←トップへ戻る

臨時総会の会日

管理組合の運営

  • マンションタイプ :
    単棟型
  • マンションの戸数 :
    〜50戸
  • 竣工年 :
    〜2000年

近々臨時総会を開催する予定です。
臨時総会招集を請求した場合、「理事長は2週間以内にその請求のあった日から4週間以内の日を会日とする臨時総会の招集の通知を発しなければならない。」と管理規約にあります。

現在理事長に承諾してもらい、コロナ禍や高齢組合員に重要議案内容を十分理解してもらうため、4週間以内の会日を1~2週間伸ばした会日を計画しています。

ところが万一、組合員中から1~2週間伸ばした会日は管理規約違反(4週間以内の会日違反)に当たるため、臨時総会自体が無効だと主張された場合、無効になる可能性があり、その場合管理会社フロントは責任も取れないと指導がありました。

この場合、臨時総会自体が無効になるのでしょうか。
ご教示よろしくお願いします。

みんなの回答

というか、請求日から4週間以内に招集しなければいけない義務は理事長にあり、理事長がその義務を果たさない場合は、請求した組合員は総会を招集『できる』。

なので、組合員招集の総会は請求日から4週間以内の会日にしなければならないものではありません。実際、標準管理規約上、請求日から2週間後以降に4週間以内の招集は無理ですし。

どうしても合法的にしたいなら、理事長に招集しないようお願いして、招集請求した組合員が招集できるようにしては?

この臨時総会は、5分の1以上の組合員の請求による臨時総会のことだと思いますが、請求した組合員の皆様が承諾すればいいことだと思います。
コロナ禍で通常総会さえ延期を余儀なくされ、それも認められているので問題ではないと思いますが、議案の内容を理解していただくためにという理由は、いささか弱いように思います。
組合員による総会開催請求をする場合には、事前に根回ししておくことも、議案を通すためには重要なことだと思います。

1.「臨時総会自体が無効」ということは法律上あり得ない。臨時総会の決議が無効と裁判所によって判断される場合は、(ア)組合員が当該決議無効確認の請求訴訟を提起し、裁判所がその請求を認めて決議が無効であると判決し、この判決が確定した場合、(イ)当該決議に基づき管理組合が第三者と契約を締結した場合等に、その契約の無効理由として、当該決議の無効が主張され、裁判所がこれを認めて当該契約を無効と判断した場合等に、当該決議は無効となる。
2.臨時総会招集手続が管理規約に反したこと(手続上の瑕疵)を理由として、その総会の決議が裁判所によって無効とされるかであるが、その違反が重大であれば無効とされている(議題の通知の欠如の事例・東京地裁昭和62年4月10判決、升田・要約マンション判例184頁)が、招集通知の瑕疵が重大な瑕疵に当たらない場合には決議を無効ではないとされている(東京地裁昭和63年11月28判決、升田前掲186頁、東京地裁平成19年2月1日判決、鎌野ほか2名・マンション法の判例解説103頁)。
3.ハナさんの指摘の理由(問題の重要性とそれの熟慮期間)から、臨時総会につき1~2週間伸ばした会日を理事会で決定して総会を開催し、当該総会で決議した場合に、その決議に重大な瑕疵があると判断されるとは考えがたい。

この臨時総会は、5分の1以上の組合員の請求による臨時総会のことだと思いますが、請求した組合員の皆様が承諾すればいいことだと思います。
コロナ禍で通常総会さえ延期を余儀なくされ、それも認められているので問題ではないと思いますが、議案の内容を理解していただくためにという理由は、いささか弱いように思います。
組合員による総会開催請求をする場合には、事前に根回ししておくことも、議案を通すためには重要なことだと思います。

1.「臨時総会自体が無効」ということは法律上あり得ない。臨時総会の決議が無効と裁判所によって判断される場合は、(ア)組合員が当該決議無効確認の請求訴訟を提起し、裁判所がその請求を認めて決議が無効であると判決し、この判決が確定した場合、(イ)当該決議に基づき管理組合が第三者と契約を締結した場合等に、その契約の無効理由として、当該決議の無効が主張され、裁判所がこれを認めて当該契約を無効と判断した場合等に、当該決議は無効となる。
2.臨時総会招集手続が管理規約に反したこと(手続上の瑕疵)を理由として、その総会の決議が裁判所によって無効とされるかであるが、その違反が重大であれば無効とされている(議題の通知の欠如の事例・東京地裁昭和62年4月10判決、升田・要約マンション判例184頁)が、招集通知の瑕疵が重大な瑕疵に当たらない場合には決議を無効ではないとされている(東京地裁昭和63年11月28判決、升田前掲186頁、東京地裁平成19年2月1日判決、鎌野ほか2名・マンション法の判例解説103頁)。
3.ハナさんの指摘の理由(問題の重要性とそれの熟慮期間)から、臨時総会につき1~2週間伸ばした会日を理事会で決定して総会を開催し、当該総会で決議した場合に、その決議に重大な瑕疵があると判断されるとは考えがたい。

というか、請求日から4週間以内に招集しなければいけない義務は理事長にあり、理事長がその義務を果たさない場合は、請求した組合員は総会を招集『できる』。

なので、組合員招集の総会は請求日から4週間以内の会日にしなければならないものではありません。実際、標準管理規約上、請求日から2週間後以降に4週間以内の招集は無理ですし。

どうしても合法的にしたいなら、理事長に招集しないようお願いして、招集請求した組合員が招集できるようにしては?

回答がありません。