←トップへ戻る

臨時総会が必要なのでしょうか?

建物の維持管理

大規模修繕工事

  • マンションタイプ :
    単棟型
  • マンションの戸数 :
    201〜500戸
  • 竣工年 :
    2001年〜

1年前の定期総会で機械式駐車場の塗装5百万円が賛成多数で可決されましたが、担当理事が交代しとこともあり1年間放置していたところ、今回の定期総会でその事が追求されました。

理事長からは今年度中に実施すると回答したところ、質問者からは昨年度に実施予定となっており期限を過ぎているので昨年の総会決議は無効との指摘がありました。

理事長は理事会で実施の1年延期を決めているので、再度の総会決議は不要と回答しましたが、質問者は納得せず臨時総会の開催を要求しています。

このような場合は本当に臨時総会が必要なのでしょうか?

みんなの回答

「今期も予算は計上されているので臨時総会は不要でよろしいのですね。」

こういう重要情報を書かないで質問すると、とても長いやりとりになりますね!

よって質問者さんには前記の回答をすれば納得されると思います。
予算案の説明は前期でやっているし2回目だから行わなかったのだと思いますが、その解釈で正しいですか?
そうならばこれも説明に追加すれば良いと思います。

臨時総会するかどうかより1年間放置していることが問題なのでは?

クッシーさん、アドバイスありがとうございます。
確かにそれが問題ですが、それだけ皆が組合活動に興味が無いのだと思います。

1年前の総会で駐車場の塗装を実施する権限を得たものですので、期が変わったら前期総会の決議は失効し、再度総会決議が必要です。

竜巻さん、アドバイスありがとうございます。
今期もそのまま予算は計上されているので臨時総会は不要のように思いますが?

以前に同じ様な話がありましたが、その時は臨時総会総会を開催して、承認を得ました。

福井さん、アドバイスありがとうございます。
今期も予算は計上されているので臨時総会は不要ではと思いますが?

次回の定期総会で報告すればよいのではないでしょうか?

さくらさん、アドバイスありがとうございます。
今期も予算は計上されているので次の定期総会が報告したいと思います。

1.理事は、1年前の総会の決議に従い、その総会の会計年度(マンション標準管理規約(単棟型)58条参照)の1年の期間内に、総会で承認された事業計画である駐車場の塗装を実施する権限・義務を負ったものであるが、この権限・義務を尽くさなかった以上、当該総会の決議は失効したものと解される。したがって、次の会計年度に駐車場の塗装を実施するためには、改めて総会の決議を要するものと解される。
2.「理事長は理事会で実施の1年延期を決めているので、再度の総会決議は不要と回答しました」とありますが、理事会にそのように決める権限の法的根拠はないと思われる。

jsmendyさん、アドバイスありがとうございます。
今期も継続で予算は計上されているので臨時総会は不要ではと思いますが?

「今期も継続で予算は計上されている」とのことですが、「継続」とはどういう意味なのでしょうか。また、「予算は計上されている」とのことですが、予算案を計上し、総会の承認を得たのは前回の総会ですか、今回の総会ですか。また、「機械式駐車場の塗装5百万円」の会計区分は、管理費会計、修繕積立金会計、駐車場塗装会計という特別会計のいずれでしょうか(マンション会計の会計区分について、税理士法人フィールズ/監査法人フィールズ編・マンション管理組合の経理実務76頁以下参照)。前回の総会で、機械式駐車場の塗装5百万円を管理費及び修繕積立金とは別に徴収して特別会計とし、次期会計年度に亘って塗装工事を執行するということについて承認の決議がされていれば、今回改めて総会の承認は不要でしょう。

jsmendyさん再度のご回答ありがとうございます。
その総会の会計年度で、総会で承認された事業計画は年度内に終らない場合、前期総会の決議は失効したものとされ、改めて総会の決議を要するとのことですが、年度を跨ぐ可能性のある大規模修繕工事の場合にも、改めて総会で工事継続の決議が必要なのでしょうか?

