←トップへ戻る

下階からのクレーム

住まいのトラブル

  • マンションタイプ :
    単棟型
  • マンションの戸数 :
    51〜200戸
  • 竣工年 :
    〜1981年

下の階の方から多くのクレームを多く言われます。。。
私の家からの生活音がうるさいと。
スリッパで歩く音も全て聞こえると言ってきます。
私達家族も当然気を付けていましたし、身に覚えがないながらも謝罪していました。
他の居住者数人を味方につけて家に直接言ってきたこともあります。
酷いときには何もしていないときに下から棒でつつかれます。

どうやらこの下階の方は両隣の家にもクレームをつけているようです。
トイレを流す音がうるさい、窓を閉める音がうるさい、水を流す音がうるさい、、、
気付いた時にはご自身で掲示物を作成して掲示板に勝手に貼っていたことも。

どう対応したらよいのでしょうか。

※我が家のフローリングの遮音等級は規約?細則?に書かれた基準を満たしています。

みんなの回答

全く同じトラブルを知っていますが、どちらかが引っ越すまで解決しません。

当方が知ってる事例では度重なる騒音苦情を受けた、上の階の住人が引っ越した後に入った新住人もまた引っ越しています。 明らかに音を出していない時にも苦情を言いにやって来たそうです。 
強気の住人なら受忍限度内だと言い切って、もう何も言ってこないように怒鳴り散らして退散させる人もいるでしょうね! 

以前に別件では知人は下から突かれた場合は、その時にドンドンと足音をさせて仕返ししていましたよ(w)

両隣にまで引っ越しさせたようですから、階下の住人はもう異常な人物と考えて差し支え無いと思います。 

単に音に敏感を通り越して、幻聴が聞こえているかもしれませんし、隣人を伴ってきたことから他の住人の質も悪そうなので、マンションが売れるうちに引っ越しをお勧めします。
築年数からもそう思いました。

解決の早道はあなたが引っ越すことですが、

・対処方法としては、その理事会とクレーマーの両側と階下の住人と共に、我慢できないならそのクレーマーの方が引っ越してくれって主張する。
・弱い人間には強く当たる人物は一般的に気が弱いので、怒鳴り返せばそれ以降はおとなしくなる可能性が高いので一度試してみてはどうですか?

・当方の経験事例ですが、理事会に面倒なことを言ってきた人物に大声で長々と怒鳴り返し続けた結果、相手が恐れをなし「もう良いです」、「要求はすべて撤回します」と引き下がったことがありました。
私は相手が怒鳴っている間も「撤回」としゃべっていたらしいのですが、相手が言ってる内容が聞き取れずに怒鳴り続けていました。 
怒って当然な時に怒れるのは健全な事なのです。 
・現実世界は正しい主張より、大きな声の主張が通るものです。・・これは評論家の竹村健一の言葉ですが w!

引っ越すことに気持ちが傾いた場合は、標準外の対応方法もとれますよね?
・下から突かれたら110番する。
・家にまで来たら直ぐに立ち去るように伝える。 立ち去らなかったら110番する。
・相手は社会性が無い性格異常者または正常との境界にいる人物と考えて対応すべきです。 安全な生活を守るには、異常者に不安を感じたら110番しましょう!  

それで毎回パトカーに出動してもらう事が肝心です。(全力を挙げて家族を守る行動をとりましょう)

ご回答ありがとうございます。
こちらとしても主張することは主張し、最悪の場合には引越も真剣に検討せざるを得ませんね。。。

マンション管理の仕事をしています。騒音トラブルが最も厄介です。
私も仕事柄、こういったトラブルの仲裁に入ることがありますが、「騒音で寝付けない。音を出させるな」と苦情を言った側に問題があることが多いです。
マンションで生活する以上、音をたてずに生活することは不可能です。ですので、私の場合、ある程度の音に関しては受忍義務があることを説明し、その上で、話を聞くことにしています。
そして、区分所有者(大抵が、一家の大黒柱の旦那さん)に直接連絡し、「騒音被害の届」があったが、
内容を文書でもらいえないか? と告げたあと、その文書の内容を精査し回答することにしています。
騒音に関しては、専有部同士の問題であるため、介入することを躊躇う管理会社もいますが、理事会を通してその経緯をつたえる方が宜しいかと思います。
ポイントとしては、生活音に苦情を入れている、ということでしょう。
窓を開ける音とか、トイレの水を流す音に関して苦情を入れるのは狂人です。
「貼り紙」といい、第三者を引き連れての苦情といい、かなり悪質ですね。
こういった生活音に関する苦情に目くじらを立てる方が直下に住まわれているだけで、気を揉むわけで、あまり続くとノイローゼになるます。その人物の指示に従う必要などありません、理事会(長)を通し、マンションでは受忍義務があることを告げてもらう方法が良いかと思います。
なお、理事会や管理会社は、苦情を言う人に騙され相手側の肩を持つこともありえますので、特段、騒音を出して居住しているわけではないことと、居住スペースで生活音を消すことは不可能であることを告げた上で、受忍義務について告知してもらうことをお勧めします。総会の議案にしても良いくらいの案件です。

