みんなの管理組合

←トップへ戻る

建物の維持管理

LED化について

マンション共用部をLED化したいと思っているのですが、電気代の削減率はどのくらいなのでしょうか?

みんなの回答

マンション共用部のLED化を専門にご提案していますワイズオンです。
遅い回答ですが、ご参考になる方もいらっしゃると思い投稿させていただきます。
LED化による電力量・電気代の削減率は、
蛍光灯照明 60%以上
ダウンライト照明・ブラケット照明(コンパクト蛍光灯) 70%以上
ダウンライト照明(電球) 80%以上
が目安です。
実際には現地調査を行って、
①点灯時間 ②現在の消費電力 ③交換後のデザイン、器具の状況
を総合的に判断して、LED化すべき照明を抽出して、ご提案しています。
電気代の削減、防犯性の維持を考えますと、
「夜間点灯している照明(11~12時間点灯箇所)」
「常夜灯照明(24時間点灯箇所)」
は、優先してLED化されることをおススメします。

MURAさん

馬渕裕嘉志@マンション管理相談センターです。

概論で言うと、LED化にすると、どれくらい電気代を削減できるのかは、
①共用部全体の電気使用のうちに占める照明電気料の割合を調査し、➁実際のリニューアルプランを策定して初めて、分かります。

また、高圧受電なのか、低圧受電なのかによっても、異なります。

理由は、
①高圧の場合は、動力設備も含めた電気代が削減前の基準になり、低圧の場合は、電灯契約の電気代が基準になる。前者の場合は、電気の単価も安い削減率も少ない、後者は、どちらも高い。

➁共用部の電気は、低圧であっても、24時間監視の警報装置など、案外電気の使用が高く、それが占める割合によって、照明のLED化の影響が大きい場合と小さい場合がある。

③器具だけの話で言えば、蛍光灯→LEDなのか、白熱灯→LEDなのかにより、削減率が違う。前者ならば、50~70%くらい削減され、後者なら、90%以上削減ができる器具がある。

他にも、賦課金や調整金、基本料金関係、電球交換費用など、コスト削減の算定の諸元は、多岐に渡ります。

従って、LED化にした場合、その投資により、どの程度の電気代が削減できるのか?は、一概には言えないですね。

また、例えば、滅多に使わない倉庫があれば、その中の照明をLEDに変えると、採算が合わないので、そこはそのままにしておく方が、メリットがあります。

以上より、もし、LED化を検討されるなら、上記のマンションの照明の特性を理解して、総合的に提案してくれる事業者を選んだ上で、費用対効果を考えて、判断されることをお勧めします。

ちなみに、当方では、動力も含めて電力契約全体も見直す総合コンサルティグを行うので、最近の実績では、LED化による効果も含めて、共用部の電気料金全体を50%程度削減できています。

うちのマンションでは、一年間の電気代が60%くらい削減できたようです。LED導入費用の償却年数は、約4年とのことでした。ご参考になれば幸いです。

MURAさん

馬渕裕嘉志@マンション管理相談センターです。

概論で言うと、LED化にすると、どれくらい電気代を削減できるのかは、
①共用部全体の電気使用のうちに占める照明電気料の割合を調査し、➁実際のリニューアルプランを策定して初めて、分かります。

また、高圧受電なのか、低圧受電なのかによっても、異なります。

理由は、
①高圧の場合は、動力設備も含めた電気代が削減前の基準になり、低圧の場合は、電灯契約の電気代が基準になる。前者の場合は、電気の単価も安い削減率も少ない、後者は、どちらも高い。

➁共用部の電気は、低圧であっても、24時間監視の警報装置など、案外電気の使用が高く、それが占める割合によって、照明のLED化の影響が大きい場合と小さい場合がある。

③器具だけの話で言えば、蛍光灯→LEDなのか、白熱灯→LEDなのかにより、削減率が違う。前者ならば、50~70%くらい削減され、後者なら、90%以上削減ができる器具がある。

