←トップへ戻る

総会決議の機械式駐車場更新工事が中止

大規模修繕工事

大規模修繕工事

  • マンションタイプ :
    単棟型
  • マンションの戸数 :
    201〜500戸
  • 竣工年 :
    2001年〜

以前に機械式駐車場のハイルーフ化更新工事は特別決議か否かで質問させて頂き、皆さまのご意見で万全を記して特別決議で決議して承認されました。
早速実施しようと最安に業者に発注しようとしたところ、新理事長から20年を経過しない機械式駐車場の更新はあり得ないとの指摘があり、理事会でハイルーフ化更新の中止と、1/3以下の費用でのオーバーホールの実施が提案され、8対7の僅差でハイルーフ化の中止とオーバーホールの実施が決定されました。
ただハイルーフ化からオーバーホールへの変更は総会決議違反と思われることから、臨時総会での決議が必要と強く主張しましたが、理事長は予算内での機械式駐車場関係の変更なので臨時総会は不要としてオーバーホール工事を発注しようとしています。
私を含めハイルーフ化に賛成した住民には納得いかない展開ですが、これをどのように阻止すればよいのでしょうか?
ただマンションの住民の大半は無関心ですので、1/5以上で臨時総会を開催するのは難しいと思われます。

みんなの回答

理事長の横暴にお困りのようですね。

総会決議で決議されたものであっても状況が大きく変われば実施の中止は可能です。
しかしながら決議された事案を中止する場合は、総会を開催し実施の中止の承認を受けなければなりません。

さらに、機械式駐車場をオーバーホールする場合にも修繕積立金を使いますことから、やはり総会で実施の承認をとる必要があります。

このようにいずれにしても総会の開催は必須ですので、理事会として臨時総会の開催を決議し、臨時総会で最終結論を出しましょう。

確かに総会で決議されても執行する理事会が実施を否決されたら実施することは出来ず、来季まで執行できないのであればハイルーフ化の総会決議は無効となります。

それとペンキ塗装工事は保守作業なので理事会決議で実施出来ますので問題ありません。

確かに予算の執行を停止するまでは理事会でできると思いますが、
目的も仕様も違う工事に予算を振替えて実行することには問題があると思います。
阻止したいとしても、
・臨時総会
・理事会
・説得

がダメなら、あとは訴訟しかないでしょうね。
残念ですがこれが現実です。また訴訟を起こしても勝てるとは限りません。

管理会社に****さん、ご返答有難うございます。
やはり理事長の権限は絶対的ですので、総会開催を要請していきたいと思います。

このような基本的な事項は管理会社がアドバイスしてくれる筈です。
理事長も管理会社からの話なら納得すると思います。

竜巻さん、ご返答有難うございます。
管理会社はノータッチで動いて貰えません。

ハイルーフ化中止というのは理事会の判断でしょうか?
総会の、まして特別決議で可決されたことに対して、理事会が実行しないということはないでしょう。
メンテナンスであるオーバーホールと更改であるハイルーフ化とは別問題ですので
総会でハイルーフ化を決議したのでしたら、理事会で中止との決議はできません。
総会での決議を無効とするのでしたら、再び総会の決議が必要になります。

たんなる機械式駐車場関係の変更ではなく、更改について特別決議で承認された事項ですのでメンテナンスのこととは別の問題になります。

ハイルーフ化とオーバーホールを一緒に考えることが間違いです。
総会決議は有効ではないでしょうか。
5分の1でとの前に、その必要もなく、先に総会で決議されたことが有効となり
それを変更するのでしたら、新たに総会にかけなければいけないと思います。

