←トップへ戻る

伸びたエレベーターのロープを詰める??

建物の維持管理

  • マンションタイプ :
    単棟型
  • マンションの戸数 :
    51〜200戸
  • 竣工年 :
    2001年〜

先月5月25日にエレベーターフルメンテナンス契約上の部品交換要求について質問した「ぺっちゃ」です。その後、定期点検に立会い、質問攻めにしたら、とんでもない話が出てきました。
改めて状況を概述します。築18年目と築16年目を連結した単棟型マンションで、エレベーターは2基です。築当初からオー○○社にフルメン契約をしてきましたが、管理会社・住〇の撤退と初回の大規模修繕準備を契機に、本サイトを運営するコンサルのCIPに依頼して、新管理会社選定と共に専門業務契約も競争入札にしました。結果、エレベーター保守点検は現行のフルメンで2台年96万円から、他社のフルメンで78万円に、年18万円安くなりました。
(ちなみに5月の投稿の際は「これ以上業者に言っても相手にされないでしょう」などの否定論回答を多数頂きましたが、現実にはフルメンからフルメンへの変更で8社が入札に参加してくれました。最終的に契約した会社よりも安い社もありました。回答者の方々の「思い込み」でありましょう。)
その後、頂いた励ましを糧に、定期点検に立ち会ったところ、同社発行の修繕履歴にはロープ交換ゼロとあったのに、1号機は12年目に交換済みと判明。2号機は不明でした。回答を要求したところ、2号機は交換していなかったので、来月交換するとの回答(フルメン契約切れは9月末)。そして1号機はロープに伸びがあるので切り詰める、との回答です(私=理事長へのダイレクトの回答でなく管理人さんを通してです。以前、「理事長の質問には答えられない。管理会社を通して質問を」と言い放った「豪」の会社です)。
契約切れ直前の2号機ロープ交換は頑張った甲斐がありました。しかし交換後6年経った1号機のロープを「切り詰める」というのには唖然としました。私は1号機も交換を要求したいのですが、専門的知識のある方から「知恵」を授けて頂きたく、投稿した次第です。ぺこり。

みんなの回答

質問に対する回答ではありませんが、情報ありがとうございます。批判的な意見もあるようですが、もともと素人で分からないからこういうサイトで情報を収集しようとしているのです。素人が口を出すなみたいな意見は気にしなくてもいいと思います。間違っていれば指摘すればいいのですから。それをしないで批判するだけなら掲示板の趣旨に反すると思います。有名なCIPさんにコンサルしてもらって入札ってうらやましいです。

ぺっちゃさん こんばんは
ご質問の一助となればと思い投稿させていただきます。
>ロープを切り詰める
と、エレベーター保守サービス員から言われたとのことですが、
主ワイヤーロープとしてお答えしますと、これは、通常の保守作業です。
各エレベーター保守会社(メーカー)には点検基準があります。
その一例として、汚れ(埃、鉄粉、砂の付着、スラッジの発生)
発錆、キンク、注油の状態、ロープの直径寸法(下部、中央部、上部)
ロープの素線の破断、ロープテンション等々
これらを確認し、メインロープの交換判定をします。
また、〇社の標準的なメインロープの交換周期は12年と書かれています。
私の住んでいるマンションも、12年での交換ではなく、
結果的にはエレベーターのリニューアル時(設置27年目)に
メインロープの交換をしました。(私としては不満でしたが)
よって、メインロープ交換後6年では、メーカーサイドの考えでは、
ロープの交換は拒否すると思います。
ただし、現状のメインロープの素線に錆があり、キンク状態、
破断等があればメーカーの品質保証の観点から交換すると考えます。

ぺっちゃさん 
 このサイトにはいろいろな方がおられます。
 書かなくてもよいことまで書いて、質問者さんや
 回答者さんを批判する方がいます。
 私もそれでカチンときて、反論して荒れたことがあります。
 今後は、そのような回答は無視されることをお勧めします。
 有益なサイトですが、その人間がいるために私自身
 このサイトをROM(読むだけ)状態にしたことも
 あります。
 reonさんのおっしゃっていることも考えて頂けません
 でしょうか。
 これに懲りず、貴マンションのために頑張ってください。
追伸
 CIPの情報ありがとうございました。
 マンションサポート組織は、一つでも多く得たかったです。


