←トップへ戻る

輪番制が守られない

管理組合の運営

  • マンションタイプ :
    単棟型
  • マンションの戸数 :
    51〜200戸
  • 竣工年 :
    〜2000年

役員を公募しても名乗りを上げる方がいないため、次期役員も決まらないまま定期総会が開催されました。このままでは困るので輪番制にしたらどうかという意見が出、賛成多数で承認され、1号室のつく系統の方々が役員に決まりました。※議案には輪番制のことは記載されていませんでした。しかも規約にもその件は追記されていません。その後、次期役員選出をする時期になりましたが、2号室のつく系統の方が役員となる順番ですが、「高齢」「病弱」「無関心」などの理由で辞退者が多く、その次の期の組合員(第3期)まで候補者の範囲を広げてお願いし何とか必要最低限の人員が確保できました。さらにその次の期にいたっては、順番にあたる系統の組合員は全員辞退、やむを得ず現在いる役員だけでスタートしましたが当然、管理組合の運営に支障をきたす事態になっています。その為、2か月後に臨時総会を開催し追加の役員を決めたいと思いますが、規約に輪番制とする旨の規約の変更をしていない以上、強制力はないのでしょうか?増してや、事前に輪番制につき討議したいという議題もなく総会のなかの次期役員選任を輪番制で決めてしまった行為は適法でしょうか。私としては臨時総会は輪番制を正式に規約に追加する「規約の変更」を第一号議案とする総会にしてはどうかと思います。それを根拠に次期役員を自動的に決定することにした方が、辞退者に気持ちの準備をする時間もできますし、マンションの売買を考えている方も不動産会社に来期は役員の順番がくるのでそれを条件に販売してほしいと説明することもできます。2か月後に控えた臨時総会をどう乗り越えるか御助言いただければ幸です。

みんなの回答

なっちゃんさん、こんにちは。
私のマンションは、規約には任期年数、再任や家族OKは書いてあります。輪番制とは書いていませんが、辞退出来ないと言われます。ただ、引っ越す予定や順番を入れ替えたり等は理事会で検討して、役員と役職を決めて総会で承認を得ます。

以前は、1年任期で総入れ替えでしたが、引継ぎがうまくいかなかったり、経緯が分からない等から、半分入れ替え半分新規で任期は2年としたので任期は規約に記載しています。規約に書いてあれば心づもりも違うかも知れません。

なっちゃんさんの所は、今までやらなくても済んでたのに、やれって言われても、と受け入れが難しくなっているのかもしれませんね。
しかも、総会の出席者のみの決議だと、聞いてない、決議に参加してないと気持ちがついて行かないのかも、現在の状況や必要性を伝えて、皆さん全員で話し合えるといいですね。

それと、1号室系とかだと何名の方が該当して、何名の役員が必要なのかわかりませんが、もし、6名の役員に対して8名該当となれば、その年、2名辞退できるってことになってると、何かと理由つけて辞退なさるのではないかしら。全員が廻ってくるようにしたらいかがでしょうか。

当マンションも高齢の方が増えています、今回書記になられた方は、難聴気味で書くのもきついと言われるので、他の役員が議事録作成して渡してます、協力して補えば参加して頂けると思います。

なにも規定していなくても輪番で行っているところは多いと思います。
自分達の資産を、みんなで守っていくということなのですが、そんなこと言っても理解してはいただけないでしょう。
現在いる役員だけと言っても、後任の理事が決まるまでは、今までの理事が務めるわけですから、人数は足りないことはないと思います。その方々が辞任するというのでしたら、足りなくなる分を理事会で補充できます。
輪番ですからと名簿に加えてしまう前に、お一人お一人に事情を説明してお願いしてみてはいかがでしょう。

役員就任は委任となりますので、強制はできません。
私のところでは、毎年現理事の方々が次の方々にお願いに回っています。
1年理事を務めて、いろいろわかってきた方々が、次の方にお願いするので効き目は大きく、今は輪番で困っていません。

規約で輪番と決めてしまうと、立候補したい方ができなくなります。
原則立候補とし、足りない場合には別途規定によるとしています。
この別途規定が輪番なのですが、輪番表は総会で承認を得ました。
また、役員選出について、規約ばかりではなく詳しい細則を定めています。

標準管理規約には、役員選任方法については何も定めなく、各マンション、慣例によって輪番制又は立候補制、或いは両者の組み合わせを実施しているようです。
役員の成り手不足は多くのマンションが悩んでいる問題です。解決には色々な工夫が必要です。うまくいくなら規約に輪番制を規定し強制力を持たせるのも一案でしょう。その他、役員資格を同居の家族まで広げたり、役員報酬を支給したり、拒否する人からは罰金を徴収したり、外部から専門家を導入するなど視野を広げて検討する必要があります。今、この問題に直面している方が真剣に取り組み、何らかの解決策を見いだしてください。ほっとくと管理不全化を招き、最悪の場合スラム化してしまう結果になります。

Q.輪番制を規約に書き込むのは適法か?
 区分所有法によると、規約は『管理と使用』に関する事項のみ定められます。理事は輪番制とすると規約に定めるのは、管理に関する事ですので有効だと考えられます。ただし、選任された理事はいつでも辞任できると解されていますので、強制的に理事に選任しても理事会に出席しなかったり、辞表を提出されたりしたら、結局は同じことになるでしょう。強制的に就任させられたと言う負の感情の元になるかもしれません。