美夕さん、ご返答有難うございます。
総会開催するよう理事会で承認を得たいと思います。

総会決議は、絶対ではなく事情の変更があれば実施中止または変更は可能です。しかし中止または変更する場合は、何故中止または変更するのか、総会で理由を説明し承認を受けなければなりません。
阻止出きるか否かは、総会の結果次第です。今回のケースでは、総会決議が必要です。総会において、何故機械式駐車場の更新を中止するのか理由を説明したうえで承認を取り、さらに、オーバーホールする事への承認をとる必要があります。その結果、否決なら駐車場更新実施になり、承認ならオーバーホールとなります。
駐車場ハイルーフ更新からオーバーホールへの変更を阻止したいとのことですが、マンション総会決議の結果次第です。まずは、理事会内で総会開催の必要性を訴え説得するしかないと思います。
尚、20年以内の駐車場更新不要との現理事長の主張も一理あります

Okさん、ご返答有難うございます。
総会開催の了解を得たいと思います。

確かに予算の執行を停止するまでは理事会でできると思いますが、
目的も仕様も違う工事に予算を振替えて実行することには問題があると思います。
阻止したいとしても、
・臨時総会
・理事会
・説得

がダメなら、あとは訴訟しかないでしょうね。
残念ですがこれが現実です。また訴訟を起こしても勝てるとは限りません。

管理会社に****さん、ご返答有難うございます。
やはり理事長の権限は絶対的ですので、総会開催を要請していきたいと思います。

ハイルーフ化中止というのは理事会の判断でしょうか?
総会の、まして特別決議で可決されたことに対して、理事会が実行しないということはないでしょう。
メンテナンスであるオーバーホールと更改であるハイルーフ化とは別問題ですので
総会でハイルーフ化を決議したのでしたら、理事会で中止との決議はできません。
総会での決議を無効とするのでしたら、再び総会の決議が必要になります。

たんなる機械式駐車場関係の変更ではなく、更改について特別決議で承認された事項ですのでメンテナンスのこととは別の問題になります。

ハイルーフ化とオーバーホールを一緒に考えることが間違いです。
総会決議は有効ではないでしょうか。
5分の1でとの前に、その必要もなく、先に総会で決議されたことが有効となり
それを変更するのでしたら、新たに総会にかけなければいけないと思います。

美夕さん、ご返答有難うございます。
総会開催するよう理事会で承認を得たいと思います。

総会決議は、絶対ではなく事情の変更があれば実施中止または変更は可能です。しかし中止または変更する場合は、何故中止または変更するのか、総会で理由を説明し承認を受けなければなりません。
阻止出きるか否かは、総会の結果次第です。今回のケースでは、総会決議が必要です。総会において、何故機械式駐車場の更新を中止するのか理由を説明したうえで承認を取り、さらに、オーバーホールする事への承認をとる必要があります。その結果、否決なら駐車場更新実施になり、承認ならオーバーホールとなります。
駐車場ハイルーフ更新からオーバーホールへの変更を阻止したいとのことですが、マンション総会決議の結果次第です。まずは、理事会内で総会開催の必要性を訴え説得するしかないと思います。
尚、20年以内の駐車場更新不要との現理事長の主張も一理あります

Okさん、ご返答有難うございます。
総会開催の了解を得たいと思います。

このような基本的な事項は管理会社がアドバイスしてくれる筈です。
理事長も管理会社からの話なら納得すると思います。

竜巻さん、ご返答有難うございます。
管理会社はノータッチで動いて貰えません。

確かに総会で決議されても執行する理事会が実施を否決されたら実施することは出来ず、来季まで執行できないのであればハイルーフ化の総会決議は無効となります。

それとペンキ塗装工事は保守作業なので理事会決議で実施出来ますので問題ありません。

理事長の横暴にお困りのようですね。

総会決議で決議されたものであっても状況が大きく変われば実施の中止は可能です。
しかしながら決議された事案を中止する場合は、総会を開催し実施の中止の承認を受けなければなりません。

さらに、機械式駐車場をオーバーホールする場合にも修繕積立金を使いますことから、やはり総会で実施の承認をとる必要があります。

このようにいずれにしても総会の開催は必須ですので、理事会として臨時総会の開催を決議し、臨時総会で最終結論を出しましょう。

回答がありません。