←トップへ戻る

7月末の総会開催後の理事長の権限は?

その他

管理組合の運営

  • マンションタイプ :
    単棟型
  • マンションの戸数 :
    201〜500戸
  • 竣工年 :
    2001年〜

7月末に総会が実施され、約10件の議案が可決され、最後に新たな理事会役員が選任され総会が終わりました。

新理事長は8月に開催する理事会で籤引きで選任することになっておりますが、その間は前理事長が暫定理事長として継続するしか無いと宣言し理事長印を手放しません。

ただ再任する私共の理事の誰かが理事長印を預かると申し入れましたが、新理事長が決まるまでは自分が暫定理事長だと宣言し、8月に入っても総会で決議された3件の改善工事の発注書に理事会決議無しで捺印したり、管理規約違反との理由で住民に勝手に警告書を発行したりと理事長としてやりたい放題です。

本来は7月総会で理事長の任期は終わっているので、理事長印の捺印は控えるべきだと思いますが、次期理事会の承認を得ずに理事長名で契約したり、勝手に理事長印を押した警告書を発行するのは区分所有法に違反しているのではと思いますが、このように任期後?も暫定理事長として権限を行使することには問題がないのでしょうか?

みんなの回答

新理事長で新理事長が決まるまでは前理事長の任期が延長されます。

ですので、7月の総会で旧理事長の任期が満了していても、次の理事長を引き受ける人が居なかった場合には、理事長不在の空白が発生しないよう、旧理事長が暫定理事長として残留するので、すぐには退任できないのです。

ですので、総会で可決された工事の発注や、規約違反者への警告は、理事会の決議は不要で、理事長の判断で実施出来ます。

この場合、次の理事長が選任される迄は、今の理事長に管理者としての権限と義務があります。
理事長としての義務は残りますので、義務の裏返しとして総会決議の改善工事発注、管理規約違反に関する警告書発行は、結果責任を負うので何ら問題ありません。

ありがとうございます。

現役主義ということのようで、結果責任は新理事長になるとのことです。

Tamagawaさん こんばんは
私の住んでいるマンションの例をお話しします。
総会終了(新役員決定)後、第1回理事会を開催して
旧理事長さんが同席の下、役職を決定します。
この後、旧理事長さんから理事長印と銀行印等を
渡してもらいます。
これが普通と思っておりましたので、他の方のご回答を
読んでびっくりしました。
工事案件も、総会で承認されたものであるから
仕方ないとして、早急に理事会役員を決定された
ほうが良いと思います。
(旧理事長さんの自己主張の権限をはく奪するために)
今期の新理事会が発足したのですから、ご不満はわかります。
私が貴マンションの区分所有者であれば、Tamagawaさん
と同様な主張をすると思います。
1、今期は、できるだけ早く第1回の理事会を開催。
2、次期は総会終了後に理事会を開催して役職を決める。

  

ありがとうございます。

総会後に理事長を決める臨時理事会を開催しましたが、全員が理事長を固辞したので、8月理事会で籤引きすることに決まりました。
私のマンションでは権限は理事と変わらず、責任は全て理事長に来ることで毎年籤引きになりますし、年によっては籤引きで理事長に決まると、以降絶対に出席しない理事もおりました。

Tamagawaさん こんばんは
理事長のくじ引きは、1度だけ見たことがあります。
1度ぐらい理事長の経験をしてみたらいいのに
とは言うものの理事長はしんどいですよね
今期頑張ってください!

tamagawaさん

理事長印は実務上、現理事長が行使するしかありません。
特に金融機関の代表者変更手続には総会の議事録が必要となります。
管理会社が議事録作成に2週間かかり、金融機関に変更手続きを
持ち込んでも最低3週間はかかります。
その間は現理事長にやっていただくことになります。
新理事長さえ決めていない状況では管理組合の実務がストップして
しまいます。
私が理事長のときには総会が終わり、1か月後に引き継ぎ資料を含め
理事長印を新理事長に渡しました。

