←トップへ戻る

インターホン更新の施工会社選定と進め方について

管理組合の運営

建物の維持管理

  • マンションタイプ :
    単棟型
  • マンションの戸数 :
    〜50戸
  • 竣工年 :
    2001年〜

当方のマンションで、管理会社から築15年経過するという理由でインターホン更新の話が挙がりました。インターホンは、パナソニックかアイホンしか選択肢がないそうなのですが、管理会社からの見積金額が、2年前に見直した長期修繕計画より、税込金額が100万以上高いのが出てきました。
長期修繕計画は、管理会社から提示された金額で、10%の税込で計画したものです。矛盾を感じています。エントランスにインターホンがあるので、全戸一括更新となりますが、不具合の有無も確認せずにキャンペーンがあるからと臨時総会の開催まで提案してきました。

見積や進め方をとやかく言っても、うまく逃げられてしまいそうなのですが、当方のマンション管理組合理事会で、管理会社を通さずに、インターホン更新の見積を取得、施工依頼できるものでしょうか。全戸のインターホンの状態を確認しないで進めるものでしょうか。

皆さまのマンションではいかがでしょうか。

ご回答頂けると幸甚です。宜しくお願いします。

みんなの回答

私のマンションはモニター無しのインターホンでしたが、築20年を過ぎてモニター付きに変更しました。金額は長期修繕計画の予算より2割近く安く、なおかつ想定外のインターホン連動型の宅配ボックス交換も含まれています。管理委託会社からの最初の提案は音声インターホンの改修計画で予算程度、モニター付きなら2割増程度でした。理事会と長期修繕委員会で色々調べて管理委託会社紹介の会社を含めて3社より提案をいただきました。その中の1社がとてもやる気があり、誠意も感じられたので、そこに決めました。結果は上記の通りです。

ご参考までに当方のインターホン更新について申し上げます。
更新は19年目です。きっかけは一部住戸から「画面が見えづらくなった」との相談があったからです。消費税が10%に上がるのでどうせやるならその前にというのも動機でした。白黒モニターをカラーにし録画機能をつけたいという意見は多かったです。また当方には自火報(自動火災報知設備)があります。その設備の誤発報が時々起きていたのでそれも同時に更新しようということになりました。インターホン、オートロック、自火報、火災感知器の全てを同時期に更新しました。そういえば自火報のバッテリー交換直前だったことも動機です。何もすべて更新しなくても、、という意見はもちろんありました。しかしメーカーをすべて同一にしましたので価格交渉、保証期間交渉、アフターメンテナンス交渉などかなり有利に働いたと思います。

管理組合が業者を探すことはしませんでした。つまり管理会社を元受としました。大工事でしたので管理会社にも相応の責任を負担してもらうためです。管理会社には住民への説明を義務付けました。住民説明会、各住戸への個別説明もやってもらいました。また自火報マニュアルも作成してもらいました。管理会社のフロントマンではなく営繕の責任者に直接指示しました。この人は今でも問題があれば来てくれます。

たしかに管理組合が業者を探せば費用節約にはなるのでしょうが管理会社が無関心にならないように分担決めをするなど理事会の指導力が必要になると思います。もっとも私どももたくさんの案件で直接業者探しをやっていますので管理会社経由をすすめるものではありません。あくまでケースバイケースです。長期修繕計画ですが計画内に楽々収まりました。

アドバイスありがとうございました。
全戸のインターホン状態確認の為に、アンケートを取ろうと思いました。それぞれ不具合に遭ったり不便を感じていたりしそうなので、もちろん質問事項にアドバイス頂いた内容も加味しようと思います。
なるほど管理会社をうまく使う手がありますね。それでいて長期修繕計画内に収まったのは羨ましい限りです。当方は、40戸で、消防設備や宅配ボックスとも連携していて、さらに玄関口にもカメラを付けると言う話まで挙がってきて、長期修繕計画より1.3倍以上の値段の見積まで出てきてますので、悩ましいです。参考にして、進めたいと思います。
ありがとうございました

あああ

今現在不具合が無くても保守部品が無くなる時期なら更新時期です。
どこかの部屋で故障して部品が無くて、インターフォンが使えない事態が発生するなら理事会は更新を提案するでしょう。

貴方が理事ならば放置しますか? 
いいえ、同じ決断をするんじゃありませんか?

