←トップへ戻る

NURO 光の導入方法は?

その他

建物の維持管理

  • マンションタイプ :
    単棟型
  • マンションの戸数 :
    〜50戸
  • 竣工年 :
    〜1981年

マンションでNURO 光の導入が議題になっていますがどんな事を確認すればいいのかわかりません。また総会での承認内容もどの様な内容かわかりません。

どなたかのお知恵を貸していただけないでしょうか、よろしくお願いいたします。

みんなの回答

組合としてではありませんが、当マンションで戸別導入の事例があったので共有します。

マンション向けでは「NURO光forマンション」と「NURO光ンションミニ」があり、ここが判りづらい部分かと思います。前者のメリットは「月額が安くなる」という点ですが、一棟で4人以上の契約が必要です。後者では、少し価格が高くなりますが1戸単位で加入する戸別契約になります。メリットはなんといっても気楽さでしょう。MDF(共用分電盤)までNTTのインフラ回線を使い、そこから先は、棟内の配管スペースを通って該当階の分電盤から宅内までダイレクトに光ファイバーを引き込む形になります。

組合としての導入であれば、前者が議論されているのだと思います。料金以外にも、テレビサービスの置き換えなどさまざまメリットがあると思いますが、まずは合意形成が課題ですね。後者の場合何戸まで引けるかは現地調査が必要ですが、棟内の配管スペースに余裕があれば複数加入できるかとおもいます。当マンションの場合、すでにNTTの光がMDFまで届いていたので、共用部への美観的影響もなくスムーズでした。

少し古いマンションのフレッツ光はVDSLといって棟内に既存の電話線を使うタイプなので、スピードでは光直結のNuroに軍配が上がることが多いようです。

管理組合で行う事は特段ありませんでした。 
全部業者さんがやってくれます。
光回線は個人単位で導入するので電話の更新扱いでメタル回線から光電話に変えるような扱いでした。 
モデムから始まって->ADSL->VDSL->光ファイバーと進化しておりこれらが混在しています。

経費の支出が無いので総会にかけていません。 
理事会で導入に同意をしたのみです。 
総会に掛けたいなら、何を掛けるべきかも恐らくガイドしてくれると思います?
場所貸し、電気代、などでしょうか?

設備確認(配線できるか?)は光の業者さんが自分たちで行います。
MDF室へ入れるような手配も業者さんが管理会社に連絡してやっていました。 
MDFから各住戸までファイバーを通せるかは、やってみないと分りません。
何本か通すとスペースがいっぱいになる場合があります。 
ファイバーはメタルのように直角に曲げたり折り返したり出来ません。 
パイプスペースや配管の中を通して、各部屋の占有部のどこかに光ファイバーを出せればなんとかなります。
これも業者さんがやってくれます。 

当方ではNURO光は5F以上は工事できないと言われ、導入を断られました。

その後NTTやKDDIの光が入りました。 
各社とも従来より細い線を使えるようになって、以前は通せなかった場所に配線できるようになっています。 

業者(工事は委託業者)によって事前調査を行う場合と、それをせずに工事に取りかかり、だめだったら解約になるなど、事前調査を無駄と考える業者がいます。 

私のマンションでは、総会による決議で導入が可決しましたが、Nuroの営業の方が契約書などのことで問い合わせをしたら、連絡が取れなくなり導入には至りませんでした。(理事役員さんと管理員さんで調整)
新規導入の場合、入線工事が伴いますので、どのような入線をするのか、マンションの美観は損なわれないかなど、慎重に協議をされることをお勧めいたします。

こんにちは、ユウスケさん
私の住むマンション(2012年竣工100~200戸)で、数年前に導入しました。
当時の理事長さんが、管理会社さんとNUROさんに問い合わせて、
まずは、外部からの線を引き込めるか、マンションの集線設備の確認、
マンション内の電線管を通せるかといったことを調査していただきました。

