←トップへ戻る

輪番制で選出された候補を選任しないことはできるか

その他

  • マンションタイプ :
    団地型
  • マンションの戸数 :
    51〜200戸
  • 竣工年 :
    〜1981年

規約では輪番制になっています。

みんなの回答

役員候補者の中に気に入らない方が含まれているのでしたら、総会の決議の時に反対なさればいいでしょう。
役員の選出も普通決議ですから、出席者の多数決で判断されるものだと思います。

ありがとうございました。

ありがとうございました。

もう少し具体的に状況をお知らせいただけないと回答しにくいご質問ですね。
そもそも輪番制で役員を選任するという規約に強制力があるかは疑問で、「本人が承諾した場合」輪番制とすることが可能なのだと思います。裏を返せば、役員は本人の意志でいつでも辞任できるとも言えます。とはいえ、このようなあからさまに承諾しないことを奨励するかのようなことを規約に明記することは望ましくないため規約には敢えて記述していないと理解します。
もう一つ、総会の承認が得られることが輪番役員選任の条件ですね。
総会の承認が得られない可能性が大きい組合員を輪番を根拠に役員候補として議案を上程することは、理事会の不作為として、非難されかねません。実際役員選任議案が否決されたら大混乱です。
承認が得れれない可能性の高い事例としては、管理費等の滞納や規約違反など共同の利益に反する行為が問題となっている者、管理組合と訴訟となっている者及びこれらの事象が解消されて一定年数を経ていない者並びに高齢や病気で理事の業務遂行が困難な者、などが考えられます。
これ以外の特段の理由で排除すべき理由があるのであれば、これをルール化する規約変更を行い、輪番理事就任の条件とされればと思います。
次期総会でまず規約変更を行い、変更が承認された後に役員選任の審議をすれば、排除理由を適用することが可能です。

役員候補者の中に気に入らない方が含まれているのでしたら、総会の決議の時に反対なさればいいでしょう。
役員の選出も普通決議ですから、出席者の多数決で判断されるものだと思います。

ありがとうございました。

ありがとうございました。

もう少し具体的に状況をお知らせいただけないと回答しにくいご質問ですね。
そもそも輪番制で役員を選任するという規約に強制力があるかは疑問で、「本人が承諾した場合」輪番制とすることが可能なのだと思います。裏を返せば、役員は本人の意志でいつでも辞任できるとも言えます。とはいえ、このようなあからさまに承諾しないことを奨励するかのようなことを規約に明記することは望ましくないため規約には敢えて記述していないと理解します。
もう一つ、総会の承認が得られることが輪番役員選任の条件ですね。
総会の承認が得られない可能性が大きい組合員を輪番を根拠に役員候補として議案を上程することは、理事会の不作為として、非難されかねません。実際役員選任議案が否決されたら大混乱です。
承認が得れれない可能性の高い事例としては、管理費等の滞納や規約違反など共同の利益に反する行為が問題となっている者、管理組合と訴訟となっている者及びこれらの事象が解消されて一定年数を経ていない者並びに高齢や病気で理事の業務遂行が困難な者、などが考えられます。
これ以外の特段の理由で排除すべき理由があるのであれば、これをルール化する規約変更を行い、輪番理事就任の条件とされればと思います。
次期総会でまず規約変更を行い、変更が承認された後に役員選任の審議をすれば、排除理由を適用することが可能です。

回答がありません。