←トップへ戻る

低圧高負荷契約と電子ブレーカー

管理組合の運営

その他

  • マンションタイプ :
    単棟型
  • マンションの戸数 :
    51〜200戸
  • 竣工年 :
    2001年〜

以前「電子ブレーカーの意義について」こちらのサイトで質問をさせていただいた際に、管理(すが さとし)さんから下記のような仕組みをご教示頂きました。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
契約電力が50KWまでのマンションでは動力(三相200ボルト)は低圧動力という契約になります。
電灯コンセント(単相100ボルト)は従量電灯という契約になります。
つまり電気代が二口に分かれて請求されています。
低圧動力は契約電力1KW当たり1200円程度(電力事業者により異なる)の基本料金と電気メーターで計測する電気使用量(KWH)に応じた電力量料金の合計が請求されるのです。
電子ブレーカーは、低圧動力の基本料金を下げる効果があります。
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑

電力契約が「低圧高負荷契約」となっているマンションでも、電子ブレーカーを導入するとその効果が得られるのでしょうか?
そもそも「低圧高負荷契約」と「低圧動力契約」はどのような違いがあるのでしょうか?

そのマンションでは電力契約が3口に分かれていて、検針結果から電力使用量があるのは1口(低圧高負荷契約)のみです。電灯コンセント用の電力もこの契約内で供給されていると推測されます。
電子ブレーカーは低圧動力の基本料金を安くする効果があるというご説明でしたので、電灯も含むこの契約に効果があるのかが知りたいです。

他の2口は電力使用量0kWが毎月続いており基本料金のみ払っている状態ですが、使用量が無くても、それぞれの基本契約を継続させておく必要があるものでしょうか。マンションでは2口に分かれるのが一般的だというご説明から使用量のある1口だけの契約にしたら問題があるのかが知りたいです。

因みにワンフロアが狭く縦に長いペンシルマンションでエレベーターの使用は頻繁です。共用廊下の面積は少なく電灯はLED化しています。

ご教示よろしく御願いします。

みんなの回答

一般的にマンションでは電子ブレーカーは導入しません。
電子ブレーカーは基本料金を下げるため、電力負荷が増大した場合は、電子ブレーカーがトリップ(遮断)し、電力供給が止まり停電します。
マンション共用部で使用電力が多いのはエレベーターと空調ですので、エレベーターが複数台、連続的に使われますと、電子ブレーカーがトリップし停電することにより、エレベーターが途中で止まり、大騒ぎになる可能性もあります。
ですのでトリップ(遮断)の可能性を視野に入れて注意して見極めて下さい。

電子ブレーカーで本当に電気が遮断される事態になっては大変ですね。
相談のマンションはエレベーターは1基で、空調は1階ロビーだけです。空調を増設する日が来たら要注意ですね。
福井さん、ご回答ありがとうございました。

三毛猫様
ご指名でのご質問でしたのに、しばらくサイト訪問をサボってまして、回答が遅れてすみませんでした。
既にワイズオン様が的確なご回答を寄せておられ安心しました。異存ありません。

管理(すが さとし)さん、ご回答ありがとうございます。
「電子ブレーカーとは」を皆様と共有した上で質問したいと思い、過去のご回答文を流用させていただきました。出典を明らかにするためにお名前も書かせていただいたもので、失礼いたしました。
無料のQ&Aサイトで回答者を「指名」出来るとは思っていませんでしたが…ちょっと回答を期待していたのは事実です。(笑)

電子ブレーカーについてお聞きになられているので直接の回答にはならないのですが、目的は電気料金の節約ですよね?
でしたら、新電力を活用を検討する方法もあると思います。
電灯、低圧動力、いずれも業者は容易に見つかると思います。
導入に際しメーター交換が必要となる可能性はありますが、
その場合も先方(厳密には地域送配電会社)持ちで先方の資産、マンション資産とは無関係です。

