←トップへ戻る

理事会より総会では「役員候補者としない」と通知されました。

管理規約

管理組合の運営

  • マンションタイプ :
    単棟型
  • マンションの戸数 :
    201〜500戸
  • 竣工年 :
    2001年〜

私のマンションの理事会の理事は、基本は立候補制で、足りない場合に輪番制で任命されますが、最近数年間立候補者はいませんでした。
私は管理組合には色々と改善提案を行なって参りましたが殆ど改善されない事から、来期ので理事会の理事募集応募し立候補しましたが、理事会より「貴殿は役員候補者としない」と通知されました。
理事会に理由を聞いたところ、輪番制の理事候補が既に決まっているので、役員候補者は遠慮下さいとの事でした。

管理規約では「理事及び監事は、組合員のうちから、総会で選任する。」とありますので、理事会の判断で勝手に立候補した理事候補を除外するのは規約違反だと思います。
来週に総会ですが、私の名前が無い総会資料が既に配布されています。

私としては理事会に入り組合活動の活性化を図りたいのですが、この様な場合どの様に対応すればよいのでしょうか?

みんなの回答

青山さんは相当に嫌われたようですね。

それはともかく理事会には立候補者を組合員に知らせる義務はあるでしょうから、これは立候補の妨害になります。
そこまで強行だと理事長が他の理事を引っ張ってるのでしょうから、理事長が軟化すれば総崩れもあり得ますね?
 
自ら理事に立候補する人は貴重なので、アイデアとしては:

1.今の理事長が交替してから立候補してはいかがですか?(管理は永遠と続くので)
2.事の顛末を文書にして配布し他の組合員に知らせる。
3.管理会社の意見を確認する(きっと理事会でお決めになった事ですからと逃げるでしょう)
4.他の理事達のお宅に訪問してこの対応をどう考えているか確認する。
5.監事に不当を訴える。
6.マンション管理士協会を訪ねて意見をもらう(協会は複数存在します)
7.弁護士の基本費用は5千円~1万円程なので、相談し名刺をもらって総会でエビデンスとして提示する。(弁護士さんは書類を読むのに慣れているので相談時は文書で示すのが良い)
   https://www.bengo4.com/about_lawyers/4/#1_1
8.弁護士さんから内容証明を送ってもらっただけで、相手が降参する場合もあります。
9.弁護士費用を掛けない少額訴訟という提訴手段もあります。 
10.以上のアイデアは総会前の理論武装ですが、少しの手間と費用が掛かります。 総会前に実行出来る事もあります。 
これだけで相手は面倒を嫌って引き下がる事があり、全面降参する可能性もあります。

11.穏便にとの回答も一考に値すると思いますが、理事長の態度も行き過ぎと感じましたので。

理事会からの回答が管理会社を通して来ているなら、一度 理事長さんと直接話してみると良いかもしれません。
過去に、理事会に対し提案した投書が管理会社によって握りつぶされていた経験がありますので、そう思いました次第です。

青山さんが訴訟などの力技で理事になっても、その後の改革を進めるときが心配です。改革は周りの皆さんの理解と協力が必要なので、現在の役員さんと戦うのは得策でしょうか?青山さんに賛同する仲間が既に沢山いるなら良いのですが…。

色々とありがとうございます。
理事長と直接会って話をしたいと繰り返し言っていますが、理事長は直接会うのも電話で話すのも拒否です。
理事会宛の投書にだけ、理事会名で返信があります。

そうでしたか。私が青山さんの立場だったら根気強く総会に出席し続けて理事会との信頼関係を少しずつでも築くようにすると思います。
私が改善提案するときは「未来へ向かって改善を求める」ようにし、過去(の役員)を否定するのは避けるようにします。改善提案される側の立場だったらそのようにして欲しいと思うからです。

青山さんが理事長の立場だったらどんな形の改善提案なら受け入れ易いかを考えてみるのも一案です。
法的には青山さんが正しかったとしても、法的手段に訴える場合は更に警戒される結果を招かないようにしてくださいね。

