←トップへ戻る

樹木の庭から芝生への変更は特別決議?

建物の維持管理

管理組合の会計

  • マンションタイプ :
    単棟型
  • マンションの戸数 :
    201〜500戸
  • 竣工年 :
    2001年〜

最近のことですが、理事長の趣味でマンションの庭の樹木を全て切って切って、芝生に張り替えてしまいました。
前期理事会で一般会計の予算で実施したとの事で総会決議は不要との見解です。

監事からは「形状の著しい変更」で特別決議事項である事から、総会の決議を経ない芝生化は区分所有法違反との指摘があり、理事長に対し原状回復に要する費用を損害賠償請求すべきとの話も出て大混乱していますが。
管理会社は植栽は管理組合の直接管理ですので我関せずの態度です。

質問ですが、
◾️芝生への張り替えは特別決議事項ではないでしょうか?
◾️監事の権限で理事長など前期理事会を提訴出来るのでしょうか?
◾️樹木への原状回復の費用を理事長など前期理事会に請求出来るのでしょうか?

みんなの回答

私どものマンションでは樹木の伐採、植え替えは年間の植栽作業として普通にやっていますので、総会決議は必要ないと思います。

◾️芝生への張り替えは特別決議事項ではないでしょうか?
木を切る場合でも特別決議です。

◾️監事の権限で理事長など前期理事会を提訴出来るのでしょうか?
区分所有法に違反しているのですから提訴すべきですすが、総会での承認が必要です。

◾️樹木への原状回復の費用を理事長など前期理事会に請求出来るのでしょう?
原状回復の費用だけではなく損害賠償賠償請求も可能とは思いますが弁護士に相談した方が良いです。

■特別決議事項にあたります。
■監事は理事長も含む理事の不適切な業務執行を総会で組合員へ報告する事ができます。管理組合の訴訟の原告は理事長が基本ですが、被告が今期の理事長で、原告と被告が同一人物になる場合は、監事が原告の役割を担います。訴訟の結果は管理組合に帰属します。訴訟は万が一にも敗訴する可能性があるので、管理組合が前理事長・前理事会を提訴する件と、訴訟費用(弁護士費用・印紙代など)の予算の承認を求める議案を総会へ上程し、承認を受ける必要があります。監事が単独で総会決議も無く提訴できるわけではありません。
■原状回復に必要な費用が損害額となりますが、それを訴額とするのが良いか?は弁護士さんと相談してください。

ご質問の内容が「理事長の趣味でマンション庭の樹木を全て切った」ということで驚いております。
念のため確認しておきますが、自然災害などで倒木となった庭木が危険なので伐採して、今後は倒れる危険が無いように芝生に変更したわけではないですよね?
個人的には組合員同士で損害賠償請求訴訟をするのは好ましくないと思いますが、一部の人だけの趣味で、必要な総会決議等の手続きも無く、共用部分の著しい変更は出来ない事を組合員全員に周知し、二度と同様の事が繰り返されないようにすることには意義があると思います。

当然、特別決議にで決議べき事案ですので、組合員として福井さんが現状回復を要求することが出来ます。

◾️芝生への張り替えは特別決議事項ではないでしょうか?
木を切る場合でも特別決議決議ですので当然ながら特別決議です。

◾️監事の権限で理事長など前期理事会を提訴出来るのでしょうか?
区分所有法に違反しているのですから提訴すべきです。

◾️樹木への原状回復の費用を理事長など前期理事会に請求出来るのでしょう?
原状回復の費用だけではなく、善管注意義務違反で損害賠償賠償請求すべきです。

この様な悪質な事例には厳しく対応すべきです。

以前にも類似の質問の回答にもありました様に、植栽に関して、木々の伐採だけでも総会の特別決議が必要です。
今回の質問では、木々を伐採しただけでは無く、それを芝生に張り替えており、共用部の著しい形状の変更であるので、管理組合として前期理事会に対し原状回復と損害賠償を求めて提訴すべきです。

以前にも類似の質問がありましたが、植栽に関しては、木々の伐採は共用部分の変更に当たり、総会の特別決議が必要です。
監事は、不当なことを行った理事長等を原状回復を求めて提訴できます。

以前にも類似の質問がありましたが、植栽に関しては、木々の伐採は共用部分の変更に当たり、総会の特別決議が必要です。
監事は、不当なことを行った理事長等を原状回復を求めて提訴できます。

当然、特別決議にで決議べき事案ですので、組合員として福井さんが現状回復を要求することが出来ます。

■特別決議事項にあたります。
■監事は理事長も含む理事の不適切な業務執行を総会で組合員へ報告する事ができます。管理組合の訴訟の原告は理事長が基本ですが、被告が今期の理事長で、原告と被告が同一人物になる場合は、監事が原告の役割を担います。訴訟の結果は管理組合に帰属します。訴訟は万が一にも敗訴する可能性があるので、管理組合が前理事長・前理事会を提訴する件と、訴訟費用(弁護士費用・印紙代など)の予算の承認を求める議案を総会へ上程し、承認を受ける必要があります。監事が単独で総会決議も無く提訴できるわけではありません。
■原状回復に必要な費用が損害額となりますが、それを訴額とするのが良いか?は弁護士さんと相談してください。

ご質問の内容が「理事長の趣味でマンション庭の樹木を全て切った」ということで驚いております。
念のため確認しておきますが、自然災害などで倒木となった庭木が危険なので伐採して、今後は倒れる危険が無いように芝生に変更したわけではないですよね?
個人的には組合員同士で損害賠償請求訴訟をするのは好ましくないと思いますが、一部の人だけの趣味で、必要な総会決議等の手続きも無く、共用部分の著しい変更は出来ない事を組合員全員に周知し、二度と同様の事が繰り返されないようにすることには意義があると思います。

◾️芝生への張り替えは特別決議事項ではないでしょうか?
木を切る場合でも特別決議です。

◾️監事の権限で理事長など前期理事会を提訴出来るのでしょうか?
区分所有法に違反しているのですから提訴すべきですすが、総会での承認が必要です。

◾️樹木への原状回復の費用を理事長など前期理事会に請求出来るのでしょう?
原状回復の費用だけではなく損害賠償賠償請求も可能とは思いますが弁護士に相談した方が良いです。

私どものマンションでは樹木の伐採、植え替えは年間の植栽作業として普通にやっていますので、総会決議は必要ないと思います。

以前にも類似の質問の回答にもありました様に、植栽に関して、木々の伐採だけでも総会の特別決議が必要です。
今回の質問では、木々を伐採しただけでは無く、それを芝生に張り替えており、共用部の著しい形状の変更であるので、管理組合として前期理事会に対し原状回復と損害賠償を求めて提訴すべきです。

◾️芝生への張り替えは特別決議事項ではないでしょうか?
木を切る場合でも特別決議決議ですので当然ながら特別決議です。

◾️監事の権限で理事長など前期理事会を提訴出来るのでしょうか?
区分所有法に違反しているのですから提訴すべきです。

◾️樹木への原状回復の費用を理事長など前期理事会に請求出来るのでしょう?
原状回復の費用だけではなく、善管注意義務違反で損害賠償賠償請求すべきです。

この様な悪質な事例には厳しく対応すべきです。

回答がありません。