←トップへ戻る

総会開催直前の議決権行使から当日出席への変更は可能ですか

管理組合の運営

管理規約

  • マンションタイプ :
    単棟型
  • マンションの戸数 :
    201〜500戸
  • 竣工年 :
    2001年〜

先週総会が開催されましたが、理事会に批判的な住民の方が事前に議決権行使していたにもかかわらず、突然当日出席に変更した場合の賛否の変更は可能なのでしょうか?

以前から理事会と反対派住民で揉めておりましたが、今期は新型コロナで議決権行使との話がございまして、理事会反対派の方も多くが議決権行使としておりました。

ところが反対派の方が突然当日になって議決権行使から当日出席に変更すると受付に来たことから、管理会社の受付の方が当日の変更は出来ないので、オブザーバーでの出席なら出席化となりました。

総会の途中までは問題ありませんでしたが、特別決議の議案で僅差で可決されたところ、反対派の方から当日出席しているので、議決権行使を止めて当日の採決に参加する権利があると主張され、議決権行使で賛成したものをこの場で反対にすると言い出されました。

理事会は変更は出来ないとして無視しようとされたところ、反対派の住民の方からそれは違法なので特別決議での採決は無効と言いましたが、理事会側は有効との判断で無視して総会を進めてしまいました。

このような場合には本当に総会の特別決議の議案は無効となるのでしょうか?
また議決権行使の内容の変更はいつまで可能なのでしょうか?

みんなの回答

事前に議決権行使書を出していた組合員が、急に当日会場に出席された場合には、受付にその旨を伝えれば議決権行使書のほうを取り下げる筈です。

議決権行使をしていた組合員が総会会場へやって来た場合は、管組合員に通常の出席(総会席上で採決に参加)を認める必要がありますし、それをしない場合は重大な権利侵害となります。

総会会場へやって来た管理組合員に通常の出席(総会席上で採決に参加)を認めなかったのが重大な誤りです。
そのためにこの総会全体が「手続きに不備があった」事を理由として、無効を主張し得る状態です。特別決議部分だけではなく、全ての議案に無効を主張し得ますが、反対派の方は特別決議部分だけの無効を主張しているようなので、その部分だけが無効となります。

理事会および管理会社の主張の方が誤っていますから、今回の特別決議は無効として同じ議案で再度総会を招集するしかないと思います。
メロディーさんのご回答にもありますが、マンション管理のプロであるはずの管理会社がこのようなミスをするとは信じられません…。

尚、委任状・議決権行使書は、実際に総会に出席出来ない場合を「補う」位置づけであり、それらが提出されていたとしても、実際に出席した場合は出席が優先されます。

三毛猫さん、回答いただきありがとうございます。

議決権行使書を出していたが、当日会場に出席なさった場合には、議決権行使書のほうを取り下げればいいことです。
ご本人がいらしているのですから、そちらの方が有効になります。
管理会社がオブザーバーでなどということが信じられません。
そんなことをいう会社が存在していることが間違いです。
この総会決議は、特別決議の要件をクリアしていなかったのでしたら否決されたことになります。
議決権行使書に内容を変更するのは、当日の決議まで有効です。

メロディーさん、回答いただきありがとうございます。

議決権行使書を出していたが、当日会場に出席なさった場合には、議決権行使書のほうを取り下げればいいことです。
ご本人がいらしているのですから、そちらの方が有効になります。
管理会社がオブザーバーでなどということが信じられません。
そんなことをいう会社が存在していることが間違いです。
この総会決議は、特別決議の要件をクリアしていなかったのでしたら否決されたことになります。
議決権行使書に内容を変更するのは、当日の決議まで有効です。

メロディーさん、回答いただきありがとうございます。

議決権行使をしていた組合員が総会会場へやって来た場合は、管組合員に通常の出席(総会席上で採決に参加)を認める必要がありますし、それをしない場合は重大な権利侵害となります。

事前に議決権行使書を出していた組合員が、急に当日会場に出席された場合には、受付にその旨を伝えれば議決権行使書のほうを取り下げる筈です。

総会会場へやって来た管理組合員に通常の出席(総会席上で採決に参加)を認めなかったのが重大な誤りです。
そのためにこの総会全体が「手続きに不備があった」事を理由として、無効を主張し得る状態です。特別決議部分だけではなく、全ての議案に無効を主張し得ますが、反対派の方は特別決議部分だけの無効を主張しているようなので、その部分だけが無効となります。

理事会および管理会社の主張の方が誤っていますから、今回の特別決議は無効として同じ議案で再度総会を招集するしかないと思います。
メロディーさんのご回答にもありますが、マンション管理のプロであるはずの管理会社がこのようなミスをするとは信じられません…。

尚、委任状・議決権行使書は、実際に総会に出席出来ない場合を「補う」位置づけであり、それらが提出されていたとしても、実際に出席した場合は出席が優先されます。

三毛猫さん、回答いただきありがとうございます。

回答がありません。