←トップへ戻る

特別決議で実施が決議されたものが中止に

管理規約

大規模修繕工事

  • マンションタイプ :
    単棟型
  • マンションの戸数 :
    201〜500戸
  • 竣工年 :
    2001年〜

コロナ騒ぎで議案を最小限にして、来月に定期総会が開催の予定です。

議案書を見ると昨年の定期総会で特別決議で決議されていた「駐車場の駐輪場への変更」が、コロナにより経済状況が急変したこと、さらにはコロナで業者が入って来ることは危険との理由で、中止するとの議案がさりげなく入っていました。

当マンションでは自転車置場が不足しているのに対し、駐車場が余っています。
(平置き駐車場は満杯ですが機械式駐車場は半分以上余っています。)
この様な状況から工事が容易な平置き駐車場を駐輪場に変更するもので、3/4以上の多数で承認されたものでした。

ところが理事長や主要理事が平置き駐車場を使っていることもあり、駐輪場への用途変更工事は実施されず、今年の総会では特別決議で決めた内容を中止するとの議案が普通決議で出てきました。
私のマンションでは大半の住民の方が無関心で委任状か議決権行使で済ませるので、中止議案は普通決議で可決されると思います。

ただ昨年、自転車置き場を心待ちにして特別決議で可決され実施が承認されている議案が今年になって普通決議でボツにされるのは納得いきません。

特別決議で実施を決議したものを普通決議で取り止めることには法的に問題はないのでしょうか?

みんなの回答

普通決議で取り止めても別に問題ありません。

普通決議で特に問題ないと考えられます。

平置き駐車場を駐輪場に変更しても大きなメリットはありませんが、機械式駐車場を平面化し自転車置き場に変更した方がはるかにメリットがあります。

asaka50さん、ご返答有難うございます。

特別決議で可決された事業を普通決議で中止しても法的には問題ありませんが、理事会活動としての継続性に問題があると思います。

東京急行さん、ご返答有難うございます。
総会で反対するしか方法は無いのでしょうか?

特別決議で可決された事業を普通決議で中止しても法的には問題ありません。
管理組合の集会の議事(総会議案)は基本的に普通決議(過半数の賛成)で決し(区分所有法39条)、”特別決議事項”として別段に定められたものだけは内容によって4分の3以上など高いハードルが設定されています。
特別決議事項として別段に定められた中に「共用部分の重大変更」(区分所有法17条)が含まれ、駐車場の一部を駐輪場に用途変更することはこれに当たります。
一方で「共用部分の変更の中止」は特別決議事項として別段に定められておらず、普通決議で良い事になります。

コロナ禍で状況が変わったことを理由に承認された事業の執行を凍結するマンションは多いと思います。「中止」せずとも「延期」する方法も考えられますね。また、一旦、中止が決まった事業でも危難が過ぎ去った後で再開することも考えられます。今回 中止が可決されたとしても、今後も検討が継続されるよう希望を述べて議事録に残しておくことには意義があると思います。

三毛猫さん、ご返答有難うございます。
総会で反対するしか方法は無いのでしょうか?

総会で反対する他に、総会席上で討議をして決議保留に持っていく方法も考えられます。
中止の理由が、「コロナで経済状況が急変した、業者が入ってくることは危険」という事ですが…

平置き駐車場が屋外又はオープンエアーな場所なら、業者さんの作業現場もそちらだと思います。室内に入るわけでもないし、危険でしょうか?
平置き駐車場を駐輪場にするために、駐輪ラックなどを設置すれば工事費用がかかりますが、「平置きの駐輪場」にするだけならばホームセンターで売っている白テープを貼って区画するだけなのでさほど経済的打撃があるとは思えません。そのような方法に変更して実施しては?
また、コロナはいずれ収束する日がやってきますので、延期すれば十分であり、先が見通せない現時点で中止する必要は無いのでは?
このような意見を総会で述べて、「中止の決議は拙速」「現在は延期に留め、一旦決議保留、コロナが収束後に改めて中止の必要性を審議した方が良い。」といった方向に話を持って行けたら良いかと思います。

まず、その決議が間違いです。
平置きと機械式であれば
機械式の場合、今後維持管理費用がかかりますので
機械式を撤去した方がいいです。
どちらが、将来経済的か今後の支出と収入を計算してみましょう。
点検代や設備更新費用など馬鹿になりませんよ。
次に、解体費用なんですが
多くの管理組合は、ある程度の台数の使用で管理と修繕が出来るように駐車代金を決めています。
本来、駐車場代は、一旦管理費に計上して、維持管理で余った収入は修繕積立金に移動させますが、大半の管理組合はそのままで管理費として支出して、お金がない!ってことになっています。
今までの駐車場だけの会計を計算して。
余剰金がいくらあるかを出して、その金額以内で、修繕積立金から立体の解体費にあてることは出来ないでしょうか、
修繕積立金の取り崩しの様に見えますが、駐車場の余剰金が修繕積立金に移動せず、管理費として支出されてるだけで、取り崩しではなく、今までの処理の間違いです。
平地にするのに費用は掛かりますが、平地は修繕がいらないので、収入の使い道がある程度ゆるくなります。
もちろん、機械式がある以上、平地で機械式の支出を負担する必要はありますが
将来の収入と支出の予想と過去の収入と支出をから余剰金がいくらあるかを計算してはいかがでしょうか?