1.(ア)理事及び監事は、組合員のうちから、総会で選任する。」旨の管理規約があること、(イ)貴方が理事として立候補する意思を理事会に伝えたこと、(ウ)来週の総会招集通知に、役員選任の議事(会議の目的たる事項)に理事候補者として貴方の名が記載されておらず(議題の一部欠如)、その資料が既に配付されているとの事実関係を前提に意見を述べます。
2.組合員全員出席総会(委任状なし)であれば、貴方が理事に立候補して選任されれば、理事となりうるが、委任状なしの全員総会は実際は無理でしょう。貴方が黙っていれば、理事会が提案した理事候補者が理事に選任される公算が大きいと思います。
3.上記1の事実関係を前提とすると、総会の招集手続は管理規約違反による議題の一部欠如の違法なものと思います。総会において、貴方は、この総会の招集手続が違法であるから、総会で理事選任の決議しても無効である旨強く主張されたらよいと思います。総会の招集手続に違法な点(瑕疵)があれば、総会の決議無効訴訟を提起すれば、裁判所は認める公算が大きい。総会の決議無効確認訴訟は、組合員一人でも管理組合を被告として提起することができる。訴訟となれば多くの費用や労力が必要となる。
 貴方としては、総会で上記のような点を指摘して、改めて役員選任のための臨時総会を開催すべきであり、これがベストである旨を主張するとよいと思います。

アドバイスをありがとうございます。
総会ではアドバイス頂いた様に主張し、場合によっては総会決議無効確認訴訟を起こすと主張したいと思います。
ただそれでも理事会側が拒否した場合には提訴しなくてはなりませんが、その場合には多くの労力、費用が必要になると思います。

相手は管理組合の費用を使い、私は自費となると思いますが、どの程度の費用が必要になるのでしょうか?
また、私が裁判に勝った場合には私の払った裁判費用は返ってくるのでしょうか?
さらに理事会あるいは理事長に対し慰謝料は請求出来るのでしょうか?

1.総会決議無効確認訴訟を提起する場合、訴状に貼る印紙の額は8000円です(民事訴訟費用等に関する法律4条2項第1文、別表第一1項下欄㈡)。貴方が弁護士に訴訟を委任する場合は、弁護士費用が必要です。できればマンションの法律問題を扱った経験のある弁護士がよいでしょう。弁護士費用は弁護士により異なると思います。なお、本人訴訟も訴訟法上は可能です。貴方が勝訴した場合、自分が支払った弁護士費用を管理組合に対して請求することはできません。印紙代は請求できますが、手続が厄介です。
 理事会又は理事長に対する慰謝料の請求も無理です。
2.貴方が提訴した場合、管理組合が応訴することになりますが、管理組合が弁護士に訴訟委任をする場合には、総会で特定の弁護士名及び弁護士費用額を明らかにして、承認の決議を得る必要があると思います。標準管理規約34条の規定があってもです。管理組合側の弁護士が総会の承認を得ていない場合には、訴訟において、管理組合の訴訟委任は無効だと主張してみるとよいでしょう。

お手数かけ申し訳ありません。
管理組合側の弁護士が総会の承認を得ていない場合には、訴訟において、管理組合の訴訟委任は無効だと主張してみるのは構いませんが、その場合一旦裁判が中断し、理事会側は臨時総会を開き総会の承認を得るだけだと思います。
この場合、裁判を遅らせるだけで、裁判での判決に影響は無いように思われますが?

