の業務の執行に必要な”細則”を定め、または変更することができる。」とありました。また、その雑則のあとに「附則」とあり、規約が適用された日付、その後一部改正された日付がずらずらと並んでいました。自分のマンションの管理規約をよく読んでいなかったということです。申し訳ありませんでした。そして、分かりやすく教えていただき、ありがとうございました。

回答がありません。