 輪番制を採用するなら辞退を認めず、必ず理事会に出席するような文化を作る必要がありましたね。あるいは、他の理由で役員になりたがる人がいなくなったのかもしれませんけど。

過去をどうこう言っても仕方がありませんので、役員のなり手不足の原因が人間関係にあるのか、高齢化にあるのか、その他の原因なのか、その原因を探り対策を考える方が、規約に輪番制を書き込むより良いのではないでしょうか。

あるいは、規約を改正して外部役員を導入する時期かもしれません。外部役員のする事を区分所有者の理事が監視するという体制を構築し、仕事や責任を外部役員に担わせておけば役員就任の負担も少なくなるでしょう。

なにも規定していなくても輪番で行っているところは多いと思います。
自分達の資産を、みんなで守っていくということなのですが、そんなこと言っても理解してはいただけないでしょう。
現在いる役員だけと言っても、後任の理事が決まるまでは、今までの理事が務めるわけですから、人数は足りないことはないと思います。その方々が辞任するというのでしたら、足りなくなる分を理事会で補充できます。
輪番ですからと名簿に加えてしまう前に、お一人お一人に事情を説明してお願いしてみてはいかがでしょう。

役員就任は委任となりますので、強制はできません。
私のところでは、毎年現理事の方々が次の方々にお願いに回っています。
1年理事を務めて、いろいろわかってきた方々が、次の方にお願いするので効き目は大きく、今は輪番で困っていません。

規約で輪番と決めてしまうと、立候補したい方ができなくなります。
原則立候補とし、足りない場合には別途規定によるとしています。
この別途規定が輪番なのですが、輪番表は総会で承認を得ました。
また、役員選出について、規約ばかりではなく詳しい細則を定めています。

標準管理規約には、役員選任方法については何も定めなく、各マンション、慣例によって輪番制又は立候補制、或いは両者の組み合わせを実施しているようです。
役員の成り手不足は多くのマンションが悩んでいる問題です。解決には色々な工夫が必要です。うまくいくなら規約に輪番制を規定し強制力を持たせるのも一案でしょう。その他、役員資格を同居の家族まで広げたり、役員報酬を支給したり、拒否する人からは罰金を徴収したり、外部から専門家を導入するなど視野を広げて検討する必要があります。今、この問題に直面している方が真剣に取り組み、何らかの解決策を見いだしてください。ほっとくと管理不全化を招き、最悪の場合スラム化してしまう結果になります。

Q.輪番制を規約に書き込むのは適法か?
 区分所有法によると、規約は『管理と使用』に関する事項のみ定められます。理事は輪番制とすると規約に定めるのは、管理に関する事ですので有効だと考えられます。ただし、選任された理事はいつでも辞任できると解されていますので、強制的に理事に選任しても理事会に出席しなかったり、辞表を提出されたりしたら、結局は同じことになるでしょう。強制的に就任させられたと言う負の感情の元になるかもしれません。

 輪番制を採用するなら辞退を認めず、必ず理事会に出席するような文化を作る必要がありましたね。あるいは、他の理由で役員になりたがる人がいなくなったのかもしれませんけど。

過去をどうこう言っても仕方がありませんので、役員のなり手不足の原因が人間関係にあるのか、高齢化にあるのか、その他の原因なのか、その原因を探り対策を考える方が、規約に輪番制を書き込むより良いのではないでしょうか。

あるいは、規約を改正して外部役員を導入する時期かもしれません。外部役員のする事を区分所有者の理事が監視するという体制を構築し、仕事や責任を外部役員に担わせておけば役員就任の負担も少なくなるでしょう。

なっちゃんさん、こんにちは。
私のマンションは、規約には任期年数、再任や家族OKは書いてあります。輪番制とは書いていませんが、辞退出来ないと言われます。ただ、引っ越す予定や順番を入れ替えたり等は理事会で検討して、役員と役職を決めて総会で承認を得ます。

以前は、1年任期で総入れ替えでしたが、引継ぎがうまくいかなかったり、経緯が分からない等から、半分入れ替え半分新規で任期は2年としたので任期は規約に記載しています。規約に書いてあれば心づもりも違うかも知れません。

なっちゃんさんの所は、今までやらなくても済んでたのに、やれって言われても、と受け入れが難しくなっているのかもしれませんね。
しかも、総会の出席者のみの決議だと、聞いてない、決議に参加してないと気持ちがついて行かないのかも、現在の状況や必要性を伝えて、皆さん全員で話し合えるといいですね。

それと、1号室系とかだと何名の方が該当して、何名の役員が必要なのかわかりませんが、もし、6名の役員に対して8名該当となれば、その年、2名辞退できるってことになってると、何かと理由つけて辞退なさるのではないかしら。全員が廻ってくるようにしたらいかがでしょうか。

当マンションも高齢の方が増えています、今回書記になられた方は、難聴気味で書くのもきついと言われるので、他の役員が議事録作成して渡してます、協力して補えば参加して頂けると思います。

回答がありません。