←トップへ戻る

マンションエントランスでの「憩いの場」の事例

その他

管理組合の運営

  • マンションタイプ :
    単棟型
  • マンションの戸数 :
    〜50戸
  • 竣工年 :
    〜2000年

マンションの高齢化(認知症)対策で、住民同士の互助が必要です。助け合いのコミュニティが必要なのですが、その構築の方策として、住民の憩いの場をつくり、そこで、良好なコミュニティをつくり、助け合い文化つくりや軽度な認知症者への早期の対策にしたいのですが、良い憩いの場の活動事例はないでしょうか。どうすれば、高齢者の方が集まって貰えるでしょうか。何か良い案ありませんか。

みんなの回答

他の組合では集会室を使って老人会や囲碁将棋のクラブをやってるグループがいますが、同じ事を自治体やNPOでもやってます。 

まずは、こういったすでに活動実績があり継続的に運営されている組織の利用をお勧めします。

マンションタイプの老人ホームではないので難しいと思います。

コミュニティ形成とは、新しく何かを作ったからできるというものではないと思います。
すでに年数の経っているマンションのようですし、助け合い文化つくりなどは「押し付け」と受け取られてしまう懸念のあります。
私のところは築20年ほどになりますが、初めのころはみんなが顔見知りで、親しく話をしたりもできていましたが、最近は新しい方も増え、顔さえ知らない方も見受けるようになりました。

月並みですが、基本は挨拶だと思います。
それ以上は、あまり生活に入ってきてほしくない方もいると思います。
高齢者と子育て世代ではコミュニティーの在り方もまったく違います。
高齢者に集まってもらうということも、何の意味があるのかわかりません。
良かれと思うことがそうでないこともあるということも考えた方がいいように思います。
ネガティブな意見で失礼しました。

ご意見ありがとうございます。そのとおりですね。根本は「あいさつ」ですね。まず、あいさつから出来ないと無理ですね。あいさつから始まり、自然と定期的に集まれるような取組があればありがたいのですが。。。。。
良い手はなかなかないです。

コミュニティ形成とは、新しく何かを作ったからできるというものではないと思います。
すでに年数の経っているマンションのようですし、助け合い文化つくりなどは「押し付け」と受け取られてしまう懸念のあります。
私のところは築20年ほどになりますが、初めのころはみんなが顔見知りで、親しく話をしたりもできていましたが、最近は新しい方も増え、顔さえ知らない方も見受けるようになりました。

月並みですが、基本は挨拶だと思います。
それ以上は、あまり生活に入ってきてほしくない方もいると思います。
高齢者と子育て世代ではコミュニティーの在り方もまったく違います。
高齢者に集まってもらうということも、何の意味があるのかわかりません。
良かれと思うことがそうでないこともあるということも考えた方がいいように思います。
ネガティブな意見で失礼しました。

ご意見ありがとうございます。そのとおりですね。根本は「あいさつ」ですね。まず、あいさつから出来ないと無理ですね。あいさつから始まり、自然と定期的に集まれるような取組があればありがたいのですが。。。。。
良い手はなかなかないです。

マンションタイプの老人ホームではないので難しいと思います。

他の組合では集会室を使って老人会や囲碁将棋のクラブをやってるグループがいますが、同じ事を自治体やNPOでもやってます。 

まずは、こういったすでに活動実績があり継続的に運営されている組織の利用をお勧めします。

回答がありません。