「受忍義務」初めて目にしました。
理事会には「私達家族を問い詰める根拠作りのために音の計測をする」という名目で測定させ、問題ないことを証明し「受忍義務」を強く言えるようにしていくのも手かもしれませんね。

当方が以前住んでいたマンション(1990年頃築)は、生活音がうるさいと下の階からは文句を言われ、一方で上の階の生活音(掃除機、洗濯機の音、廊下を歩く音等)がうるさく上の階には度々お願いに行きました。

その結果、お互いに夜の掃除、洗濯はやらない事、歩き時には細心の注意を図ることで我慢を続けてきましたが、精神衛生上良くないと考え、今のマンションに買い換えることにしました。

今の新しいマンション(2008年築)は、上階で歩く音が聞こえないのは当然ながら、掃除機の音も聞こえないことには感激し、今は全く普通に暮らせるようになりました。
(ただ昔の習慣で夜の掃除と洗濯はしないようにしています。)

ですので「プーアルさん」に於かれましても、経済的余裕があれば、防音性能の高い新しいマンションに買い替えた方が良いとは思います。

ただ、このまま今のマンションに住まわれるのあれば、生活音に細心の注意を図った上で、それでも下の階からのクレームがあった場合には、しっかりと話をして我慢して貰うしかないのではと思います。

やはり引越ですか・・・。
過去にこれが原因で両隣の方が引っ越されたと伺っております。
検討するしかありませんね。

スリッパで歩く音等の最低限の生活音もうるさいと言う神経質な住民にはマンション生活は無理です。
そのような神経質なクレーマーには謝罪は無意味ですので、はっきりと通常の生活音は我慢するように言うべきです。
我慢出来ないのであれば、一軒家へ移って貰いましょう。

仰る通りこれが他の方も含めて理想な形ですね。。。

騒音問題はマンション生活上、一番多い問題です。原因の大半はフローリングです。昔のマンションは絨毯張りでしたが、ある時からフローリングが流行りはじめ、その時から騒音問題が急増し現在に至っています。マンションの規約は単にLL45以上と定めているだけのものが多く、これでは不十分です。直張り禁止、二重床等にすることが必要です。根本的にはフローリング禁止です。まれにフローリング禁止マンションもあるようです。
騒音問題に対応するには、まずは、加害者の立場にある上階の方が原因箇所に絨毯をひくこと等の対応が必要と思います。それでも、クレームがお納まらない場合は、理事会に相談して理事会を間にしてはどうでしょうか。理事会はいやがるかもしれませんが、上下階のみで話をしていてこじれると大きな問題になる可能性もあります。

実は生活スペースは全てカーペットを敷いており、理事会にも相談してるのです・・・。

私のマンションでも同様の問題で、下の階から繰り返しクレームが来ました。
ただ家族全員が気を付けておりましたことから、下階の方には「神経過敏では」とハッキリ言わせて頂きました。
その後、下の階から棒等で突っつく嫌がらせを受けましたが、文書で「嫌がらせを止めること」「もし騒音が我慢の限界を超えているのなら、騒音計で測定し民事訴訟で決着」と申し入れたところその後クレームは来なくなり、その後下の階の方は引っ越していきました。
基本的には上下階で騒音トラブルが出た場合は、上の階の方が立場が強いので、最低限の生活音を出す分には気にする必要は無いと思います。

ハッキリと言ってしまうのもありですね。。
すでにトラブルに発展していることから遠慮の必要はないかもしれませんね。

こういう場合には上階の方も被害者だと思います。
下階の方も気になって仕方ないでしょうけれど、上階の方もどうしていいのかわからないのでは。

大変失礼かと思いますが、築年数から考えると床スラブ自体が薄く、どうしても音が伝わってしまうのではないでしょうか。
それはお互い様だと思うのですが。
まして音はどのような方向に伝わるかわからないものです。

