←トップへ戻る

建物診断の必要性

大規模修繕工事

  • マンションタイプ :
    単棟型
  • マンションの戸数 :
    〜50戸
  • 竣工年 :
    〜2000年

築20年超のマンションです。第二回目の大規模修繕を行うにあたり、建物診断を実施しないで修繕を行うと理事会で進めていることがわかりました。建物診断を実施して現状を客観的に把握しないと適切な修繕ができないと思うのですが、皆様のご意見を拝聴したいと思います。

みんなの回答

Q.長期修繕計画に基づいた修繕内容でしょうか?

建物診断は必須では無いしやらないよりやった方が良いのですが、理事会に任せれば良いと思います。

小規模マンションで2回目の修繕なら特段の問題は無いと思います。

当方は建物診断のメリットを長期修繕計画に基づく修繕時期を、先延ばしに出来る事だと思っています。 計画より状態が良いことが分かれば資金が少なくて済みます。 

修繕は漏水や錆の補修が主ですから場所は見て分かります。
ただし、足場を設置しないと分からない場所は診断でも分かりませんので、不具合有れば修繕中に追加工事のオファーが来ると思います。
これはしかた有りません。

一般論としては大規模修繕工事に際して建物診断が必要です。但し、飽くまで一般論です。建物診断なしに大規模修繕を進めようとしているとのことですが、何か理由があるのではないでしょうか。理由を理事会に確認してはいかがですか。

アドバイスいただき、ありがとうございます。毎年建物点検(目視)をしているから・・・だそうです。かなり高額のお金が動くので、再度確認してみます。

一般論としては大規模修繕工事に際して建物診断が必要です。但し、飽くまで一般論です。建物診断なしに大規模修繕を進めようとしているとのことですが、何か理由があるのではないでしょうか。理由を理事会に確認してはいかがですか。

アドバイスいただき、ありがとうございます。毎年建物点検(目視)をしているから・・・だそうです。かなり高額のお金が動くので、再度確認してみます。

Q.長期修繕計画に基づいた修繕内容でしょうか?

建物診断は必須では無いしやらないよりやった方が良いのですが、理事会に任せれば良いと思います。

小規模マンションで2回目の修繕なら特段の問題は無いと思います。

当方は建物診断のメリットを長期修繕計画に基づく修繕時期を、先延ばしに出来る事だと思っています。 計画より状態が良いことが分かれば資金が少なくて済みます。 

修繕は漏水や錆の補修が主ですから場所は見て分かります。
ただし、足場を設置しないと分からない場所は診断でも分かりませんので、不具合有れば修繕中に追加工事のオファーが来ると思います。
これはしかた有りません。

回答がありません。