←トップへ戻る

給水管・給湯管のライニング更生工事

建物の維持管理

  • マンションタイプ :
    単棟型
  • マンションの戸数 :
    〜50戸
  • 竣工年 :
    〜2000年

築28年、5F建て35戸のマンションの理事をやっております。
今まで、給水管・給湯管の漏水事故は1件もありませんが、給水管・給湯管の寿命は近いと考えています。
そこで、給水管・給湯管のライニング更生工事での延命措置を考えています。
1戸あたり40万円前後はかかりそうですが有効でしょうか。
尚、給水管・給湯管のライニング更生工事を行うとしたら、更生工事時期は、修繕積立金不足から、なるべく遅らせてやりたいと思っています。そういう事情の場合1件くらい漏水事故が起こってから更生工事をしたほうが良いでしょうか。

みんなの回答

いつも「みんなの管理組合.com」をご利用いただき、ありがとうございます。
「みんなの管理組合.com」では、組合員登録をしていただくことでアドバイザーの回答をご覧いただくことができます。
組合員登録は、どなたでも無料でできます。
ヘッダーにある「新規組合登録」ボタンからご登録ください。
引き続き、「みんなの管理組合.com」をお楽しみください。

アドバイザーの回答を見るためには、組合員登録をしてください。

組合員登録は こちら から無料で行えます。

すでにリフォームをされて更新している住戸にも配慮することが必要になるんですね。
応分を支払うとか、今後の検討課題としたいと思います。

既にリフォームを実施している住戸からは必要経費の戸当金額の変換要請が出るのが一般的です。
修繕積立金の返済は規約を変更しても出来ないケースが殆どです。
十分な事前検討が必要です。ご注意下さい。

色々アドバイス有難うございます。

昨日回答した者ですが追記です。
1.費用については給湯管は専有部分ですので所有者負担が通常ですが、組合総会で決議すれば積立金使用は可能です。或いは一時金負担してでも漏水の加害者になりたくない住戸だけでライニング工事をするやり方もあります。勿論全戸工事が望ましい事は言うまでもありません。とにかく事故が起こったら保険求償やら復旧工事やらで気の遠くなるような手間が加害者及び被害者双方に掛かります。特に加害者側の心労は大変なものです。
2.もし工事されるなら管理会社経由で無くとも工事会社との直接対応は問題無く出来ます。 管理会社経由だと一戸あたり10万円は軽くコストが上がるのは確実でしょう。
3.給湯管(銅管使用)の漏水事故はアチコチで多発している様子で、場所にもよるでしょうが首都圏では工事が立て込んでおり、発注しても軽く半年先とかザラの様子です。 
以上

色々詳細説明ありがとうございます。
来期設置予定の修繕委員会に引き継ごうと思います。

1)給水管 これは材質が影響するでしょう。 塩ビライニング鋼管なら相当長期間持つはずですので、 赤さびや漏水問題が無ければ当面放っておいて問題無い筈です。
2)給湯管 これも材質が問題ですが、築年数から見て最近の架橋ポリエチレン管ではなく、銅管が使用されていると思われます。 銅管でしたら28年も経てばピンホールによる漏水事故は何時起こっても可笑しくありません。当方は築20年、6階建て、20戸ですが最近3件もの漏水事故があり今秋エポキシによるライニング工事を全戸で実施したばかりです。工期は全戸で一週間、金額は一戸あたり30万円以下です。(金額は戸数によって大きく上下します) まず信頼出来そうな給湯管更生工事会社を見つける事です。 ちゃんとしている会社なら給湯管の内視鏡検査等を無料で実施してくれる筈です。漏水事故は建物の状況によっては発生してから直ちに発覚しない場合もあります。とにかくいつ何時あなたが被害者になるか、或いは被害者になるか判らない問題ですので良く検討されると良いと思います。脅かす訳ではありませんが、既に漏水が発生して居るかも知れません。なお給湯管は専有部分ですので当方の場合は修繕積立金からでは無く全戸から一時金徴収にて対応しました。 以上ご参考まで。


詳しいご説明有難うございます。
給湯管は専有部分ですので当方の場合は修繕積立金からでは無く全戸から一時金徴収にて対応したとの事ですが、当マンションは滞納問題も有り、全戸から一時金徴収は難しそうです。
修繕積立金からの拠出も考え検討してみます。

私どものマンションでも最近給水管のライニング更生工事を管理会社にお願いして実施しました。

築何年目で実施されたのでしょう。

給水管・給湯管のライニング更生工事は単なる寿命延長ですので全面更新の方がお勧めです。

有難うございます。参考にさせていただきます。

時間をかけて、給水管・給湯管のライニング更生工事の業者を複数探して、相見積もりをで安い業者を探していれば良いのではと思います。

アドバイス有難うございます。
それにしても給湯管のライニング更生工事の業者の数は少ないですね。
理由はなにかあるのでしょうか。

まず、給水給湯菅の材質とその耐用年数を確認してください。耐用年数を越えてなければ、まだ漏水事故は発生していないとのことなので当面様子を見ることにし、耐用年数を越えていれば早めの対応が良いのではないかと思います。



給水管は、配管腐食の心配がない水道用硬質塩ビライニング鋼管が使われています。しかし継手部は管端防食対策以前のタイプです。
給湯菅は銅管です。
寿命がわかるサイトとかご存知でしたらご教授頂きたいのですが。
宜しくお願い致します。

