←トップへ戻る

喫煙禁止マンションですが隣の住民が喫煙し注意していただいても無視されます

その他

住まいのトラブル

  • マンションタイプ :
    単棟型
  • マンションの戸数 :
    201〜500戸
  • 竣工年 :
    2001年〜

私の家族は肺がん手術で入院しておりましたが、最近自宅に帰ってきました。

主治医からは煙草の煙は肺には大きなダメージとなるとので十分に注意にするようになっていたところ、隣家の住民の方がベランダで喫煙をされ、その煙が当家の換気口から入ってくるので大きなストレスとなっています。


主治医の注意もありましたことから、管理組合理事会に喫煙禁止の注意をお願いしたところ、最初は管理組合名で掲示板で喫煙禁止の注意を掲示していただきましたが効果がありませんことから、管理組合名で喫煙されている住民の方に対し、「隣家に肺ガン治療中の方がおられますのでベランダでの喫煙はご遠慮ください」との文書を2回投函していただきましたが、全く効果がなくベランダでの喫煙は以前より増えているようにさえ感じます。

肺ガン治療中で日々体力が落ちている家族に無用なストレスを与えないようと思い、理事会にさらなる改善を要請しましたが、理事会からは規約違反(正確には細則違反)ではあるが、個人対個人の問題ですので理事会としてはこれ以上の対応はできないと言われております。

ただ、私共にはマンションを買い替えるお金も体力のないので、このまま大きなストレスの中で人生の最後を迎えるのかと思うと耐え切れず自殺さえも考えてしまう毎日ですが、なにか良い方法はないのでしょうか?

みんなの回答

理事会も、管理会社も動いてくれないなら、自分で隣家に掛け合うしかないと思います。
「自殺さえ考えている」なら、死ぬ前に出来る限りのことをしましょう。
私が隣家の騒音に悩まされた時には、管理組合も協力して下さいましたが、最終的には自分で隣家に手紙を書きました。区役所の環境整備課に相談している、弁護士とも相談している、といった話(事実です)も書いて、直接訴訟云々は書きませんでしたが、先方が「このままだと訴えられてしまうかも?」と思うような文面にしました。

最近の管理会社、管理組合は細則違反程度では、真剣に動く事は無いので、ご自身で動くしか無いと思います。

心中お察しいたします。
ご存知と思いますが、管理規約には細則違反の方への対応が書かれています。動く主体は理事長さまです。最悪、裁判になるのでしょうが過去の事例を見てみますと勝訴が多いようです。裁判まで至らなくても、「実情はどうなのか」を解りやすく理事長さまにお話し頂き、重い腰を上げて頂くのが先決だと思います。相手方に空気清浄機を使って頂くなどの対応ができるのが望ましいと思います。
「専有部のことは関与しない」というのが管理組合、管理会社の基本的なスタンスですが、それではマンション管理は納まりません。実際にはいろんな対応をそれぞれおやりいただいています。健常者には弱者の事がとても解りにくいようですが、がんばってください。

東京急行さん こんばんは
ご心労お察しします。
ベランダでの喫煙をやめてもらえればよいのでしょうか?
部屋(例えば換気扇の下)で吸っている分には、隣家の換気扇
から出たタバコ臭が換気口を通して貴室に入ってくるのでしょうか?
管理組合を通じて、掲示板に注意喚起の貼り出し、管理組合よりの
要望書の投函で現状よりの改善が見られなかったとのこと。
あとは、人任せ(管理組合・管理会社)をせず、ご自身で隣家に
人情に訴えるしか、手はないのではないでしょうか?
貴方のご家庭の窮状を訴えるしか方法はないかと思います。
隣家から直接話されたら、当事者さんも考えていただけるかも
しれません。
お身内の方のお体をお大事になさってください。

こういうことは管理会社さんから言ってもらう方がいいですよ。
理事会は同じ住民とのこともありますから、ある程度までしか関わりたくないと思うでしょう。
ベランダは共用部分ですから、“禁煙”と規約や使用細則に記載されていたら、堂々と「やめてください。」と言えるはずです。

結構多くのマンションで聞く悩みですけれど。

黒猫 風ちゃんさん、誠にありがとうございます。
管理会社は規約違反なら対応するが、細則の違反程度の軽い違反は、当事者同士でやってもらうとの方針で、理事会の皆様も管理会社の意見に同意されています。
やはり当方が直接「やめてください。」とお願いするしかないのでしょうか。

