←トップへ戻る

共用部植栽の伐採

建物の維持管理

  • マンションタイプ :
    単棟型
  • マンションの戸数 :
    51〜200戸
  • 竣工年 :
    〜2000年

先日 剪定工事が行われたのですが、気付いてみると、新たに4本の樹木が無残に伐採されました。
以前にも、数本伐採されているのですが、
我慢してきました。
全て我が家から見下ろす場所にあり、私は
その景観に大変愛着を持っていました。
なんの断りも、事前通告もなく伐採されたので、
復旧を要請したいです。

現在の理事長は、傲慢な活動んする人なので、
個別に解決は期待できないでしょうし、
住民に同意を求めてめも、当該樹木の景観に
関係するのは数軒のみです。

泣き寝入りするしかないのでしょうか?
私は、復旧同等の話し合いができなければ、
民事調停を申し立てたいです。

また組合員が、組合を提訴することは
できないのでしょうか?
この理事長には、多くの問題があるので、
きちんと意思表示をしたいです。

Medium image

みんなの回答

伐採の理由を尋ねてみてはいかがでしょうか? 樹木を大切にする業者であれば、まずは、如何に生かすかを考えます。伐採は最終手段です。まさか、理事長が伐採とは言わないと思いますが。景観は個人の主観ですので、それで、伐採は無いと思います。

オレンジさんは、以前にも同じ質問をしていませんか? 
樹木へのこだわりが非常に強く常識を逸しています。 その理由はこれらです。

1.民事調停を申し立てたいです。

>>庭の手入れで調停や訴訟までするのは異常行動です。 実は他の方法をここで探ってるのではありませんか?

>>共用部の裏庭がすっきりして良いとの意見が実際は多数かも知れませんが、他の組合員は法的対応に同意してますか?

>>私なら反対意見が貴方一人だけなら、そのまま進めます。 

>>写真ではとても綺麗な庭で、良い仕事をする業者さんのようです。 
これは美的感覚というか「樹木愛」?の違いであり、「御神木」でもない限り法的手段に訴えるような問題ではありません。 
青が好きか赤が好きかと同レベルです。 

>>剪定作業は年間契約で定期的に実施している作業です。 よって総会で予算承認されており、特に定めていなければ詳細は理事会一任(実際は業者任せ) 
これがそちらのマンションの黙示的な共通理解であり、その前提で予算も承認されてると思いまよ。 

剪定方法を総会で決めるべきなども、聞いたことがありません。  

お勧めしたいことは;

1.剪定作業は毎年行われるので、総会で自己主張を述べてみる。

2.樹木が法的手段に訴えたいくらい大事なら、2階に住む事を強くお勧めします。 
自宅から見える範囲が木々だけになり森に囲まれた印象になりますよ。 借景です。

これを狙って転居しても2階に住む知人が実際におりました。 

同じ質問はしていません。
他の人からアドバイスを頂いた通り
一般に樹木は共有財産なので、その
伐採は緊急時或いは管理上仕方がない
以外は、総会決議のはずです。

愛の問題ではなく、気に入っていた
景色を断りもなく破壊するのは
横暴だと考えるので修復したい。
けれどそれは現実的に無理…
後から総会にかけても通るでしょう。
元来 樹木の伐採は用途の変更に区分されるので、それに関わる住民への説明や同意を
求める努力義務は管理規約にもうたわれています。

とはいえ、管理規約の違反を個人の提訴は
できないらしいので、どうすべきか
質問したつもりです。

追伸
木が好きなら二階に引っ越すアドバイスなど
おおきなお世話と思いますが…

理事会、理事長は、樹木の伐採は樹木の剪定の一部との位置付けで、安直に根を残して伐採したのしょう。
上記の考えであれば理事会決議で実施しても何ら問題がありません。

はい、そう想います。
管理組合として何ら問題ないか否かは、
樹木として、樹形が成立していなければ、
理屈は通らないのが普通では?
民事裁判では、根があれば是なんて
ケースもあるかもしれませんが…