前回の総会において、事業計画で大規模修繕工事が次年度にわたって行われること、500万円はそのための予算であることが決議されていれば、今年度においても、その予算を使った工事の続行ができるとおもいます。しかし、このような事業計画等についての決議がなく、前回の総会決議に基づいて修繕工事の執行をすべき立場にある理事がこれを懈怠してその総会の会計年度を経過した場合に、前回の総会の決議は失効すると思います。前回の総会時と今回の総会時との間には、組合員の変動もあり(総会の考えに影響する。)、工事費も変動があり(消費税が上がればその分は工事費が上昇する。)等の諸事情の変動もある。もっとも、理事が臨時総会不要として、修繕工事を実行した場合、臨時総会を求めている区分所有者はどのような対応をするか、採りうる法的手段は難しいと思う。

迅速な回答ありがとうございます。
機械式駐車場の塗装5百万円は特別会計ではなく修繕積立金会計ですが、特別会計では無くとも手間暇のかかる臨時総会までは必要無いように思えますので、理事長以下全員臨時総会の開催には否定的です。

追加の質問ですが、もしどうしても臨時総会が必要である場合の、法的な根拠を教えていただけないでしょうか?
またそれを無視した場合でも手続き上の問題だけで組合員も実害は無いので無視しても提訴してくる事はないと思いますが、それ以外で理事会メンバーとしてどの様なリスクがあるのでしょうか?

今期の予算はどうなっていますか。
修繕積立金に今期の予算として500万計上されていればいいのですが、取っていなかった場合には今期の予算の変更になりますから臨時総会が必要になります。
管理組合の会計は期毎に締めますから、前期に予算を取っていたとしても実施しなかったら、今期に再度予算を取らなければ工事を行うことはできなくなってしまいます。
理事会で延期を決めていたのでしたら、当然今期の予算に入れておくべきです。

このみさん、アドバイスありがとうございます。
今期も予算は計上されているので臨時総会は不要でよろしいのですね。

予算が計上されているのでしたら、総会で質問者に追及されたとき延期した理由も含めて説明しているのではないですか。
修繕積立金会計ですから、支出の項目の多くはないと思います。
前期やらなかった工事を、今期行いたいので改めて承認をしてほしいということでしょ。
予算案が承認されたら工事も承認されたということです。
理事会がちゃんと説明しなかったのでしょうか。

このみさん再度のご回答ありがとうございます。
次の総会の事業計画の説明では特に触れていませんでしたが、その場合は臨時総会は必要なのでしょうか?
もしどうしても必要なら、その法的な根拠を教えていただけないでしょうか?

次の総会って「今期の総会」のことですか?
事業計画に触れずにどうやって修繕積立金予算の決議ができたのでしょうか。
理事会もそうですが、よほど皆さんが数字が並んでいる表に関心がなく、訳も分からず賛成と手を挙げているだけなのでしょうか。
この質問と、今期の予算として取ってあるという返答とは矛盾があると感じてしまいます。
本当のことを言っていただかないと、コメントするほうはただもてあそばれているだけのような気分になりますね。
法的な根拠って何ですか?
今期の予算が取ってあればいいと初めから答えているのですが…

説明不足で申し訳ございません。
次の総会とは「今期の総会」です。

事業計画に触れずとは、正確には事業計画の表には金額と項目が昨年度のものと全く一緒のものが入っていますけど、文章としては説明していないとの意味です。

理事会も含め皆さんが数字が並んでいる表には関心がないのは事実なので、あえて手間の要する臨時総会を開きたくないというのが本音です。

混乱しているようですね。
事業計画の問題ではなく、今期の修繕積立金の予算案にこの500万円を計上していたかどうかということです。
計上していたのでしたら、質問者の追及に答えられたはずです。
計上してあって、その予算案が承認されたのなら問題はないとの回答は変わりません。
面倒くさいかどうかで決めることでもなく、予算案に計上してあって承認されたのなら、それで問題はないですし、計上していなかったのなら臨時総会で予算の変更をしなければならないことです。

前期に総会で承認を受けたものは、前期中に完了しないと駄目です。
ですのでこの場合は、今期、再度総会で承認を得る必要があります。

東京急行さん、アドバイスありがとうございます。
今期も予算は計上されているので臨時総会は不要ではと思いますが?

1年前の総会で決議されたとのことであれば、修繕積立金からの支出を認められていますので、再度の総会での決議は不要だと思います。

ただ費用等が大幅にアップする等で、昨年の決議内容と大きく変わるのであれば、再度総会に提案し、承認を得る必要があると思います。

asaka50さん、アドバイスありがとうございます。
決議内容は変更はありまでん。
今期も予算は計上されているので臨時総会は不要ですね?

