←トップへ戻る

監事の議事録署名について

管理組合の運営

  • マンションタイプ :
    タワー型
  • マンションの戸数 :
    51〜200戸
  • 竣工年 :
    〜2000年

マンションの理事会において、監事は意見を述べることができるものの、議決権は付与されていないのが一般的と思いますが、監事が理事会の議事録の署名人になることはできるのでしょうか?また議長を務める理事長が、議事録署名人として監事を指名していいのでしょうか?
ご教示よろしくお願いいたします。

みんなの回答

監事は議事録の署名人にはなれません。

規約を確認してください。
理事会の議事録については、総会の議事録の作成、保管の規定を準用するとなっていませんか。
そこに“ただし、「総会に出席した組合員」とあるのは、「理事会に出席した理事」と読み替えるものとする。”との記載があると思います。
そうすると、署名押印するのは理事となり、理事ではない監事にはできないことになります。
監事は、期の終わりに、組合運営が正当に行われていたかどうかの報告をしなければなりませんので、理事会の議事録が議事の経過と相違なく記載されていることを理事会議事録に署名する立場ではないと思います。

特に問題ありません。

区分所有法では集会の議事録署名人は議長と出席している区分所有者のうちの二人。なので監事が区分所有者なら署名人になれます。理事会もこれを準用しても良いと思います。また、一般法人法における理事会議事録署名人は出席した理事および監事になります。会社法では取締役と監査役が取締役会議事録署名人。

ただし、標準管理規約だと理事会議事録署名人は議長と出席した理事二人になりますので、この場合は出来ません。この時でも理事二人に追加して監事が署名しても問題はないものと考えられます。

トラブル防止のために、規約で署名人を明記すること、あるいは明記されてるならその通りに署名人を選ぶことをお勧めします。

なお、署名は議事録の正当性を証明するためのもので、規約等で正当性証明の最低限の署名を求めてるものであるから、監事を署名人と規約に明記すれば、監事一人の組合ならその監事は毎回理事会に出席しないといけなくなる。それは負担が大きいと思われます。

監事は理事会の議事録署名人になれません。理事長が指名することもできません。
監事は理事会の構成員ではないからです。

規約を確認してください。
理事会の議事録については、総会の議事録の作成、保管の規定を準用するとなっていませんか。
そこに“ただし、「総会に出席した組合員」とあるのは、「理事会に出席した理事」と読み替えるものとする。”との記載があると思います。
そうすると、署名押印するのは理事となり、理事ではない監事にはできないことになります。
監事は、期の終わりに、組合運営が正当に行われていたかどうかの報告をしなければなりませんので、理事会の議事録が議事の経過と相違なく記載されていることを理事会議事録に署名する立場ではないと思います。

監事は理事会の議事録署名人になれません。理事長が指名することもできません。
監事は理事会の構成員ではないからです。

特に問題ありません。

区分所有法では集会の議事録署名人は議長と出席している区分所有者のうちの二人。なので監事が区分所有者なら署名人になれます。理事会もこれを準用しても良いと思います。また、一般法人法における理事会議事録署名人は出席した理事および監事になります。会社法では取締役と監査役が取締役会議事録署名人。

ただし、標準管理規約だと理事会議事録署名人は議長と出席した理事二人になりますので、この場合は出来ません。この時でも理事二人に追加して監事が署名しても問題はないものと考えられます。

トラブル防止のために、規約で署名人を明記すること、あるいは明記されてるならその通りに署名人を選ぶことをお勧めします。

なお、署名は議事録の正当性を証明するためのもので、規約等で正当性証明の最低限の署名を求めてるものであるから、監事を署名人と規約に明記すれば、監事一人の組合ならその監事は毎回理事会に出席しないといけなくなる。それは負担が大きいと思われます。

監事は議事録の署名人にはなれません。

回答がありません。