理事会の不法行為を理由に、原状回復請求や損害賠償請求での提訴との話もあるかとは思いますが、1組合員がそれを理由に提訴するのは、原告不適格で裁判所から門前払いを受けると思います。
(ただ、伐採行為が本来総会議案で有ることを理由とした総会開催請求であれば、提訴でき臨時総会を開催できる可能性は有るとは思いますが、多分臨時総会では伐採議案が可決されるでしょう。)

ただ、専門家である弁護士先生に相談され、原状回復請求を理由とした提訴でも原告不適格にならないとの確約を得られるので有れば、その弁護士先生にお願いして提訴して貰えば良いと思います。
(もし原告不適格で門前払いを受けたら弁護士費用は弁護士持ちにするという特約を付けましょう。)

ありがとうこざいます。
私も門前払いの件は、昨夜学びました。
損害賠償は難しいと思っていますし、
現状残っている大きな根を抜くには、
相当な費用もかかるので、住民決議も
期待できません。
マンション管理組合というのは昔の
部落社会か…とビックリです。
個人の権利は保証される手段が無いの
ですから…
戸建住宅なら隣家のはみ出した枝を
切っても訴訟可能なのに。

最悪は、弁護士さんに相談または、
民事調停に持ち込めればと思います。
時間と費用が掛かっても、今の時代に
こんなことは放置できない…と
考えてしまいます。
時間が解決してしまうかもしれませんが、
このまま首謀者と同じ場所に住み続けるのも
辛いです。

追伸
個人の権利と記載したことで誤解を招くと
いけないので、追記します。
写真の景観を共有している家は、
1割程度なのに対して、理事長から
維持にコストがかかるから雑木林は
伐採しようと言われれば、多数決で
間違いなく勝てない。
そうゆうことを護ってくれる仕組みは無く、
自分で解決するしかない。

樹木の剪定は理事会決議で可能ですが、樹木の伐採は共用部分の変更に当たり総会決議が必要と思われます。理事会、理事長に何故、総会に無断で伐採したのか問いただすべきです。その上で場合によっては原状回復請求を行うべきと思います。理事長の不法行為が明確になった場合は損害賠償請求できると思います。

回答ありがとうございます。
私は、バルコニーから外を見下ろす度に
傷ましくて仕方がありません。
皆さんの言う通り、あの切り方なので一層です…
やはり、理事会には回復請求してみます。
例え現実的でなくとも、今後の為にも
抑制しなければならないと考えます。

復旧を要求する前に伐採した理由を尋ねてみてはいかがでしょうか。
理事長の好みだけということではないと思います。
植栽費用は年間で予算が決められているでしょうし、伐採するのでしたらいつも以上の費用が掛かります。
それに、写真を見ると植栽自体が計画性がないように感じました。
植えられている木の種類もまちまちですし、刈り方もバラバラ。
施工当初からですか?
伐採した高さも変です。
普通は根本付近を切るのではないでしょうか。
根まで撤去するのは大掛かりなことになってしまいますから、根は残すことも多いです。
中途半端に高さを残してあるということは、ここを通る方が多く、根本付近を切ると切り株につまずいてしまう恐れがあるからなのでしょうか。
理由を聞いてみることから始められてはいかがでしょうか。

回答ありがとうございました。
昨夜気が付いた際、ありがとうあまりに
唐突なので理事会宛に復旧要請の
手紙をポストに投函済みです。

写真の一体は、マンションから見ると
裏手の誰も通行しない雑木林でした。
気付かないうちに、4本の他に
三本伐採されています。
全て現在の理事長が再任する度に伐採されてきました。
皆さんが仰るように、今回ね切り方は、
あんまりなので、もう見過ごせない気持ちです。
雑木林も以前と違ってスカスカになり、
私の気に入っていた景色と全く変わって
しまいました。
以前は紅葉する木もあり、秋も楽しめました。
ツバキもあり、花を咲かせました。