ぺっちゃんさん
私は専門家ではないので、エレベーターのロープを切り詰めると聞いてびっくりしました。
そんな方法があるのですね。
回答者の答えもいろいろですが、なにせ「みんなの管理組合」ですから受け流してください。
自己承認欲求を満たすためとしか思えない方もいます。
「それ、違うでしょ!」という回答もあります。
匿名のサイトの宿命ですね。
いろいろな回答から役に立つと思われる回答を選ばれればいいと思います。

ただ質問者も回答者も、誰かを非難するような言葉を使うことだけはやめていただきたいことです。

理事長さんですから、いろいろと勉強なさって知識を得ることは素晴らしいことだと思います。
めげずに頑張ってください。
回答でなくてスミマセン。ぺこり。

質問者の中には自分の知識をひけらかしたいが為にここを利用していそうな人がいますね。

人間なまじ知識が増えると知ったかぶりをしたくなるものですから自重したいものです。

モンスター・クレーマーにその為の知識を与え助長させない事に気を付けていく必要があるとも感じます。

中途半端に知識が増えると知ったかぶりをしたくなるものです。
今後は他山の石として自重したいと思います。

自己主張したいが為に書き込む、自己顕示欲の強いクレーマーだと思います。
確かにここの理事長さんについては「人としてどうなの?」と思います。

私の以前の回答は「人としてどうなの?」という観点からのものです。

このサイトの素人の皆様を不安に陥れる様な無用な投書は止めて下さい。

>2013年の東京タワーではロープ切断の弾みで数キロの鋼板が落下してガラスを破り、子供が流血の惨状となっています。
→国交省の調査の結果、原因は滑車の一部が設置から45年以上交換されていなかったことでワイヤーとの摩擦が増し、6本のワイヤーの内1本が破断したもので、対策としては国交省より滑車の磨耗状態の点検の実施が指示されています。さらに切れたワイヤーでエレベーターの窓ガラスが割れ、男児(6)が手に軽傷を負ったもので「流血の惨状」などの表現は誤解を招きます。
【針小棒大】な物言いは止めて下さい。

>ストランド破断事故は41件(日本エレベーター協会)も発生しています。
→これもエレベーターの構造を知らない人が聞いたら誤解する表現です。エレベーターの「かご」は数本のワイヤーロープで吊られており、そのワイヤーロープは6〜8本のストランド(素線を撚ったワイヤー)で構成されているもので、仮にストランドが破断したからといっても直ぐに事故になるものではありません。国交省の指示でこの41件については全ロープ交換しましたが、51万台のエレベーターを緊急点検した結果なのです。
【誇大妄想】な物言いは、素人の皆様に無用な不安を与えるだけです。

>何%伸びたら問題なのか、それがロープ厚にどう影響するのか、伸びとロープ交換の相関を専門的な方がどう見るのか、そこが聞きたいのです。
→このサイトで質問する内容ではありません。もしこの質問をするなら貴方のマンションのエレベーターメーカーか、年18万円安くなった新たなエレベーターメンテ会社に聞けば良いだけの話です。

>本サイトを運営するコンサルのCIPに依頼して・・・・結果、エレベーター保守点検は現行のフルメンで2台年96万円から、他社のフルメンで78万円に、年18万円安くなりました。
→この無用な投稿はCIPの宣伝が目的ですか?
そうであれば【贔屓の引き倒し】になりますよ。

エレベーターのロープが伸びたら「切り詰める」というのにごく普通に行われている保守作業で、別に大騒ぎする必要はありません。
ただし極端に伸びた場合は、強度低下の可能性があるので交換します。

一般的に交換する目安としては、ワイヤーの素線が基準本数以上に断線した場合にだけワイヤーの寿命と判断して交換します。
ですので、12年目で交換させるとの事ですが、劣化も確認されないのに業者が交換を承知したのは、面倒臭い管理組合のクレーマー理事が大騒ぎするので、メンテを止める最後の最後にワイヤーを交換してあげるだけの話しです。
もし貴方が言うように安全に関わる重大なミスなら、長期間住民を危険な状態で放置したことが大問題になるので、損害賠償の対象になります。