特に理事長を選出するためには総会前に次回理事の皆さんが集まって
理事長をはじめ会計担当、監事など事前に決めておくことが必要です。

ありがとうございます。

8月の理事会で理事長が決まり理事会で承認された後も1ヶ月は全理事長が理事長印を持って決済が出来るということになりますが?納得出来ません。

tamagawaさん

ご返事ありがとうございます。
ご納得されていませんが、制度上でみても無理があります。
現理事長以下の担当役員が担当する期間は12か月ですが
このうち2か月は次期の役員が担当する期間が含まれています。
すでに本来、次期役員が担当する期間を現理事長以下の役員が
担当していることになります。

これに加えて総会後の代表者変更手続きがあるために約1か月近く
時間がかかります。
この間、支払いや契約書等の調印があった場合には現理事長が
対応することになります。実務上は現理事長が代表者として
調印するしかありません。


新理事長の就任承諾があるまで、前理事長の任期は延長されるのが普通です。7月の総会で任期は満了していても、仮に次の理事長を引き受ける人が居なかった場合に理事長不在の空白の時が発生しないようにするため、すぐには退任できないのです。
総会で可決された工事の発注書に捺印することや、規約違反者に対し警告することは、理事会の決議を要するものではありません。
ご質問文を読む限りでは、前理事長は職責を果たしているだけのように思います。やりたい放題…でしょうか?

貴マンションの管理規約をご確認ください。「理事長は理事会で決める。」となっていますか?「理事長は理事の互選で決める。」でしたら8月の理事会開催日よりも先に新役員さん達で集まって互選で新理事長を決めれば、就任承諾があった時点で前理事長の延長された任期は終わります。

ありがとうございます。

ただ次期理事長が決まる迄の空白期間にドンドン決めて理事長印を捺印して逃げるのは火事場泥棒的で納得出来ません。

Tamagawaさんは理事長経験者でしょうか?
理事長が単独で決定できることは意外と少ないものです。
ご質問の中に登場する「総会で可決された工事」は、前期の理事会で検討され、総会で組合員全員が多数決で決定したものですよね?
「規約違反者に対する警告」については、管理規約はマンションが新築分譲された時の最初の総会で組合員が承認しているものですよね?そのルールに照らして違反行為があったかどうかは客観的に決まる事で、理事長が決めている事ではありませんよね?
新理事長が就任するまでの間に、総会の決議で決まったことの執行をしているだけ、管理規約に書かれている事の執行をしているだけ、に過ぎないのです。
区分所有法に違反しているところは見当たりません。

仮に、総会で決めてもいない工事を理事長が単独で決めて発注したら区分所有法違反です。これは任期満了後の前理事長に限らず、新理事長でも同じことです。

Tamagawaさんが理事長に立候補して就任なされば、前理事長の任期も終わりますし、Tamagawaさんが思うほど理事長には権限があるものではない事も実感出来るのではないでしょうか。

新理事長の就任承諾があるまで、前理事長の任期は延長されるのが普通です。7月の総会で任期は満了していても、仮に次の理事長を引き受ける人が居なかった場合に理事長不在の空白の時が発生しないようにするため、すぐには退任できないのです。
総会で可決された工事の発注書に捺印することや、規約違反者に対し警告することは、理事会の決議を要するものではありません。
ご質問文を読む限りでは、前理事長は職責を果たしているだけのように思います。やりたい放題…でしょうか?

貴マンションの管理規約をご確認ください。「理事長は理事会で決める。」となっていますか?「理事長は理事の互選で決める。」でしたら8月の理事会開催日よりも先に新役員さん達で集まって互選で新理事長を決めれば、就任承諾があった時点で前理事長の延長された任期は終わります。

ありがとうございます。

ただ次期理事長が決まる迄の空白期間にドンドン決めて理事長印を捺印して逃げるのは火事場泥棒的で納得出来ません。

Tamagawaさんは理事長経験者でしょうか?
理事長が単独で決定できることは意外と少ないものです。
ご質問の中に登場する「総会で可決された工事」は、前期の理事会で検討され、総会で組合員全員が多数決で決定したものですよね?
「規約違反者に対する警告」については、管理規約はマンションが新築分譲された時の最初の総会で組合員が承認しているものですよね?そのルールに照らして違反行為があったかどうかは客観的に決まる事で、理事長が決めている事ではありませんよね?
新理事長が就任するまでの間に、総会の決議で決まったことの執行をしているだけ、管理規約に書かれている事の執行をしているだけ、に過ぎないのです。
区分所有法に違反しているところは見当たりません。