給水関係の配管は取り換えた方がいいと思います。

わかりました。
ありがとうございます。
検討してみます。

給水関係の配管は取り換えた方がいいと思います。

わかりました。
ありがとうございます。
検討してみます。

時間をかけて、給水管・給湯管のライニング更生工事の業者を複数探して、相見積もりをで安い業者を探していれば良いのではと思います。

アドバイス有難うございます。
それにしても給湯管のライニング更生工事の業者の数は少ないですね。
理由はなにかあるのでしょうか。

まず、給水給湯菅の材質とその耐用年数を確認してください。耐用年数を越えてなければ、まだ漏水事故は発生していないとのことなので当面様子を見ることにし、耐用年数を越えていれば早めの対応が良いのではないかと思います。



給水管は、配管腐食の心配がない水道用硬質塩ビライニング鋼管が使われています。しかし継手部は管端防食対策以前のタイプです。
給湯菅は銅管です。
寿命がわかるサイトとかご存知でしたらご教授頂きたいのですが。
宜しくお願い致します。

私どものマンションでも最近給水管のライニング更生工事を管理会社にお願いして実施しました。

築何年目で実施されたのでしょう。

1)給水管 これは材質が影響するでしょう。 塩ビライニング鋼管なら相当長期間持つはずですので、 赤さびや漏水問題が無ければ当面放っておいて問題無い筈です。
2)給湯管 これも材質が問題ですが、築年数から見て最近の架橋ポリエチレン管ではなく、銅管が使用されていると思われます。 銅管でしたら28年も経てばピンホールによる漏水事故は何時起こっても可笑しくありません。当方は築20年、6階建て、20戸ですが最近3件もの漏水事故があり今秋エポキシによるライニング工事を全戸で実施したばかりです。工期は全戸で一週間、金額は一戸あたり30万円以下です。(金額は戸数によって大きく上下します) まず信頼出来そうな給湯管更生工事会社を見つける事です。 ちゃんとしている会社なら給湯管の内視鏡検査等を無料で実施してくれる筈です。漏水事故は建物の状況によっては発生してから直ちに発覚しない場合もあります。とにかくいつ何時あなたが被害者になるか、或いは被害者になるか判らない問題ですので良く検討されると良いと思います。脅かす訳ではありませんが、既に漏水が発生して居るかも知れません。なお給湯管は専有部分ですので当方の場合は修繕積立金からでは無く全戸から一時金徴収にて対応しました。 以上ご参考まで。


詳しいご説明有難うございます。
給湯管は専有部分ですので当方の場合は修繕積立金からでは無く全戸から一時金徴収にて対応したとの事ですが、当マンションは滞納問題も有り、全戸から一時金徴収は難しそうです。
修繕積立金からの拠出も考え検討してみます。

昨日回答した者ですが追記です。
1.費用については給湯管は専有部分ですので所有者負担が通常ですが、組合総会で決議すれば積立金使用は可能です。或いは一時金負担してでも漏水の加害者になりたくない住戸だけでライニング工事をするやり方もあります。勿論全戸工事が望ましい事は言うまでもありません。とにかく事故が起こったら保険求償やら復旧工事やらで気の遠くなるような手間が加害者及び被害者双方に掛かります。特に加害者側の心労は大変なものです。
2.もし工事されるなら管理会社経由で無くとも工事会社との直接対応は問題無く出来ます。 管理会社経由だと一戸あたり10万円は軽くコストが上がるのは確実でしょう。
3.給湯管(銅管使用)の漏水事故はアチコチで多発している様子で、場所にもよるでしょうが首都圏では工事が立て込んでおり、発注しても軽く半年先とかザラの様子です。 
以上

色々詳細説明ありがとうございます。
来期設置予定の修繕委員会に引き継ごうと思います。

給水管・給湯管のライニング更生工事は単なる寿命延長ですので全面更新の方がお勧めです。

有難うございます。参考にさせていただきます。

いつも「みんなの管理組合.com」をご利用いただき、ありがとうございます。
「みんなの管理組合.com」では、組合員登録をしていただくことでアドバイザーの回答をご覧いただくことができます。
組合員登録は、どなたでも無料でできます。
ヘッダーにある「新規組合登録」ボタンからご登録ください。
引き続き、「みんなの管理組合.com」をお楽しみください。

アドバイザーの回答を見るためには、組合員登録をしてください。

組合員登録は こちら から無料で行えます。

すでにリフォームをされて更新している住戸にも配慮することが必要になるんですね。
応分を支払うとか、今後の検討課題としたいと思います。

既にリフォームを実施している住戸からは必要経費の戸当金額の変換要請が出るのが一般的です。
修繕積立金の返済は規約を変更しても出来ないケースが殆どです。
十分な事前検討が必要です。ご注意下さい。

色々アドバイス有難うございます。

いつも「みんなの管理組合.com」をご利用いただき、ありがとうございます。
「みんなの管理組合.com」では、組合員登録をしていただくことでアドバイザーの回答をご覧いただくことができます。
組合員登録は、どなたでも無料でできます。
ヘッダーにある「新規組合登録」ボタンからご登録ください。
引き続き、「みんなの管理組合.com」をお楽しみください。

アドバイザーの回答を見るためには、組合員登録をしてください。

組合員登録は こちら から無料で行えます。

すでにリフォームをされて更新している住戸にも配慮することが必要になるんですね。
応分を支払うとか、今後の検討課題としたいと思います。

既にリフォームを実施している住戸からは必要経費の戸当金額の変換要請が出るのが一般的です。
修繕積立金の返済は規約を変更しても出来ないケースが殆どです。
十分な事前検討が必要です。ご注意下さい。

色々アドバイス有難うございます。