←トップへ戻る

管理組合と管理会社業界では旧態依然「キャシュレス・ペーパーレス・理事会レス」へ

管理組合の運営

  • マンションタイプ :
    単棟型
  • マンションの戸数 :
    201〜500戸
  • 竣工年 :
    〜1981年

本日消費税10%へ実行。政府は、国民の理解を得ると共に、経済への影響を考慮して、「キャシュレス」体制を組んで実効性を高めました。「キャシュレス」化は元より、PayPay、Suicaの【電子マネー】、【クレジットカード】、【デビットカード】と実用化し、国民老若男女全てがスマフォを持ちキャッシュレス環境は整っている。またパソコンも浸透、インターネットと共にメールやラインSNS等でのコミュニケ―ションが普及をしており「ペーパーレス」の環境も整っています。
そうした状況下での我が管理組合では、
①光ファイバーネットとパソコン所有インフラが整っているが、管理組合は組合員間のメールやラインを禁止、ホームページも管理書類の電子化も無い。その上全てで現金扱いだから不正への懸念と共に、コミュニティーは醸成が削がれている。
②、総会の議案書や各議事録と諸々の通知も掲示板や書類にて配布です。これらの書類の印刷の費用や手間暇は大変です。(当方の組合員数は275)加えて理事会での資料(窓口管理員報告5~8頁)、管理会からの会計報告なども全て紙で提供されます。こんな提供では誰も見もしません。今や管理組合向けの「情報共有のITによるマンション管理システム」は充分に整っています。
③、管理組合の運営では、役員(理事理事長)は輪番の素人。仕方がなくなるから(無知無関心無責任無気力)理事会はサイレント。そのリーダーも素人だから前例に従う形骸化であり全くに機能せず。だから何事も管理会社へ相談するしかない、だが管理会社のサポートは、素人で時給雇用の管理員では役不足、フロントマンも管理組合の掛け持ち(15)だから不可能で有る。
マンションの管理の適正化の推進に関する法律が出来てその主旨は、「マンションの外部専門家による運営」です。その為に「マンション管理士」を作りましたが、未だに外部管理化は極小が実態です。
素人による管理組合の運営はそもそも機能するはずも無いのだから、「理事会レス」方向は必至の現実がある。
こうした現実とともに社会の仕組みや制度が整っていてニーズ(必要性)が有る現実に、私の知る限りではそうした機運が聞こえません。
提言と共に、皆さん方のこうした現実での忌憚ないご意見を望む、なお最早実施済みまたは進行中というご意見も伺いたし・・・宜しく。

みんなの回答

理事会レスということは、管理者方式をとるということと同じです。現在、管理者方式を採っているのは、主にリゾートマンションとワンルームマンションです。管理を他人任せにするということですね。
賃貸マンションに住むのと同じですね。管理者がまともであることを祈ります。

ペーパーレス・キャッシュレスについてはasaka50さんに同意です。

外部管理が一般化しないのがけしからん、という趣旨だとお見受けしましたが、
そもそも「ニーズ(必要性)が有る」という前提が誤っているのではないでしょうか。
ないんですよ、たぶん。
大多数の人は、少々お金払っても自分の手を動かさないでいられる方がいいと思っている。
だからニーズなんて形成されない。それだけのことでは。

だいたい外部管理というなら、管理会社に頼むのだって外部管理です。
管理会社ではダメでマンション管理士なら問題が起こらないはずだというのも
私には根拠がよくわかりません。
結局のところ「誰かにやらせよう」という発想でいるうちは
状況は何も変わらないと思います。

まず質問の「文字数レス」に取り組んでみたらどうでしょうか?

