←トップへ戻る

欠席理事の議決権について

管理組合の運営

  • マンションタイプ :
    タワー型
  • マンションの戸数 :
    51〜200戸
  • 竣工年 :
    〜2000年

ウチのマンションの理事A氏が「今日、欠席した理事B氏から予め議決権の委任を受けているから、私の議決権は二人分だ。」と主張してきました。
ウチのマンションの役員規則では、同居する配偶者及び一親等を代理人として出席することは認めていますが、委任状による出席は認められていません。

そのことをA氏に説明したら、委任状というのは議長に出すのが委任状だから、私に託されたのは規則に定められた委任状には該当しないと、また、理事会の議事は出席理事の過半数で決すると規則にはあるから、欠席してる人の議決権はないのでは?と問うと「その委任を受けた私が『出席』しているのだから、二人分だ」と、主張してきました。

規則を曲解しているとしか思えないのですが、欠席した理事が別の理事に議決権を託すというのは許されるのでしょうか?

みんなの回答

欠席理事には議決権はありません。

許されません。管理組合と理事の関係は「委任」関係です。
受任者(理事)は委任者(管理組合)の許可なく、委任された仕事を他人に託す事(再委託)はできません。
丑松さんのマンションの規約に再委託を許可する条項が無ければ、理事の職務を別の人に委任することは許されません。
曲解理事さんの議決権は1人分、欠席理事さんの議決権は無しです。

理事さんは総会で選任されて、役員という職務を委任されるわけですから、本人が理事会に出席して議論をするということが求められると思います。
代理出席を認めているのでしたら、出席資格のある方がその議決権を行使することになるのでしょうけれど、その出席者がいなければ欠席となるのではないでしょうか。
理事会では委任は認めてはいないと思います。
委任ではなく、議決権行使書で意思を表明するのでしたらわかりますが、それでも規約に定めておかないと認めるべきではないと思います。
A氏は代理人の資格に該当していませんから、欠席理事の議決権を代理行使することはできないということになるのではないでしょうか。

A氏は規約を全く理解していないようです。規約に定めれば、理事がやむを得ず欠席する場合は、議決権行使書又は意見を記載した書面を出すことはできます。しかし、委任は総会の場合と異なり、例え規約に定めてもできません。規約に定めもないわけですから尚更できるわけがありません。

理事さんは総会で選任されて、役員という職務を委任されるわけですから、本人が理事会に出席して議論をするということが求められると思います。
代理出席を認めているのでしたら、出席資格のある方がその議決権を行使することになるのでしょうけれど、その出席者がいなければ欠席となるのではないでしょうか。
理事会では委任は認めてはいないと思います。
委任ではなく、議決権行使書で意思を表明するのでしたらわかりますが、それでも規約に定めておかないと認めるべきではないと思います。
A氏は代理人の資格に該当していませんから、欠席理事の議決権を代理行使することはできないということになるのではないでしょうか。

A氏は規約を全く理解していないようです。規約に定めれば、理事がやむを得ず欠席する場合は、議決権行使書又は意見を記載した書面を出すことはできます。しかし、委任は総会の場合と異なり、例え規約に定めてもできません。規約に定めもないわけですから尚更できるわけがありません。

許されません。管理組合と理事の関係は「委任」関係です。
受任者(理事)は委任者(管理組合)の許可なく、委任された仕事を他人に託す事(再委託)はできません。
丑松さんのマンションの規約に再委託を許可する条項が無ければ、理事の職務を別の人に委任することは許されません。
曲解理事さんの議決権は1人分、欠席理事さんの議決権は無しです。

欠席理事には議決権はありません。

回答がありません。