貴見のとおりです。訴訟委任状が適法かどうかは裁判所の職権調査事項ですから、貴殿が主張しなくても同じことです。

規約違反を主張するのであれば、根拠が必要です。
何も書いてないだけでは違反とは言えないように思います。
その場合は民法やその他の法律、類似ケースでの判例なんかで判断するんでしょうけど。

普通は、なり手不足で募集があるんですが、それは無かったんですか?
もし募集するところ、不透明な人選で輪番以外の方が立候補しているようだと問題はありますね。
どうしてもはっきりさせたいなら訴訟しか無いと思います。

あとは可能性はほぼゼロですが、総会で自分を理事にする動議を提出し、可決されれば役員になれます。

ありがとうございます。
理事の募集があり私一人が応募しました。
管理規約では「理事及び監事は、組合員のうちから、総会で選任する。」とあり、理事会が勝手に私を除外することは出来ないと思いますが?

1.(ア)理事及び監事は、組合員のうちから、総会で選任する。」旨の管理規約があること、(イ)貴方が理事として立候補する意思を理事会に伝えたこと、(ウ)来週の総会招集通知に、役員選任の議事(会議の目的たる事項)に理事候補者として貴方の名が記載されておらず(議題の一部欠如)、その資料が既に配付されているとの事実関係を前提に意見を述べます。
2.組合員全員出席総会(委任状なし)であれば、貴方が理事に立候補して選任されれば、理事となりうるが、委任状なしの全員総会は実際は無理でしょう。貴方が黙っていれば、理事会が提案した理事候補者が理事に選任される公算が大きいと思います。
3.上記1の事実関係を前提とすると、総会の招集手続は管理規約違反による議題の一部欠如の違法なものと思います。総会において、貴方は、この総会の招集手続が違法であるから、総会で理事選任の決議しても無効である旨強く主張されたらよいと思います。総会の招集手続に違法な点(瑕疵)があれば、総会の決議無効訴訟を提起すれば、裁判所は認める公算が大きい。総会の決議無効確認訴訟は、組合員一人でも管理組合を被告として提起することができる。訴訟となれば多くの費用や労力が必要となる。
 貴方としては、総会で上記のような点を指摘して、改めて役員選任のための臨時総会を開催すべきであり、これがベストである旨を主張するとよいと思います。

アドバイスをありがとうございます。
総会ではアドバイス頂いた様に主張し、場合によっては総会決議無効確認訴訟を起こすと主張したいと思います。
ただそれでも理事会側が拒否した場合には提訴しなくてはなりませんが、その場合には多くの労力、費用が必要になると思います。

相手は管理組合の費用を使い、私は自費となると思いますが、どの程度の費用が必要になるのでしょうか?
また、私が裁判に勝った場合には私の払った裁判費用は返ってくるのでしょうか?
さらに理事会あるいは理事長に対し慰謝料は請求出来るのでしょうか?

1.総会決議無効確認訴訟を提起する場合、訴状に貼る印紙の額は8000円です(民事訴訟費用等に関する法律4条2項第1文、別表第一1項下欄㈡)。貴方が弁護士に訴訟を委任する場合は、弁護士費用が必要です。できればマンションの法律問題を扱った経験のある弁護士がよいでしょう。弁護士費用は弁護士により異なると思います。なお、本人訴訟も訴訟法上は可能です。貴方が勝訴した場合、自分が支払った弁護士費用を管理組合に対して請求することはできません。印紙代は請求できますが、手続が厄介です。
 理事会又は理事長に対する慰謝料の請求も無理です。
2.貴方が提訴した場合、管理組合が応訴することになりますが、管理組合が弁護士に訴訟委任をする場合には、総会で特定の弁護士名及び弁護士費用額を明らかにして、承認の決議を得る必要があると思います。標準管理規約34条の規定があってもです。管理組合側の弁護士が総会の承認を得ていない場合には、訴訟において、管理組合の訴訟委任は無効だと主張してみるとよいでしょう。

お手数かけ申し訳ありません。
管理組合側の弁護士が総会の承認を得ていない場合には、訴訟において、管理組合の訴訟委任は無効だと主張してみるのは構いませんが、その場合一旦裁判が中断し、理事会側は臨時総会を開き総会の承認を得るだけだと思います。
この場合、裁判を遅らせるだけで、裁判での判決に影響は無いように思われますが?