予算書に記載されていれば臨時総会は不要と思います。

今期に、継続予算措置がされていれば、臨時総会は不要です。p

Okさん、アドバイスありがとうございます。
今期も予算は計上されているので臨時総会は不要でよろしいのですね?

今期の予算はどうなっていますか。
修繕積立金に今期の予算として500万計上されていればいいのですが、取っていなかった場合には今期の予算の変更になりますから臨時総会が必要になります。
管理組合の会計は期毎に締めますから、前期に予算を取っていたとしても実施しなかったら、今期に再度予算を取らなければ工事を行うことはできなくなってしまいます。
理事会で延期を決めていたのでしたら、当然今期の予算に入れておくべきです。

このみさん、アドバイスありがとうございます。
今期も予算は計上されているので臨時総会は不要でよろしいのですね。

予算が計上されているのでしたら、総会で質問者に追及されたとき延期した理由も含めて説明しているのではないですか。
修繕積立金会計ですから、支出の項目の多くはないと思います。
前期やらなかった工事を、今期行いたいので改めて承認をしてほしいということでしょ。
予算案が承認されたら工事も承認されたということです。
理事会がちゃんと説明しなかったのでしょうか。

このみさん再度のご回答ありがとうございます。
次の総会の事業計画の説明では特に触れていませんでしたが、その場合は臨時総会は必要なのでしょうか?
もしどうしても必要なら、その法的な根拠を教えていただけないでしょうか?

次の総会って「今期の総会」のことですか?
事業計画に触れずにどうやって修繕積立金予算の決議ができたのでしょうか。
理事会もそうですが、よほど皆さんが数字が並んでいる表に関心がなく、訳も分からず賛成と手を挙げているだけなのでしょうか。
この質問と、今期の予算として取ってあるという返答とは矛盾があると感じてしまいます。
本当のことを言っていただかないと、コメントするほうはただもてあそばれているだけのような気分になりますね。
法的な根拠って何ですか?
今期の予算が取ってあればいいと初めから答えているのですが…

説明不足で申し訳ございません。
次の総会とは「今期の総会」です。

事業計画に触れずとは、正確には事業計画の表には金額と項目が昨年度のものと全く一緒のものが入っていますけど、文章としては説明していないとの意味です。

理事会も含め皆さんが数字が並んでいる表には関心がないのは事実なので、あえて手間の要する臨時総会を開きたくないというのが本音です。

混乱しているようですね。
事業計画の問題ではなく、今期の修繕積立金の予算案にこの500万円を計上していたかどうかということです。
計上していたのでしたら、質問者の追及に答えられたはずです。
計上してあって、その予算案が承認されたのなら問題はないとの回答は変わりません。
面倒くさいかどうかで決めることでもなく、予算案に計上してあって承認されたのなら、それで問題はないですし、計上していなかったのなら臨時総会で予算の変更をしなければならないことです。

1年前の総会で決議されたとのことであれば、修繕積立金からの支出を認められていますので、再度の総会での決議は不要だと思います。

ただ費用等が大幅にアップする等で、昨年の決議内容と大きく変わるのであれば、再度総会に提案し、承認を得る必要があると思います。

asaka50さん、アドバイスありがとうございます。
決議内容は変更はありまでん。
今期も予算は計上されているので臨時総会は不要ですね?

予算書に記載されていれば臨時総会は不要と思います。

今期に、継続予算措置がされていれば、臨時総会は不要です。p

Okさん、アドバイスありがとうございます。
今期も予算は計上されているので臨時総会は不要でよろしいのですね?

前期に総会で承認を受けたものは、前期中に完了しないと駄目です。
ですのでこの場合は、今期、再度総会で承認を得る必要があります。

東京急行さん、アドバイスありがとうございます。
今期も予算は計上されているので臨時総会は不要ではと思いますが?

