←トップへ戻る

国から配布されるマスク

大規模修繕工事

管理組合の運営

  • マンションタイプ :
    単棟型
  • マンションの戸数 :
    51〜200戸
  • 竣工年 :
    2001年〜

質問とは違いますが、皆様のお考えをお伺いできたらと思います。
国から布製のマスク2枚が全世帯に配布されることになりましたが、私自身は市販のマスクの在庫がありますので、この度配布されるマスクは必要はないです。
同じマンションに住む方の中には、お子さんもいらっしゃるので2枚では足りないという方もいると思います。
そこでマンション内で欲しい方と不用な方の橋渡しができればと考えました。
不用な方は管理員室ポストに入れていただいて、欲しい方は全戸に配布した申込書を管理員室ポストの入れていただくことにしました。
マスクが届くのはマンションでは同じ日になると思いますので、それから1週間ぐらいをめどに抽選をしようと思っています。

回収できる数が少ない予想もありますが、皆様はどのようにお感じになられますでしょうか。

是非ともご意見をお聞かせいただきたいのですが。
よろしくお願いいたします。

みんなの回答

管理組合の本来の仕事ではないと思われますが居住者間のコミュニケーション向上に良いアイデアだと思います。新型コロナウイルスの感染収束の見通しが立たない今、マスクの価値は高く購入が難しい状況は変わっていません。そのためこのような企画では思いがけないトラブルの発生も想定されます。実施に当たっては十分な検討ときめ細かい配慮が必要かと思います。
理事会の企画ではなくあくまで居住者有志が発案したもので、提供されたマスクの保管、抽選、配付などは管理会社がサポートするという形が良いのではと考えました。うまくいくと良いですね。

地域やそれぞれのマンションのコミュニティ形成の状態によっても違うのでしょう。
この度、住民一人につき一律10万円が給付されることになりましたが、それについても自分は必要ではないから寄付したいと基金が設けられるような話も出ています。
自分は10万円は要らないとは言えませんし、マスクのこととはけた違いだとは思いますが、根本は助け合いということで同じだと思いました。
世間に対してというスケールでは無理なことですが、マンション内でという自分の範囲内のコミュニティで役立つことを考えるのは可能なことだと思いました。
【みんなの管理組合】というサイトは、いろいろな角度で意見が出され勉強になります。
このような提案が示されたのもさすがだと思います。
たかがマスクの問題ではないように感じました。


管理組合がそこまでやる必要は無いのでは思います。

私の周りにもこのマスクは要らないという方結構いますよ。
まだ届いていないのでわかりませんが、テレビなどではかなり小さいと言っています。
子供にはいいのではないですか。
マスクも個別包装されているでしょうからポストに入れることで感染する心配はないでしょう。
それで感染することを心配するのでしたら、郵便物や新聞も触れなくなってしまうのではないですか。
そんな大変な作業にも思えないですし。
しかも466億円かけているマスクですから無駄にはしたくないです。

こんな時に他人のこと心配できるのは感心しました。

メロディーさんのマンションも都内だと思いますが、都区内はウイルスが蔓延している状況ですのでその様な作業をするすること自体がリスクなのではないでしょうか?

当方のマンションならマスクの橋渡しは個人対個人で対応していただき理事会は一切関知しないようにして、万一マスクの受け渡しで新型コロナが感染しても責任を負わないように注意します。

それ以前に当方のマンションの理事会ではインターネットでの理事会さえも反対が多く活動が停止しており、理事会としての活動は完全に停止しています。

私のところは都内ではありませんが気をつけます。
ビデオ会議も参加できない方がいるのではと検討中です。
とにかく早く正常に戻りたいですね。
ありがとうございました。

メロディーさんのマンションも都内だと思いますが、都区内はウイルスが蔓延している状況ですのでその様な作業をするすること自体がリスクなのではないでしょうか?

当方のマンションならマスクの橋渡しは個人対個人で対応していただき理事会は一切関知しないようにして、万一マスクの受け渡しで新型コロナが感染しても責任を負わないように注意します。

それ以前に当方のマンションの理事会ではインターネットでの理事会さえも反対が多く活動が停止しており、理事会としての活動は完全に停止しています。

私のところは都内ではありませんが気をつけます。
ビデオ会議も参加できない方がいるのではと検討中です。
とにかく早く正常に戻りたいですね。
ありがとうございました。

私の周りにもこのマスクは要らないという方結構いますよ。
まだ届いていないのでわかりませんが、テレビなどではかなり小さいと言っています。
子供にはいいのではないですか。
マスクも個別包装されているでしょうからポストに入れることで感染する心配はないでしょう。
それで感染することを心配するのでしたら、郵便物や新聞も触れなくなってしまうのではないですか。
そんな大変な作業にも思えないですし。
しかも466億円かけているマスクですから無駄にはしたくないです。

こんな時に他人のこと心配できるのは感心しました。

地域やそれぞれのマンションのコミュニティ形成の状態によっても違うのでしょう。
この度、住民一人につき一律10万円が給付されることになりましたが、それについても自分は必要ではないから寄付したいと基金が設けられるような話も出ています。
自分は10万円は要らないとは言えませんし、マスクのこととはけた違いだとは思いますが、根本は助け合いということで同じだと思いました。
世間に対してというスケールでは無理なことですが、マンション内でという自分の範囲内のコミュニティで役立つことを考えるのは可能なことだと思いました。
【みんなの管理組合】というサイトは、いろいろな角度で意見が出され勉強になります。
このような提案が示されたのもさすがだと思います。
たかがマスクの問題ではないように感じました。


管理組合の本来の仕事ではないと思われますが居住者間のコミュニケーション向上に良いアイデアだと思います。新型コロナウイルスの感染収束の見通しが立たない今、マスクの価値は高く購入が難しい状況は変わっていません。そのためこのような企画では思いがけないトラブルの発生も想定されます。実施に当たっては十分な検討ときめ細かい配慮が必要かと思います。
理事会の企画ではなくあくまで居住者有志が発案したもので、提供されたマスクの保管、抽選、配付などは管理会社がサポートするという形が良いのではと考えました。うまくいくと良いですね。

管理組合がそこまでやる必要は無いのでは思います。

回答がありません。