音が気になると、ちょっとした音でも耐えられなくなるようです。
何時も聞き耳を立てて、自らが音を拾うようなことになってしまう方もいます。
こういう相談は本当に多いのですが、解決方法は残念ながら見つかりません。
音がした時に確認に来て欲しいと言った方もいますが、行く方も気が引けるところもあるようで、なかなか実現できないようです。

結局はどちらかが出ていくしかないのが現状です。

究極はその通りだと思います。
過去には同様の理由で出ていかれた方もいるようです。
私達家族も本気で検討しようかと思っています。

スリッパで歩く音等の最低限の生活音もうるさいと言う神経質な住民にはマンション生活は無理です。
そのような神経質なクレーマーには謝罪は無意味ですので、はっきりと通常の生活音は我慢するように言うべきです。
我慢出来ないのであれば、一軒家へ移って貰いましょう。

仰る通りこれが他の方も含めて理想な形ですね。。。

当方が以前住んでいたマンション(1990年頃築)は、生活音がうるさいと下の階からは文句を言われ、一方で上の階の生活音(掃除機、洗濯機の音、廊下を歩く音等)がうるさく上の階には度々お願いに行きました。

その結果、お互いに夜の掃除、洗濯はやらない事、歩き時には細心の注意を図ることで我慢を続けてきましたが、精神衛生上良くないと考え、今のマンションに買い換えることにしました。

今の新しいマンション(2008年築)は、上階で歩く音が聞こえないのは当然ながら、掃除機の音も聞こえないことには感激し、今は全く普通に暮らせるようになりました。
(ただ昔の習慣で夜の掃除と洗濯はしないようにしています。)

ですので「プーアルさん」に於かれましても、経済的余裕があれば、防音性能の高い新しいマンションに買い替えた方が良いとは思います。

ただ、このまま今のマンションに住まわれるのあれば、生活音に細心の注意を図った上で、それでも下の階からのクレームがあった場合には、しっかりと話をして我慢して貰うしかないのではと思います。

やはり引越ですか・・・。
過去にこれが原因で両隣の方が引っ越されたと伺っております。
検討するしかありませんね。

私のマンションでも同様の問題で、下の階から繰り返しクレームが来ました。
ただ家族全員が気を付けておりましたことから、下階の方には「神経過敏では」とハッキリ言わせて頂きました。
その後、下の階から棒等で突っつく嫌がらせを受けましたが、文書で「嫌がらせを止めること」「もし騒音が我慢の限界を超えているのなら、騒音計で測定し民事訴訟で決着」と申し入れたところその後クレームは来なくなり、その後下の階の方は引っ越していきました。
基本的には上下階で騒音トラブルが出た場合は、上の階の方が立場が強いので、最低限の生活音を出す分には気にする必要は無いと思います。

ハッキリと言ってしまうのもありですね。。
すでにトラブルに発展していることから遠慮の必要はないかもしれませんね。

こういう場合には上階の方も被害者だと思います。
下階の方も気になって仕方ないでしょうけれど、上階の方もどうしていいのかわからないのでは。

大変失礼かと思いますが、築年数から考えると床スラブ自体が薄く、どうしても音が伝わってしまうのではないでしょうか。
それはお互い様だと思うのですが。
まして音はどのような方向に伝わるかわからないものです。

音が気になると、ちょっとした音でも耐えられなくなるようです。
何時も聞き耳を立てて、自らが音を拾うようなことになってしまう方もいます。
こういう相談は本当に多いのですが、解決方法は残念ながら見つかりません。
音がした時に確認に来て欲しいと言った方もいますが、行く方も気が引けるところもあるようで、なかなか実現できないようです。

結局はどちらかが出ていくしかないのが現状です。

究極はその通りだと思います。
過去には同様の理由で出ていかれた方もいるようです。
私達家族も本気で検討しようかと思っています。

騒音問題はマンション生活上、一番多い問題です。原因の大半はフローリングです。昔のマンションは絨毯張りでしたが、ある時からフローリングが流行りはじめ、その時から騒音問題が急増し現在に至っています。マンションの規約は単にLL45以上と定めているだけのものが多く、これでは不十分です。直張り禁止、二重床等にすることが必要です。根本的にはフローリング禁止です。まれにフローリング禁止マンションもあるようです。
騒音問題に対応するには、まずは、加害者の立場にある上階の方が原因箇所に絨毯をひくこと等の対応が必要と思います。それでも、クレームがお納まらない場合は、理事会に相談して理事会を間にしてはどうでしょうか。理事会はいやがるかもしれませんが、上下階のみで話をしていてこじれると大きな問題になる可能性もあります。