表側の低木も、ツツジが綺麗に咲いたの
ですが、今は花が咲かない木に
植替えられました。

この理事長が以前より
植栽は管理費がかかるから、
こんな裏手の雑木林は、全部伐採したい
ようなことを発言しています。

全般の傾向は、落葉樹や花が咲く木を
撤去しているのです。

当方も同様の経験がありますが、最終的には理事長の趣味の問題ですので、当方が理事長に立候補して理事長として当方のイメージ通りに植栽を復旧しました。
その際にはグランドカバーとして芝やイワダレソウなども新たに植えました。

>気付いてみると、新たに4本の樹木が無残に伐採されました。
⇨根っこからではなく、幹の途中から中途半端に切られ、景観上の問題もあると思います。
→根っこから綺麗に撤去してもらい、その際に新しい樹木を植える様要請されたら如何でしょうか。

>復旧同等の話し合いができなければ民事調停を申し立てたいです。 また組合員が、組合を提訴することは できないのでしょうか?
⇨管理組合として理事会の承認のもと実施されたと思われますので、民事調停、提訴等は難しいと思われます。
→オレンジさんご自身が理事会の役員に立候補され、理事長もしくは植栽担当理事として活動されれば、樹木を復旧することは可能だと思います。

それと写真を拝見させていただくと、オレンジさんの庭は南向きで日当たりが良いようですので、新たにツツジを植えたり、グランドカバーとして芝やイワダレソウなども植えると庭に潤いが出ると思います。

ご丁寧に回答頂きありがとうございます。
1点気になったのですが、共用部の植栽は、
マンションの財産と考えられるので、
理事会の承認ではなく、住民集会で
改修工事と同じ扱いの決議がなされる
べきと認識しています。

植栽の場合、個人間で思いいれが
異なるので、こうゆい事がしばしば
起こるのでしょうが、その景観め
含めてマンションを購入しているので、
復旧の検討…をするべきではないので
しょうか?

実は、以前に自宅ね出窓から見下ろせる
中庭状のスペースね樹木も二本伐採され、
我慢していました。

オレンジさんの言われる通りだと思います。

>共用部の植栽は、マンションの財産と考えられるので、 理事会の承認ではなく、住民集会で改修工事と同じ扱いの決議がなされるべきと認識しています。
⇨厳密には総会決議事項だとは思いますが、理事会としては数本の木の伐採は植栽保守活動の一部であると言い逃れすると思います。

>植栽の場合、個人間で思いいれが異なるので、こうゆい事がしばしば起こるのでしょうが、その景観を含めてマンションを購入しているので、復旧の検討…をするべきではないのでしょうか?
⇨その通りだと思いますが今の理事会では復旧はやらないでしょう。復旧するためにはオレンジさんご自身が理事会役員になり、オレンジさんが中心となり修復計画を総会に提案するしかないと思います。

復旧を要求する前に伐採した理由を尋ねてみてはいかがでしょうか。
理事長の好みだけということではないと思います。
植栽費用は年間で予算が決められているでしょうし、伐採するのでしたらいつも以上の費用が掛かります。
それに、写真を見ると植栽自体が計画性がないように感じました。
植えられている木の種類もまちまちですし、刈り方もバラバラ。
施工当初からですか?
伐採した高さも変です。
普通は根本付近を切るのではないでしょうか。
根まで撤去するのは大掛かりなことになってしまいますから、根は残すことも多いです。
中途半端に高さを残してあるということは、ここを通る方が多く、根本付近を切ると切り株につまずいてしまう恐れがあるからなのでしょうか。
理由を聞いてみることから始められてはいかがでしょうか。

回答ありがとうございました。
昨夜気が付いた際、ありがとうあまりに
唐突なので理事会宛に復旧要請の
手紙をポストに投函済みです。

写真の一体は、マンションから見ると
裏手の誰も通行しない雑木林でした。
気付かないうちに、4本の他に
三本伐採されています。
全て現在の理事長が再任する度に伐採されてきました。
皆さんが仰るように、今回ね切り方は、
あんまりなので、もう見過ごせない気持ちです。
雑木林も以前と違ってスカスカになり、
私の気に入っていた景色と全く変わって
しまいました。
以前は紅葉する木もあり、秋も楽しめました。
ツバキもあり、花を咲かせました。