例えば(推薦しているわけではありません)、
https://pps-net.org/business

みたいなところをあたってみるということです。

管理会社に毟られっ放しさん、情報をありがとうございます。
参考サイト、拝見しました。このような新電力の比較が一覧できるところがあるのですね。
問題解決方法の選択肢を増やすために活用させて頂きます。

電力は2016年4月より低圧も含め完全に自由化されました。残念ながら、マンション関係ではあまり意識されないことが多いのですが。
各戸については業者がいくつかのプランを提示して、これを選ぶ形で契約できます。切り替えには全く費用が掛からない事が多いです。
メータはスマートメータでない場合スマートメータに交換する必要がある場合が多いのですが、これは地域の電力会社の送配電部門が無償で行います。

一方マンションの共用部ですが、ほとんど既成のプランは用意されていません。
ですから導入しようとした場合、相手から条件をもらい、それで承諾するかどうかで決まります。スマートメータへの切り替えは必要であっても各戸プラン同様まず間違いなく無料です。
従って重要なことは、
・できるだけ多くの業者をあたる(見積もりサイトに電話すればいいと思います)
・縛り期間は1年以下が無難

あたりですね。
マンションの場合、共用部は法人として対応しているところが多いですから、電話で伝えるといいと思います。
実際には法人化していなくても法人対応窓口で対応してくれるところが多いです。

尚、購入先が変わっても、接続している先は地域の送配電会社であり、電力品質や供給については従前の地域電力会社と全く同じです。
これより優ることも無ければ劣ることもありません。

電子ブレーカーは、投資と回収という形になり、個人的には自由化以降は相対的に手軽さに欠ける節約法に見えます。

「低圧高負荷契約」をやめて動力の契約容量の調査と従量電灯と低圧動力に戻すとどうなるか検討したほうがいいかもしれません。管理会社によっては電力の事はわからないところがあるので業者に頼むことになるかもですが。

これまで何回も管理会社を変更しており、電力供給事情も過去とは変化がある昨今なので、現在の契約を温存することの妥当性も検証する必要がありそうですね。
クッシーさん、ご回答ありがとうございました。

いつも「みんなの管理組合.com」をご利用いただき、ありがとうございます。
「みんなの管理組合.com」では、組合員登録をしていただくことでアドバイザーの回答をご覧いただくことができます。
組合員登録は、どなたでも無料でできます。
ヘッダーにある「新規組合登録」ボタンからご登録ください。
引き続き、「みんなの管理組合.com」をお楽しみください。

アドバイザーの回答を見るためには、組合員登録をしてください。

組合員登録は こちら から無料で行えます。

株式会社ワイズオンさん様、ご回答ありがとうございます。
3口の契約の領収書で「ご契約」部分にはこのように書かれています。

低圧高負荷 46kW
低圧電力  5kW
従量電灯B 20A

「動力部分の契約容量」と言いますと上の2つでしょうか?下の2つの契約は使用量が常に0kWです。上の1つに使用量が纏められているのかも知れません。
なぜ3口の契約になっているのか?不要な契約は整理するのが合理的ですが、低圧高負荷契約をするための土台として必要なのでしょうか。

三毛猫さん 様
ご質問ありがとうございます。
低圧高負荷契約 46Kwhの内訳が、電灯●●Kwh、動力●●kwhに分かれておりますので、ご確認ください。
東京電力に電話で問い合わせるのが早いと思います。
使用量0の契約対象は、非常灯や非常用バッテリーなどの契約分だと思います。

ワイズオン様
東電に問い合わせます。お陰様で低圧高負荷がどのような契約かわかりました。
丁寧なご回答をありがとうございました。

先日はアドバイスありがとうございました。
その後 低圧高負荷契約「内訳」がわかりました。
従量電灯C 30Kw
負荷設備契約 16Kw
以上よろしくお願いします。

