←トップへ戻る

理事の解任について

管理組合の運営

建物の維持管理

  • マンションタイプ :
    単棟型
  • マンションの戸数 :
    〜50戸
  • 竣工年 :
    〜2000年

20期を超える、50室程度のマンションの理事長を務めております。
管理規約は、基本的に標準管理規約に準拠しています。
役員任期は2年です。

監事を含め、役員が4名の理事会において、副理事長を務めるA氏(自身が立候補し、5期連続で役員。昨期は理事長)は、役員就任以降、管理費削減のための管理委託会社見直し、機械式駐車場使用料(現在、一部を管理費、一部を修繕積立金へ振替)を全額修繕積立金へ振り返ることを主張しております。

それ自体は大事な論点であるため、各期の理事会で検討を行った結果、管理会社から委託費の値下げを提案してきたこと、駐車場使用費については管理費が赤字になった場合に修繕積立金を取り崩すためには総会決議が都度必要であったり、駐車場の電力費や保守費は管理費から捻出する必要があるため、期末に余剰になった金額を修繕積立金に振り替える運用にしています。
これらは、いづれも総会決議にて承認されています。(A氏本人は、管理会社を変えることが検討されていないことや、全額振り替えられないという点で反対)

以降、A氏は管理会社に対して執拗に「善管注意義務違反」を問うための粗探しと、損害賠償請求を起こすと仄かしたり、(監事でも無いのに)勝手に監査報告にて管理会社が不正をしているということを提出しようとしたり、挙げ句の果てには管理費や修繕積立金の支払い拒否や、法的手段に訴えると言ってきています。

勿論、訴訟を起こすのは区分所有者としての権利だと
思うので、仕方ないのですが、理事長としては、A氏の管理規約違反(役員の誠実義務含め)を放置する訳にはいかず、役員としてのA氏は管理組合と利害が相反しているため、解任の議案を臨時総会に提出すべきではないかと考えています。

他の役員も基本的には了解なのですが、解任の議案とまでなると、後々名誉毀損も含めて訴訟を起こされるのでは?と心配しています。

理事の解任について留意すべきこと(やめた方が良い含め)ご意見を頂ければ。

みんなの回答

総会に提案して、組合員の賛否で決めればよろしいと思います。

A氏は、管理会社変更のために、自分から他の管理会社の見積もりを取ったりなど、動いているのでしょうか。
全員で動かないと他の管理会社も相手にしてくれないから文句を言っているのでしょうか。
自分で動いて他の役員を説得するくらいの気概があれば、たいしたものなのに。
他の方の回答にもあるように、わざわざ解任決議しなくても、意見の不一致ということで、放置しておけば良いのでは。
管理会社に対する善管注意義務違反の訴訟といっても、理事長が動かなければ組合の名前ではできませんし、
個々の区分所有者としては直接の契約関係にない管理会社に、「善管注意義務違反」による民法415条の訴訟を起こすこともできないのではないでしょうか。気にすることないと思いますよ。弁護士もそういう事件は受けない受けられないと思うし(当事者適格の問題で)。

過去、(A氏も理事に含む)理事会としてマンション管理士も入れて、現在の管理会社の委託費がどの位下げられるのか、他の管理会社からの見積もりも取得して、住民アンケートを取ったりしています。その際には現在の管理会社を変えたくないという回答が一番多かったことと、現在の管理会社が値下げをしてきたので、管理会社を継続しています。その際に、もっと安い見積もりの会社があったのに変更しなかったことに納得されていないようです。
おっしゃるとおり、他の役員をもっとちゃんと説得すれば良いのにと思うのですが、他の役員の意見を無視して、知らないあいだに管理会社の社長宛にクレームを入れたりするので、他の役員からはそっぽを向かれている状況です。
私も放置しておきたいのですが、管理費や修繕積立金を支払わない、管理組合を訴えるとまでエスカレートしてきたので、理事長として放置しておいて良いのか悩んでいます。

詳細ありがとうございます。そういう事情なのですね。管理会社の社長に対して直接クレームを入れる理事Bはうちの理事会にもいました。管理会社も困っていましたが、結局は、理事会で「・・・で、理事会の総意としては、B氏の意見なのですか、そうではないのですか。」と聞かれて、B氏個人の意見です、と言ったら、以後、B氏の言い分は無視するようになりました。理事会総意による意見ではない以上、聞く必要はない、という割り切り方です。
また、「管理費も修繕積立金も支払わない」というのは、A氏個人が管理組合に対して払わないということですか。会計担当(?)であるA氏が、組合員の支払った管理費・修繕積立金を管理会社(ひいては組合の通帳)に納入することを怠るということですか。
前者であれば、管理会社を通して組合がA氏に督促をかけるだけですし、後者であればそれこそ会計担当としてのA氏の善管注意義務違反でしょう(ただ、後者は、最近の管理会社のシステムとしてありえないと思いますが)。
A氏が組合を訴えると言うことについては、組合に非違行為があればともかく、理事会や区分所有者の総意として管理会社を変更しないことを選択したことに注意義務違反があるとはいえないので、A氏の請求は立たないのではないでしょうか。「安い管理会社に変更する義務」というものが一般的に認められるなら別ですが、そういう義務はないので。
ですので、A氏が何かことを起こせるならやってもらって、その内容に対して対応なさるのでもよいと思います。

