←トップへ戻る

相見積もりについて

管理組合の運営

建物の維持管理

  • マンションタイプ :
    単棟型
  • マンションの戸数 :
    201〜500戸
  • 竣工年 :
    2001年〜

私どもの理事会では管理規約で「原則として相見積もりを行う」との記述があり、細則では「50万以上は2社以上から相見積もりを徴収する」と明記されています。

ところが現理事会では50万円以上の全ての案件で相見積もりを実施していない事から、理事会で相見積もりを取らない理由を問い質したところ
(1)管理会社が管理しており、管理会社以外から見積もりを取るのは難しい。
(2)植栽の変更はマンションの植栽を熟知した植栽保守業者しか出来ない。
(3)照明のLED化も日常管理している管理会社しか出来ない。
(4)機械式駐車場の更新は現状のメーカーしか出来ない。

等々の理由で規約を無視して相見積もりを取ることは全くありません。
インターネット等で確認すると相場よりかなり高い値段ですので、理事会で問題提起しましたが、下記の様な否定的な反応でした。
「輪番製で回ってきて止む得ず忙しく時間を割いて理事会活動をやっているだけなので相見積もりする時間は無い」
「もし形式的にでも相見積もりが必要なら管理会社に依頼し他の会社の高い見積もりを出してもらいましょう」
「もし、どうしても相見積もりを取りたいなら、貴方(私)自身で責任を持ってやって下さい」

この様に管理規約、実施細則で決められた相見積もりをする事なしで、このまま大金の支出していく事は許されるのでしょうか?

みんなの回答

管理会社経由でいくつ見積を取ってもあまり意味はないでしょう。
となると、自分で業者を探しだしてコンタクトを取らなきゃいけない。
工事の種類によっては実地検分も必要でしょうから、
日時や開錠等のセッティングもしなければなりません。

会社などで日常的にそうしたことをしている人ならともかく、
そうでない人には非常にハードルが高いと思います。
要件定義して見積依頼をかけて発注して納品を受けて検収して、というごく一般的な流れも
経験のない人には複雑怪奇な未知の世界にしか見えないでしょうから。

となると、選択肢は2つ。
輪番制をやめてプロセスを理解している人がずっと要職を務めるか(三毛猫さんの提案ですね)、
信頼できる外部のコンサルやマンション管理士と顧問契約するか。
それらを拒否した上でなお「透明で適正な会計の実現を」というのは、
やはり現実味が薄いように思います。

アクロバティックな案として、「管理会社が策定した計画から費用を削減出来た場合、
削減額のX%を報酬として理事にバックする」という運用も考えました。出来高制ですね。
でもこれは間違いなくクオリティが犠牲になって揉めるでしょうし、
居住者同士で大きな工事の取り合いとかにもなるでしょうから、やっぱり無理でしょうね。

プラムさん、回答ありがとうございます。
輪番制の理事会が多いと思いますが、相見積もりを取らない管理組合が一般的なのでしょうか?

比率はわかりませんが、管理会社を経由せずに取った見積だけを相見積とするなら、
取ってないマンションの方が多いかもしれませんね。

相見積の取り方、手順、伝手といったノウハウを
きちんと残して引き継いでいくことが大事だと思います。
たとえば"管理会社に毟られっ放し"さんが紹介されているような見積募集サイトを、
代々の理事会が必ず申し送り事項として引き継ぐようにしておくとか。

ただそれをやっても、管理会社は自社を経由しない見積など取らせないように
あの手この手でプレッシャーをかけてくるでしょうから、
あまり意志の強くない人やコスト意識の低い人が理事になった時点で
そのノウハウも断ち切られてしまう可能性が高いです。

ノウハウの継続・蓄積という面では、輪番制はやはり絶望的に厳しいんですよね。
負担の公平や汚職の防止というメリットは確かにあるし、管理会社はメリットばっかりを強調しますが、
やる気とモラルのある人が内部にちゃんといるマンションにとっては、
輪番制はデメリットのほうがはるかに大きいと私は思います。

「許されない」としたら、じゃあ誰が相見積りを取ったら良いと思われますでしょうか?
管理会社は相見積りを取って欲しくないと思っているのですからあまり頼れませんし、仮に2つ3つ取ってくれたとしても「出来レース」の可能性は否めませんし…
組合員が自分達で相見積りを取るのは、現地調査の立会いが必要な場合などもあり、管理会社の協力が無いと結構大変です。良かれと思って優良業者を紹介しても、個人的に知り合いの業者をゴリ押ししたと思われてしまう悲しい側面もあります。
「誰かがやれば良い」では進まない問題かも知れません。

「暗い、と文句を言うよりは、すすんで灯りを点けましょう。」というキャッチフレーズの番組が以前ありました…。福井さんが「許されない」と思うなら、大変だと思いますが、自分で頑張るのが近道と思います。

三毛猫さん、回答ありがとうございます。
輪番制の理事会が多いと思いますが、相見積もりを取らない管理組合が一般的なのでしょうか?

一般的にどうか?は存じませんが、私個人は管理会社の提出する見積もり金額に納得がいかない場合には、既知の業者に打診して見積りをお願いしています。安くても品質が悪ければ管理組合の皆様に迷惑をかけてしまいますから、対象は実際に使った経験があり良い仕事をすると思えたところに限られます。
金額に大差が無いと思われたり、既知の良い業者を知らない場合は、自分で相見積りを取る事はしません。

asaka50さんの回答にもありますが、管理組合がマンション管理士さん等と顧問契約をしていたら、他のマンションで評判の良い業者を紹介してもらう事もできるでしょう。
私が個人会員になっているNPO法人では、「この見積り、高いですか?」という、見積り査定サービスをしており、特に頼めば評判の良い業者の情報を教えてくれたりもします。(会費は必要ですが。)

普通の理事会は素人の集団ですので、管理会社にお任せで相見積もりは殆どやっていない管理組合が多いです。

うちは4年前から必ず管理組合で業者を探してきます。素人だってできますよ。管理会社にも見積もりを出させますが、ネットで探した業者の方が3分の2くらいの価格です。業者は口を揃えて「管理会社に見積を頼んではいけないですよ」「最近は管理組合から直接依頼されることが多くなりました」と言っています。今はネットがあるので、簡単に探せます。

ちなみにうちも「マンション修繕入札サイト」を使ってます。
https://kouji-jsm.jp/
問い合わせてみたらどうでしょうか?親身に相談にのってくれます。ちなみにコンサルやマンション管理士のようにお金はかかりません。無料です。担当者はマンション管理士の資格を持ってます。

回答がありません。