←トップへ戻る

特別決議で実施承認された駐車場平面化が実施されません

管理規約

大規模修繕工事

  • マンションタイプ :
    単棟型
  • マンションの戸数 :
    201〜500戸
  • 竣工年 :
    2001年〜

私共の駐車場は機械式駐車場が200台分用意されていますが、ご多分に漏れず最近の車離れの影響で使われているのは100台程度迄にまで減っています。

このため一昨年の理事会で機械式駐車場の平面化の提案がなされ、発注金額、仕様、業者も決めた上で総会に特別決議で提案し承認されました。
ところが昨年の理事会では全くやるる気がなく平面化が放置されまま先月総会がありました。

私が前回の総会で特別決議で実施を決めた機械式駐車場平面化は未だ実施されていないがいつ実施するか問いただしたところ、理事会での検討に時間がかかり今期中に発注が出来なかったので、来期以降に改めて特別決議で提案して欲しいとの回答でした。

このように総会で決議された工事(特に特別決議)が、ヤル気の無い理事会がその期が終わったからと過去の特別決議が無効になるのであれば、定期総会で何を決めても無駄だと思います。
また総会決議を(結果的に)に無視した理事会が何もせず退任していくことについて責任を問えないのでしょうか。

みんなの回答

責任は問えないと思います。

ご相談のケースでは、機械式駐車場の平面化の中止が決議されたわけではなく、発注が遅れているだけですから、一昨年の特別決議は今も有効です。積極的に中止が決議されない限り、過去の決議の効力は持続しています。
年内に実施が出来なかった場合は翌期の予算に計上し、翌期の理事会へ引き継いで1年遅れとなった工事を実施すれば良いだけです。改めて特別決議をする必要はありません。総会で決められた事業の執行時期は理事会に委ねられるのが一般的ですから年内に終らなかったことについては責任を問えません。終わらなかった事業を翌期の理事会へ引き継いでいないところに問題があります。
機械式駐車場の平面化が忘れられているだけならば、当該事業を含める内容の予算の修正・事業計画の修正をしてもらいましょう。既に通常総会が終わっているなら、「予算の修正」を議案とする臨時総会が必要です。修正された予算案の承認は「普通決議」です。

ご相談のケースでは、機械式駐車場の平面化の中止が決議されたわけではなく、発注が遅れているだけですから、一昨年の特別決議は今も有効です。積極的に中止が決議されない限り、過去の決議の効力は持続しています。
年内に実施が出来なかった場合は翌期の予算に計上し、翌期の理事会へ引き継いで1年遅れとなった工事を実施すれば良いだけです。改めて特別決議をする必要はありません。総会で決められた事業の執行時期は理事会に委ねられるのが一般的ですから年内に終らなかったことについては責任を問えません。終わらなかった事業を翌期の理事会へ引き継いでいないところに問題があります。
機械式駐車場の平面化が忘れられているだけならば、当該事業を含める内容の予算の修正・事業計画の修正をしてもらいましょう。既に通常総会が終わっているなら、「予算の修正」を議案とする臨時総会が必要です。修正された予算案の承認は「普通決議」です。

責任は問えないと思います。

回答がありません。