貴方もつまらない事に余計な労力を使うのは止め、もっと社会貢献等の活動をしましょう。

有名なロープ破断事故に2011年、東京の地下鉄駅のエレベーターで、3本の主策全てが破断し、箱が数メートル落下、1人だけだった乗客が怪我をしました。素線を撚った金属ロープをストランドと呼びますが、ストランド内部の素線断線が進んでいたために、目視では見えず、「死角の事故」と呼ばれました。2013年の東京タワーではロープ切断の弾みで数キロの鋼板が落下してガラスを破り、子供が流血の惨状となっています。去年の5月も破断したメインロープが絡まり5人閉じ込めがありました。荷物用エレベーターのロープが破断し、荷物も人間も一緒に4㍍落下という事故もありました。昨年6月までの1年間だけで、ストランド破断事故は41件(日本エレベーター協会)も発生しています。その現場写真を見るとゾッとする迫力です。41件全てが全ロープ交換処置で、「部分的」とは言い難い。41件は9日に1件です。竜巻さんのご主張は嘘です。あなたは回答者の資格がありません。あなたは以前からこのサイトの獅子身中の虫でした。
ロープの切り詰めは確かに珍しい事ではありませんが、問題は基準です。何%伸びたら問題なのか、それがロープ厚にどう影響するのか、伸びとロープ交換の相関を専門的な方がどう見るのか、そこが聞きたいのです。

このサイトの素人の皆様を不安に陥れる様な無用な投書は止めて下さい。

>2013年の東京タワーではロープ切断の弾みで数キロの鋼板が落下してガラスを破り、子供が流血の惨状となっています。
→国交省の調査の結果、原因は滑車の一部が設置から45年以上交換されていなかったことでワイヤーとの摩擦が増し、6本のワイヤーの内1本が破断したもので、対策としては国交省より滑車の磨耗状態の点検の実施が指示されています。さらに切れたワイヤーでエレベーターの窓ガラスが割れ、男児(6)が手に軽傷を負ったもので「流血の惨状」などの表現は誤解を招きます。
【針小棒大】な物言いは止めて下さい。

>ストランド破断事故は41件(日本エレベーター協会)も発生しています。
→これもエレベーターの構造を知らない人が聞いたら誤解する表現です。エレベーターの「かご」は数本のワイヤーロープで吊られており、そのワイヤーロープは6〜8本のストランド(素線を撚ったワイヤー)で構成されているもので、仮にストランドが破断したからといっても直ぐに事故になるものではありません。国交省の指示でこの41件については全ロープ交換しましたが、51万台のエレベーターを緊急点検した結果なのです。
【誇大妄想】な物言いは、素人の皆様に無用な不安を与えるだけです。

>何%伸びたら問題なのか、それがロープ厚にどう影響するのか、伸びとロープ交換の相関を専門的な方がどう見るのか、そこが聞きたいのです。
→このサイトで質問する内容ではありません。もしこの質問をするなら貴方のマンションのエレベーターメーカーか、年18万円安くなった新たなエレベーターメンテ会社に聞けば良いだけの話です。

>本サイトを運営するコンサルのCIPに依頼して・・・・結果、エレベーター保守点検は現行のフルメンで2台年96万円から、他社のフルメンで78万円に、年18万円安くなりました。
→この無用な投稿はCIPの宣伝が目的ですか?
そうであれば【贔屓の引き倒し】になりますよ。

ぺっちゃんさん
私は専門家ではないので、エレベーターのロープを切り詰めると聞いてびっくりしました。
そんな方法があるのですね。
回答者の答えもいろいろですが、なにせ「みんなの管理組合」ですから受け流してください。
自己承認欲求を満たすためとしか思えない方もいます。
「それ、違うでしょ!」という回答もあります。
匿名のサイトの宿命ですね。
いろいろな回答から役に立つと思われる回答を選ばれればいいと思います。

ただ質問者も回答者も、誰かを非難するような言葉を使うことだけはやめていただきたいことです。

理事長さんですから、いろいろと勉強なさって知識を得ることは素晴らしいことだと思います。
めげずに頑張ってください。
回答でなくてスミマセン。ぺこり。

中途半端に知識が増えると知ったかぶりをしたくなるものです。
今後は他山の石として自重したいと思います。

私の以前の回答は「人としてどうなの?」という観点からのものです。

質問者の中には自分の知識をひけらかしたいが為にここを利用していそうな人がいますね。

人間なまじ知識が増えると知ったかぶりをしたくなるものですから自重したいものです。

モンスター・クレーマーにその為の知識を与え助長させない事に気を付けていく必要があるとも感じます。

自己主張したいが為に書き込む、自己顕示欲の強いクレーマーだと思います。
確かにここの理事長さんについては「人としてどうなの?」と思います。

エレベーターのロープが伸びたら「切り詰める」というのにごく普通に行われている保守作業で、別に大騒ぎする必要はありません。
ただし極端に伸びた場合は、強度低下の可能性があるので交換します。