ユウスケさんのところですと、築年がかなり経過してますので、
まずはNUROさんに導入可能か否かの調査をお願いしましょう。
総会議案は、管理会社に委託管理ならば導入物件もあるでしょうから、
そこから総会議案の素案を作成してもらうか、
NUROさんに聞いてみるか相談に乗っていただくのも良いかと思います。

こんにちは、ユウスケさん
私の住むマンション(2012年竣工100~200戸)で、数年前に導入しました。
当時の理事長さんが、管理会社さんとNUROさんに問い合わせて、
まずは、外部からの線を引き込めるか、マンションの集線設備の確認、
マンション内の電線管を通せるかといったことを調査していただきました。

ユウスケさんのところですと、築年がかなり経過してますので、
まずはNUROさんに導入可能か否かの調査をお願いしましょう。
総会議案は、管理会社に委託管理ならば導入物件もあるでしょうから、
そこから総会議案の素案を作成してもらうか、
NUROさんに聞いてみるか相談に乗っていただくのも良いかと思います。

私のマンションでは、総会による決議で導入が可決しましたが、Nuroの営業の方が契約書などのことで問い合わせをしたら、連絡が取れなくなり導入には至りませんでした。(理事役員さんと管理員さんで調整)
新規導入の場合、入線工事が伴いますので、どのような入線をするのか、マンションの美観は損なわれないかなど、慎重に協議をされることをお勧めいたします。

管理組合で行う事は特段ありませんでした。 
全部業者さんがやってくれます。
光回線は個人単位で導入するので電話の更新扱いでメタル回線から光電話に変えるような扱いでした。 
モデムから始まって->ADSL->VDSL->光ファイバーと進化しておりこれらが混在しています。

経費の支出が無いので総会にかけていません。 
理事会で導入に同意をしたのみです。 
総会に掛けたいなら、何を掛けるべきかも恐らくガイドしてくれると思います?
場所貸し、電気代、などでしょうか?

設備確認(配線できるか?)は光の業者さんが自分たちで行います。
MDF室へ入れるような手配も業者さんが管理会社に連絡してやっていました。 
MDFから各住戸までファイバーを通せるかは、やってみないと分りません。
何本か通すとスペースがいっぱいになる場合があります。 
ファイバーはメタルのように直角に曲げたり折り返したり出来ません。 
パイプスペースや配管の中を通して、各部屋の占有部のどこかに光ファイバーを出せればなんとかなります。
これも業者さんがやってくれます。 

当方ではNURO光は5F以上は工事できないと言われ、導入を断られました。

その後NTTやKDDIの光が入りました。 
各社とも従来より細い線を使えるようになって、以前は通せなかった場所に配線できるようになっています。 

業者(工事は委託業者)によって事前調査を行う場合と、それをせずに工事に取りかかり、だめだったら解約になるなど、事前調査を無駄と考える業者がいます。 

組合としてではありませんが、当マンションで戸別導入の事例があったので共有します。

マンション向けでは「NURO光forマンション」と「NURO光ンションミニ」があり、ここが判りづらい部分かと思います。前者のメリットは「月額が安くなる」という点ですが、一棟で4人以上の契約が必要です。後者では、少し価格が高くなりますが1戸単位で加入する戸別契約になります。メリットはなんといっても気楽さでしょう。MDF(共用分電盤)までNTTのインフラ回線を使い、そこから先は、棟内の配管スペースを通って該当階の分電盤から宅内までダイレクトに光ファイバーを引き込む形になります。

組合としての導入であれば、前者が議論されているのだと思います。料金以外にも、テレビサービスの置き換えなどさまざまメリットがあると思いますが、まずは合意形成が課題ですね。後者の場合何戸まで引けるかは現地調査が必要ですが、棟内の配管スペースに余裕があれば複数加入できるかとおもいます。当マンションの場合、すでにNTTの光がMDFまで届いていたので、共用部への美観的影響もなくスムーズでした。

少し古いマンションのフレッツ光はVDSLといって棟内に既存の電話線を使うタイプなので、スピードでは光直結のNuroに軍配が上がることが多いようです。

回答がありません。