実は生活スペースは全てカーペットを敷いており、理事会にも相談してるのです・・・。

マンション管理の仕事をしています。騒音トラブルが最も厄介です。
私も仕事柄、こういったトラブルの仲裁に入ることがありますが、「騒音で寝付けない。音を出させるな」と苦情を言った側に問題があることが多いです。
マンションで生活する以上、音をたてずに生活することは不可能です。ですので、私の場合、ある程度の音に関しては受忍義務があることを説明し、その上で、話を聞くことにしています。
そして、区分所有者(大抵が、一家の大黒柱の旦那さん)に直接連絡し、「騒音被害の届」があったが、
内容を文書でもらいえないか? と告げたあと、その文書の内容を精査し回答することにしています。
騒音に関しては、専有部同士の問題であるため、介入することを躊躇う管理会社もいますが、理事会を通してその経緯をつたえる方が宜しいかと思います。
ポイントとしては、生活音に苦情を入れている、ということでしょう。
窓を開ける音とか、トイレの水を流す音に関して苦情を入れるのは狂人です。
「貼り紙」といい、第三者を引き連れての苦情といい、かなり悪質ですね。
こういった生活音に関する苦情に目くじらを立てる方が直下に住まわれているだけで、気を揉むわけで、あまり続くとノイローゼになるます。その人物の指示に従う必要などありません、理事会(長)を通し、マンションでは受忍義務があることを告げてもらう方法が良いかと思います。
なお、理事会や管理会社は、苦情を言う人に騙され相手側の肩を持つこともありえますので、特段、騒音を出して居住しているわけではないことと、居住スペースで生活音を消すことは不可能であることを告げた上で、受忍義務について告知してもらうことをお勧めします。総会の議案にしても良いくらいの案件です。

「受忍義務」初めて目にしました。
理事会には「私達家族を問い詰める根拠作りのために音の計測をする」という名目で測定させ、問題ないことを証明し「受忍義務」を強く言えるようにしていくのも手かもしれませんね。

全く同じトラブルを知っていますが、どちらかが引っ越すまで解決しません。

当方が知ってる事例では度重なる騒音苦情を受けた、上の階の住人が引っ越した後に入った新住人もまた引っ越しています。 明らかに音を出していない時にも苦情を言いにやって来たそうです。 
強気の住人なら受忍限度内だと言い切って、もう何も言ってこないように怒鳴り散らして退散させる人もいるでしょうね! 

以前に別件では知人は下から突かれた場合は、その時にドンドンと足音をさせて仕返ししていましたよ(w)

両隣にまで引っ越しさせたようですから、階下の住人はもう異常な人物と考えて差し支え無いと思います。 

単に音に敏感を通り越して、幻聴が聞こえているかもしれませんし、隣人を伴ってきたことから他の住人の質も悪そうなので、マンションが売れるうちに引っ越しをお勧めします。
築年数からもそう思いました。

解決の早道はあなたが引っ越すことですが、

・対処方法としては、その理事会とクレーマーの両側と階下の住人と共に、我慢できないならそのクレーマーの方が引っ越してくれって主張する。
・弱い人間には強く当たる人物は一般的に気が弱いので、怒鳴り返せばそれ以降はおとなしくなる可能性が高いので一度試してみてはどうですか?

・当方の経験事例ですが、理事会に面倒なことを言ってきた人物に大声で長々と怒鳴り返し続けた結果、相手が恐れをなし「もう良いです」、「要求はすべて撤回します」と引き下がったことがありました。
私は相手が怒鳴っている間も「撤回」としゃべっていたらしいのですが、相手が言ってる内容が聞き取れずに怒鳴り続けていました。 
怒って当然な時に怒れるのは健全な事なのです。 
・現実世界は正しい主張より、大きな声の主張が通るものです。・・これは評論家の竹村健一の言葉ですが w!

引っ越すことに気持ちが傾いた場合は、標準外の対応方法もとれますよね?
・下から突かれたら110番する。
・家にまで来たら直ぐに立ち去るように伝える。 立ち去らなかったら110番する。
・相手は社会性が無い性格異常者または正常との境界にいる人物と考えて対応すべきです。 安全な生活を守るには、異常者に不安を感じたら110番しましょう!  

それで毎回パトカーに出動してもらう事が肝心です。(全力を挙げて家族を守る行動をとりましょう)

ご回答ありがとうございます。
こちらとしても主張することは主張し、最悪の場合には引越も真剣に検討せざるを得ませんね。。。

回答がありません。