三毛猫さん さま
ご確認ありがとうございます。
連休明けに、当方よりご連絡申し上げます。
少々お待ちください。

いつも「みんなの管理組合.com」をご利用いただき、ありがとうございます。
「みんなの管理組合.com」では、組合員登録をしていただくことでアドバイザーの回答をご覧いただくことができます。
組合員登録は、どなたでも無料でできます。
ヘッダーにある「新規組合登録」ボタンからご登録ください。
引き続き、「みんなの管理組合.com」をお楽しみください。

アドバイザーの回答を見るためには、組合員登録をしてください。

組合員登録は こちら から無料で行えます。

株式会社ワイズオンさん様、ご回答ありがとうございます。
3口の契約の領収書で「ご契約」部分にはこのように書かれています。

低圧高負荷 46kW
低圧電力  5kW
従量電灯B 20A

「動力部分の契約容量」と言いますと上の2つでしょうか?下の2つの契約は使用量が常に0kWです。上の1つに使用量が纏められているのかも知れません。
なぜ3口の契約になっているのか?不要な契約は整理するのが合理的ですが、低圧高負荷契約をするための土台として必要なのでしょうか。

三毛猫さん 様
ご質問ありがとうございます。
低圧高負荷契約 46Kwhの内訳が、電灯●●Kwh、動力●●kwhに分かれておりますので、ご確認ください。
東京電力に電話で問い合わせるのが早いと思います。
使用量0の契約対象は、非常灯や非常用バッテリーなどの契約分だと思います。

ワイズオン様
東電に問い合わせます。お陰様で低圧高負荷がどのような契約かわかりました。
丁寧なご回答をありがとうございました。

先日はアドバイスありがとうございました。
その後 低圧高負荷契約「内訳」がわかりました。
従量電灯C 30Kw
負荷設備契約 16Kw
以上よろしくお願いします。

三毛猫さん さま
ご確認ありがとうございます。
連休明けに、当方よりご連絡申し上げます。
少々お待ちください。

一般的にマンションでは電子ブレーカーは導入しません。
電子ブレーカーは基本料金を下げるため、電力負荷が増大した場合は、電子ブレーカーがトリップ(遮断)し、電力供給が止まり停電します。
マンション共用部で使用電力が多いのはエレベーターと空調ですので、エレベーターが複数台、連続的に使われますと、電子ブレーカーがトリップし停電することにより、エレベーターが途中で止まり、大騒ぎになる可能性もあります。
ですのでトリップ(遮断)の可能性を視野に入れて注意して見極めて下さい。

電子ブレーカーで本当に電気が遮断される事態になっては大変ですね。
相談のマンションはエレベーターは1基で、空調は1階ロビーだけです。空調を増設する日が来たら要注意ですね。
福井さん、ご回答ありがとうございました。

「低圧高負荷契約」をやめて動力の契約容量の調査と従量電灯と低圧動力に戻すとどうなるか検討したほうがいいかもしれません。管理会社によっては電力の事はわからないところがあるので業者に頼むことになるかもですが。

これまで何回も管理会社を変更しており、電力供給事情も過去とは変化がある昨今なので、現在の契約を温存することの妥当性も検証する必要がありそうですね。
クッシーさん、ご回答ありがとうございました。

電子ブレーカーについてお聞きになられているので直接の回答にはならないのですが、目的は電気料金の節約ですよね?
でしたら、新電力を活用を検討する方法もあると思います。
電灯、低圧動力、いずれも業者は容易に見つかると思います。
導入に際しメーター交換が必要となる可能性はありますが、
その場合も先方(厳密には地域送配電会社)持ちで先方の資産、マンション資産とは無関係です。

例えば(推薦しているわけではありません)、
https://pps-net.org/business

みたいなところをあたってみるということです。

管理会社に毟られっ放しさん、情報をありがとうございます。
参考サイト、拝見しました。このような新電力の比較が一覧できるところがあるのですね。
問題解決方法の選択肢を増やすために活用させて頂きます。