仮に、総会で決めてもいない工事を理事長が単独で決めて発注したら区分所有法違反です。これは任期満了後の前理事長に限らず、新理事長でも同じことです。

Tamagawaさんが理事長に立候補して就任なされば、前理事長の任期も終わりますし、Tamagawaさんが思うほど理事長には権限があるものではない事も実感出来るのではないでしょうか。

tamagawaさん

理事長印は実務上、現理事長が行使するしかありません。
特に金融機関の代表者変更手続には総会の議事録が必要となります。
管理会社が議事録作成に2週間かかり、金融機関に変更手続きを
持ち込んでも最低3週間はかかります。
その間は現理事長にやっていただくことになります。
新理事長さえ決めていない状況では管理組合の実務がストップして
しまいます。
私が理事長のときには総会が終わり、1か月後に引き継ぎ資料を含め
理事長印を新理事長に渡しました。

特に理事長を選出するためには総会前に次回理事の皆さんが集まって
理事長をはじめ会計担当、監事など事前に決めておくことが必要です。

ありがとうございます。

8月の理事会で理事長が決まり理事会で承認された後も1ヶ月は全理事長が理事長印を持って決済が出来るということになりますが?納得出来ません。

tamagawaさん

ご返事ありがとうございます。
ご納得されていませんが、制度上でみても無理があります。
現理事長以下の担当役員が担当する期間は12か月ですが
このうち2か月は次期の役員が担当する期間が含まれています。
すでに本来、次期役員が担当する期間を現理事長以下の役員が
担当していることになります。

これに加えて総会後の代表者変更手続きがあるために約1か月近く
時間がかかります。
この間、支払いや契約書等の調印があった場合には現理事長が
対応することになります。実務上は現理事長が代表者として
調印するしかありません。


この場合、次の理事長が選任される迄は、今の理事長に管理者としての権限と義務があります。
理事長としての義務は残りますので、義務の裏返しとして総会決議の改善工事発注、管理規約違反に関する警告書発行は、結果責任を負うので何ら問題ありません。

ありがとうございます。

現役主義ということのようで、結果責任は新理事長になるとのことです。

新理事長で新理事長が決まるまでは前理事長の任期が延長されます。

ですので、7月の総会で旧理事長の任期が満了していても、次の理事長を引き受ける人が居なかった場合には、理事長不在の空白が発生しないよう、旧理事長が暫定理事長として残留するので、すぐには退任できないのです。

ですので、総会で可決された工事の発注や、規約違反者への警告は、理事会の決議は不要で、理事長の判断で実施出来ます。

Tamagawaさん こんばんは
私の住んでいるマンションの例をお話しします。
総会終了(新役員決定)後、第1回理事会を開催して
旧理事長さんが同席の下、役職を決定します。
この後、旧理事長さんから理事長印と銀行印等を
渡してもらいます。
これが普通と思っておりましたので、他の方のご回答を
読んでびっくりしました。
工事案件も、総会で承認されたものであるから
仕方ないとして、早急に理事会役員を決定された
ほうが良いと思います。
(旧理事長さんの自己主張の権限をはく奪するために)
今期の新理事会が発足したのですから、ご不満はわかります。
私が貴マンションの区分所有者であれば、Tamagawaさん
と同様な主張をすると思います。
1、今期は、できるだけ早く第1回の理事会を開催。
2、次期は総会終了後に理事会を開催して役職を決める。

  

ありがとうございます。

総会後に理事長を決める臨時理事会を開催しましたが、全員が理事長を固辞したので、8月理事会で籤引きすることに決まりました。
私のマンションでは権限は理事と変わらず、責任は全て理事長に来ることで毎年籤引きになりますし、年によっては籤引きで理事長に決まると、以降絶対に出席しない理事もおりました。

Tamagawaさん こんばんは
理事長のくじ引きは、1度だけ見たことがあります。
1度ぐらい理事長の経験をしてみたらいいのに
とは言うものの理事長はしんどいですよね
今期頑張ってください!

回答がありません。