←トップへ戻る

管理組合の運営

管理規約

管理費等の滞納者に対する法的手段にはどのような方法がありますか?

現在当マンションでは、100万円を超える滞納者に悩んでいます。
滞納者は、行方不明で全く連絡が取れないということで、法的手段に出ようと思いますが、どんな方法がありますでしょうか?
また、管理会社はお手上げ状態といった感じですが、どんな支援を要求すればいいでのでしょうか?
よろしくお願いします。

みんなの回答

一般論として(少し専門的になりますが・・・)

①まず、区分所有者の不動産登記を確認して、銀行の担保が入っているかを確認してください。
 入っていなければ、先取特権に基づく競売が可能になります。

②滞納者の親族関係の情報があれば、その方向けに内容証明書を送付して、連絡を待ちます。
 連絡があれば、支払いの保証人交渉や第三者弁済等をする場合があります。
 過去に駐車場を利用していた方に対しては、車の所有者を適法に調査したこともあります。

③賃借人がいれば、債務名義取得後に家賃からの回収も可能です。

④行方不明の場合、登記簿の住所からの調査や借入のある銀行に情報がないか探ります。(銀行が競売をかけるか、支払いがあるか等)

⑤固定資産税の滞納がある場合、差し押さえされますので、競売されるのを待つ。

個々の状況に応じて対応が変わります。

参考になれば幸いです。(文責 花田法務事務所)

滞納者本人に対する法的手段は弁護士さんの領域になると思います。管理会社さんに対しては、契約時の重要事項説明書に滞納に関する事項があると思います。大体は6か月までは対処とり、その後は管理組合の責任とするというところが多いのではないでしょうか。それでもほとんどの管理会社さんはその後も対応をしてくださると思います。
管理会社さんに支援を求めるとしたら、弁護士さんの手配でしょうか。管理会社さんは顧問弁護士さんと契約していることと思います。
それよりも、これほどまでの滞納になる前に、管理会社さんの報告で対処すべきことと思います。滞納については毎月報告を受けていませんでしたか。滞納問題は、多額になる前に対応していかないと、払う側も、取り立てる側も負担が大きくなりますので、毎回の理事会で検討をしていただきたい問題と思います。

法的手段の方法については、アドバイザーの先生方にお任せしますが、
その前に、「行方不明で全く連絡がとれないということで」「管理会社はお手上げ状態~」という部分が気になります。
ROOM335さんは、ご自身で滞納者へ連絡を取ってみたことはありますか?

滞納の督促業務は管理委託契約に含まれていると思いますが、滞納金の回収は業務外なので、熱心にやっていただけているものか、心配です。

ご質問の回答にはなっていないかもしれませんが…
過去に当方にも2名の悪質な滞納者が居まして、管理会社を通して督促をしてもらっていましたが、
「1名は督促しても回答がない」「1名は部屋を売却し転居先から更に転居していて連絡先がわからない」といった報告でした。

理事長が管理会社を通さず直接連絡をとってみたところ、
1名は、督促状が届いて居らず残債がある事すら知りませんでした。2日後には全額完済してくれました。
もう1名は、理事長の指示で住民票の除票を管理会社に取り寄せてもらったところ、届け出のあった転居先の住所で亡くなられていることが判明しました。

管理会社に任せず、当事者である管理組合が主体性をもって動くことで、何かわかるかも知れません。

滞納者本人に対する法的手段は弁護士さんの領域になると思います。管理会社さんに対しては、契約時の重要事項説明書に滞納に関する事項があると思います。大体は6か月までは対処とり、その後は管理組合の責任とするというところが多いのではないでしょうか。それでもほとんどの管理会社さんはその後も対応をしてくださると思います。
管理会社さんに支援を求めるとしたら、弁護士さんの手配でしょうか。管理会社さんは顧問弁護士さんと契約していることと思います。
それよりも、これほどまでの滞納になる前に、管理会社さんの報告で対処すべきことと思います。滞納については毎月報告を受けていませんでしたか。滞納問題は、多額になる前に対応していかないと、払う側も、取り立てる側も負担が大きくなりますので、毎回の理事会で検討をしていただきたい問題と思います。

法的手段の方法については、アドバイザーの先生方にお任せしますが、
その前に、「行方不明で全く連絡がとれないということで」「管理会社はお手上げ状態~」という部分が気になります。
ROOM335さんは、ご自身で滞納者へ連絡を取ってみたことはありますか?