一体何を議論したいのか判りません。

①光ファイバーネットとパソコン所有インフラが整っているが、管理組合は組合員間のメールやラインを禁止、ホームページも管理書類の電子化も無い。その上全てで現金扱いだから不正への懸念と共に、コミュニティーは醸成が削がれている。 →管理組合が禁止?個人の権利では?現金でやりとりしていません。インフラと関係ないのでは? 役員間の連絡は、メール・ラインでしています。
②、総会の議案書や各議事録と諸々の通知も掲示板や書類にて配布です。これらの書類の印刷の費用や手間暇は大変です。(当方の組合員数は275)加えて理事会での資料(窓口管理員報告5~8頁)、管理会からの会計報告なども全て紙で提供されます。こんな提供では誰も見もしません。今や管理組合向けの「情報共有のITによるマンション管理システム」は充分に整っています。 →アクセス制限をかけた、マンションのホームページ、管理会社は作ってくれません。ただ、機器とか知識の不足の方は、ペーパーも必要。
③、管理組合の運営では、役員(理事理事長)は輪番の素人。仕方がなくなるから(無知無関心無責任無気力)理事会はサイレント。→気合を入れて、理事になるしかありません。当方も立候補で2年理事長、今年は理事です。財産なのに、無関心ですね! ただし、総会での発言は(みんなの前での発言は経験の無い方は大変みたいです) 目安箱(理事長宛)とかで常時意見募集しています。

素人による管理組合の運営が上手く機能していないから、このサイトに沢山の質問が来るのです。

「キャシュレス・ペーパーレス」と「理事会レス」は全く次元が違う話ではないでしょうか?

「キャシュレス・ペーパーレス」は情報化社会に進む中の必然ですが、「理事会レス」は民主主義国家で「議会レス」を主張するようなものだと思います。


「キャシュレス・ペーパーレス」と「理事会レス」は全く次元が違う話ではないでしょうか?

「キャシュレス・ペーパーレス」は情報化社会に進む中の必然ですが、「理事会レス」は民主主義国家で「議会レス」を主張するようなものだと思います。


一体何を議論したいのか判りません。

まず質問の「文字数レス」に取り組んでみたらどうでしょうか?

素人による管理組合の運営が上手く機能していないから、このサイトに沢山の質問が来るのです。

ペーパーレス・キャッシュレスについてはasaka50さんに同意です。

外部管理が一般化しないのがけしからん、という趣旨だとお見受けしましたが、
そもそも「ニーズ(必要性)が有る」という前提が誤っているのではないでしょうか。
ないんですよ、たぶん。
大多数の人は、少々お金払っても自分の手を動かさないでいられる方がいいと思っている。
だからニーズなんて形成されない。それだけのことでは。

だいたい外部管理というなら、管理会社に頼むのだって外部管理です。
管理会社ではダメでマンション管理士なら問題が起こらないはずだというのも
私には根拠がよくわかりません。
結局のところ「誰かにやらせよう」という発想でいるうちは
状況は何も変わらないと思います。

①光ファイバーネットとパソコン所有インフラが整っているが、管理組合は組合員間のメールやラインを禁止、ホームページも管理書類の電子化も無い。その上全てで現金扱いだから不正への懸念と共に、コミュニティーは醸成が削がれている。 →管理組合が禁止?個人の権利では?現金でやりとりしていません。インフラと関係ないのでは? 役員間の連絡は、メール・ラインでしています。
②、総会の議案書や各議事録と諸々の通知も掲示板や書類にて配布です。これらの書類の印刷の費用や手間暇は大変です。(当方の組合員数は275)加えて理事会での資料(窓口管理員報告5~8頁)、管理会からの会計報告なども全て紙で提供されます。こんな提供では誰も見もしません。今や管理組合向けの「情報共有のITによるマンション管理システム」は充分に整っています。 →アクセス制限をかけた、マンションのホームページ、管理会社は作ってくれません。ただ、機器とか知識の不足の方は、ペーパーも必要。
③、管理組合の運営では、役員(理事理事長)は輪番の素人。仕方がなくなるから(無知無関心無責任無気力)理事会はサイレント。→気合を入れて、理事になるしかありません。当方も立候補で2年理事長、今年は理事です。財産なのに、無関心ですね! ただし、総会での発言は(みんなの前での発言は経験の無い方は大変みたいです) 目安箱(理事長宛)とかで常時意見募集しています。

理事会レスということは、管理者方式をとるということと同じです。現在、管理者方式を採っているのは、主にリゾートマンションとワンルームマンションです。管理を他人任せにするということですね。
賃貸マンションに住むのと同じですね。管理者がまともであることを祈ります。

回答がありません。