←トップへ戻る

エントランス扉(避難口の表示あり)内側からの施錠

管理組合の運営

建物の維持管理

  • マンションタイプ :
    単棟型
  • マンションの戸数 :
    201〜500戸
  • 竣工年 :
    〜2000年

リゾートマンションです。ホテルと同じように紙媒体で入館手続きをしていましたが、2011年に手間を省くために出入りの個人の特定が出来るように200万円の費用をかけて、入る時と出る時にIDカードを用いなければ出入りできない様な機器を設置しました。ところが、2017年に消防法と建築法に抵触していることが分かり2019年5月に出る時のカード-キーを解除しました。しかし11月に期が変わり新理事長が12月に元に戻しました。
理由は住民からも防犯上甘くなった、元に戻してほしいとの声があるとのことです。消防法建築法に触れることはお知らせを貼り出すほか、議事録でも丁寧に説明し配布しました。問い合わせた消防本部の担当者の名前、建築課の担当者の名前も明記しましたが1部猛反対する住民がおります。新理事長も反対派でした。消防法建築法に抵触していても構わないのでしょうか

みんなの回答

違法とはいっても、今迄放置しても問題ない程度の軽微なものだと思います。
リゾートだと高齢者が多いと思いますので、利便性を優先すべきです。

オートロックなどのように一般的には入館時だけカードを必要としているところが多いのではないかと思います。入館、退館ともに必要だと不便だからでしょう。たとえばピザの配達人やヘルパーさんが退館するときにカードを持っている人が同伴しないと外に出れなくなってしまいます(実際、居住者の方は同伴されているのでしょうか?)。

高いセキュリティーが必要な企業のオフィスでは入退の双方でカードが必要なところが多いです。個人情報の漏えい防止や勤怠管理が目的です。リゾートマンションにそれを求めるのはどうなのかなと思います。

消防法や建築基準法に違反しているのならそれを是正するのが常識的な対応と思います。しかし、多数の区分所有者がそれを望まないのであればいたしかたないと思います。現実的に考えますと災害時、エントランスドアを開けることができなかったために死傷するという可能性はかなり少ないです。避難通路は別に用意されているでしょうし、そこはカードなしで退出できるのだと思います。また災害時、セキュリティーシステムが自動的に解除される設定があるかもです。

違法なので大問題です。 
反対派は生命に関わる違法性があるのに順法意識が無いのに呆れました。 
事件や事故は自分には起こらないと考えているのでしょうか?
リゾートだと高齢者が多いからかな~

さて、
組合員全員は違法建築の建物に住んでいることになります。
違法に関しては管理組合代表者の理事長が法的に責任を負うはずなので、そうのように理解して貰って下さい。

そういったドア設備は非常時にだれでも開けられる「非常用開放レバー」が有るものです。
ドアの上の方など手が届きにくいけど救急隊や消防隊が操作できて、中に入るために設置されています。

違反と指摘されたのですからこの装置が無いと思われます。 
この解錠装置だけで法的に十分かは分りませんので、どう対応(改造)すれば良いか管理会社に調べてもらいましょう~
管理会社または工事を請け負った会社双方のミスの可能性があるので、ミスならやり直して貰って下さい。

*今の機器は故障すると出入りできない欠陥がありませんか? 

ヨコオ様
ご意見ありがとうございました。
法律相談もおこないました。
以下の弁護士の見解も公開しましたが(全戸配布)
それでも理事長は施錠と言う決断をしました。
施工したアルソックにも確認をお願いしていましたが
私が理事長をやめた途端に連絡もよこさず
仕様変更を行いました。
管理会社は傍観です。
組合員の方は施錠してもしなくても無関心みたいです。
:弁護士の見解
IDによるシステム設置の際にすでに条例があったのであれば、
条例に抵触するようなシステムを設置した業者に対して損害賠償請求はできるだろう。
(不法行為;知ってから3年間有効)
ただし、緊急時に開錠できないことの責任がどう評価されるのかといったことや、
少なくとも設置されていた期間(8年)に得た利益(管理面の向上)もあるという考え方
はされるだろう。