1.理事は、1年前の総会の決議に従い、その総会の会計年度(マンション標準管理規約(単棟型)58条参照)の1年の期間内に、総会で承認された事業計画である駐車場の塗装を実施する権限・義務を負ったものであるが、この権限・義務を尽くさなかった以上、当該総会の決議は失効したものと解される。したがって、次の会計年度に駐車場の塗装を実施するためには、改めて総会の決議を要するものと解される。
2.「理事長は理事会で実施の1年延期を決めているので、再度の総会決議は不要と回答しました」とありますが、理事会にそのように決める権限の法的根拠はないと思われる。

jsmendyさん、アドバイスありがとうございます。
今期も継続で予算は計上されているので臨時総会は不要ではと思いますが?

「今期も継続で予算は計上されている」とのことですが、「継続」とはどういう意味なのでしょうか。また、「予算は計上されている」とのことですが、予算案を計上し、総会の承認を得たのは前回の総会ですか、今回の総会ですか。また、「機械式駐車場の塗装5百万円」の会計区分は、管理費会計、修繕積立金会計、駐車場塗装会計という特別会計のいずれでしょうか(マンション会計の会計区分について、税理士法人フィールズ/監査法人フィールズ編・マンション管理組合の経理実務76頁以下参照)。前回の総会で、機械式駐車場の塗装5百万円を管理費及び修繕積立金とは別に徴収して特別会計とし、次期会計年度に亘って塗装工事を執行するということについて承認の決議がされていれば、今回改めて総会の承認は不要でしょう。

jsmendyさん再度のご回答ありがとうございます。
その総会の会計年度で、総会で承認された事業計画は年度内に終らない場合、前期総会の決議は失効したものとされ、改めて総会の決議を要するとのことですが、年度を跨ぐ可能性のある大規模修繕工事の場合にも、改めて総会で工事継続の決議が必要なのでしょうか?

前回の総会において、事業計画で大規模修繕工事が次年度にわたって行われること、500万円はそのための予算であることが決議されていれば、今年度においても、その予算を使った工事の続行ができるとおもいます。しかし、このような事業計画等についての決議がなく、前回の総会決議に基づいて修繕工事の執行をすべき立場にある理事がこれを懈怠してその総会の会計年度を経過した場合に、前回の総会の決議は失効すると思います。前回の総会時と今回の総会時との間には、組合員の変動もあり(総会の考えに影響する。)、工事費も変動があり(消費税が上がればその分は工事費が上昇する。)等の諸事情の変動もある。もっとも、理事が臨時総会不要として、修繕工事を実行した場合、臨時総会を求めている区分所有者はどのような対応をするか、採りうる法的手段は難しいと思う。

迅速な回答ありがとうございます。
機械式駐車場の塗装5百万円は特別会計ではなく修繕積立金会計ですが、特別会計では無くとも手間暇のかかる臨時総会までは必要無いように思えますので、理事長以下全員臨時総会の開催には否定的です。

追加の質問ですが、もしどうしても臨時総会が必要である場合の、法的な根拠を教えていただけないでしょうか?
またそれを無視した場合でも手続き上の問題だけで組合員も実害は無いので無視しても提訴してくる事はないと思いますが、それ以外で理事会メンバーとしてどの様なリスクがあるのでしょうか?

次回の定期総会で報告すればよいのではないでしょうか?

さくらさん、アドバイスありがとうございます。
今期も予算は計上されているので次の定期総会が報告したいと思います。

以前に同じ様な話がありましたが、その時は臨時総会総会を開催して、承認を得ました。

福井さん、アドバイスありがとうございます。
今期も予算は計上されているので臨時総会は不要ではと思いますが?

1年前の総会で駐車場の塗装を実施する権限を得たものですので、期が変わったら前期総会の決議は失効し、再度総会決議が必要です。

竜巻さん、アドバイスありがとうございます。
今期もそのまま予算は計上されているので臨時総会は不要のように思いますが?

臨時総会するかどうかより1年間放置していることが問題なのでは?

クッシーさん、アドバイスありがとうございます。
確かにそれが問題ですが、それだけ皆が組合活動に興味が無いのだと思います。

「今期も予算は計上されているので臨時総会は不要でよろしいのですね。」

こういう重要情報を書かないで質問すると、とても長いやりとりになりますね!

よって質問者さんには前記の回答をすれば納得されると思います。
予算案の説明は前期でやっているし2回目だから行わなかったのだと思いますが、その解釈で正しいですか?
そうならばこれも説明に追加すれば良いと思います。

回答がありません。