←トップへ戻る

筆界と所有権界が異なり筆界の上に家が建っています

管理組合の運営

  • マンションタイプ :
    単棟型
  • マンションの戸数 :
    〜50戸
  • 竣工年 :
    〜2000年

境界線の筆界と所有権界が異なります。売り主の販売会社と隣人とで塀が境界線と話しがついていたとのこと。筆界の上に隣の家が建っています。最近また筆界の上に家を建て、登記を早くと言って費用260万のうち100万まだなら出してもいいと言ってきました。家が建ったまま放置しても良いですか?

みんなの回答

この問題は、司法書士事務所に相談する話です。

まず最初にやることは、隣人が言っている「売り主の販売会社と隣人で話が付いている」ことを証明するエビデンス(契約書や覚書)を掲示して貰ったほうがよいと思います。

次のステップとして司法書士さんに依頼し、境界線の筆界と所有権界について登記簿と上記のエビデンスで問題点を明確にし、相手とミミコさんの間で新たな覚書を結ぶようにしたほうが今後のトラブル回避に繋がると思います。

マンションとの境界について「売り主の販売会社と隣人で話が付いている」と隣人が言うなら、そのことを証明する書面を出して頂きましょう。境界を定めるのは重要なことですから、口約束だけではなく契約書や覚書などが交わされているのが普通です。

 この機会に本当の所有関係を確かめて、隣人・マンション売り主の販売会社の双方の見解に喰い違いがあるなら,民事調停など法的手続きを経る等して、和解調書など登記請求権が客観的に認められる書面を取得し、それに基づいて登記名義人と実際の所有者を合わせておくことが今後のトラブル回避に繋がると思います。

このまま放置する事は勧められません。隣人は登記上の境界を跨ぐように家を建てたようですが、疑り深く見れば、外観上敷地となったミミコさんが住むマンション管理組合の土地の一部を時効取得する狙いとも考えられます。「話が付いている」と公言することで自己の土地だと信じ込んでいる(善意)外観を演出し取得時効を10年にする目論見とも考えられます。自己の土地ではないと知りつつ(悪意)家を建てた場合は取得時効が20年になるからです。長期間 権利を主張しないでいると、時効が成立してしまい、外観が優先される形で権利が奪われるリスクがあることも視野に入れて考えましょう。

この手の問題は、地元の司法書士事務所へご相談すると良いと思います。

ありがとうございました。実は勝手に言ってきてから二十年経っています。そして家を建てられました。途中図面にはんがいるとのことではんを押しましたが、今になって嘘が解りました。土地家屋調査士に相談した方が良いですね。

そのような、騙されたような事情があるなら、弁護士事務所へご相談した方が良いと思います。
必要があれば、弁護士事務所が土地家屋調査士さんや司法書士さんを手配することになろうかと思います。

筆界と所有権界の相違を土地家屋調査士に調べてもらうのが先決ではないでしょうか。

この場合は登記せず放置しても問題ありません。

ありがとうございました。

ありがとうございました。

まず最初にやることは、隣人が言っている「売り主の販売会社と隣人で話が付いている」ことを証明するエビデンス(契約書や覚書)を掲示して貰ったほうがよいと思います。

次のステップとして司法書士さんに依頼し、境界線の筆界と所有権界について登記簿と上記のエビデンスで問題点を明確にし、相手とミミコさんの間で新たな覚書を結ぶようにしたほうが今後のトラブル回避に繋がると思います。

マンションとの境界について「売り主の販売会社と隣人で話が付いている」と隣人が言うなら、そのことを証明する書面を出して頂きましょう。境界を定めるのは重要なことですから、口約束だけではなく契約書や覚書などが交わされているのが普通です。

 この機会に本当の所有関係を確かめて、隣人・マンション売り主の販売会社の双方の見解に喰い違いがあるなら,民事調停など法的手続きを経る等して、和解調書など登記請求権が客観的に認められる書面を取得し、それに基づいて登記名義人と実際の所有者を合わせておくことが今後のトラブル回避に繋がると思います。

このまま放置する事は勧められません。隣人は登記上の境界を跨ぐように家を建てたようですが、疑り深く見れば、外観上敷地となったミミコさんが住むマンション管理組合の土地の一部を時効取得する狙いとも考えられます。「話が付いている」と公言することで自己の土地だと信じ込んでいる(善意)外観を演出し取得時効を10年にする目論見とも考えられます。自己の土地ではないと知りつつ(悪意)家を建てた場合は取得時効が20年になるからです。長期間 権利を主張しないでいると、時効が成立してしまい、外観が優先される形で権利が奪われるリスクがあることも視野に入れて考えましょう。

この手の問題は、地元の司法書士事務所へご相談すると良いと思います。

ありがとうございました。実は勝手に言ってきてから二十年経っています。そして家を建てられました。途中図面にはんがいるとのことではんを押しましたが、今になって嘘が解りました。土地家屋調査士に相談した方が良いですね。

そのような、騙されたような事情があるなら、弁護士事務所へご相談した方が良いと思います。
必要があれば、弁護士事務所が土地家屋調査士さんや司法書士さんを手配することになろうかと思います。

筆界と所有権界の相違を土地家屋調査士に調べてもらうのが先決ではないでしょうか。

この場合は登記せず放置しても問題ありません。

ありがとうございました。

ありがとうございました。

この問題は、司法書士事務所に相談する話です。

回答がありません。