←トップへ戻る

隣地の建設で地盤沈下、どう対処?

建物の瑕疵

建物の維持管理

  • マンションタイプ :
    単棟型
  • マンションの戸数 :
    〜50戸
  • 竣工年 :
    2001年〜

隣接地の建設工事で、マンションの敷地内に亀裂が入りました。
床掘り工事に伴い、土留め板を抜いた際、マンション側の地盤が流れ込んだのが原因のようです。塀も折れ曲がり、地盤沈下が起きたとしか考えられません。

ところが、施工業者は地盤沈下を認めず、亀裂や塀の修復で済まそうとしています(亀裂が施工に伴うものであることは認めています)。今後、亀裂拡大などが起きないか心配です。
このような業者に対し、どのように対処したらよいでしょうか?

なお、マンション本体は「影響がない」とも主張しています。信じていいのでしょうか?

みんなの回答

管理会社経由で専門家に調査を依頼しましょう。
もし隣接地の工事が原因なら調査費用も含め損害を賠償して貰いましょう。

竜巻さん、アドバイスありがとうございました。
助言に従って、調査を検討してみます。

ひどい話ですね。調査はビル・マンション系を扱う建築士の仕事ですが、まずはご自身で写真等の証拠を押さえるのが先かと思います。特に隣地側の工事はどんどん進んでいってしまうので。分からなければ管理会社および区、市等の建築担当窓口に相談してみてください。

ジェイさん、ありがとうございました。
まずは調査ですね。参考になりました。

実家の戸建住宅では擁壁下からの土砂流出により不同沈下が起きた経験があります。人ごととは思えないので、少し補足しますね。

役所の建築指導課を通じて業者に指導してもらうのも一案ですが、私なら、調査と並行して弁護士を探し、一刻も早く工事差し止めの仮処分命令手続きを取ります。目的は相手に損害を与えることではなく、交渉のテーブルに着かせることです。業者は何とか話し合いを引き延ばして建物を完成させようとするでしょうが、工事が進むほど地盤の本格的な復旧は難しくなります。

原因は違いますが、横浜のマンションが傾いた事例もありましたね。適当な修繕で済ませると、時間経過に従い床や壁にヒビが入る被害が起きる可能性もないとは言えません。弁護士費用は組合の予備費等で拠出できますか。とっかかりの相談相手は誰でも構いません。相手のペースに乗らず、とにかく今すぐ動くことが肝要です。がんばってください。

ジェイさん、とても参考になるアドバイスをありがとうございました。
「不同沈下」という言葉、初めて知りました…。
残念ながら隣接建物の工事は終了してしまいましたが、弁護士等への相談を真剣に検討してみます。
とても励まされるご意見でした。心から感謝いたします。本当にありがとうございました。

建設業者側の言い分だけでは何も信じられないと思いますので、マンション側で専門家に依頼して調査するのが先ずやることではないかと思います。

もっちゃんさん、ご回答ありがとうございました。
「専門家に調査を依頼」とのことですが、どんな専門家に、何の調査を依頼すればいいのか、具体的に教えていただけませんか?
理事会のメンバーは建築関係の素人で、どこにどんな専門家がいるのか分からないのです。

建設業者側の言い分だけでは何も信じられないと思いますので、マンション側で専門家に依頼して調査するのが先ずやることではないかと思います。

もっちゃんさん、ご回答ありがとうございました。
「専門家に調査を依頼」とのことですが、どんな専門家に、何の調査を依頼すればいいのか、具体的に教えていただけませんか?
理事会のメンバーは建築関係の素人で、どこにどんな専門家がいるのか分からないのです。

ひどい話ですね。調査はビル・マンション系を扱う建築士の仕事ですが、まずはご自身で写真等の証拠を押さえるのが先かと思います。特に隣地側の工事はどんどん進んでいってしまうので。分からなければ管理会社および区、市等の建築担当窓口に相談してみてください。

ジェイさん、ありがとうございました。
まずは調査ですね。参考になりました。

実家の戸建住宅では擁壁下からの土砂流出により不同沈下が起きた経験があります。人ごととは思えないので、少し補足しますね。

役所の建築指導課を通じて業者に指導してもらうのも一案ですが、私なら、調査と並行して弁護士を探し、一刻も早く工事差し止めの仮処分命令手続きを取ります。目的は相手に損害を与えることではなく、交渉のテーブルに着かせることです。業者は何とか話し合いを引き延ばして建物を完成させようとするでしょうが、工事が進むほど地盤の本格的な復旧は難しくなります。

原因は違いますが、横浜のマンションが傾いた事例もありましたね。適当な修繕で済ませると、時間経過に従い床や壁にヒビが入る被害が起きる可能性もないとは言えません。弁護士費用は組合の予備費等で拠出できますか。とっかかりの相談相手は誰でも構いません。相手のペースに乗らず、とにかく今すぐ動くことが肝要です。がんばってください。

ジェイさん、とても参考になるアドバイスをありがとうございました。
「不同沈下」という言葉、初めて知りました…。
残念ながら隣接建物の工事は終了してしまいましたが、弁護士等への相談を真剣に検討してみます。
とても励まされるご意見でした。心から感謝いたします。本当にありがとうございました。

管理会社経由で専門家に調査を依頼しましょう。
もし隣接地の工事が原因なら調査費用も含め損害を賠償して貰いましょう。

竜巻さん、アドバイスありがとうございました。
助言に従って、調査を検討してみます。

回答がありません。