情けない管理会社ですね。
細則違反は軽いことではないですよね。
生活のルールで、規約よりも身近な規則ですから。

直接言えるのでしたらいいかもしれませんが、その後の関係が心配です。
お手紙なんかで窮状をお知らせし、お願いしてみることはできませんか。

個人対個人の問題なのでこれ以上のことはできないと言う理事会の回答は全くおかしいと思われます。規約違反を放置することは理事会の対応としておかしい旨をしつこく申し立てるべきと思います。又、一方では、自衛手段として当該換気口は塞ぐ、室内には空気清浄機を設置するなどしてみてはいかがですか。

Okさん、誠にありがとうございます。
空気清浄機は2台設置しております。
また料理で換気扇を使うと換気口から大量の空気が入ってきますので、換気口も塞いでみましたが、窓の隙間からの入ってくるのでやはり臭いが気になる状況です。
多分、このような病気が無ければ気にならないレベルとは思いますが、この病気のステージ3なので生活に十分な注意が必要で神経質になっております。

こういうことは管理会社さんから言ってもらう方がいいですよ。
理事会は同じ住民とのこともありますから、ある程度までしか関わりたくないと思うでしょう。
ベランダは共用部分ですから、“禁煙”と規約や使用細則に記載されていたら、堂々と「やめてください。」と言えるはずです。

結構多くのマンションで聞く悩みですけれど。

黒猫 風ちゃんさん、誠にありがとうございます。
管理会社は規約違反なら対応するが、細則の違反程度の軽い違反は、当事者同士でやってもらうとの方針で、理事会の皆様も管理会社の意見に同意されています。
やはり当方が直接「やめてください。」とお願いするしかないのでしょうか。

情けない管理会社ですね。
細則違反は軽いことではないですよね。
生活のルールで、規約よりも身近な規則ですから。

直接言えるのでしたらいいかもしれませんが、その後の関係が心配です。
お手紙なんかで窮状をお知らせし、お願いしてみることはできませんか。

個人対個人の問題なのでこれ以上のことはできないと言う理事会の回答は全くおかしいと思われます。規約違反を放置することは理事会の対応としておかしい旨をしつこく申し立てるべきと思います。又、一方では、自衛手段として当該換気口は塞ぐ、室内には空気清浄機を設置するなどしてみてはいかがですか。

Okさん、誠にありがとうございます。
空気清浄機は2台設置しております。
また料理で換気扇を使うと換気口から大量の空気が入ってきますので、換気口も塞いでみましたが、窓の隙間からの入ってくるのでやはり臭いが気になる状況です。
多分、このような病気が無ければ気にならないレベルとは思いますが、この病気のステージ3なので生活に十分な注意が必要で神経質になっております。

心中お察しいたします。
ご存知と思いますが、管理規約には細則違反の方への対応が書かれています。動く主体は理事長さまです。最悪、裁判になるのでしょうが過去の事例を見てみますと勝訴が多いようです。裁判まで至らなくても、「実情はどうなのか」を解りやすく理事長さまにお話し頂き、重い腰を上げて頂くのが先決だと思います。相手方に空気清浄機を使って頂くなどの対応ができるのが望ましいと思います。
「専有部のことは関与しない」というのが管理組合、管理会社の基本的なスタンスですが、それではマンション管理は納まりません。実際にはいろんな対応をそれぞれおやりいただいています。健常者には弱者の事がとても解りにくいようですが、がんばってください。

最近の管理会社、管理組合は細則違反程度では、真剣に動く事は無いので、ご自身で動くしか無いと思います。

理事会も、管理会社も動いてくれないなら、自分で隣家に掛け合うしかないと思います。
「自殺さえ考えている」なら、死ぬ前に出来る限りのことをしましょう。
私が隣家の騒音に悩まされた時には、管理組合も協力して下さいましたが、最終的には自分で隣家に手紙を書きました。区役所の環境整備課に相談している、弁護士とも相談している、といった話(事実です)も書いて、直接訴訟云々は書きませんでしたが、先方が「このままだと訴えられてしまうかも?」と思うような文面にしました。

東京急行さん こんばんは
ご心労お察しします。
ベランダでの喫煙をやめてもらえればよいのでしょうか?
部屋(例えば換気扇の下)で吸っている分には、隣家の換気扇
から出たタバコ臭が換気口を通して貴室に入ってくるのでしょうか?
管理組合を通じて、掲示板に注意喚起の貼り出し、管理組合よりの
要望書の投函で現状よりの改善が見られなかったとのこと。
あとは、人任せ(管理組合・管理会社)をせず、ご自身で隣家に
人情に訴えるしか、手はないのではないでしょうか?
貴方のご家庭の窮状を訴えるしか方法はないかと思います。
隣家から直接話されたら、当事者さんも考えていただけるかも
しれません。
お身内の方のお体をお大事になさってください。

回答がありません。