部品保有年数はメーカーが製造中止後XX年と定めており、ホームページに記載されていますのでご自分で調べて下さい。 

管理会社を通さずに更新工事はもちろん可能です。
貴方が修繕委員会の立ち上げを提案し、委員長になって進めて下さい。 
キャンペーン価格よりきっとお安く出来ます。
 

アドバイスありがとうございます。当方は、今期の理事ですので、労力はかかると思いますが、現メーカーに確認したり、業者を探してみます。ありがとうございました

それは好都合でした。
インターフォンで実績が出来れば修繕委員会を常設に出来るかも知れませんので・・?

不具合の有無の確認はそれはそれでした方がいいと思いますが、
並行して「交換部品がなくなる可能性」はきちんと確認したほうがいいと思います。
メーカーに型番を伝えて、向こう何年間部品が供給可能かを聞きましょう。
現時点で不具合がなくて、なおかつ向こう数年供給可能ということなら
急いでやる必要はないと思います。
これはもちろん管理会社を通さずにやりましょう。
管理会社はメーカーに聞かずに「もう部品がなくなる」と言う可能性が高いです。

その上で、「管理会社を通さずに発注できるか」ということですが、
管理会社との間に契約上の縛りがない限りはできるのが普通だと思います。
ネットで検索すればインターホンの業者なんていくらでも出てきますから、
その中から二つ三つピックアップして見積を依頼すればいいのではないでしょうか。

おそらく管理会社は「うちを通さないなら何かあっても面倒見られません」みたいな
揺さぶりをかけてくると思いますが、あまり気にすることはないでしょう。
「面倒見る」なんて言ったところで、結局は業者に電話一本かけて呼び出すだけのことですから。

老婆心ながら、最後にひとつだけ。
キャンペーンなんてのは年がら年中何かしら打ってますよね、普通の業者は。

アドバイスありがとうございます。交換部品の状況についてメーカーに確認してみます。
管理会社から見積提案時に、昨年2020年10月頃にインターホンの部品製造工場火災があり、メーカーの生産が遅れてるらしく、管理会社からは、パナソニックは出荷できない状況で、アイホンしか選択肢がないような話も出ました。工場火災の話は本当のようですが、パナソニックのインターホン販売のページには出荷停止のような記事がなく。管理会社の話は半分くらいにして、彼らの揺さぶりにも注意して、自分達で業者を探してみます。ありがとうございました

不具合の有無の確認はそれはそれでした方がいいと思いますが、
並行して「交換部品がなくなる可能性」はきちんと確認したほうがいいと思います。
メーカーに型番を伝えて、向こう何年間部品が供給可能かを聞きましょう。
現時点で不具合がなくて、なおかつ向こう数年供給可能ということなら
急いでやる必要はないと思います。
これはもちろん管理会社を通さずにやりましょう。
管理会社はメーカーに聞かずに「もう部品がなくなる」と言う可能性が高いです。

その上で、「管理会社を通さずに発注できるか」ということですが、
管理会社との間に契約上の縛りがない限りはできるのが普通だと思います。
ネットで検索すればインターホンの業者なんていくらでも出てきますから、
その中から二つ三つピックアップして見積を依頼すればいいのではないでしょうか。

おそらく管理会社は「うちを通さないなら何かあっても面倒見られません」みたいな
揺さぶりをかけてくると思いますが、あまり気にすることはないでしょう。
「面倒見る」なんて言ったところで、結局は業者に電話一本かけて呼び出すだけのことですから。