請求可能と考えられるのは、
・システム設置と解除にかかった費用
・遅延損害金(法定利息5%/年)
・弁護士費用
また、理事への請求も可能。
ただし、違法行為であったことを知らなかったことについて責任追及できるかといえばで
きるが、素人集団であることを考えるとその責任は軽減される可能性は大きいだろう。
なによりも同じ区分所有者の立場であることから避けた方がいい場合もある。
しかし法に抵触することが分かった理事が放置した場合、又法に抵触しているのを知って
再設置した場合は理事も損害賠償の対象になるでしょう。

ママ理事長さん、

損害賠償を請求すべきとの意見ではありません。

法律に詳しくない組合員をサポートすべき管理会社とALSOKに大きな非があるので、彼らから法律と利便性の両方を満足させるアイデアを出させるべきとの提案です。
解錠のトリガーは何でも良くて、リモコンキーでドアに近づいただけで解錠できる商品があります。
生体認証もあります。 

費用負担は次の課題ですね。

彼らの無知が原因で違法建築になってしまったのですからね!

8年も経ってるので無視されないように、弁護士さん名(代理人)から先方の見解を問い合わせては如何でしょうか?  

コンプライアンス上の問題なので社長室や法務部宛が良いかもしれない? 効果が有りそうな宛先も弁護士さんに相談出来ませんか?

法律遵守が最優先だと思っています。

二方向避難など、消防法・建築基準法に違反している場合は、担当部署から指導などをしてもらえればいいのでは?
セキュリティに関しては、法に沿った形でやればいいと思います。

まなさん
返信ありがとうございました。
管轄の建築指導室に連絡しましたが、指導はしないが
抵触しているのであれば直してくださいとのことでした。
消防本部の方は消防点検時に指導しますとのことです。
特に罰則もないので、消防点検時だけ解除しておけば
理事長が施錠を続けることは出来てしまうようですね。

防犯上甘くなったとはどのようなことを示されたのでしょうか。
入館がしっかり管理されていれば、退館はあまり防犯とは関係ないように思ってしまいます。
もし、火災などが起こって逃げなければいけないようなときに、キーがなければ出られないとなってしまうかもしれません。
お客さんが来たときは、帰りに外までお送りしなければならないのでしょうか。
そんなこと考えると、法律に抵触という前に、安全や生活に支障が出る気がします。
防犯上甘くなったというあいまいな感覚より、実際の問題のほうが大切なのではないでしょうか。

防犯上甘くなったという方は、入る時と出る時と両方に制限がかかっていた方が安心と考えています。
ただカードキーは各戸4枚と言う制限があり、全員分配られていません。
又、火災時は避難階段を通じて逃げるので、エントランスは使わないという見解です。
よろしくお願い致します。

防犯上甘くなったとはどのようなことを示されたのでしょうか。
入館がしっかり管理されていれば、退館はあまり防犯とは関係ないように思ってしまいます。
もし、火災などが起こって逃げなければいけないようなときに、キーがなければ出られないとなってしまうかもしれません。
お客さんが来たときは、帰りに外までお送りしなければならないのでしょうか。
そんなこと考えると、法律に抵触という前に、安全や生活に支障が出る気がします。
防犯上甘くなったというあいまいな感覚より、実際の問題のほうが大切なのではないでしょうか。

防犯上甘くなったという方は、入る時と出る時と両方に制限がかかっていた方が安心と考えています。
ただカードキーは各戸4枚と言う制限があり、全員分配られていません。
又、火災時は避難階段を通じて逃げるので、エントランスは使わないという見解です。
よろしくお願い致します。

二方向避難など、消防法・建築基準法に違反している場合は、担当部署から指導などをしてもらえればいいのでは?
セキュリティに関しては、法に沿った形でやればいいと思います。

まなさん
返信ありがとうございました。
管轄の建築指導室に連絡しましたが、指導はしないが
抵触しているのであれば直してくださいとのことでした。
消防本部の方は消防点検時に指導しますとのことです。
特に罰則もないので、消防点検時だけ解除しておけば
理事長が施錠を続けることは出来てしまうようですね。

違法なので大問題です。 
反対派は生命に関わる違法性があるのに順法意識が無いのに呆れました。 
事件や事故は自分には起こらないと考えているのでしょうか?
リゾートだと高齢者が多いからかな~