なおさん、ご返答有難うございます。

法律の専門家ではありませんが、正規の手続きで「取り止め」を決議されるなら法的にも有効ではないのでしょうか。

さくらさん、ご返答有難うございます。
総会で反対するしか方法は無いのでしょうか?

法律の専門家ではありませんが、正規の手続きで「取り止め」を決議されるなら法的にも有効ではないのでしょうか。

さくらさん、ご返答有難うございます。
総会で反対するしか方法は無いのでしょうか?

まず、その決議が間違いです。
平置きと機械式であれば
機械式の場合、今後維持管理費用がかかりますので
機械式を撤去した方がいいです。
どちらが、将来経済的か今後の支出と収入を計算してみましょう。
点検代や設備更新費用など馬鹿になりませんよ。
次に、解体費用なんですが
多くの管理組合は、ある程度の台数の使用で管理と修繕が出来るように駐車代金を決めています。
本来、駐車場代は、一旦管理費に計上して、維持管理で余った収入は修繕積立金に移動させますが、大半の管理組合はそのままで管理費として支出して、お金がない!ってことになっています。
今までの駐車場だけの会計を計算して。
余剰金がいくらあるかを出して、その金額以内で、修繕積立金から立体の解体費にあてることは出来ないでしょうか、
修繕積立金の取り崩しの様に見えますが、駐車場の余剰金が修繕積立金に移動せず、管理費として支出されてるだけで、取り崩しではなく、今までの処理の間違いです。
平地にするのに費用は掛かりますが、平地は修繕がいらないので、収入の使い道がある程度ゆるくなります。
もちろん、機械式がある以上、平地で機械式の支出を負担する必要はありますが
将来の収入と支出の予想と過去の収入と支出をから余剰金がいくらあるかを計算してはいかがでしょうか?

なおさん、ご返答有難うございます。

平置き駐車場を駐輪場に変更しても大きなメリットはありませんが、機械式駐車場を平面化し自転車置き場に変更した方がはるかにメリットがあります。

asaka50さん、ご返答有難うございます。

特別決議で可決された事業を普通決議で中止しても法的には問題ありませんが、理事会活動としての継続性に問題があると思います。

東京急行さん、ご返答有難うございます。
総会で反対するしか方法は無いのでしょうか?

特別決議で可決された事業を普通決議で中止しても法的には問題ありません。
管理組合の集会の議事(総会議案)は基本的に普通決議(過半数の賛成)で決し(区分所有法39条)、”特別決議事項”として別段に定められたものだけは内容によって4分の3以上など高いハードルが設定されています。
特別決議事項として別段に定められた中に「共用部分の重大変更」(区分所有法17条)が含まれ、駐車場の一部を駐輪場に用途変更することはこれに当たります。
一方で「共用部分の変更の中止」は特別決議事項として別段に定められておらず、普通決議で良い事になります。

コロナ禍で状況が変わったことを理由に承認された事業の執行を凍結するマンションは多いと思います。「中止」せずとも「延期」する方法も考えられますね。また、一旦、中止が決まった事業でも危難が過ぎ去った後で再開することも考えられます。今回 中止が可決されたとしても、今後も検討が継続されるよう希望を述べて議事録に残しておくことには意義があると思います。

三毛猫さん、ご返答有難うございます。
総会で反対するしか方法は無いのでしょうか?

総会で反対する他に、総会席上で討議をして決議保留に持っていく方法も考えられます。
中止の理由が、「コロナで経済状況が急変した、業者が入ってくることは危険」という事ですが…

平置き駐車場が屋外又はオープンエアーな場所なら、業者さんの作業現場もそちらだと思います。室内に入るわけでもないし、危険でしょうか?
平置き駐車場を駐輪場にするために、駐輪ラックなどを設置すれば工事費用がかかりますが、「平置きの駐輪場」にするだけならばホームセンターで売っている白テープを貼って区画するだけなのでさほど経済的打撃があるとは思えません。そのような方法に変更して実施しては?
また、コロナはいずれ収束する日がやってきますので、延期すれば十分であり、先が見通せない現時点で中止する必要は無いのでは?
このような意見を総会で述べて、「中止の決議は拙速」「現在は延期に留め、一旦決議保留、コロナが収束後に改めて中止の必要性を審議した方が良い。」といった方向に話を持って行けたら良いかと思います。

普通決議で取り止めても別に問題ありません。

普通決議で特に問題ないと考えられます。

回答がありません。