←トップへ戻る

重大規約違反者の理事会役員の立候補の可否

管理規約

管理組合の運営

  • マンションタイプ :
    単棟型
  • マンションの戸数 :
    201〜500戸
  • 竣工年 :
    2001年〜

私のマンションの理事会の理事は、基本立候補制で足りない場合に輪番制で任命されますが、昨年は3名の住民の方が立候補しました。
ところが昨年はその内1名の方が重大な規約違反(立候補の1年前の管理料不払)とのことで理事会より「貴殿は役員候補者としない」と通知して終わりました。

ところが今年もまた同じ住民の方が立候補してきたことから、その取り扱いについて議論したところ、管理費不払いから2年を経過していることから、理事会として今回は立候補を認める方向になりました。

ただ理事会役員(本人は理事長希望)になってからの管理費不払いは組合員への影響が大きいため、本人には「今後は管理費等の不払いは起こさない」との誓約書を書く様に要請しました。
ところが本人からは管理会社経由で口頭では不払いはしないと言っていますが、誓約書等の文書での提出は絶対に拒否の姿勢です。

理事会理事の中では立候補を認めるかどうかの賛否がほぼ拮抗していますことから、この様なケースはどの様に取り扱えば良いのでしょうか。

みんなの回答

管理会社に確認すれば分かると思いますが、理事立候補の拒否は重大な法令違反です。

竜巻さん、回答いただきありがとうございます。

現在の理事が留任して多数派になれば阻止できますよ。

ヨコオさん、回答いただきありがとうございます。

不払いが継続されているなら義務違反者として拒否できますが、現在は解消して現在の不払いが無いなら、義務は果たされています。
義務を果たしている人には当然に権利があるのではないでしょうか?

東京急行さん、回答いただきありがとうございます。
よく分かり助かりました。

管理費の滞納はいけませんが
故意でない場合、リストラとかなら
かなり厳しいですね。
立候補理由を確認してはいかがでしょうか?

なおさん誠にありがとうございます。
管理の滞納は完全な故意です。
3年前に管理費の値上げの総会決議での不満で、故意に滞納された方で、約1年の間滞納していました。
最初の半年は管理会社から口頭・文書で催促しましたが無視され続け、最後は弁護士を使い提訴すると通知したところ渋々支払って頂きました。
私達のマンションは理事長のなり手がおらずいつもくじ引きで理事長を決めており、本人は理事長になる気満々で、管理費の値下げをすると息巻いておられますので、今後どうなるのか心配しております。

管理組合員には管理費等の支払いをする義務や規約を遵守して生活する義務があり、その一方で総会で議決権を行使する権利や役員に就任して理事会運営をする権利があると思います。権利と義務はワンセットだと思います。
過去の不払いは解消して現在の不払いが無いなら、義務は果たされています。義務を果たしている人には当然に権利があるのではないでしょうか?
理事会がその権利行使の可否を判断することが越権行為にならないか?立候補にあたって誓約書を求める場合は、役員候補者全員に同じように求め、以後も継続的に求めませんと特定の人の権利を侵害しているとも捉えられかねません。慎重になさることをお勧めします。

三毛猫さん、ありがとうございます。
管理費の値上げの総会決議に不満があって、故意に滞納された方で、約1年の間滞納していました。
最初の半年は管理会社から口頭・文書で催促しましたが無視され続け、最後は弁護士を使い提訴すると通知したところ渋々支払って頂きました。
私達のマンションは理事長のなり手がおらずいつもくじ引きで理事長を決めており、本人は理事長になる気満々で、管理費の値下げをすると息巻いておられますので、今後どうなるのか心配しております。

その方が理事長になっても、管理費値下げの議案を総会に上程しても、皆さんの多数決で否決することが出来るのですから問題はないのではありませんか?役員になれば管理組合の財政を真剣に考える機会となり、その方は単なる反対勢力ではなくなる効果があるかも知れません。

滞納中に立候補してきたということでしたら認めないとするのは当然でしょうけれど、過去に滞納があったから認めないというのは行き過ぎだと思います。
一度拒否されたにもかかわらず、今年も立候補してきたということは、よほど信念を持っていらっしゃるのではないでしょうか。

滞納は当然区分所有者として義務違反になりますが、この方だけに誓約書の提出を要請するのは不公平ではないでしょうか。
新しく役員になった方も、任期の途中で滞納するかもしれません。

理事長になって滞納したら影響が大きいということでしたら、その時点で理事長を解任すればいいのではないでしょうか。
理事長の解任は理事会でできます。
それにご本人が理事長を希望しても、理事会で選ばれないかもしれませんし、来期の理事さんたちにお任せしてはいかがですか。

また役員を選出するのは理事会ではなく区分所有者の皆さんです。
この方だけへの誓約書提出の要請は、理事会の権力の横暴に感じます。
心配でしたら役員に就任される皆さんに誓約書を提出していただいてはいかがでしょう。

まれに組合運営に不満があって、故意に滞納する方がいますが。
しかし、この方は2年前に滞納を解消しているとのことですから、そうであったとしても、そのようなことは不適切だとわかっていると思います。
ご自分が理事長になって運営をするようになれば、かえって滞納するようなこともないでしょう。

黒猫風ちゃんさん誠にありがとうございます。
管理費の値上げの総会決議に不満があって、故意に滞納された方で、約1年の間滞納していました。
最初の半年は管理会社から口頭・文書で催促しましたが無視され続け、最後は弁護士を使い提訴すると通知したところ渋々支払って頂きました。
私達のマンションは理事長のなり手がおらずいつもくじ引きで理事長を決めており、本人は理事長になる気満々で、管理費の値下げをすると息巻いておられますので、今後どうなるのか心配しております。