・管理規約は、基本的に標準管理規約に準拠
・A氏本人は、管理会社を変えることが検討されていないことや、全額振り替えられないという点で反対
・駐車場の電力費や保守費は管理費から捻出する必要があるため、期末に余剰になった金額を修繕積立金に振り替える運用にしています。
・駐車場使用費については管理費が赤字になった場合に修繕積立金を取り崩すためには総会決議が都度必要であったり・・・
Q.駐車場使用料・・・管理費が赤字になった場合に取り崩す 赤字管理費会計に駐車場使用料で補填する???期末に余剰になった金額を修繕積立金に振り替える運用とありますが管理規約は、基本的に標準管理規約に準拠であれば駐車場使用料で赤字管理費会計を補填・期末に余剰になった・・・・振り替える運用はNGではないでしょうか?HARUさんの駐車場修繕積立金に関する管理規約はどのようになっていますか?A氏の主張に対し管理規約に基づき説明してあげれば何ら心配することはないはずです。

解任することが名誉棄損になるということはないと思います。
ただ、こんな理由で解任するのはおかしいのではないでしょうか。
意見が合わない方が役員の中にいても普通のことですし、声が大きな方もいます。
それが組合と利害が相反していると決めつけるのは間違いではないでしょうか。
理事会は粛々を民主主義で運営なさっていけばいいことです。
Aさんはご自分の不満をどうしようと勝手ですから、理事会としての意見ではないことを確認して、後は好きにさせておけばいいのではないでしょうか。

アドバイスありがとうございます。
そうですね、私も積極的に解任をしたいという訳ではありませんが・・・
「面倒くさい人だな」という位なら良いのですが、訴訟や管理費の不払いにまで発展すると、これを放置しておくこと自体が理事会としての責任を問われるのではないかと考えていました。

【監事を含め、役員が4名の理事会】であれば、監事を除き3名の内の多数で理事会の決議が出来るので、現状のままで問題無いと思います。

A氏がどんな主張をしても、HARUさんとA氏以外の理事の方が反対すれば決定されませんか。解任するには色々なリスクがありそうなので、メンバーは今のままで運営を続けてはどうでしょうか。
A氏以外の理事の方がA氏に取り込まれないようにお気をつけください。

アドバイスありがとうございます。
おっしゃるとおり、A氏に対しては、今期だけでなく、これまでも他の理事は全て反対に回っているので結果としては良いのですが、流石に法的手段や管理費の不払いにまで発展すると、これを放置して良いのかに思案しています。

【法的手段や管理費の不払いにまで発展すると、これを放置して良いのか】は別の問題ですね。
応訴手続きや不払いに対する規約細則等(理事会で可能か総会が必要か、遅延損害金をいくらに設定か)が有れば、A氏がどうされようと全く心配無いと思います。

確かに理事会として理事の解任を提案し実際に訴訟を提起した場合でも、相手から理事長個人名宛てに名誉毀損の訴訟を起こされた場合は理事長が個人の責任で応訴する必要があります事から注意が必要です。

アドバイスありがとうございます。
やはりそうですね。解任などしたくはないのですが・・・・

解任することが名誉棄損になるということはないと思います。
ただ、こんな理由で解任するのはおかしいのではないでしょうか。
意見が合わない方が役員の中にいても普通のことですし、声が大きな方もいます。
それが組合と利害が相反していると決めつけるのは間違いではないでしょうか。
理事会は粛々を民主主義で運営なさっていけばいいことです。
Aさんはご自分の不満をどうしようと勝手ですから、理事会としての意見ではないことを確認して、後は好きにさせておけばいいのではないでしょうか。

アドバイスありがとうございます。
そうですね、私も積極的に解任をしたいという訳ではありませんが・・・
「面倒くさい人だな」という位なら良いのですが、訴訟や管理費の不払いにまで発展すると、これを放置しておくこと自体が理事会としての責任を問われるのではないかと考えていました。

確かに理事会として理事の解任を提案し実際に訴訟を提起した場合でも、相手から理事長個人名宛てに名誉毀損の訴訟を起こされた場合は理事長が個人の責任で応訴する必要があります事から注意が必要です。

アドバイスありがとうございます。
やはりそうですね。解任などしたくはないのですが・・・・

総会に提案して、組合員の賛否で決めればよろしいと思います。

【監事を含め、役員が4名の理事会】であれば、監事を除き3名の内の多数で理事会の決議が出来るので、現状のままで問題無いと思います。

A氏がどんな主張をしても、HARUさんとA氏以外の理事の方が反対すれば決定されませんか。解任するには色々なリスクがありそうなので、メンバーは今のままで運営を続けてはどうでしょうか。
A氏以外の理事の方がA氏に取り込まれないようにお気をつけください。