表側の低木も、ツツジが綺麗に咲いたの
ですが、今は花が咲かない木に
植替えられました。

この理事長が以前より
植栽は管理費がかかるから、
こんな裏手の雑木林は、全部伐採したい
ようなことを発言しています。

全般の傾向は、落葉樹や花が咲く木を
撤去しているのです。

当方も同様の経験がありますが、最終的には理事長の趣味の問題ですので、当方が理事長に立候補して理事長として当方のイメージ通りに植栽を復旧しました。
その際にはグランドカバーとして芝やイワダレソウなども新たに植えました。

>気付いてみると、新たに4本の樹木が無残に伐採されました。
⇨根っこからではなく、幹の途中から中途半端に切られ、景観上の問題もあると思います。
→根っこから綺麗に撤去してもらい、その際に新しい樹木を植える様要請されたら如何でしょうか。

>復旧同等の話し合いができなければ民事調停を申し立てたいです。 また組合員が、組合を提訴することは できないのでしょうか?
⇨管理組合として理事会の承認のもと実施されたと思われますので、民事調停、提訴等は難しいと思われます。
→オレンジさんご自身が理事会の役員に立候補され、理事長もしくは植栽担当理事として活動されれば、樹木を復旧することは可能だと思います。

それと写真を拝見させていただくと、オレンジさんの庭は南向きで日当たりが良いようですので、新たにツツジを植えたり、グランドカバーとして芝やイワダレソウなども植えると庭に潤いが出ると思います。

ご丁寧に回答頂きありがとうございます。
1点気になったのですが、共用部の植栽は、
マンションの財産と考えられるので、
理事会の承認ではなく、住民集会で
改修工事と同じ扱いの決議がなされる
べきと認識しています。

植栽の場合、個人間で思いいれが
異なるので、こうゆい事がしばしば
起こるのでしょうが、その景観め
含めてマンションを購入しているので、
復旧の検討…をするべきではないので
しょうか?

実は、以前に自宅ね出窓から見下ろせる
中庭状のスペースね樹木も二本伐採され、
我慢していました。

オレンジさんの言われる通りだと思います。

>共用部の植栽は、マンションの財産と考えられるので、 理事会の承認ではなく、住民集会で改修工事と同じ扱いの決議がなされるべきと認識しています。
⇨厳密には総会決議事項だとは思いますが、理事会としては数本の木の伐採は植栽保守活動の一部であると言い逃れすると思います。

>植栽の場合、個人間で思いいれが異なるので、こうゆい事がしばしば起こるのでしょうが、その景観を含めてマンションを購入しているので、復旧の検討…をするべきではないのでしょうか?
⇨その通りだと思いますが今の理事会では復旧はやらないでしょう。復旧するためにはオレンジさんご自身が理事会役員になり、オレンジさんが中心となり修復計画を総会に提案するしかないと思います。

理事会、理事長は、樹木の伐採は樹木の剪定の一部との位置付けで、安直に根を残して伐採したのしょう。
上記の考えであれば理事会決議で実施しても何ら問題がありません。

はい、そう想います。
管理組合として何ら問題ないか否かは、
樹木として、樹形が成立していなければ、
理屈は通らないのが普通では?
民事裁判では、根があれば是なんて
ケースもあるかもしれませんが…

樹木の剪定は理事会決議で可能ですが、樹木の伐採は共用部分の変更に当たり総会決議が必要と思われます。理事会、理事長に何故、総会に無断で伐採したのか問いただすべきです。その上で場合によっては原状回復請求を行うべきと思います。理事長の不法行為が明確になった場合は損害賠償請求できると思います。

回答ありがとうございます。
私は、バルコニーから外を見下ろす度に
傷ましくて仕方がありません。
皆さんの言う通り、あの切り方なので一層です…
やはり、理事会には回復請求してみます。
例え現実的でなくとも、今後の為にも
抑制しなければならないと考えます。

理事会の不法行為を理由に、原状回復請求や損害賠償請求での提訴との話もあるかとは思いますが、1組合員がそれを理由に提訴するのは、原告不適格で裁判所から門前払いを受けると思います。
(ただ、伐採行為が本来総会議案で有ることを理由とした総会開催請求であれば、提訴でき臨時総会を開催できる可能性は有るとは思いますが、多分臨時総会では伐採議案が可決されるでしょう。)