貴見のとおりです。訴訟委任状が適法かどうかは裁判所の職権調査事項ですから、貴殿が主張しなくても同じことです。

規約違反を主張するのであれば、根拠が必要です。
何も書いてないだけでは違反とは言えないように思います。
その場合は民法やその他の法律、類似ケースでの判例なんかで判断するんでしょうけど。

普通は、なり手不足で募集があるんですが、それは無かったんですか?
もし募集するところ、不透明な人選で輪番以外の方が立候補しているようだと問題はありますね。
どうしてもはっきりさせたいなら訴訟しか無いと思います。

あとは可能性はほぼゼロですが、総会で自分を理事にする動議を提出し、可決されれば役員になれます。

ありがとうございます。
理事の募集があり私一人が応募しました。
管理規約では「理事及び監事は、組合員のうちから、総会で選任する。」とあり、理事会が勝手に私を除外することは出来ないと思いますが?

理事会からの回答が管理会社を通して来ているなら、一度 理事長さんと直接話してみると良いかもしれません。
過去に、理事会に対し提案した投書が管理会社によって握りつぶされていた経験がありますので、そう思いました次第です。

青山さんが訴訟などの力技で理事になっても、その後の改革を進めるときが心配です。改革は周りの皆さんの理解と協力が必要なので、現在の役員さんと戦うのは得策でしょうか?青山さんに賛同する仲間が既に沢山いるなら良いのですが…。

色々とありがとうございます。
理事長と直接会って話をしたいと繰り返し言っていますが、理事長は直接会うのも電話で話すのも拒否です。
理事会宛の投書にだけ、理事会名で返信があります。

そうでしたか。私が青山さんの立場だったら根気強く総会に出席し続けて理事会との信頼関係を少しずつでも築くようにすると思います。
私が改善提案するときは「未来へ向かって改善を求める」ようにし、過去(の役員)を否定するのは避けるようにします。改善提案される側の立場だったらそのようにして欲しいと思うからです。

青山さんが理事長の立場だったらどんな形の改善提案なら受け入れ易いかを考えてみるのも一案です。
法的には青山さんが正しかったとしても、法的手段に訴える場合は更に警戒される結果を招かないようにしてくださいね。

青山さんは相当に嫌われたようですね。

それはともかく理事会には立候補者を組合員に知らせる義務はあるでしょうから、これは立候補の妨害になります。
そこまで強行だと理事長が他の理事を引っ張ってるのでしょうから、理事長が軟化すれば総崩れもあり得ますね?
 
自ら理事に立候補する人は貴重なので、アイデアとしては:

1.今の理事長が交替してから立候補してはいかがですか?(管理は永遠と続くので)
2.事の顛末を文書にして配布し他の組合員に知らせる。
3.管理会社の意見を確認する(きっと理事会でお決めになった事ですからと逃げるでしょう)
4.他の理事達のお宅に訪問してこの対応をどう考えているか確認する。
5.監事に不当を訴える。
6.マンション管理士協会を訪ねて意見をもらう(協会は複数存在します)
7.弁護士の基本費用は5千円~1万円程なので、相談し名刺をもらって総会でエビデンスとして提示する。(弁護士さんは書類を読むのに慣れているので相談時は文書で示すのが良い)
   https://www.bengo4.com/about_lawyers/4/#1_1
8.弁護士さんから内容証明を送ってもらっただけで、相手が降参する場合もあります。
9.弁護士費用を掛けない少額訴訟という提訴手段もあります。 
10.以上のアイデアは総会前の理論武装ですが、少しの手間と費用が掛かります。 総会前に実行出来る事もあります。 
これだけで相手は面倒を嫌って引き下がる事があり、全面降参する可能性もあります。

11.穏便にとの回答も一考に値すると思いますが、理事長の態度も行き過ぎと感じましたので。

回答がありません。