その方はたぶん反骨精神旺盛な方なのでしょう。
ご自分でもやりすぎたと思っているので滞納を解消したのだと思います。
反骨精神を持つ方に対しては、共感を持つ方と、拒絶反応を示す方に分かれます。
さくらさんはこういう方は苦手な方なのでしょう。
でもこの方は、しっかりとご自分の考えを持ち、問題に立ち向かおうとなさっているのだと思いますよ。
無関心な方が理事になるよりよっぽど有意義だと思います。

滞納中に立候補してきたということでしたら認めないとするのは当然でしょうけれど、過去に滞納があったから認めないというのは行き過ぎだと思います。
一度拒否されたにもかかわらず、今年も立候補してきたということは、よほど信念を持っていらっしゃるのではないでしょうか。

滞納は当然区分所有者として義務違反になりますが、この方だけに誓約書の提出を要請するのは不公平ではないでしょうか。
新しく役員になった方も、任期の途中で滞納するかもしれません。

理事長になって滞納したら影響が大きいということでしたら、その時点で理事長を解任すればいいのではないでしょうか。
理事長の解任は理事会でできます。
それにご本人が理事長を希望しても、理事会で選ばれないかもしれませんし、来期の理事さんたちにお任せしてはいかがですか。

また役員を選出するのは理事会ではなく区分所有者の皆さんです。
この方だけへの誓約書提出の要請は、理事会の権力の横暴に感じます。
心配でしたら役員に就任される皆さんに誓約書を提出していただいてはいかがでしょう。

まれに組合運営に不満があって、故意に滞納する方がいますが。
しかし、この方は2年前に滞納を解消しているとのことですから、そうであったとしても、そのようなことは不適切だとわかっていると思います。
ご自分が理事長になって運営をするようになれば、かえって滞納するようなこともないでしょう。

黒猫風ちゃんさん誠にありがとうございます。
管理費の値上げの総会決議に不満があって、故意に滞納された方で、約1年の間滞納していました。
最初の半年は管理会社から口頭・文書で催促しましたが無視され続け、最後は弁護士を使い提訴すると通知したところ渋々支払って頂きました。
私達のマンションは理事長のなり手がおらずいつもくじ引きで理事長を決めており、本人は理事長になる気満々で、管理費の値下げをすると息巻いておられますので、今後どうなるのか心配しております。

その方はたぶん反骨精神旺盛な方なのでしょう。
ご自分でもやりすぎたと思っているので滞納を解消したのだと思います。
反骨精神を持つ方に対しては、共感を持つ方と、拒絶反応を示す方に分かれます。
さくらさんはこういう方は苦手な方なのでしょう。
でもこの方は、しっかりとご自分の考えを持ち、問題に立ち向かおうとなさっているのだと思いますよ。
無関心な方が理事になるよりよっぽど有意義だと思います。

不払いが継続されているなら義務違反者として拒否できますが、現在は解消して現在の不払いが無いなら、義務は果たされています。
義務を果たしている人には当然に権利があるのではないでしょうか?

東京急行さん、回答いただきありがとうございます。
よく分かり助かりました。

管理費の滞納はいけませんが
故意でない場合、リストラとかなら
かなり厳しいですね。
立候補理由を確認してはいかがでしょうか?

なおさん誠にありがとうございます。
管理の滞納は完全な故意です。
3年前に管理費の値上げの総会決議での不満で、故意に滞納された方で、約1年の間滞納していました。
最初の半年は管理会社から口頭・文書で催促しましたが無視され続け、最後は弁護士を使い提訴すると通知したところ渋々支払って頂きました。
私達のマンションは理事長のなり手がおらずいつもくじ引きで理事長を決めており、本人は理事長になる気満々で、管理費の値下げをすると息巻いておられますので、今後どうなるのか心配しております。

管理組合員には管理費等の支払いをする義務や規約を遵守して生活する義務があり、その一方で総会で議決権を行使する権利や役員に就任して理事会運営をする権利があると思います。権利と義務はワンセットだと思います。
過去の不払いは解消して現在の不払いが無いなら、義務は果たされています。義務を果たしている人には当然に権利があるのではないでしょうか?
理事会がその権利行使の可否を判断することが越権行為にならないか?立候補にあたって誓約書を求める場合は、役員候補者全員に同じように求め、以後も継続的に求めませんと特定の人の権利を侵害しているとも捉えられかねません。慎重になさることをお勧めします。

三毛猫さん、ありがとうございます。
管理費の値上げの総会決議に不満があって、故意に滞納された方で、約1年の間滞納していました。
最初の半年は管理会社から口頭・文書で催促しましたが無視され続け、最後は弁護士を使い提訴すると通知したところ渋々支払って頂きました。
私達のマンションは理事長のなり手がおらずいつもくじ引きで理事長を決めており、本人は理事長になる気満々で、管理費の値下げをすると息巻いておられますので、今後どうなるのか心配しております。

その方が理事長になっても、管理費値下げの議案を総会に上程しても、皆さんの多数決で否決することが出来るのですから問題はないのではありませんか?役員になれば管理組合の財政を真剣に考える機会となり、その方は単なる反対勢力ではなくなる効果があるかも知れません。

管理会社に確認すれば分かると思いますが、理事立候補の拒否は重大な法令違反です。

竜巻さん、回答いただきありがとうございます。

現在の理事が留任して多数派になれば阻止できますよ。

ヨコオさん、回答いただきありがとうございます。

回答がありません。