←トップへ戻る

総会での議決権行使書の重み

管理組合の運営

  • マンションタイプ :
    単棟型
  • マンションの戸数 :
    51〜200戸
  • 竣工年 :
    〜2000年

 総会の議案の一つが紛糾しました。当日、参加した人の数人が幾つかの質問と共に反対の意見を述べました。確かに議案内容に不十分なところがありましたが、その質問も的を得ているようでも無い意見でした。ただ声が大きく乱暴に決めつける様な印象でした。この時議長が、「決議を保留とし再度理事会で検討する」と述べ質問者も静かになり総会は終了しました。総会はそれで収まったのですが、それでよかったのか?欠席者の議決権行使は無視したことにならないのか?気になっています。議長(理事長)の判断は良かったのでしょうか?次期理事会の苦労が目に見える様です。議決権行使書の重み、理事長判断は良かったのかよろしくお願いいたします。

みんなの回答

議長の判断は正しかったと思います。当方のマンションでも議長の判断で、保留案件がありました(当方が区分所有者の時に(事前に理事長と管理会社に質問状で問い合わせた案件です)、結局、管理会社が弁護士に相談し、問題があると判断し、取りやめ。区分所有者から苦情もありませんでした。基本はマンション管理に何が最も良いのか?という事で、正しければ理論武装して、再上程すれば良いと思います。一見正しいようなアンケートは、アンケートする側に都合にあわした、内容が多いです。

ルールについて訊いてらっしゃるなら、もちろんよくないでしょう。
理事長は大統領ではないので、多数決の結果に対する拒否権は普通はありません。
それを認めてしまったらなんでもアリになってしまいます。
「納得いかないなら新たに議案を立ててひっくり返してください」が
手続き的に正しい対応だったと思います。

ただ、マンションにとって何がベストかと考えると、違う答えがありえますよね。
上程された議案があまりにも全体の利益を損なうことが明らかなもので、
クレーマーのように見えた一団が実は正しいことを言っていた、
つまり理事長さんが審議延期をしたことが実は勇気ある英断だった、という可能性もあります。

新人理事Xさんは「そんな可能性はない」という前提で質問されているようですが、
どんな議案だったのか、客観的な状況がわからないことには
蛮勇だったのか英断だったのかの判断はなかなか難しいのではないでしょうか。

議案の詳細は分かりませんが、理事長の判断は、議決権行使を完全に無視した事になり、その権利を侵害した事から違法です。
議決権行使者は総会議案を見て、事前に賛否を投票しているのです。
要するに選挙の期日前投票と同じ事ですので、選挙当日になって選挙を中止するのと同様、決して許される行為ではありません。

理事長の判断は、議決権行使を無視した事にはならないと思います。
例えば真逆のパターンだったらどうでしょうか?出席者が盛んに議論して総会時間内では議論が尽くされそうにない場合を考えてください。理事長が「ご質問は尽きませんが議決権行使書の集計で賛成多数はわかっているので採決へ進みます。」と言ったら、そちらの方が間違っているのは明らかです。
すると、今回の理事長さんの判断、議事進行は適切だったと思いませんか?

過去の総会席上で質問者が「どうせ、委任状で結果は決まっているんでしょう?」と言った事がありました。当時理事長でした私は結果を既に知っておりましたが会場まで足を運んでくれた出席者の皆さんに失礼だと思いまして、「議論を尽くしてから多数決で決めるのが管理組合です。」と申し結果は言いませんでした。その議案は盛んな質疑応答の後で満場一致で可決されましたが、議論が尽くされない場合には決議保留もあり得たと思います。

議案の内容がわかりませんので、正確なお答えにはならないかもしれませんが、この議長の判断は正しかったのではないでしょうか。
議案が紛糾してしまった場合には、無理に決議を取らず継続審議としたほうが、この先の組合全体の利益を考えるうえでもいいことだと思います。
議決権行使者の方も、また次回に意思表示できることですし、議案を上程したからと言って、その場で数で決めてしまうよりいいのではないでしょうか。