ただ、専門家である弁護士先生に相談され、原状回復請求を理由とした提訴でも原告不適格にならないとの確約を得られるので有れば、その弁護士先生にお願いして提訴して貰えば良いと思います。
(もし原告不適格で門前払いを受けたら弁護士費用は弁護士持ちにするという特約を付けましょう。)

ありがとうこざいます。
私も門前払いの件は、昨夜学びました。
損害賠償は難しいと思っていますし、
現状残っている大きな根を抜くには、
相当な費用もかかるので、住民決議も
期待できません。
マンション管理組合というのは昔の
部落社会か…とビックリです。
個人の権利は保証される手段が無いの
ですから…
戸建住宅なら隣家のはみ出した枝を
切っても訴訟可能なのに。

最悪は、弁護士さんに相談または、
民事調停に持ち込めればと思います。
時間と費用が掛かっても、今の時代に
こんなことは放置できない…と
考えてしまいます。
時間が解決してしまうかもしれませんが、
このまま首謀者と同じ場所に住み続けるのも
辛いです。

追伸
個人の権利と記載したことで誤解を招くと
いけないので、追記します。
写真の景観を共有している家は、
1割程度なのに対して、理事長から
維持にコストがかかるから雑木林は
伐採しようと言われれば、多数決で
間違いなく勝てない。
そうゆうことを護ってくれる仕組みは無く、
自分で解決するしかない。

オレンジさんは、以前にも同じ質問をしていませんか? 
樹木へのこだわりが非常に強く常識を逸しています。 その理由はこれらです。

1.民事調停を申し立てたいです。

>>庭の手入れで調停や訴訟までするのは異常行動です。 実は他の方法をここで探ってるのではありませんか?

>>共用部の裏庭がすっきりして良いとの意見が実際は多数かも知れませんが、他の組合員は法的対応に同意してますか?

>>私なら反対意見が貴方一人だけなら、そのまま進めます。 

>>写真ではとても綺麗な庭で、良い仕事をする業者さんのようです。 
これは美的感覚というか「樹木愛」?の違いであり、「御神木」でもない限り法的手段に訴えるような問題ではありません。 
青が好きか赤が好きかと同レベルです。 

>>剪定作業は年間契約で定期的に実施している作業です。 よって総会で予算承認されており、特に定めていなければ詳細は理事会一任(実際は業者任せ) 
これがそちらのマンションの黙示的な共通理解であり、その前提で予算も承認されてると思いまよ。 

剪定方法を総会で決めるべきなども、聞いたことがありません。  

お勧めしたいことは;

1.剪定作業は毎年行われるので、総会で自己主張を述べてみる。

2.樹木が法的手段に訴えたいくらい大事なら、2階に住む事を強くお勧めします。 
自宅から見える範囲が木々だけになり森に囲まれた印象になりますよ。 借景です。

これを狙って転居しても2階に住む知人が実際におりました。 

同じ質問はしていません。
他の人からアドバイスを頂いた通り
一般に樹木は共有財産なので、その
伐採は緊急時或いは管理上仕方がない
以外は、総会決議のはずです。

愛の問題ではなく、気に入っていた
景色を断りもなく破壊するのは
横暴だと考えるので修復したい。
けれどそれは現実的に無理…
後から総会にかけても通るでしょう。
元来 樹木の伐採は用途の変更に区分されるので、それに関わる住民への説明や同意を
求める努力義務は管理規約にもうたわれています。

とはいえ、管理規約の違反を個人の提訴は
できないらしいので、どうすべきか
質問したつもりです。

追伸
木が好きなら二階に引っ越すアドバイスなど
おおきなお世話と思いますが…

伐採の理由を尋ねてみてはいかがでしょうか? 樹木を大切にする業者であれば、まずは、如何に生かすかを考えます。伐採は最終手段です。まさか、理事長が伐採とは言わないと思いますが。景観は個人の主観ですので、それで、伐採は無いと思います。

回答がありません。