一般的に交換する目安としては、ワイヤーの素線が基準本数以上に断線した場合にだけワイヤーの寿命と判断して交換します。
ですので、12年目で交換させるとの事ですが、劣化も確認されないのに業者が交換を承知したのは、面倒臭い管理組合のクレーマー理事が大騒ぎするので、メンテを止める最後の最後にワイヤーを交換してあげるだけの話しです。
もし貴方が言うように安全に関わる重大なミスなら、長期間住民を危険な状態で放置したことが大問題になるので、損害賠償の対象になります。

貴方もつまらない事に余計な労力を使うのは止め、もっと社会貢献等の活動をしましょう。

有名なロープ破断事故に2011年、東京の地下鉄駅のエレベーターで、3本の主策全てが破断し、箱が数メートル落下、1人だけだった乗客が怪我をしました。素線を撚った金属ロープをストランドと呼びますが、ストランド内部の素線断線が進んでいたために、目視では見えず、「死角の事故」と呼ばれました。2013年の東京タワーではロープ切断の弾みで数キロの鋼板が落下してガラスを破り、子供が流血の惨状となっています。去年の5月も破断したメインロープが絡まり5人閉じ込めがありました。荷物用エレベーターのロープが破断し、荷物も人間も一緒に4㍍落下という事故もありました。昨年6月までの1年間だけで、ストランド破断事故は41件(日本エレベーター協会)も発生しています。その現場写真を見るとゾッとする迫力です。41件全てが全ロープ交換処置で、「部分的」とは言い難い。41件は9日に1件です。竜巻さんのご主張は嘘です。あなたは回答者の資格がありません。あなたは以前からこのサイトの獅子身中の虫でした。
ロープの切り詰めは確かに珍しい事ではありませんが、問題は基準です。何%伸びたら問題なのか、それがロープ厚にどう影響するのか、伸びとロープ交換の相関を専門的な方がどう見るのか、そこが聞きたいのです。

質問に対する回答ではありませんが、情報ありがとうございます。批判的な意見もあるようですが、もともと素人で分からないからこういうサイトで情報を収集しようとしているのです。素人が口を出すなみたいな意見は気にしなくてもいいと思います。間違っていれば指摘すればいいのですから。それをしないで批判するだけなら掲示板の趣旨に反すると思います。有名なCIPさんにコンサルしてもらって入札ってうらやましいです。

ぺっちゃさん こんばんは
ご質問の一助となればと思い投稿させていただきます。
>ロープを切り詰める
と、エレベーター保守サービス員から言われたとのことですが、
主ワイヤーロープとしてお答えしますと、これは、通常の保守作業です。
各エレベーター保守会社(メーカー)には点検基準があります。
その一例として、汚れ(埃、鉄粉、砂の付着、スラッジの発生)
発錆、キンク、注油の状態、ロープの直径寸法(下部、中央部、上部)
ロープの素線の破断、ロープテンション等々
これらを確認し、メインロープの交換判定をします。
また、〇社の標準的なメインロープの交換周期は12年と書かれています。
私の住んでいるマンションも、12年での交換ではなく、
結果的にはエレベーターのリニューアル時(設置27年目)に
メインロープの交換をしました。(私としては不満でしたが)
よって、メインロープ交換後6年では、メーカーサイドの考えでは、
ロープの交換は拒否すると思います。
ただし、現状のメインロープの素線に錆があり、キンク状態、
破断等があればメーカーの品質保証の観点から交換すると考えます。

ぺっちゃさん 
 このサイトにはいろいろな方がおられます。
 書かなくてもよいことまで書いて、質問者さんや
 回答者さんを批判する方がいます。
 私もそれでカチンときて、反論して荒れたことがあります。
 今後は、そのような回答は無視されることをお勧めします。
 有益なサイトですが、その人間がいるために私自身
 このサイトをROM(読むだけ)状態にしたことも
 あります。
 reonさんのおっしゃっていることも考えて頂けません
 でしょうか。
 これに懲りず、貴マンションのために頑張ってください。
追伸
 CIPの情報ありがとうございました。
 マンションサポート組織は、一つでも多く得たかったです。


回答がありません。