←トップへ戻る

実態はテナントのみ

その他

  • マンションタイプ :
    単棟型
  • マンションの戸数 :
    〜50戸
  • 竣工年 :
    〜1981年

形式は管理組合があり規約が存在するものの、実態はテナントのみのマンション。そもそも居住に使ってない段階でマンションの定義対象外であるはずなのですが、組合が実態的に機能せず管理費等の値上げも困難で、一方、老朽化が進行するなかオーナーから修繕積立金の引き上げに反対されているようなケースでは、どのような対策が考えられるか、ご教示いただけると助かります。

みんなの回答

本当に出来そうな対策は転居だと思います。

築40年ほどなので売れる内に早めに転居も考えてはいかがでしょうか?

住戸の無い雑居ビルでも分譲型なら「〇〇ビル管理組合」はありますので、テナントのみに問題はありませんが管理組合が機能していないのは問題ですね。

一般のマンション管理組合でも、管理費や修繕積立金の値上げを提案すれば反対意見は出ます。
その方たちに説明をするときは「このまま値上げをしないとどうなるか?」をシュミレーションした書面を作ります。
毎年の収入と、管理に必要な支出を書き出し、グラフにすると何年後に赤字になり、必要な管理や修繕が出来なくなるのかがわかります。
いくら値上げをしたら、問題が解決できるかもシュミレーションしましょう。

反対する人には、別の問題解決方法を提案してもらいましょう。口だけではなくその実現に手を貸して欲しいと頼みましょう。
他のアイデアが無かったり、アイデアはあってもその実現に時間や労力を提供できない事が自分でわかると、急に反対意見を引っ込める場合もあります。私が管理見直しをした際にはこの方法で反対者に対応しました。

ここまで問題の大きい店舗型マンションも珍しいかと思いますが、このままではさらにスラム化が進んでいくと思われます。

誠に言い難いのですが、完全にスラム化する前に売却し別のマンションに移った方が良いと思います。

投資型マンションと思われますが、オーナーに老朽化の危険性を訴えて修繕積立金値上げをして貰う以外に方法は無いように思います。特に漏水がそのバロメーターです。建物自体はかなり長期間持ちますが、給排水管は20年越えると漏水が始まります。給水排水管の更生、更新工事が必要になります。資金不足のため応急措置のみで済ましているとスラム化していくことになります。

テナントのみでも、区分所有法の対象にはなると思います。

区分所有法
(建物の区分所有)
第一条 一棟の建物に構造上区分された数個の部分で独立して住居、店舗、事務所又は倉庫その他建物としての用途に供することができるものがあるときは、その各部分は、この法律の定めるところにより、それぞれ所有権の目的とすることができる。

管理組合はあることはあるようですけど、まともに機能していないなら対処は難しいと思います。
管理会社は無さそうですね。
管理規約がもしあればこれを確認しましょう。その上で何ができるか考えましょう。
無かったら次は区分所有法ですが、でも対処は難しいと思います。
なぜなら何をするにしても、問題を起こしている区分所有者以外の全員の同意か、総会決議が必要になるからです。
問題を起こしている区分所有者=あなた以外全員?総会決議は総会自体が無理そうですね。

問題が難し過ぎるので、自治体のマンション相談窓口、自治体の無料法律相談、初回無料の弁護士、
なんかに聞いてみてはどうでしょうか。

ここまで問題の大きい店舗型マンションも珍しいかと思いますが、このままではさらにスラム化が進んでいくと思われます。

誠に言い難いのですが、完全にスラム化する前に売却し別のマンションに移った方が良いと思います。

投資型マンションと思われますが、オーナーに老朽化の危険性を訴えて修繕積立金値上げをして貰う以外に方法は無いように思います。特に漏水がそのバロメーターです。建物自体はかなり長期間持ちますが、給排水管は20年越えると漏水が始まります。給水排水管の更生、更新工事が必要になります。資金不足のため応急措置のみで済ましているとスラム化していくことになります。

テナントのみでも、区分所有法の対象にはなると思います。

区分所有法
(建物の区分所有)
第一条 一棟の建物に構造上区分された数個の部分で独立して住居、店舗、事務所又は倉庫その他建物としての用途に供することができるものがあるときは、その各部分は、この法律の定めるところにより、それぞれ所有権の目的とすることができる。

管理組合はあることはあるようですけど、まともに機能していないなら対処は難しいと思います。
管理会社は無さそうですね。
管理規約がもしあればこれを確認しましょう。その上で何ができるか考えましょう。
無かったら次は区分所有法ですが、でも対処は難しいと思います。
なぜなら何をするにしても、問題を起こしている区分所有者以外の全員の同意か、総会決議が必要になるからです。
問題を起こしている区分所有者=あなた以外全員?総会決議は総会自体が無理そうですね。

問題が難し過ぎるので、自治体のマンション相談窓口、自治体の無料法律相談、初回無料の弁護士、
なんかに聞いてみてはどうでしょうか。

本当に出来そうな対策は転居だと思います。

築40年ほどなので売れる内に早めに転居も考えてはいかがでしょうか?

住戸の無い雑居ビルでも分譲型なら「〇〇ビル管理組合」はありますので、テナントのみに問題はありませんが管理組合が機能していないのは問題ですね。

一般のマンション管理組合でも、管理費や修繕積立金の値上げを提案すれば反対意見は出ます。
その方たちに説明をするときは「このまま値上げをしないとどうなるか?」をシュミレーションした書面を作ります。
毎年の収入と、管理に必要な支出を書き出し、グラフにすると何年後に赤字になり、必要な管理や修繕が出来なくなるのかがわかります。
いくら値上げをしたら、問題が解決できるかもシュミレーションしましょう。

反対する人には、別の問題解決方法を提案してもらいましょう。口だけではなくその実現に手を貸して欲しいと頼みましょう。
他のアイデアが無かったり、アイデアはあってもその実現に時間や労力を提供できない事が自分でわかると、急に反対意見を引っ込める場合もあります。私が管理見直しをした際にはこの方法で反対者に対応しました。

回答がありません。