アドバイスありがとうございます。
おっしゃるとおり、A氏に対しては、今期だけでなく、これまでも他の理事は全て反対に回っているので結果としては良いのですが、流石に法的手段や管理費の不払いにまで発展すると、これを放置して良いのかに思案しています。

【法的手段や管理費の不払いにまで発展すると、これを放置して良いのか】は別の問題ですね。
応訴手続きや不払いに対する規約細則等(理事会で可能か総会が必要か、遅延損害金をいくらに設定か)が有れば、A氏がどうされようと全く心配無いと思います。

A氏は、管理会社変更のために、自分から他の管理会社の見積もりを取ったりなど、動いているのでしょうか。
全員で動かないと他の管理会社も相手にしてくれないから文句を言っているのでしょうか。
自分で動いて他の役員を説得するくらいの気概があれば、たいしたものなのに。
他の方の回答にもあるように、わざわざ解任決議しなくても、意見の不一致ということで、放置しておけば良いのでは。
管理会社に対する善管注意義務違反の訴訟といっても、理事長が動かなければ組合の名前ではできませんし、
個々の区分所有者としては直接の契約関係にない管理会社に、「善管注意義務違反」による民法415条の訴訟を起こすこともできないのではないでしょうか。気にすることないと思いますよ。弁護士もそういう事件は受けない受けられないと思うし(当事者適格の問題で)。

過去、(A氏も理事に含む)理事会としてマンション管理士も入れて、現在の管理会社の委託費がどの位下げられるのか、他の管理会社からの見積もりも取得して、住民アンケートを取ったりしています。その際には現在の管理会社を変えたくないという回答が一番多かったことと、現在の管理会社が値下げをしてきたので、管理会社を継続しています。その際に、もっと安い見積もりの会社があったのに変更しなかったことに納得されていないようです。
おっしゃるとおり、他の役員をもっとちゃんと説得すれば良いのにと思うのですが、他の役員の意見を無視して、知らないあいだに管理会社の社長宛にクレームを入れたりするので、他の役員からはそっぽを向かれている状況です。
私も放置しておきたいのですが、管理費や修繕積立金を支払わない、管理組合を訴えるとまでエスカレートしてきたので、理事長として放置しておいて良いのか悩んでいます。

詳細ありがとうございます。そういう事情なのですね。管理会社の社長に対して直接クレームを入れる理事Bはうちの理事会にもいました。管理会社も困っていましたが、結局は、理事会で「・・・で、理事会の総意としては、B氏の意見なのですか、そうではないのですか。」と聞かれて、B氏個人の意見です、と言ったら、以後、B氏の言い分は無視するようになりました。理事会総意による意見ではない以上、聞く必要はない、という割り切り方です。
また、「管理費も修繕積立金も支払わない」というのは、A氏個人が管理組合に対して払わないということですか。会計担当(?)であるA氏が、組合員の支払った管理費・修繕積立金を管理会社(ひいては組合の通帳)に納入することを怠るということですか。
前者であれば、管理会社を通して組合がA氏に督促をかけるだけですし、後者であればそれこそ会計担当としてのA氏の善管注意義務違反でしょう(ただ、後者は、最近の管理会社のシステムとしてありえないと思いますが)。
A氏が組合を訴えると言うことについては、組合に非違行為があればともかく、理事会や区分所有者の総意として管理会社を変更しないことを選択したことに注意義務違反があるとはいえないので、A氏の請求は立たないのではないでしょうか。「安い管理会社に変更する義務」というものが一般的に認められるなら別ですが、そういう義務はないので。
ですので、A氏が何かことを起こせるならやってもらって、その内容に対して対応なさるのでもよいと思います。

・管理規約は、基本的に標準管理規約に準拠
・A氏本人は、管理会社を変えることが検討されていないことや、全額振り替えられないという点で反対
・駐車場の電力費や保守費は管理費から捻出する必要があるため、期末に余剰になった金額を修繕積立金に振り替える運用にしています。
・駐車場使用費については管理費が赤字になった場合に修繕積立金を取り崩すためには総会決議が都度必要であったり・・・
Q.駐車場使用料・・・管理費が赤字になった場合に取り崩す 赤字管理費会計に駐車場使用料で補填する???期末に余剰になった金額を修繕積立金に振り替える運用とありますが管理規約は、基本的に標準管理規約に準拠であれば駐車場使用料で赤字管理費会計を補填・期末に余剰になった・・・・振り替える運用はNGではないでしょうか?HARUさんの駐車場修繕積立金に関する管理規約はどのようになっていますか?A氏の主張に対し管理規約に基づき説明してあげれば何ら心配することはないはずです。

回答がありません。