電力は2016年4月より低圧も含め完全に自由化されました。残念ながら、マンション関係ではあまり意識されないことが多いのですが。
各戸については業者がいくつかのプランを提示して、これを選ぶ形で契約できます。切り替えには全く費用が掛からない事が多いです。
メータはスマートメータでない場合スマートメータに交換する必要がある場合が多いのですが、これは地域の電力会社の送配電部門が無償で行います。

一方マンションの共用部ですが、ほとんど既成のプランは用意されていません。
ですから導入しようとした場合、相手から条件をもらい、それで承諾するかどうかで決まります。スマートメータへの切り替えは必要であっても各戸プラン同様まず間違いなく無料です。
従って重要なことは、
・できるだけ多くの業者をあたる(見積もりサイトに電話すればいいと思います)
・縛り期間は1年以下が無難

あたりですね。
マンションの場合、共用部は法人として対応しているところが多いですから、電話で伝えるといいと思います。
実際には法人化していなくても法人対応窓口で対応してくれるところが多いです。

尚、購入先が変わっても、接続している先は地域の送配電会社であり、電力品質や供給については従前の地域電力会社と全く同じです。
これより優ることも無ければ劣ることもありません。

電子ブレーカーは、投資と回収という形になり、個人的には自由化以降は相対的に手軽さに欠ける節約法に見えます。

三毛猫様
ご指名でのご質問でしたのに、しばらくサイト訪問をサボってまして、回答が遅れてすみませんでした。
既にワイズオン様が的確なご回答を寄せておられ安心しました。異存ありません。

管理(すが さとし)さん、ご回答ありがとうございます。
「電子ブレーカーとは」を皆様と共有した上で質問したいと思い、過去のご回答文を流用させていただきました。出典を明らかにするためにお名前も書かせていただいたもので、失礼いたしました。
無料のQ&Aサイトで回答者を「指名」出来るとは思っていませんでしたが…ちょっと回答を期待していたのは事実です。(笑)

いつも「みんなの管理組合.com」をご利用いただき、ありがとうございます。
「みんなの管理組合.com」では、組合員登録をしていただくことでアドバイザーの回答をご覧いただくことができます。
組合員登録は、どなたでも無料でできます。
ヘッダーにある「新規組合登録」ボタンからご登録ください。
引き続き、「みんなの管理組合.com」をお楽しみください。

アドバイザーの回答を見るためには、組合員登録をしてください。

組合員登録は こちら から無料で行えます。

株式会社ワイズオンさん様、ご回答ありがとうございます。
3口の契約の領収書で「ご契約」部分にはこのように書かれています。

低圧高負荷 46kW
低圧電力  5kW
従量電灯B 20A

「動力部分の契約容量」と言いますと上の2つでしょうか?下の2つの契約は使用量が常に0kWです。上の1つに使用量が纏められているのかも知れません。
なぜ3口の契約になっているのか?不要な契約は整理するのが合理的ですが、低圧高負荷契約をするための土台として必要なのでしょうか。

三毛猫さん 様
ご質問ありがとうございます。
低圧高負荷契約 46Kwhの内訳が、電灯●●Kwh、動力●●kwhに分かれておりますので、ご確認ください。
東京電力に電話で問い合わせるのが早いと思います。
使用量0の契約対象は、非常灯や非常用バッテリーなどの契約分だと思います。

ワイズオン様
東電に問い合わせます。お陰様で低圧高負荷がどのような契約かわかりました。
丁寧なご回答をありがとうございました。

先日はアドバイスありがとうございました。
その後 低圧高負荷契約「内訳」がわかりました。
従量電灯C 30Kw
負荷設備契約 16Kw
以上よろしくお願いします。

三毛猫さん さま
ご確認ありがとうございます。
連休明けに、当方よりご連絡申し上げます。
少々お待ちください。