他にも、賦課金や調整金、基本料金関係、電球交換費用など、コスト削減の算定の諸元は、多岐に渡ります。

従って、LED化にした場合、その投資により、どの程度の電気代が削減できるのか?は、一概には言えないですね。

また、例えば、滅多に使わない倉庫があれば、その中の照明をLEDに変えると、採算が合わないので、そこはそのままにしておく方が、メリットがあります。

以上より、もし、LED化を検討されるなら、上記のマンションの照明の特性を理解して、総合的に提案してくれる事業者を選んだ上で、費用対効果を考えて、判断されることをお勧めします。

ちなみに、当方では、動力も含めて電力契約全体も見直す総合コンサルティグを行うので、最近の実績では、LED化による効果も含めて、共用部の電気料金全体を50%程度削減できています。

うちのマンションでは、一年間の電気代が60%くらい削減できたようです。LED導入費用の償却年数は、約4年とのことでした。ご参考になれば幸いです。

マンション共用部のLED化を専門にご提案していますワイズオンです。
遅い回答ですが、ご参考になる方もいらっしゃると思い投稿させていただきます。
LED化による電力量・電気代の削減率は、
蛍光灯照明 60%以上
ダウンライト照明・ブラケット照明(コンパクト蛍光灯) 70%以上
ダウンライト照明(電球) 80%以上
が目安です。
実際には現地調査を行って、
①点灯時間 ②現在の消費電力 ③交換後のデザイン、器具の状況
を総合的に判断して、LED化すべき照明を抽出して、ご提案しています。
電気代の削減、防犯性の維持を考えますと、
「夜間点灯している照明(11~12時間点灯箇所)」
「常夜灯照明(24時間点灯箇所)」
は、優先してLED化されることをおススメします。

マンション共用部のLED化を専門にご提案していますワイズオンです。
遅い回答ですが、ご参考になる方もいらっしゃると思い投稿させていただきます。
LED化による電力量・電気代の削減率は、
蛍光灯照明 60%以上
ダウンライト照明・ブラケット照明(コンパクト蛍光灯) 70%以上
ダウンライト照明(電球) 80%以上
が目安です。
実際には現地調査を行って、
①点灯時間 ②現在の消費電力 ③交換後のデザイン、器具の状況
を総合的に判断して、LED化すべき照明を抽出して、ご提案しています。
電気代の削減、防犯性の維持を考えますと、
「夜間点灯している照明(11~12時間点灯箇所)」
「常夜灯照明(24時間点灯箇所)」
は、優先してLED化されることをおススメします。

MURAさん

馬渕裕嘉志@マンション管理相談センターです。

概論で言うと、LED化にすると、どれくらい電気代を削減できるのかは、
①共用部全体の電気使用のうちに占める照明電気料の割合を調査し、➁実際のリニューアルプランを策定して初めて、分かります。

また、高圧受電なのか、低圧受電なのかによっても、異なります。

理由は、
①高圧の場合は、動力設備も含めた電気代が削減前の基準になり、低圧の場合は、電灯契約の電気代が基準になる。前者の場合は、電気の単価も安い削減率も少ない、後者は、どちらも高い。

➁共用部の電気は、低圧であっても、24時間監視の警報装置など、案外電気の使用が高く、それが占める割合によって、照明のLED化の影響が大きい場合と小さい場合がある。

③器具だけの話で言えば、蛍光灯→LEDなのか、白熱灯→LEDなのかにより、削減率が違う。前者ならば、50~70%くらい削減され、後者なら、90%以上削減ができる器具がある。

他にも、賦課金や調整金、基本料金関係、電球交換費用など、コスト削減の算定の諸元は、多岐に渡ります。

従って、LED化にした場合、その投資により、どの程度の電気代が削減できるのか?は、一概には言えないですね。

また、例えば、滅多に使わない倉庫があれば、その中の照明をLEDに変えると、採算が合わないので、そこはそのままにしておく方が、メリットがあります。

以上より、もし、LED化を検討されるなら、上記のマンションの照明の特性を理解して、総合的に提案してくれる事業者を選んだ上で、費用対効果を考えて、判断されることをお勧めします。

ちなみに、当方では、動力も含めて電力契約全体も見直す総合コンサルティグを行うので、最近の実績では、LED化による効果も含めて、共用部の電気料金全体を50%程度削減できています。