←トップへ戻る

突発的な外壁防水工事は修繕積立金からの支出?

建物の維持管理

管理組合の会計

  • マンションタイプ :
    単棟型
  • マンションの戸数 :
    〜50戸
  • 竣工年 :
    〜2000年

高所外壁からの漏水事故に伴い補修工事に250万円ほど工事代が掛かりました(保険対象外)。突発的な漏水事故のため予算には入れていませんでした。この場合は『修繕積立金』からの支出か『管理費』からの支出、どちらかよろしいでしょうか?定義があるなら教えて下さい。

みんなの回答

今後ある大規模修繕の含まれている箇所であれば、修繕積立金の前倒になるかと。

保存行為を超える修繕でなければ「一般会計」からの支出になります。
詳細は不明ですが、多分一般会計で問題ないと思います。

どの程度なのか、原因は何なのかわかりませんので正確ではないかもしれません。
保存行為を超える修繕でしたら「修繕積立金」からの支出になるのではないでしょうか。
緊急対応が必要な場合、標準管理規約では、災害等とはなっていますが総会開催を待てないようなこともありますので、そのような場合には、理事会で修繕積立金を取り崩すことができるとしています。
すでに工事が済んでいるとのことですから、修繕積立金の予算の変更をしてはいかがでしょう。
今後は、修繕積立金会計にも予備費を取っておくといいと思います。

『修繕積立金』から支出する場合は総会決議が必要ですので臨時総会の開催が必要です。

一方『管理費』から支出する場合は理事会決議で事足りるので支出が容易です。

当方であれば、赤字覚悟で一般会計の修繕費で支出し、総会の業務報告で赤字報告すると思います。

ご回答、ありがとうございました。参考とさせて頂きます。

『修繕積立金』から支出する場合は総会決議が必要ですので臨時総会の開催が必要です。

一方『管理費』から支出する場合は理事会決議で事足りるので支出が容易です。

当方であれば、赤字覚悟で一般会計の修繕費で支出し、総会の業務報告で赤字報告すると思います。

ご回答、ありがとうございました。参考とさせて頂きます。

どの程度なのか、原因は何なのかわかりませんので正確ではないかもしれません。
保存行為を超える修繕でしたら「修繕積立金」からの支出になるのではないでしょうか。
緊急対応が必要な場合、標準管理規約では、災害等とはなっていますが総会開催を待てないようなこともありますので、そのような場合には、理事会で修繕積立金を取り崩すことができるとしています。
すでに工事が済んでいるとのことですから、修繕積立金の予算の変更をしてはいかがでしょう。
今後は、修繕積立金会計にも予備費を取っておくといいと思います。

保存行為を超える修繕でなければ「一般会計」からの支出になります。
詳細は不明ですが、多分一般会計で問題ないと思います。

今後ある大規模修繕の含まれている箇所であれば、修繕積立金の前倒になるかと。

回答がありません。