滞納の督促業務は管理委託契約に含まれていると思いますが、滞納金の回収は業務外なので、熱心にやっていただけているものか、心配です。

ご質問の回答にはなっていないかもしれませんが…
過去に当方にも2名の悪質な滞納者が居まして、管理会社を通して督促をしてもらっていましたが、
「1名は督促しても回答がない」「1名は部屋を売却し転居先から更に転居していて連絡先がわからない」といった報告でした。

理事長が管理会社を通さず直接連絡をとってみたところ、
1名は、督促状が届いて居らず残債がある事すら知りませんでした。2日後には全額完済してくれました。
もう1名は、理事長の指示で住民票の除票を管理会社に取り寄せてもらったところ、届け出のあった転居先の住所で亡くなられていることが判明しました。

管理会社に任せず、当事者である管理組合が主体性をもって動くことで、何かわかるかも知れません。

一般論として(少し専門的になりますが・・・)

①まず、区分所有者の不動産登記を確認して、銀行の担保が入っているかを確認してください。
 入っていなければ、先取特権に基づく競売が可能になります。

②滞納者の親族関係の情報があれば、その方向けに内容証明書を送付して、連絡を待ちます。
 連絡があれば、支払いの保証人交渉や第三者弁済等をする場合があります。
 過去に駐車場を利用していた方に対しては、車の所有者を適法に調査したこともあります。

③賃借人がいれば、債務名義取得後に家賃からの回収も可能です。

④行方不明の場合、登記簿の住所からの調査や借入のある銀行に情報がないか探ります。(銀行が競売をかけるか、支払いがあるか等)

⑤固定資産税の滞納がある場合、差し押さえされますので、競売されるのを待つ。

個々の状況に応じて対応が変わります。

参考になれば幸いです。(文責 花田法務事務所)

一般論として(少し専門的になりますが・・・)

①まず、区分所有者の不動産登記を確認して、銀行の担保が入っているかを確認してください。
 入っていなければ、先取特権に基づく競売が可能になります。

②滞納者の親族関係の情報があれば、その方向けに内容証明書を送付して、連絡を待ちます。
 連絡があれば、支払いの保証人交渉や第三者弁済等をする場合があります。
 過去に駐車場を利用していた方に対しては、車の所有者を適法に調査したこともあります。

③賃借人がいれば、債務名義取得後に家賃からの回収も可能です。

④行方不明の場合、登記簿の住所からの調査や借入のある銀行に情報がないか探ります。(銀行が競売をかけるか、支払いがあるか等)

⑤固定資産税の滞納がある場合、差し押さえされますので、競売されるのを待つ。

個々の状況に応じて対応が変わります。

参考になれば幸いです。(文責 花田法務事務所)

滞納者本人に対する法的手段は弁護士さんの領域になると思います。管理会社さんに対しては、契約時の重要事項説明書に滞納に関する事項があると思います。大体は6か月までは対処とり、その後は管理組合の責任とするというところが多いのではないでしょうか。それでもほとんどの管理会社さんはその後も対応をしてくださると思います。
管理会社さんに支援を求めるとしたら、弁護士さんの手配でしょうか。管理会社さんは顧問弁護士さんと契約していることと思います。
それよりも、これほどまでの滞納になる前に、管理会社さんの報告で対処すべきことと思います。滞納については毎月報告を受けていませんでしたか。滞納問題は、多額になる前に対応していかないと、払う側も、取り立てる側も負担が大きくなりますので、毎回の理事会で検討をしていただきたい問題と思います。