さて、
組合員全員は違法建築の建物に住んでいることになります。
違法に関しては管理組合代表者の理事長が法的に責任を負うはずなので、そうのように理解して貰って下さい。

そういったドア設備は非常時にだれでも開けられる「非常用開放レバー」が有るものです。
ドアの上の方など手が届きにくいけど救急隊や消防隊が操作できて、中に入るために設置されています。

違反と指摘されたのですからこの装置が無いと思われます。 
この解錠装置だけで法的に十分かは分りませんので、どう対応(改造)すれば良いか管理会社に調べてもらいましょう~
管理会社または工事を請け負った会社双方のミスの可能性があるので、ミスならやり直して貰って下さい。

*今の機器は故障すると出入りできない欠陥がありませんか? 

ヨコオ様
ご意見ありがとうございました。
法律相談もおこないました。
以下の弁護士の見解も公開しましたが(全戸配布)
それでも理事長は施錠と言う決断をしました。
施工したアルソックにも確認をお願いしていましたが
私が理事長をやめた途端に連絡もよこさず
仕様変更を行いました。
管理会社は傍観です。
組合員の方は施錠してもしなくても無関心みたいです。
:弁護士の見解
IDによるシステム設置の際にすでに条例があったのであれば、
条例に抵触するようなシステムを設置した業者に対して損害賠償請求はできるだろう。
(不法行為;知ってから3年間有効)
ただし、緊急時に開錠できないことの責任がどう評価されるのかといったことや、
少なくとも設置されていた期間(8年)に得た利益(管理面の向上)もあるという考え方
はされるだろう。

請求可能と考えられるのは、
・システム設置と解除にかかった費用
・遅延損害金(法定利息5%/年)
・弁護士費用
また、理事への請求も可能。
ただし、違法行為であったことを知らなかったことについて責任追及できるかといえばで
きるが、素人集団であることを考えるとその責任は軽減される可能性は大きいだろう。
なによりも同じ区分所有者の立場であることから避けた方がいい場合もある。
しかし法に抵触することが分かった理事が放置した場合、又法に抵触しているのを知って
再設置した場合は理事も損害賠償の対象になるでしょう。

ママ理事長さん、

損害賠償を請求すべきとの意見ではありません。

法律に詳しくない組合員をサポートすべき管理会社とALSOKに大きな非があるので、彼らから法律と利便性の両方を満足させるアイデアを出させるべきとの提案です。
解錠のトリガーは何でも良くて、リモコンキーでドアに近づいただけで解錠できる商品があります。
生体認証もあります。 

費用負担は次の課題ですね。

彼らの無知が原因で違法建築になってしまったのですからね!

8年も経ってるので無視されないように、弁護士さん名(代理人)から先方の見解を問い合わせては如何でしょうか?  

コンプライアンス上の問題なので社長室や法務部宛が良いかもしれない? 効果が有りそうな宛先も弁護士さんに相談出来ませんか?

法律遵守が最優先だと思っています。

オートロックなどのように一般的には入館時だけカードを必要としているところが多いのではないかと思います。入館、退館ともに必要だと不便だからでしょう。たとえばピザの配達人やヘルパーさんが退館するときにカードを持っている人が同伴しないと外に出れなくなってしまいます(実際、居住者の方は同伴されているのでしょうか?)。

高いセキュリティーが必要な企業のオフィスでは入退の双方でカードが必要なところが多いです。個人情報の漏えい防止や勤怠管理が目的です。リゾートマンションにそれを求めるのはどうなのかなと思います。

消防法や建築基準法に違反しているのならそれを是正するのが常識的な対応と思います。しかし、多数の区分所有者がそれを望まないのであればいたしかたないと思います。現実的に考えますと災害時、エントランスドアを開けることができなかったために死傷するという可能性はかなり少ないです。避難通路は別に用意されているでしょうし、そこはカードなしで退出できるのだと思います。また災害時、セキュリティーシステムが自動的に解除される設定があるかもです。

違法とはいっても、今迄放置しても問題ない程度の軽微なものだと思います。
リゾートだと高齢者が多いと思いますので、利便性を優先すべきです。

回答がありません。