特に議案に反対するのには、声を大きくしなければ届かないことが往々にしてあります。
反対者が冷静に反対意見を述べ、出席者も冷静にその意見を検討できるのでしたらいいのですが。
ここら辺は委任状の弊害も出ているのではないでしょうか。

私には理事長は英断を下されたように感じます。

議案の内容がわかりませんので、正確なお答えにはならないかもしれませんが、この議長の判断は正しかったのではないでしょうか。
議案が紛糾してしまった場合には、無理に決議を取らず継続審議としたほうが、この先の組合全体の利益を考えるうえでもいいことだと思います。
議決権行使者の方も、また次回に意思表示できることですし、議案を上程したからと言って、その場で数で決めてしまうよりいいのではないでしょうか。

特に議案に反対するのには、声を大きくしなければ届かないことが往々にしてあります。
反対者が冷静に反対意見を述べ、出席者も冷静にその意見を検討できるのでしたらいいのですが。
ここら辺は委任状の弊害も出ているのではないでしょうか。

私には理事長は英断を下されたように感じます。

ルールについて訊いてらっしゃるなら、もちろんよくないでしょう。
理事長は大統領ではないので、多数決の結果に対する拒否権は普通はありません。
それを認めてしまったらなんでもアリになってしまいます。
「納得いかないなら新たに議案を立ててひっくり返してください」が
手続き的に正しい対応だったと思います。

ただ、マンションにとって何がベストかと考えると、違う答えがありえますよね。
上程された議案があまりにも全体の利益を損なうことが明らかなもので、
クレーマーのように見えた一団が実は正しいことを言っていた、
つまり理事長さんが審議延期をしたことが実は勇気ある英断だった、という可能性もあります。

新人理事Xさんは「そんな可能性はない」という前提で質問されているようですが、
どんな議案だったのか、客観的な状況がわからないことには
蛮勇だったのか英断だったのかの判断はなかなか難しいのではないでしょうか。

議案の詳細は分かりませんが、理事長の判断は、議決権行使を完全に無視した事になり、その権利を侵害した事から違法です。
議決権行使者は総会議案を見て、事前に賛否を投票しているのです。
要するに選挙の期日前投票と同じ事ですので、選挙当日になって選挙を中止するのと同様、決して許される行為ではありません。

議長の判断は正しかったと思います。当方のマンションでも議長の判断で、保留案件がありました(当方が区分所有者の時に(事前に理事長と管理会社に質問状で問い合わせた案件です)、結局、管理会社が弁護士に相談し、問題があると判断し、取りやめ。区分所有者から苦情もありませんでした。基本はマンション管理に何が最も良いのか?という事で、正しければ理論武装して、再上程すれば良いと思います。一見正しいようなアンケートは、アンケートする側に都合にあわした、内容が多いです。

理事長の判断は、議決権行使を無視した事にはならないと思います。
例えば真逆のパターンだったらどうでしょうか?出席者が盛んに議論して総会時間内では議論が尽くされそうにない場合を考えてください。理事長が「ご質問は尽きませんが議決権行使書の集計で賛成多数はわかっているので採決へ進みます。」と言ったら、そちらの方が間違っているのは明らかです。
すると、今回の理事長さんの判断、議事進行は適切だったと思いませんか?

過去の総会席上で質問者が「どうせ、委任状で結果は決まっているんでしょう?」と言った事がありました。当時理事長でした私は結果を既に知っておりましたが会場まで足を運んでくれた出席者の皆さんに失礼だと思いまして、「議論を尽くしてから多数決で決めるのが管理組合です。」と申し結果は言いませんでした。その議案は盛んな質疑応答の後で満場一致で可決されましたが、議論が尽くされない場合には決議保留もあり得たと思います。

回答がありません。