老婆心ながら、最後にひとつだけ。
キャンペーンなんてのは年がら年中何かしら打ってますよね、普通の業者は。

アドバイスありがとうございます。交換部品の状況についてメーカーに確認してみます。
管理会社から見積提案時に、昨年2020年10月頃にインターホンの部品製造工場火災があり、メーカーの生産が遅れてるらしく、管理会社からは、パナソニックは出荷できない状況で、アイホンしか選択肢がないような話も出ました。工場火災の話は本当のようですが、パナソニックのインターホン販売のページには出荷停止のような記事がなく。管理会社の話は半分くらいにして、彼らの揺さぶりにも注意して、自分達で業者を探してみます。ありがとうございました

ご参考までに当方のインターホン更新について申し上げます。
更新は19年目です。きっかけは一部住戸から「画面が見えづらくなった」との相談があったからです。消費税が10%に上がるのでどうせやるならその前にというのも動機でした。白黒モニターをカラーにし録画機能をつけたいという意見は多かったです。また当方には自火報(自動火災報知設備)があります。その設備の誤発報が時々起きていたのでそれも同時に更新しようということになりました。インターホン、オートロック、自火報、火災感知器の全てを同時期に更新しました。そういえば自火報のバッテリー交換直前だったことも動機です。何もすべて更新しなくても、、という意見はもちろんありました。しかしメーカーをすべて同一にしましたので価格交渉、保証期間交渉、アフターメンテナンス交渉などかなり有利に働いたと思います。

管理組合が業者を探すことはしませんでした。つまり管理会社を元受としました。大工事でしたので管理会社にも相応の責任を負担してもらうためです。管理会社には住民への説明を義務付けました。住民説明会、各住戸への個別説明もやってもらいました。また自火報マニュアルも作成してもらいました。管理会社のフロントマンではなく営繕の責任者に直接指示しました。この人は今でも問題があれば来てくれます。

たしかに管理組合が業者を探せば費用節約にはなるのでしょうが管理会社が無関心にならないように分担決めをするなど理事会の指導力が必要になると思います。もっとも私どももたくさんの案件で直接業者探しをやっていますので管理会社経由をすすめるものではありません。あくまでケースバイケースです。長期修繕計画ですが計画内に楽々収まりました。

アドバイスありがとうございました。
全戸のインターホン状態確認の為に、アンケートを取ろうと思いました。それぞれ不具合に遭ったり不便を感じていたりしそうなので、もちろん質問事項にアドバイス頂いた内容も加味しようと思います。
なるほど管理会社をうまく使う手がありますね。それでいて長期修繕計画内に収まったのは羨ましい限りです。当方は、40戸で、消防設備や宅配ボックスとも連携していて、さらに玄関口にもカメラを付けると言う話まで挙がってきて、長期修繕計画より1.3倍以上の値段の見積まで出てきてますので、悩ましいです。参考にして、進めたいと思います。
ありがとうございました

あああ

今現在不具合が無くても保守部品が無くなる時期なら更新時期です。
どこかの部屋で故障して部品が無くて、インターフォンが使えない事態が発生するなら理事会は更新を提案するでしょう。

貴方が理事ならば放置しますか? 
いいえ、同じ決断をするんじゃありませんか?

部品保有年数はメーカーが製造中止後XX年と定めており、ホームページに記載されていますのでご自分で調べて下さい。 

管理会社を通さずに更新工事はもちろん可能です。
貴方が修繕委員会の立ち上げを提案し、委員長になって進めて下さい。 
キャンペーン価格よりきっとお安く出来ます。
 

アドバイスありがとうございます。当方は、今期の理事ですので、労力はかかると思いますが、現メーカーに確認したり、業者を探してみます。ありがとうございました

それは好都合でした。
インターフォンで実績が出来れば修繕委員会を常設に出来るかも知れませんので・・?

私のマンションはモニター無しのインターホンでしたが、築20年を過ぎてモニター付きに変更しました。金額は長期修繕計画の予算より2割近く安く、なおかつ想定外のインターホン連動型の宅配ボックス交換も含まれています。管理委託会社からの最初の提案は音声インターホンの改修計画で予算程度、モニター付きなら2割増程度でした。理事会と長期修繕委員会で色々調べて管理委託会社紹介の会社を含めて3社より提案をいただきました。その中の1社がとてもやる気があり、誠意も感じられたので、そこに決めました。結果は上記の通りです。

回答がありません。